ラベル アシダ音響 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アシダ音響 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年8月7日金曜日

アシダホンと有線ピヤホンを聴き比べてみた




ピエール中野が音質チューニングした"有線ピヤホン"に新色。限定3,000本

今話題の低価格イヤホンであるアシダホンことアシダ音響 EA-HF1と有線ピヤホンことHi-Unit HSE-A1000PNをそれぞれの感想を以前にお届けしていますが、比較して聴いたことはなかったのでやってみたいと思います。




有線ピヤホンは新色が出るとのことでまた話題になりそうですね。




アシダホンも限定色とかふるさと納税版以外に出したら面白いと思います。




そしてこれです。今私の中で一番音がいいと思うDAPのDX220Maxと組み合わせるとどうなんだろうと思い聴いてみましたが、これが見事にマッチしていますね。
力強い低域が価格のことを忘れて素直に気持ちイイと思える素晴らしいイヤホンです。





高級なイヤホンと言われる10万円超の1DDイヤホンでも9〜10mmのドライバーが一般的なサイズですが、それを大幅に超える15mmのドライバーがあの豊かな低域と音場の広さを生み出しているのと同時にそのドライバーを収めるためにあの特殊な形状をしているのでしょう。
そうそれでいてあのキレキレの高域が豊かな中低域と相まってある種中毒的なこの音にハマる方が続出しているのは納得できます。





対する有線ピヤホンですが、もともと1,000円で販売されていたベースのイヤホンにピエール中野さんがチューニングしたことで劇的に音の質が変わりました。
やはりアシダホンと比べると低域は足りない印象です。全体的により中高域よりで、曲によっては少しシャリつき気味になります。しかしそのかわりコモリのような物は一切感じられず、解像度も高いのでシャッキリ、スッキリと聴く事ができます。低域もアシダホンに比べれば絶対量が足りませんがしっかりと感じられるので一般的には問題ないレベルと思います。音もかなり立体的な物でとても1,700円とは思えません。

結論として有線ピヤホンは価格的に見ても十分納得できるイヤホンであり、普通にオススメできるイヤホンであると思います。
しかしもう少し低域が欲しい、もうワンランク上のイヤホンで聴いてみたいとなれば、アシダホンをステップアップとしてお勧めしたいです。アシダホンは有線ピヤホンと傾向は似ていますがさらに上質な音の広がり、低域が味わえるのできっと満足できるのではないでしょうか。



2020年6月13日土曜日

噂以上に凄かったアシダ音響 EA-HF1


最近TLでよく見かけるアシダ音響 EA-HF1を購入しましたのでその感想を述べていきたいと思います。噂以上、お値段以上なイヤホンでした。


  • 創業70年を超え、ミュージシャンやエンジニアの高い要求に応える最高級ヘッドホンを手掛けてきたアシダ音響(株)が、一般ユーザー向けに開発した高品質イヤホン。
  • アシダ音響(株)が誇る、サウンドマイスターが設計、監修した自信作。
  • アシダ音響(株)往年の名器 Hi-Fiスピーカ「6P-HF1」をデザインモチーフとし、15mmの大口径ドライバーを搭載することで抜けの良い中高音域とイヤホンの枠を越えた迫力ある低音域を実現。
  • イヤホン本体に直接関係のない華美な梱包、販売諸経費などの部分を徹底的に見直し、お客様にとって本当に必要なもののみを残すことで、お求めになり易い価格で販売。

何故かアシダ音響のHPの製品ラインナップにはありません。2018年の発売お知らせだけありますが。販売も自社のオンラインショップがAmazonでのみ販売しており、入手先が限定されます。製造工場が石巻にあるらしくふるさと納税の引換品で交換することもできます。こちらは限定カラーのシャンパンゴールドですが3万円となります。

【楽天市場】【ふるさと納税】アシダ音響 日本製高性能イヤホン(石巻工場製造):宮城県石巻市


私はもちろん普通にAmazonから購入しましたが、チャコールグレー派が多そうだったのでシルバーにしてみました。(天邪鬼ですね。笑)
早速聴いてみてびっくりでした。以前から勧められていたのですがリケーブル出来ないイヤホンは極力買わないようにしているので手を出さずにいたのがバカらしく思いました。


15mm大口径ドライバーが放出する広大なエネルギーを耳で直接受け取れる幸せでも言いましょうか。 特に深い低域がとても印象的です。


ここで注目したいのが低域だけのイヤホンでは決してないことです。解像度もとても高くE01の特徴ある中高域もしっかり再生しつつ低域が深いのです。しかも腹の方まで深く響くような低音が心地いいのです。
 ここまでくるとこのイヤホンをとことん味わい尽くすためイヤーピースを取っ替え引っ替えしました。
AET07、08、スパイラルドット++、Symbio Eartipsをサイズ違いを含めて聴き比べてみました。
その中で一番好みにあったのがツイートの通りSymbio Eartipsです。これシリコンとフォームタイプのハイブリッドなので先ほどのカリッとした中高域も深い低域もしっかり再生しながら、さらに広い音場と立体感をも加えてくれます。そのおかげでボーカルもより引き立ちます。
というわけでまだ聴いていない方にも絶賛オススメ中です。