2021年7月25日日曜日

低音好きの為の Fender THIRTEEN 6

 




ONZOでもfender製品のレンタルが始まったようなのでフラッグシップモデルのTHIRTEEN 6を借りてみました。以前eイヤホンの中古コーナーの商品を試聴したことがありましたが、それ以来となります。


THIRTEEN 6|Fender|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

最上位モデルとなる「THIRTEEN 6」は、3Dプリント・デジタル・ハイブリッド・テクノロジーによる、3層構造デザインのハウジング内に、大口径13.6mm径のHDダイナミックドライバーと、HDBAドライバーを6基(超高域×2、高域×2、中域×2)搭載するという、ラインアップ上最も革新的な技術を導入しています。
リファレンスクラスのインイヤーモニターとして、再生能力に優れエネルギーに満ち溢れたサウンドを提供します。
 

 

カラーFlat Black
ドライバーユニット13.6mm ダイナミック型 x1 + BA型 x6 (中域x2、高域x2、超高域x2)
周波数特性8 – 24,000Hz
インピーダンス34Ω±10% @ 1KHz
感度112db @ 1mW
ケーブル Talon 2-Pinコネクター搭載 、ケーブル長:1.2m 
付属品クリーニングツール, 6.3mm/3極 変換プラグ, ハードケース,フォームイヤーチップ(3サイズ), TPEイヤーチップ (4サイズ),ピック(AUDIO DESIGN LAB) x1,AUIDO DESIGN LABステッカー x1

 



久しぶりに聴いたのですが、やはり低域のガッツリさが印象的でした。高域はそこまで主張せずといった感じです。十分クリアではあるものの、私の好みからは外れていました。直前までFAudio Dark Skyを聴いていたせいもあると思いますがワイドに音が広がる感じも薄く、中域から低域にかけて厚いという印象が最も強く、もったりした音に感じてしまいました。最初に付属ケーブルでアンバランスで聴いていたことも影響しているのではと思い、EFFECT AUDIO Ares IIにリケーブルしてバランス接続に変えてみましたが、多少晴れやかになったものの、全体としてどんよりした薄曇りといった音の印象は大きくは変わりませんでした。

実際、以前試聴した際もいい印象はなく、中古個体の状態もあまり良くなかったのが原因ではと考えていましたが、単純に好みの音ではなかったようです。

スッキリさを好む私には合いませんでしたが、低音好きには好まれるイヤホンだとは思います。


THIRTEEN 6 Flat Black 6814000006

Fender TEN 3 Pewter 6812000043