ラベル イヤピ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル イヤピ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月24日木曜日

Air Pods Pro ベストなイヤーチップ(フォームタイプ)





 

今回Comply(コンプライ)より発売されたAirPods Proようイヤーチップを購入してみました。そこで以前より購入してあった他社イヤーピースと聴き比べてみたいと思います。


Comply Apple AirPods Pro専用チップ

        

まずはこちらから

触った感じは思ったより硬いです。力を加えてじんわり戻る様はいつものコンプライです。装着感はかなり良いです。耳に吸い付くような装着感で外れる心配もなさそうです。

音質は中低音がかなり出るので迫力があるサウンドです。その分高域が多少マスクされますが、バランスは悪くなく、低音好きに好まれると思います。音に固まり感が出るのでボーカルに向いています。また音場も広く周りの音もシャットアウトしてくれるので音楽に没頭できます。


    コンプライのイヤホンチップで生まれ変わるあなたのイヤホン     




ADV. Eartune Fidelity UF-A

次にこちらも快適なつけ心地であるものの、コンプライ程のフィット感はない。しかし、すっぽ抜けるほどではないので問題なし。音質は中高域の抜け感が気持ちよく、低域はコンプライほど深くないもののスッキリ聴ける。こちらは女性ボーカルに向いているので抜け感の良さと合わせて気持ちの良いサウンド。スッキリしつつも音場自体はコンプライよりも広く、こちらも十分音楽に没入できる。


Wisetech NOBUNAGA Labs NL-APF-M 


こちらの装着感も良好であるものの、フィット感はもう少し欲しい。やや高域にマスクが掛かり若干篭った印象はあるものの音場はそこそこ広い。ただし低域の迫力はコンプライ程ではなくやや中途半端な印象。もう少し明瞭さが欲しい。


Dekoni Audio Bulletz AirPods Pro

今回の中で唯一の耳垢ガード付き。触り心地はフニャフニャで反発力はあまりない。その分着け心地は一番ソフト。音質は中高域よりであるものの、「Eartune Fidelity UF-A」程の抜け感はなくやや刺さり気味。音自体に気持ち良さが感じられず、お勧め出来ない。



総合評価

1 ADV. Eartune Fidelity UF-A

2 Comply Apple AirPods Pro専用チップ

3 Wisetech NOBUNAGA Labs NL-APF-M 

4 Dekoni Audio Bulletz AirPods Pro

となりました。やはり最終的に聴いて気持ちの良いサウンドが特徴のEartune Fidelity UF-Aが一番良かったです。その次にコンプライですが効果は十分に感じられるものの、個人的にもう少しスッキリ聴きたいという気持ちから低域が強すぎると感じてしまいました。この音が好きな方もいらっしゃるはずです。
あとはまあまあお勧めできるWisetech NOBUNAGA Labs NL-APF-M、あまりお勧めではないDekoni Audio Bulletz AirPods Proとなりました。


ADV.、AirPods Pro用イヤーチップ「Eartune Fidelity UF-A」

2020年9月24日木曜日

Apple AirPods Pro個人的ベストセッティング



先日お伝えした記事は新たに導入された「空間オーディオ」の凄さをお伝えしたくて書き始めましたが、使っているうちにそもそもAirPods Proの音がよくなっていることに気づきました。

空間オーディオ凄すぎるよApple AirPods Pro

前回記事でも少しお伝えしましたがイヤホンのセッティングでだいぶ音が変わるようになりました。以前気になった中高域のクリアさが足りない事もこのセッティングでほぼ解消できました。



