ラベル スマホ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スマホ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年4月21日水曜日

Xiaomi POCO F3でUSBDACを使うとどうなる?

 














以前SONY Xperia1ⅡをDAPとして使うという企画をやりましたが、今回は同じ事をPOCO F3でやるとどうなるかを試していきたいと思います。


DAPとして使うXperia 1 II

Xperia1Ⅱはまさに音楽専用DAPと機能的には遜色ありません。同じSONY製のDAPであるA105とほぼ同じ機能が搭載されていると言えばわかりやすいと思います。もちろんアンプや出力が違うので同じ音が出るわけではありませんが、機能としてはかなり近いです。
という事で単体では音楽を聴くには物足りないのでUSBDACであるLotoo PAW-S1を使用して検証しました。
今回同じ事をPOCO F3でやったらどうなるのか見ていきたいと思います。

まずはAMHDの再生です。
























アプリ上では
音質:   24bit/96KHz
端末の性能:24bit/192KHz
現在:   24bit/96KHz

しかし、PAW-S1の表示は48K/24bとなっており、実際の出力はSRCの上限になっています。
Xperia1Ⅱでは多くのDAPと同じ挙動となります。

こちらはAMHDで再生したところ192k/24bの表示が出ました。これは再生した曲の通りかと思いきや、他のサンプリング周波数でもこの表示でした。つまり最近のストリーミング対応DAPと同じくAMHDアプリに対しては端末の最高性能を維持するための対策がされているようです。DAPと同じようにステータスバーに再生しているサンプリング周波数の表示があれば分かりやすいのですが、今回表示機能のあるUSB-DACを使うことで確認できました。


 とういうように出力も192k/24bと表示されます。


次にmora qualitasです。
















こちらもファイルは96KHz/24bitですが、PAW-S1の表示は48K/24bなのでSRC回避がされていないことがわかります。

Xperia1Ⅱで再生するとファイルと同じ表示となることからビットパーフェクト再生できているということになると思います。


次はUAPPです。
















こちらはUSBDACの最大までアップサンプリングでTidalをストリーミング再生した結果です。こちらはアプリがSRCを回避して384K/32bで出力してくれています。
















こちらはTidalのMASTERクオリティのファイルを認識し、MQAx4で再生できています。このようにUAPPを使用すれば問題ありませんが、それ以外では制限は受けると思われます。


これは一般的なスマホの当然の挙動と思われます。あくまでもXperia1Ⅱが特殊な存在なのであって仕方ないことだと思われます。このように普通のAndroidスマホをUSBDACの送り出しに使用する場合はこういった点を留意した上で使用することをおすすめします。


Xiaomi POCO F3 最早Galaxyを選択する理由がない



ソニー Xperia1II / 5G対応 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 865 /ストレージ256GB / フラストブラック/XQ-AT42 B3JPCX1

Xiaomi Redmi Note 10 Pro 6+128GB オニキスグレー SIMフリースマホ本体 【日本正規代理店品】

2021年1月25日月曜日

十分DAPとしても使えるSONYの本気スマホXperia 1 II

 





今回はSONY Xperia 1 II をご紹介します。はいスマホです。最初は少しでも写真をきれいに撮りたくてこのスマホを調べ始めたのですが、カメラとしてだけではなくDAPとしても使えるぐらい本気で作ったスマホだとわかり、これは買うしかないと思いソニストで注文してしまいました。ZX507購入以来のソニスト!


Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト




上のスペックは間違えてはいませんが、あくまでもキャリアモデルのスペックです。
そして私が購入したソニスト(フロストブラックの色限定だが機種は量販店でも購入可能)ではRAM12GB、ROM256GB、SIMフリー&DualSIMの大幅スペックアップにもかかわらず販売価格は少し高いぐらいでむしろお買い得仕様になってます。


Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | 仕様(スペック) | Xperia(エクスペリア)公式サイト


これがキャリアモデルに配慮して遅れて昨年11月に販売されていたのでした。全然ノーマークでした。だけど調べれば調べるほど凄い!






まず最近WalkmanシリーズのDAPにもアップデートで追加されたDSEE Ultimateを音響製品に先駆けて搭載したのが凄い!てっきりノイキャンヘッドホンのWH-1000XM4が初搭載だと思ってました。





これも凄くて、専用品であるWalkmanシリーズでもUltimateが有効なのは有線接続時のみで無線時はそれまでのHXに格下げされてしまう。

 



先ほども触れていましたが、ファイル音源だけではなくストリーミング音源にもUltimateは有効であり、ハイレゾ音源にダウンコンバートがかからない点が凄い!これまんま今の主流DAPと同じ機能がついてるじゃありませんか。いわゆるSRC回避して音源そのままのビットパーフェクト出力ができるスマホって今までありましたっけ?しかも外部USB -DAC等の接続無しでです。今までの経験上で言うと外部USB-DACを使用すればiPhone、iPadでは可能でしたが、Galaxyなどでは外部DACを利用しても24bit/48kHzが上限でした。


 



こちらのように外部DACの接続無しに端末の性能、現在ともに最高音質で再生できてしまいます。音楽専用プレイヤーと同じ機能が、、、

 



