ラベル ヘッドホン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ヘッドホン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月4日日曜日

理想のヘッドホンがここに! HIFIMAN Jade Ⅱ


 



今までいくつものヘッドホンを試してはやはり気に入らず、最近はイヤホンのみでヘッドホンは要らないと思っていました。そんな中でもHIFIMANは唯一気に入り、5〜6本所有していましたが、最終的に聴かなくなるので結局売却してしまいました。

今回のHIFIMAN Jade Ⅱは私のヘッドホンへの苦手意識を見事に無くしてくれました。


HIFIMAN Home




まず気に入ったのがヘッドホン自体の軽さです。今までのHIFIMANのヘッドホンは450g前後するので音はいいものの、頭が重く感じて疲れてしまいがちでした。それがこのヘッドホンは365gとかなり軽く作られており、装着感自体が軽く感じほとんど気になりません。

これって私にとってはかなり大きい変化でした。


 



ヘッドホンは軽くていいのですが専用のアンプでドライブするのでシステムとしてはかなり大掛かりになります。




手始めにDX300のline-outで聴き始めましたが、これがかなり良い。この時点で射抜かれました。音の透明感が半端ない。開放型ではあるものの、しっかりと音に包まれる感覚があり、イヤホンでは味わえないスケール感特に耳だけではなく頭全体に音が浸透するかのような感覚。

これを聴いてしまうともうこの音のない生活に戻れないかも知れません。それぐらいの衝撃を受けています。

さらに今はバーンインしていたCayin R01を諦め、A02を装着してアンプに繋いでいます。すると解像度も迫力とともに音の質が上がりました。この組み合わせがあればシステムを組む必要性を感じません。

全てがクリアーで破綻のないクリーンな音。これならいつまででも聴いていられる。そんな感じです。

もうしばらく使用しておそらく購入することになると思います。

以前は24万ぐらいで販売されていたのが値下げによって18万前後で購入できるようになったのも大きいですね。

HIFIMAN Jade II 静電式ヘッドフォン プロフェッショナル軽量オープンバックデザインヘッドセット アンプ付き

2021年5月9日日曜日

HIFIMAN HE-R10 有線も無線も高音質だとは思いますが、、、

 




ヘッドホン・イヤホンもサブスクを行っているONZOでHIFIMANの取り扱いが始まりましたのでさっそく最新作をレンタルしてみました。





 

HIFIMAN、トポロジー振動板採用ヘッドホン「HE-R10 Dynamic Version」。ワイヤレス接続でaptX HD/LDAC対応 - PHILE WEB

HIFIMAN JAPANは、トポロジー振動板採用のヘッドホン「HE-R10 Dynamic Version」を4月15日から発売する。価格は138,800円(税込)。


ということでダイナミックドライバーを使った密閉型ヘッドホンです。HIFIMANといえば平面駆動型ドライバーの開放型というイメージですが、、、





形がとにかく特殊ですね。音の反響等を考慮した結果なのでしょうが、外でするのは恥ずかしいかも。付属品も豊富で3.5mmステレオミニ/XLR バランス/6.35mm標準の3種類の着脱式ケーブルが付属する他、DEVAで好評だったBlueMiniも付属して有線から無線に対応。Bluetooth接続時の対応コーデックは、SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC。さらにはUSBケーブルでPC /Macと繋げば外部DAC付きアンプとしても使えます。

今まではヘッドホン側と2股の3.5mmで接続していましたがBlueMiniと同じ3.5mmバランスジャックをL側に備えます。今後はこれが主流になるのでしょうか。


     HIFIMAN Home      


肝心の音ですが密閉型らしく圧があり、低域の迫力も感じられます。高域も刺さることなくキレイではあります。やはり密閉型特有の籠りを若干ですが感じます。なので開放型のHIFIMANが好きだったことを思い出してしまいました。スカッと抜けるようなという感じがスポイルされるとヘッドホンは苦手です。

それから重さです。せっかく無線化してケーブルから解放されても重さは気になります。確かに無線でもかなり高音質ではあると思いますが、無線も部屋から出たとたんかなり途切れがちになりますし、有線に比べるとやはり物足りないと思います。

これなら軽くてノイキャンのあるSONY WH -1000XM4の方が無線性能も高くよっぽど使えるのではないかと思いました。

しかし上記が気にならない方には有線も無線も高音質で楽しめる良いヘッドホンとなるのではないでしょうか。



本日発売!格安なのにBT接続で音が抜群に良いヘッドホンHIFIMAN DEVA

2021年4月1日木曜日

UNCOMMON PDH-1 平面駆動型ヘッドホン

 




