2020年9月2日水曜日

Cayin N3Pro試聴速報



本日ヨドバシ町田にて9/4発売予定のCayin N3Proのデモ機を試聴してきました。
わかったことを簡単にまとめておきたいと思います。




8/28より予約が開始され、デモ機も店頭に並ぶということで行ってみたのですが残念ながらありませんでした。そのことをツイートしたところCayinさんから上記のようなリプライが、、、ヨドバシのスタッフのやる気のなさを感じてしまいました。




やっとありましたが、新製品にもかかわらず試聴コーナーの端にひっそりと置かれており、危うく通り過ぎそうでした。やはりCayin製品への愛が足りないよ。スタッフ〜!





ひとつ厳しい現実を突きつけられてしまいました。事前にツイートを見てHead-Fiのログも確認してましたが、実際接続すると上記のアラートが出て音は出ませんでした。Cayinのアンディ氏が確認してくれるとのことなので、解決策が見つかるといいのですが、、、
気を取り直して試聴しようと思ったのですが、N3Proには本体メモリがなく、SD必須なのでした。持っていなかったので試聴は諦めようかと思ったのですがBT接続があるのを思い出しました。





もともとハイレゾサブスクをよりいい音で聴きたいと思ったのがきっかけでポタオデの沼に踏み入れた自分としてはサブスク対応必須がDAPを購入する条件なので、非Androidのサブスク非対応のDAPを購入するのは実は初めてです。それでも購入しようと思ったのは愛機でもあるCayin N6Ⅱを通してCayinのファンであるのとUSBDACアンプとして使えればサブスク非対応でもCayinサウンドを楽しめると思ったからです。
現状、AndroidスマホとUSB接続できたとしてもBT接続と同じ上限があると思われます。iPhoneであればビットパーフェクトが期待できるのですが、、、
ただiBassoなどのDAPから送り出せばUltraHDの上限は再生できると思っています。





そんな中、実際に聴くことが出来た音は素晴らしいものでした、詳しい感想は発売後にしたいと思いますが、十分高音質かつ、真空管とトランジスターの違い、モードに違いにより変化を楽しむことができるのでじっくり聴くのが非常に楽しみです。
また、今回特に真空管はSEのみの対応なので3.5mm4極プラグにも対応していることが確認でき、音質としても3極プラグよりも良かった気がするのでこちらもじっくりと聞いてみたいと思います。金曜日の発売を楽しみに待ちたいと思います。

追記
Cayinさんからも情報出ました。iPhoneとはUSBDACとしての接続不可です。お気をつけください。




BT接続でもiPhoneはAACしか対応していないのでハイレゾストリーミングには対応できません。その点でもLDACでハイレゾに対応できるのはAndroid一択と言うことになりそうです。



0 件のコメント:

コメントを投稿