2020年12月15日火曜日

THE本格派 iFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMP

 


50時間以上エージングをしたiFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMPの感想を述べていきたいと思います。ひとまず個別の評価はゆっくりやるとしましてセットで聴いた感想になります。


高コスパDACamp ifi-Audio ZEN DAC

以前ZEN DACを購入しました。その時はDAC付きヘッドホンアンプとして2万円を切るこの価格のコストパフォーマンス及び音の良さに驚かされた記憶があります。
それが今回はDACとヘッドホンアンプが別々になりそれぞれが本気で作り込まれた商品をセットで聴くことでその良さがよりわかると思います。

iFi audio ZEN CAN Signature 6XX Amp - Drop Exclusive | Price & Reviews | Drop

SPECS

ZEN CAN Signature 6XX (Base Price)

  • iFi audio
  • Inputs: RCA, 3.5 (single-ended), 4.4mm (balanced)
  • Headphone output: 6.35 mm, 4.4 mm
  • Gain: 0 dB, 6 dB,12 dB,18 dB adjust
  • THD+N (A-Weighting): 0.0066% (balanced), 0.0058% (single-ended)
  • Maximum output power (16 ohms): 3.0 V / 600 mW (balanced), 4.0 V / 1000 mW (single-ended)
  • Maximum output power (300 ohms): 15.1 V / 756 mW (balanced), 7.6 V / 196 mW (single-ended)
  • Maximum output power (600 ohms): 15.2 V / 385 mW (balanced), 7.6 V / 98 mW (single-ended)
  • SNR: -122 dB (balanced)
  • Dynamic range: -122 dB (balanced)
  • Frequency response (-3dB): 10 Hz – 200 kHz
  • Function Button: HD6XX  adaption and/or XSpace; Bypass
  • IMD: 0.0098%
  • Crosstalk: -50 dB
  • Zout (headphone out): 0.25 ohms (single-ended), 0.5 ohms (balanced)
  • Zout (balanced line out): 200 ohms
  • Maximum power consumption: 13 W / 2.6A 
  • Dimensions: 4.6 x 3.9 x 1.2 in (11.7 x 10 x 3 cm)
  • Weight: 1.87 Ibs (0.85 kg)


ZEN DAC Signature (+ $229)

  • iFi audio
  • Input: USB-B 3.0 socket (USB-B 2.0 compatible)
  • Supported formats: 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 / 384 kHz, PCM
  • 2.8 / 3.1 / 5.6 / 6.2 / 11.2 / 12.4 mHz, DSD
  • 353 / 384 kHz, DXD
  • DAC: Bit-perfect DSD and DXD by Burr Brown
  • Power consumption: 5V / 174ma, P = 0.887W (on idle using included iPower)  
  • Audio RCA output (unbalanced): 2.1 V fixed, 1 V – 3.3 V maximum (variable)
  • 4.4 mm Pentaconn output (balanced): 4.2 V fixed, 2 V – 6.2 V maximum (variable)
  • Z output (unbalanced): ≤ 100 ohms
  • Z output (balanced): ≤ 200 ohms 
  • SNR: < -117 dB(A) at 0 dBFS (unbalanced / balanced)
  • DNR: > 117 dB(A) at -60 dBFS (unbalanced / balanced)
  • THD+N: <0.0011% at 0 dBFS (unbalanced / balanced)
  • Dimensions: 4.6 x 3.9 x 1.2 in (11.7 x 10 x 3 cm)
  • Weight: 1.65 lbs (0.75 kg)



 

今まで一つの筐体に詰め込まれていた機能がそれぞれ独立したことでここまで変わるのかという思いです。





 まず聴いた感想は非常に繊細だということ。一音一音がしっかり再現され、あるがまま、そのままの音が再現されているかのように感じます。それでいてPowerMatchを操作することにより必要なだけパワーが注がれていく、そんな感じさえします。かなりボリュームを上げていっても綺麗な音のまま増幅してくれるだけで決して破綻しない。やはり中華製品とは根本の作りが違いますね。パワーがあるだけではない本当の音の美しさがここにはあります。しかもこの価格帯で実現してくれることに感動すらします。

音質は透明感のある高域と非常に存在感のある中域が特長で、それを邪魔しない低域が立体的に混ざり合うことで語りかけるようなボーカルがとても気持ち良い、独特の音場を表現します。

これはそれぞれが本格的に再構成され、セットで聴くことによって得られるIFi audioの世界がここにあります。今後それぞれ別の組み合わせでも聴いてみたいと思いますが、これが一つの完成形ではないかなと思いました。それほど素晴らしい組み合わせだと感じました。



5 件のコメント:

  1. 一昨日、フェイスブックで zen DAC signature を見かけたので、買おうと思い立って、色々入力したら、「貴方の国にはShippingできない」と表示されてしまいました。。無念です。(英語を忘れて久しいですし)

    返信削除
  2. DROPで普通に購入できましたよ。

    返信削除
  3. これまでZEN DACを単体で使ってきたのですが、この度シグネチャーのDACとCANを購入しました。
    ただ、ZEN DACに搭載されていたTrueBass機能が無くなってしまうので、そこだけ心配しています。実際のところ、この機能が無いことによって、とらちゃん様は残念に感じられましたでしょうか?。それとも、他の機能がアップグレードされたことによって、さほど気になりませんでしたでしょうか?

    返信削除
  4. グレードアップ感の方が凄くて気になりませんでした。

    返信削除
  5. シグネチャーへZ7M2をバランス接続して実際に聴いてみましたが、
    確かにこれは大分良くなりましたね。愚問でした。

    返信削除