以前平面駆動型ヘッドホンばかり購入していた時期がありましたが、最近は所有していませんでした。久しぶりに聴いてみようと思い、UNCOMMON PDH-1をONZOよりレンタルしてみました。


UNCOMMON・PDH-1 平面駆動型ヘッドホン

【仕様】 ドライバーの種類:平面駆動型 再生周波数帯域:10Hz - 40kHz 感度:94dB インピーダンス:20Ω 全高調波歪率:< 0.2%(1kHz,100dB) 定格入力:100mW 重量:420g(ケーブル除く) 内容物:PDH-1、EVA製キャリングケース、3.5mmヘッドホンケーブル、6.5mm変換アダプター、マニュアル及び保証書


以前所有していたHIFIMANのヘッドホンは400g前後だったかと思いますので平均的な重さだとは思いますが、個人的に少し重い気がします。

 



こもっている訳ではないと思うのですが、開放型で平面駆動であればもう少しスッキリしてもいいのかなと個人的には感じています。

高域ももっと抜けがいいと気持ちよく聴けるのですが、これは中音域寄りで、若干ウォームに感じます。

私の好みではありませんが、一般的に悪いヘッドホンではないとは思います。

やはり軽い装着感とスッキリした音質の99CLASSICSを超えるヘッドホンはあまりないですね。



 

【国内正規品】UNCOMMON・PDH-1 平面駆動型ヘッドホン



HIFIMAN HE6se



HIFIMAN HE6se ハイファイマン 平面磁界駆動型ヘッドホン 開放型ヘッドホン/ハイエンドモデル/ハイレゾ音源対応/高音質ヘッドホン 一年保証【国内正規品】

2021年3月25日木曜日

360 Reality AudioをWH-1000X M4で体感!

 


つい先日SONYより360 Reality Audio対応ワイヤレススピーカーが発表されたので、改めて360 Reality Audioについて調べてみるとWH-1000X M4も対応してました。


ソニー、高さ方向にも音を広げるワイヤレススピーカー。「360 Reality Audio」認定


そう言えばSONY Headphone connectアプリでWH-1000X M4を登録するときに耳の写真撮ったりして面倒だった記憶が、、、ここでそれが活かされるのですね。


360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)「全方位から音が降りそそぐ、新体験。」 | ヘッドホン | ソニー


サンロクマル・リアリティオーディオと読むんですね。ブログだけならどうでもいいんですが、動画もやってると正式な読み方が分からないと困るので助かります。




ここに書いてあるように最適化するために耳の写真を撮るのですが、カメラが付いていないDAPなどでは登録できませんので必ずスマホで行うことになります。しかし、ここで登録したデータはクラウド管理されるのでアカウントでログイン(SONY IDなど)をすれば他の機種(DAP等)でもデータが反映されます。使う端末ごとに設定しなくてよいのがありがたいです。
早速音を聴きたいところですが、まだ対応サービスが始まっていませんし、そのサービスにも加入する予定はありませんが、体感することはできます。





AmazonMusicも配信していますが、こちらはワイヤレススピーカー向けの配信のみだそうです。何故なんだ!





こちらの試聴専用アプリで体感しましょう!





iBasso DX300とWH-1000X M4を接続して聴いてみました。冒頭から色んなところから音が聴こえ、不思議な感じがします。意図的に音をグルグル移動させているので、気持ち悪くなる人もいるかと思います。
ヘッドホンの体験としてはかなり音が移動するのを感じ取れます。ライブとかは楽しそうですね。
しかし、通常の音楽リスニングで立体的に聴こえることは音楽を楽しむ上で素晴らしい事だと個人的に思いますが、立体サウンドを聴く必要性がどこまであるのか正直わかりません。
やはり映画などのサラウンド音響の一つとして楽しむのがこのリアリティを活かせるような気がします。
改めて極上HiFiサウンドとしての立体感と立体サウンドのリスニングはまるで別物だと思いました。



ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル ブラック WH-1000XM4 B



2021年3月3日水曜日

SONY WH-1000XM4 vs SHURE AONIC 50

 



以前にHIBY R8 SS の通信性能についてを調べた時にヨドバシで試聴したこのSONY WH-1000XM4のノイキャン性能が特に素晴らしいと思い、購入してじっくり聴くことにしました。

その時の様子がこちら



やはりノイキャンと言えばSONYは健在ですね。比較したSHURE AONIC 50がそこまでノイキャンに力を注ぐよりも音質に特化している気はしますが、比べてしまうとかなり差が出ます。

