2022年1月26日水曜日

KZ系中華イヤホンを手軽にハイレゾワイヤレス化!CCA BTX

 



今回はKZ様よりご提供の製品第2弾と言うことでCCA BTXをご紹介します。こちらは現在HiFiGoでもアンダー5千円で販売されている格安ワイヤレスアダプターの一つですが使ってみたら只者ではありませんでした。


CCA BTX Wireless Bluetooth Ear Hook Module

特徴:
>高性能QCC3040 Bluetoothチップセット。

>ワイヤレスBluetooth V5.2接続。

>ハイレゾ対応AptXワイヤレスコーデックをサポート。

>HiFi 音楽モード。

>低遅延ゲームモード。

>軽量&快適。

>自動接続

>長い電池の寿命。

技術仕様:-
>バッテリー容量:35mAh(イヤホン)、800mAh(充電ケース)。

>バッテリ寿命。1回の充電で最大5時間、充電ケースを使用すると最大45時間。

>Bluetooth接続。V5.2.

>Bluetooth伝送距離:最大15m。

>Type-C充電ポート。

IEMをワイヤレスにしませんか?CCAは、最新のHigh-Res TWSイヤーフックモジュール、CCA BTXを発表しました。最新世代のQCC3040 BTチップセットを搭載し、Bluetooth V5.2接続を実現、HiFi IEMの優れたワイヤレス性能を保証します。

高音質なBluetooth接続:-
最新世代のQCC3040 Bluetoothチップセットにより、CCA BTXは高解像度のBluetooth接続を提供します。AptX伝送コーデックをサポートし、ワイヤレス接続での高品質な信号伝送を可能にします。


この説明を読む限りは最近よくTWSでも使用されているBTチップであるクアルコム社のQCC3040を採用していてaptXに対応した低遅延が売りのワイヤレスアダプターと思っておりましたが、 Xperia1Ⅲに接続して驚きました。




コーデックがaptXではなくaptX Adaptiveで接続されています。同じようにQCC3040採用のNOBLE FALCONシリーズなどもaptX Adaptiveに対応しているので当然と言えば当然なのですが、同じQCC3040採用のTRN BT30などはaptXでの接続だったので価格帯の同じBTXもそうなんだろうと思い込んでいました。



開発者オプションで確認してもちゃんと48KHz/24bitで接続されていることが確認できます。最近発売されたFiiO UTWS5もaptX Adaptive対応ですが価格が3倍以上します。(ちなみにこちらは96KHz/24bit対応の上位チップ採用モデル。)価格がアンダー5千円でまさかAdaptive対応を出してくるとはほんと恐ろしいブランドですね。

デザインも耳掛け部分がスリムに作られており、装着時の違和感もほとんどありません。この辺りはUTWS5よりも確実に良いですね。

今回いくつかKZ・CCAのイヤホンで試してみましたが組み合わせによっては解像感が物足りない感じもあったりしましたが、KZ ZEX ProやCCA NRAでは問題ありませんでした。音量や音圧も十分パワフルで問題なくドライブできます。

今回のオススメは KZ ZEX Pro + CCA BTX の組み合わせですこちらなら合わせて購入しても1万円以下です。


CCA BTX Wireless Bluetooth Ear Hook Module



CCA BTX.   $42.99 + KZ ZEX Pro $35.99 =$78.98 + $7(送料)

合計 $85.98(約9,789円)となりますが、購入時に HIFIGO5 のクーポンコード記入で$5割引されます。なので実際は$80.98(約9,220円)で購入できますので試してみてはいかがでしょうか?


ワイヤレスなのにパワフルで値段も安い!TRN BT30


アンダー5千円とは思えない!KZ X Crinacle CRN(ZEX Pro)