このヘッドホンのカスタマイズを行います。


会話が聞き取れるかのテストが終わった後好みで選択していきます。


比較1ではバージョン2を選択


比較2ではバージョン1を選択


比較3ではバージョン1を選択
これでかなり中高域がクリアな音になりました。
ここでイヤピセッティングです。


付属イヤーピース
音自体のダイナミックなところは合格だが、高域が少し刺さる。低域がもう少し欲しい。

XELASTEC
全体的に1段階クリアになり透明感のある中高域とタイトな低域が心地よい。

上記2つはTWSとしては及第点だと思うのですが音楽を聴くのにやはり低域が不足していて平面的に聴こえてしまいます。




 ここで思いついたのが以前TWSように購入していたCOMPLY TRULY WIRELESSの存在でした。上の写真のようにXELASTECはシリコン部分とAirPods Proの特殊な形状に合わせるアダプターの二つのパーツから成り立っています。
そしてこのアダプターを利用してCOMPLY TRULY WIRELESSを取り付けることができました。実際音を聴いてみるとCOMPLYらしく低音がしっかり出て音楽に深みと立体感が感じられるようになりました。
とてもAirPods Proとは思えない豊かな低域がここまで印象をガラッと変えてくれるとは思っていませんでしたが、これで十分音楽を聴く気になるイヤホンになったと思います。
是非お試しいただきたいと思います。




2020年9月23日水曜日

空間オーディオ凄すぎるよApple AirPods Pro


AirPods Proは予約開始後すぐオーダーを入れて発売日にはブログを書いていました。ノイキャン性能は確かにスゴイと思いましたが、肝心の音が少しクリアさに欠けると思い、すぐ手放してしまいました。その後メインスマホがAndroidだった事もあり、興味の対象から外れていました。

AirPods ProとiBasso DX160の意外にいい関係?

そこに今回のiOS14というメジャーアップデートと共にAirPods Proにも新しい機能が追加されました。それが「空間オーディオ」です。簡単に言ってしまえばサラウンド対応イヤホンになったという事ですね。
普通サラウンド対応というとヘッドホンが多く、しかもヘッドホン単体ではなくサラウンドプロセッサーなどという専用アンプとセットで売っているケースが多いかと思います。
私も以前SONY製のものを使用していました。
しかし効果も微妙でかつ接続確認のために数分に一回無音状態になる厄介な代物でした。
そこで通常の5.1.2chのドルビーアトモス環境を現在は構築しています。
しかしながら最近はイヤホンで音楽を聴く時間が多く直接スピーカーで聴くのが億劫になってしまいました。
そんな中、今回の空間オーディオが評判がいいらしいとのことで自分で試してみたくなりました。






という事で約1年ぶりに購入しました。 ついでに評判の良いXELASTECも購入しました。通常イヤホン版はもちろん購入して使用しておりますので良さはわかっているのでAirPods Pro用があると聴けば買わずにはいられません。
とにかく先人の教え通り、接続した上で電源ケーブルを挿して放置する事30分。確認してみるとファームが最新の「3A283」にいつの間にかアップデートされていました。







今回のアップデートのもう一つの新機能でAppleデバイス間のシームレスな連携があります。iPhoneで聴いていた音楽をiPad Proで続きを聴けたりとより使いやすさが向上しています。ここでiPad Proで映画に切り替えましたがまさにサラウンドです。2つのワイヤレスイヤホンから音が出ているとは思えないような迫力、臨場感が味わえます。
この空間オーディオを味わう前にオーディオセッティングが変更できるようになっており、より自分の好みの音に近づけられるようになっていました。私が以前感じていたクリアさが足りないというところもセッティングで変更する事でかなり改善できるようになっていて驚きました。
そして今回iPhoneXRとiPad Proに接続して聴いてみましたが音自体の出力の大きさ含めてiPad Proとのマッチングがより良いようでした。映画を見るにも画面も大きくよりサラウンド感が強く感じるのがその理由です。
NETFLIXのアプリはまだ対応していないようでした。Apple TVアプリのみの対応のようです。Apple TV+というサブスク会員しか味わえないと言ってる方がいましたが、Apple TVアプリを通して以前購入した映画も対応しているようです。
とにかく発売から約1年になるというのにこんな神アップデートを隠しているなんてAppleという会社はどうなっているのでしょうか?競合他社の遥か先を独走しているようにしか思えません。今後Apple純正ヘッドホンの発表も控えているようですから、ヘッドホンでこの空間オーディオ聴いたらどうなってしまうのかと期待しかありませんね。





2020年8月15日土曜日

Acoustune好きには絶対オススメST1000






ツイートの通りST1000に申し込んだのが6月5日(サービス開始は6/1)、その後耳型を送ってメールが来て、近場で採取して送りました。





本来、耳型をメーカーに送付してから4週間で出来上がるとのアナウンスだったのですが、、、





アユートの営業さんのそろそろ的な後のすぐ後にアキハバラe市場からのメールは8月下旬から9月上旬て何だ!何なんだ!という気持ちだったのですが昨日発送メールが来て一安心。