そしてヨドバシ店内で聴いた時は音質も1000XM4だと思ったのですが、落ち着いた環境でじっくり聴き比べもしてみました。

両機種ともにアプリによって各種設定ができますが、AONIC 50はできることが少なく、1000XM4は細かくカスタマイズできます。イコライザーで音を変えることもできますが、AONIC 50はアプリ上で端末上の音楽を再生でき、その再生時だけイコライザーが適用できるようです。1000XM4はストリーミングアプリ等でもイコライザーを適用できる上に、DSEE -extreamと言う独自のアップサンプリング技術で、ハイレゾ相当にして聴くことも出来る万能性が素晴らしいです。しかし、今回はOFFで聴き比べしました。




聴き比べてみると、AONIC 50の素直でキレイな中高域が印象的で、低域は薄めですが聴き疲れしないその音は長く聴いていられます。

対して1000XM4はドッシリした低域がかなり強調されており、落ち着いた環境で聴くにはやや重いかなという印象です。

街中を歩きながらと言う状況であれば、この低域の強調も気持ちよく感じられたのですが、落ち着いてじっくり聴くのであればAONIC 50の音の方が素晴らしいと思いました。




ただ、外に持ち出すことを前提に考えるのであれば圧倒的に1000XM4に軍配が上がります。

何よりもコンパクトであることがその理由です。まずヘッドホン本体も1000XM4は小ぶりであり、さらにコンパクトに折り畳めるのでケースに収納した状態でもかさばりません。しかし、AONIC 50はケースも大きく持ち運びにはかさばります。




さらに外での使用を第一に考えれば、ノイキャン性能にも優れ、低域の強調も外での没入感には利点になります。

と言うことで音質を第一に考えればAONIC 50なのですが、外での使用を優先して1000XM4を今後も使用していきたいと思います。

今回最初は設定のしやすさもあってSONY Xperia1Ⅱで聴き始めましたが、途中でHIBY R8 SSに切り替えました。やはりAONIC 50もそうでしたが、BT接続とはいえ、送り出す側がスマホかDAPかで大きく音質も変わります。外で気軽に聴くのであればスマホでも十分ですけどね。



ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル ブラック WH-1000XM4 B

SHURE シュア AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン SBH2350-WH-A ホワイト : 密閉型/外音取り込み/Bluetooth 5.0 / Type-C ケーブル/マイク付き 【国内正規品/メーカー保証2年】 中

2021年2月28日日曜日

モニターヘッドホン SHURE SRH940

 



先日ワイヤレスヘッドホンであるSHURE AONIC 50をレンタルしましたが、その素直な音が気に入り、同じSHUREのモニターヘッドホンであるSRH940をレンタルしてみました。


SRH940 - モニター用プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン

製品詳細

  • 正確な周波数応答を提供し、歪みを最小限に抑えながら、タイトな低域とスムーズに伸びる高域を実現し、正確なレスポンスを再現
  • 長時間の使用でも快適さを損なわない軽さとプレミアムパッド入りヘッドバンドによる人間工学に基づくフィット感
  • 密閉型サーカムオーラルデザインにより耳全体を快適に包み込み、周囲の騒音を低減
  • 折りたたみ式デザインで調整可能なため保管と携帯が簡単
  • ロック機構付きの着脱式ケーブルはケーブルをイヤカップに確実に固定すると共に簡単な交換を実現
  • 長年のスタジオエンジニアリングで培ったShureクオリティーによる、日々のハードな使用にも耐えうる耐久性
  • この上ない快適性を提供するベロア素材の交換用イヤパッドが付属し、長期使用が可能
  • 2種類の着脱式ケーブル(カール、ストレート)、柔軟な装着と簡単な交換が可能
  • 外出時や保管時にヘッドホンを保護するジッパー式ハードトラベルケース、6.3 mm金メッキ標準プラグアダプター付属
  • 2年保証


 



見た目、ゴツくてイカツイのですが、実際手に取るとボディの大半が樹脂で出来ており、見た目ほどの重量は感じません。開封動画では見た目がチープと言っておりますが、プロがガシガシとハードに使う機材と考えればこの作りが正解なのかも知れません。


 



プロ機材っぽさはこんなところにも垣間見えますね。




 


SHURE AONIC 50と聴き比べてみましたが、AONIC 50はリスニング傾向のため若干ですが低域に量感を持たせています。中高域がキレイなところはにていますが、SRH940はモニターを謳うだけあって、そのキレイさ透明感がもう二回りぐらいアップしています。さらに低域がタイトになり音全体の見渡しが良くなっていますので、より細かい音を聴き逃すことなく音楽に没頭できます。

先程のメーカーの説明文の最初の部分で音の特徴全て言っちゃってるんですよね。


  • 正確な周波数応答を提供し、歪みを最小限に抑えながら、タイトな低域とスムーズに伸びる高域を実現し、正確なレスポンスを再現


ほんとこれに尽きます。

 