確認のため外部USB-DACであるLotoo PAW-S1に繋いで見るとしっかりビットパーフェクト出力できていました。これはもう専用音楽プレイヤーと同じです。もちろん専門外ですがカメラもそれなりの機能が詰め込まれている訳で、さらに電話、ネット、アプリの操作もサクサクでこれ一つで完結しています。この1台があれば確実にA105は不要になります。

次回は音質やTWSとの接続などまだまだ気になる点を深掘りしていきたいと思います。



ソニー Xperia1II / 5G対応 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 865 /ストレージ256GB / ホワイト/XQ-AT42 W3JPCX1

Sony Xperia 1 II XQ-AT52 256GB 8GB RAM International Version - White

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル ブラック WH-1000XM4 B

2020年9月3日木曜日

やっぱり画面が広いは正義!Galaxy Fold



世間的にはGalaxy Fold2が正式に発表されたばかりですが、初代Foldを購入しましたのでご紹介します。

Galaxy Fold | ギャラクシー初折りたたみスマホ - Galaxy公式(日本)

もちろん初代が発売された時も買おうか考えたのですが、何しろ20万オーバーですからMacbookより高いなんてあり得ないと無理やり諦めました。
しかしそろそろ先ほどのFold2の発表が近づき旧モデルになる為か、中古価格がこなれてきたのでついに購入に踏み切りました。




想像をはるかに超える圧倒的な7.3インチのDynamic AMOLEDディスプレイ。画期的なポリマー層を採用して薄さと柔軟性を追求し、Galaxyシリーズのスマホ史上、最大の画面が生まれました。 
1*メインディスプレイの中央に折り目がありますが、これはディスプレイの特性によるものです。

折りたたんだ状態では4.6インチの細長いスリムで持ちやすいスマホ(厚みは普通のスマホ2台分以上ですが)でありながら開くと7.3インチの大画面素晴らしすぎます。
私は長らくiPadをカバンに入れて持ち歩くことが多かったのですが、手ぶらで出掛けたい時には諦めるしかなかった出先での大画面が実現できます。
よく大画面を持ち歩きたければiPadを持てばいいという方がいると思いますが、折りたたんでコンパクトになるFoldと大きいままのiPadの利便性はまるで違います。
実際に持ち歩くとその便利さにあらためて驚かされます。






私の手持ちで一番大きいDAPであるiBasso DX220Maxとの比較写真
開いた時はDX220Maxよりも大きく薄く、まさに板です。
閉じると厚みはあるもののかなりスリムなので持ちやすいです。(重みはそれなりにあります。)
使ってみて感じたのは画面の折り目はあまり気にならないということでした。
折り目は実際にしっかりと存在し、スクロールの際触れて実感したり、光の加減で目につくことはありますが、使用している上で折り目があって使いにくいと思ったことはありませんでした。
それよりもスマホより圧倒的に広い表示領域のありがたみしか感じません。
それと地味に嬉しいのが指紋認証センサーが側面にあることです。最近のGalaxyシリーズは画面内指紋認証を採用していますが、やはり使いにくいです。
基本的には顔認証ではありますが指紋を求められることも多く、その度に認識できずパスコードを入力するのが物凄いストレスでした。物理センサーは認識も早く場所もあらかじめわかっているので何のストレスもありません。
しばらくまた使っていきたいと思います。





2020年5月31日日曜日

Galaxy S20 5GをDAPとして使ってみた


5Gが始まったもののエリアも狭いので速度的なあまり恩恵はありませんが、5Gギガホはデータ容量無制限中と言うことでストリーミングし放題に惹かれて5Gスマホに切り替えました。

5Gギガホ
しかもAmazonプライムも1年間無料なので動画も見放題ですね。
今回購入したのはGalaxy S20 5Gです。

Galaxy S20 5G SC-51A | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ
スマートフォンとしてはほぼ全部入りみたいな感じですね。今まで付属のイヤホンを使ったことがほとんどないのですがAKGのイヤホンなので聴いてみました。


これが聴いてみてビックリの音質でした。ケーブルは布巻きでタッチノイズもなく、耳穴にピッタリおさまる小型サイズですが低域もしっかり出ますし、音場もかなり広い方です。出かけるときにはこのイヤホンさえあれば全く不満なく音楽を楽しむことができます。 付属のイヤホンを聴く気にならなかったのはiPhoneの音がスカスカのイヤホンのせいもありますが、その昔BeatsがHTCの傘下だった頃付属イヤホンを作っていましたがここまで良くはなかったですね。


ストリーミングし放題ではあるものの楽曲数の多さでSpotifyを使うことも多いですが少しでも音質良く聴きたいので以前にもご紹介したと思いますがNe Playerを使うとSpotifyの楽曲をストリーミングしながらアップサンプリングしてくれるのでオススメです。
AKGの付属イヤホンでも十分な高音質で楽しめました。
イヤピは今回もSymbio Eartipsがベストマッチですね。



ちなみにiBasso DC01とFAudio Majorを繋げて本格的に聴いてみましたが、音源の細さと言うかダナミックレンジが足りないとかアラが見えてしまうので付属イヤホンで我慢するのが正解みたいです。