今更ですがST1000って何ですかな方は下記をお読みください。

ST1000|Acoustune |株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

カスタムイヤーピースとの構造設計上の違いについて

耳型に合わせてユニバーサルイヤホンのイヤーピース部分として適用する、いわゆるカスタムイヤーピースは、フィッティング向上と同時に鼓膜に対するドライバー位置や角度が大きく変化し、音響特性が悪化する可能性がある事とのトレードオフの関係にあります。
また、形状によっては耳から飛び出ることもあり、イヤホンデザインとの一体感が損なわれる場合があります。
ST1000は、ノズルが短いショートカナルタイプになっています。理由の1つとしてHS1500/1600シリーズイヤホンの音質チューニングは、標準であるユニバーサルタイプの挿入位置を基準にチューニングされています。
よって、その位置関係を維持しつつ耳道内の容積を確保する等により、ユニバーサルタイプの持つ音響特性を担保しています。

というAcoustuneのイヤホンはカッコイイけど装着感に難があるという欠点をカスタム化によって補ってくれるだけでなく、後述する*内部配線アップグレードサービス [オプション]まである神サービスなのです。

●カスタムフィット化する際のオプションとして、コネクター部からチャンバー部までの配線を、プラチナ線や純銀線へアップグレードすることが可能です。
*内部配線アップグレードサービス [オプション]

 ■プラチナ線:解像度の高さと聴きやすさを両立します
 [素材]
 芯線は標準品が高純度OCC撚り線であるのに対し、「3N純プラチナ」の高純度線を撚り線でなく単線で使用します。イヤホンケーブルでは稼動による断線リスクがあるため単線を使用することが難しいですが、それがない内部配線であるため、単線で使用することが可能となります。

 [詳細]
 Acoustuneの音傾向は一般的に解像度重視の方向であることが良く知られておりますが、今回の純プラチナ線はそれとは反対のベクトルで音にウェット感を与え、色気が得られることを想定しております。製品本来が持つ解像度の高さに、純プラチナ線の効果によるウェット感と色気が加わることにより、解像度の高さと聴きやすさの両立を実現しています。また、純プラチナ線を使用した製品は珍しい為、新しいものにチャレンジしたい人向けとも言うことができるでしょう。

 ■純銀線:高域の煌びやかさを増し、音の輪郭を際立たせます。
 [素材]
 芯線は標準品が高純度のOCC撚り線であるのに対し、「4N純銀」の高純度線を撚り線でなく単線で使用します。イヤホンケーブルでは稼動による断線リスクがあるため単線を使用することが難しいですが、それがない内部配線であるため、単線で使用することが可能となります。

 [詳細]
 Acoustuneの音傾向は一般的に解像度重視の方向であることが良く知られておりますが、今回の純銀線はさらに華やかで明るい印象を与える音作りを想定しております。製品本来が持つ解像度の高さに、純銀線の効果による華やかで明るい印象が加わることにより、高域の煌びやかさが増し、より音の輪郭が際立つことを実現しています。

今回私はベースがHS1551CUだったこともありプラチナ線オプションを選択しました。




ツイートのようにショートタイプの為耳への異物挿入感が少なく、装着感自体も快適です。広い開口部から聴こえる音は以前にも増して広がりが感じられます。
カスタム化することで薄れるかと思っていた低域も杞憂だったようです。解像感も全く失われる事なくかと言って高域が強調されすぎることもありません。
プラチナ線の効果としてウエット感と色気と公式HP書かれていますが、 まろやかにするというか、角を丸めて聴きやすくしているように感じます。
ボーカルの生々しさや、リアルな音場再現が魅力的な神イヤホンに生まれ変わりました。
今お持ちのAcoutuneがもっとお気に入りのイヤホンになるST1000は絶対おすすめのサービスだと思います。
今は時間がかかりそうですが。




2020年7月16日木曜日

音の厚みと広がりが素晴らしいUnique Melody Maverick Ti



ONZOで取扱が開始されたUnique Melody Maverick Tiを早速レンタルして聴いてみましたのでその感想を。

Maverick Ti(Unique Melody)|ミックスウェーブ[Mixwave] 6ドライバーユニバーサルフィットIEMハイブリッド型イヤホン

「Targeting Freq uency Ad justment Technology(T.F.A.T)」
クロスオーバーポイントから離れた非常に狭い周波数帯域において、特定箇所のピークノイズだけをクロスオーバーの調整や抵抗ダンパーの活用、内部設計の見直し、音導管(サウンドチューブ)の長さ調整などで完全に除去することは困難だと言えます。 この問題を解決するためUnique Melodyが考案した新技術(特許出願中)が「Targeting Frequency Adjustment Technology(T.F.A.T)」です。 この新技術は、大手BAメーカーであるKnowles社と共同開発した独自設計のセミオープン型BAドライバーをイヤホン筐体内に設置し、音響設計上意図していない「ピークノイズ」に対する特定の逆位相信号を発生させ、ピークノイズをコントロールするという技術です。
製品仕様
ドライバー ハイブリッド型
ドライバー構成 6ドライバー
Low x 1(dynamic), Low/Mid x 1, Mid x 1, High x 2+1(Custom Semi-open BA For T.F.A.T)
周波数特性 20Hz - 20kHz
入力感度 120dB SPL/mW
インピーダンス 28Ω
イヤホン端子 MMCX 端子
入力端子 3.5mmミニ端子
ケーブル長 約122cm
付属品 Dignis製オリジナルレザーケース
イヤホンケーブル
UMオリジナル・シリコンイヤーチップ
クリーニングツール
イヤーチップ(フォームタイプ)
保証書(1年間)

見た目のデザインもすごくカッコ良くて普通に欲しくなりますよね。それでいて音もいいなんて最強すぎます。特に上で引用したT.F.A.Tという技術が凄いみたいですね。


まず聴いて見て感じたのが解像度の高さは当然として中高域の音の厚みが凄まじいということです。


この曲をAmazonMusicのUltraHDでリピート再生していますが、かなり細かい音までしっかり聴こえますし、音の厚みとともに広がりもかなりあるのでこの音楽の世界観にどっぷりと浸ることができます。
デザインはカッコイイけれどその大ぶりな筐体も装着感自体は悪くなく、6ドライバーが収められているにもかかわらずチタン製のおかげか重さもほとんど気になりません。
一つだけ気になるのが少し低域の迫力が薄く感じることでしょうか。音の厚み自体はかなりあるのでそれなりに迫力はあるのですがもう少しガツンと来てもイイかなとも思います。それ以外はかなりパーフェクトなイヤホンではないかと思います。
しばらくキープしておきたいですね。
今回のレンタル品に関して、付属ケーブルの右側のMMCXが接触不良気味です。最初右だけ音が出ないので焦りました。音が出ることは確認しましたが、動くとまた聴こえなくなったりしたので手持ちのバランスケーブルで聴いています。




2020年6月29日月曜日

耳に吸い付く付け心地と広大なサウンドステージを実現AZLA SednaEarfit XELASTEC



最近イヤーチップの新製品が多い気がしますが、試してみたところ品質も高いので是非ご紹介したいと思います。

SednaEarfit XELASTEC|AZLA|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

究極のイヤーピースを目指したSednaEarfit『XELASTEC』

イヤホンの音質を最終的に決める重要なファクターであるイヤーピース。「SednaEarfit(セドナイヤーフィット)」シリーズは、788人の外耳道を分析したデータに基づいた設計と軸構造により、高いレベルのフィッティングとイヤホンノズルへの固定力、同時に遮音性の向上を可能にし、また独特の形状により音の直進性の確保し、自然な出音と共に高域特性を改善するハイグレード交換用イヤーピースです。『SednaEarfit™ XELASTEC(セドナイヤーフィット・セラステック)』はSednaEarfitシリーズがサウンドクオリティとフィット感を高いレベルで両立させることを目指したのに対し、サウンドクオリティはそのままに特にフィット感の更なる向上を意図して開発されました。「XELASTEC」とはX(NEXT)+ELAS(ELASTOMER)+TEC(TECH)の組み合わせで、次世代を意味するXと熱可塑性エラストマーを意味するELAS、そしてハイテクを意味するTECからなる合成語です。

熱可塑性エラストマーでピンと来たのですが、Fender SureSeal Tipsとほぼ似たような触り心地とフィット感です。耳への密着感も良く、不快なところもありません。

SureSeal Tips|Fender|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店


6月24日に注文済だったのですが、発売日の26日に届くどころか、7月以降の配達に変わってしまったのでキャンセルしてビックカメラに買いに行きました。


最近Amazonで注文した品がいっこうに届かない事が多発しています。まだ混乱しているのでしょうか?それでも速く試したかったので、店舗での確保に成功しました。
早速試してみると、、、


聴いてみてその音場の広さが半端ないことに驚きました。曲によってはちょっとうるさいかもと感じるほどです。それでいて低域の強さもしっかり感じます。更に高域の出方が美しいです。この全てが透明感を持って耳に伝わるのでイヤホンの実力がワンランク上がったかと思えるくらいでした。


次に人気の高い同じブランドのSedonaEarfitLightと聴き比べてみると上記のようにXELASTECの響き方がより艶っぽっく美しく感じました。公式サイトの書き方だと「音質はあまり変わらないけど更にフィット感を良くしました」みたいに読めるのであまり違いを期待していなかったのですが、ちゃんと違いました。更に良くなる方向で。

フォームタイプイヤーチップの新定番?Symbio F
こちらも付け心地と音質を両立したイヤーチップなので非常にオススメではあります。
付け心地は甲乙付けがたいぐらい両方とも快適です。
音質自体はややXELASTECの方がより音が派手になる傾向(少し高域が強い)があり、より高音質に聴けるかと思います。しかし、その裏返しでこちらの方が疲れやすいかもしれません。
Symbio Fはそこまでの派手さはないものの十分高音質でありながら疲れにくい、優しい音かと思います。


2020年6月27日土曜日

フォームタイプイヤーチップの新定番?Symbio F



以前からSymbioのイヤーチップはフォームとシリコンのいいとこ取りという感じで気に入っていたのですが新しくフォームタイプが出たので試した所かなり良かったのでご紹介します。

Symbio F-HeyListen
妥協のない素材の選択により、高音域の減衰がほとんどなく、
低音を改善するための優れた装着感を提供します。
ステム径4.5mm~5.0mmのインイヤーモニターに対応しています。

今までフォームタイプではCRYSTAL TIPSが気に入っていたのですがやはり耳栓と変わらない付け心地(耳に無理やり押し込んでる感じ)とフォームタイプの中ではクリアな高域なのですが、やはり物足りないと感じ始めて最近はほとんど使用していませんでした。

音が変わる!CRYSTAL TIPSのご紹介


でこちらが実際にSymbio Fを聴いた感想です。先ほどCRYSTAL TIPSで感じたような不快感が一切こちらでは感じられません。自然すぎて着けているという感覚がほとんどありません。
それでいてフォームタイプに求められているであろう要素として耳中で密着して低域を直接伝えてくる事は当然として、失われがちな高域成分もしっかり伝えてくれます。加えて音場が広がるというか少し残響感が加えられる気がします。
音が立体的に感じられる一方で、この響き方が嫌いな方もいるかもしれません。


という事でCRYSTAL TIPSと復元時間の実験をしてみました。上のツイートのようにCRYSTAL TIPSはすぐ元の形に戻ってしまいます。しかし、Symbio Fはじんわり時間をかけて戻っていくのです。もちろん最終的にはしっかり元の形に戻るのですが、その柔らかさ、反発力が絶妙なのだと思います。
戻る力がそれほど強くないので耳の形のまま耳の中で定着してくれているのです。まさにカスタムイヤーチップを着けているかのごとくそのまま耳型になっています。
これが窮屈な感じがせず、心地よい着け心地を実現している秘訣かと思います。
この心地よい着け心地と肝心の音質の良さが両立しているところが素晴らしいですね。
私の中でのフォームタイプイヤーチップの新定番に決定です。





こちらは早速Symbio FとXELASTECの比較をされています。私も注文済なのですが、まだ届いていません。届いたら比較してみたいですね。