普通に聴く分にはhip-dacでももちろん十分なのですが、もっと迫力ある音で楽しみたい、音を浴びたいと言う場合にはさらにアンプ足さないとダメでした。こうすることで正確なレスポンスを体全体で受けることができます。普通に気持ちよく鳴りますね。 

HIBY R8 SSでもターボモードでドライブすればより迫力ある音を楽しめました。



       BTもUSB-DAC付ヘッドホンとしても優秀 SHURE AONIC 50      





SHURE 密閉型 リファレンス・スタジオ・ヘッドホン SRH940 【国内正規品】 SRH940-A

SHURE シュア AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン SBH2350-WH-A ホワイト : 密閉型/外音取り込み/Bluetooth 5.0 / Type-C ケーブル/マイク付き 【国内正規品/メーカー保証2年】 中

2021年2月23日火曜日

BTもUSB-DAC付ヘッドホンとしても優秀 SHURE AONIC 50

 



ずいぶん久しぶりにヘッドホンをレンタルしてみました。しかもANC付BTヘッドホンですね。最近このタイプのヘッドホン(狙いはソニーWH-1000XM4)を購入しようか検討中であった為、ライバルになりそうなSHURE AONIC 50をONZOでレンタルしてみました。


AONIC 50 - ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン

  • アジャスタブル・ノイズキャンセリングが雑音を除去し、真に臨場感のあるリスニング体験を実現。
  • 外音取り込みモードは、スイッチの切り替えで周囲の音を聞くことが可能。
  • 最長20時間のバッテリーで、電車、飛行機、職場、自宅など、どこにいても長時間途切れることなく使用可能。
  • 頻繁な使用にも耐えられる設計で、長時間着用時の快適性と耐久性を実現。折りたたみ時はフラットになって携帯しやすく、保護用携帯ケースが付属。
  • 電話の応答、ボリューム調節、音楽の一時停止はボタンを押すだけ。指先ですばやくアクセス。
  • Bluetooth 5.0 ワイヤレス・テクノロジーが、抜群の安定性と最大30フィート(10メートル)の通信距離を実現。スマートフォン、タブレット、ラップトップとペアリングできます。
    Qualcomm® aptX™、aptX™ HD、 aptX™ Low Latency audio、Sony LDAC、AAC、SBCなど、さまざまなコーデックをサポート。
  • プレミアムヘッドホンアンプ。シュア独自設計のヘッドホンアンプ搭載
  • 3.5mmアナログオーディオ入力、機内エンターテインメントシステムを含め、各種デバイスに接続可能。USB-C端子は充電と最高32-bit/384 kHzのハイレゾ信号の入力に対応します。
  • ShurePlus™ PLAYアプリを使えば、ノイズ・キャンセリングや外音取り込みモードのカスタマイズが可能。iOS/アンドロイド用に無料でダウンロードできます。


SHUREの場合はアクティブ・ノイズ・キャンセリングではなくて、アジャスタブル・ノイズキャンセリングと言うのですね。これは他のレビュアーの意見を参考にすると、特に不快とされる帯域をカットしており、全く無音と言うわけではない状態を表現しているのではないかと感じました。

さらに対応コーデックが豊富なのが気に入りました。足りないのはaptX adaptiveぐらいでしょうか。あとはヘッドホンアンプを搭載しており、USBでPC/MACと繋げばDAC付ヘッドホンアンプになるところは素晴らしいですね。





箱がデカイ!中身はケースがそのまま入っており、ケースに全ての本体・付属品が入っています。(動画でご確認ください。)

今回のホワイトはハウジング白に黒字でSHUREのロゴ、イヤーカップとヘッドバンドは薄いブラウン、ハンガー部分はアルミ?シルバー色でめっちゃセンスいいです。

しかもSHURE好きにはブラックやブラウンが好まれているのか、それらよりも4,000円も安い36,719円でAmazonで販売されています。めっちゃお得!

 

SHURE シュア AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン SBH2350-WH-A ホワイト : 密閉型/外音取り込み/Bluetooth 5.0 / Type-C ケーブル/マイク付き 【国内正規品/メーカー保証2年】 中


早速SONY Xperia1ⅡとLDAC接続して聴いてみる。めちゃくちゃいい音。というかしっかりした音が出る。これいいなと聴いていたのですが、DAPと接続したらどうなのか?と言うことでiBasso DX300とこれまたLDACで接続。

おおおお〜全然ちゃうやんけ!と言うことで聴き比べるとXperiaの音は少し薄く迫力に欠けます。対してDX300を通して聴く音は音に厚みがあり、細かい音までしっかり聴き取れる素晴らしい音質であることを確認しました。やはり改めてデジタルでも送り出しの品質は大事だなと思いました。





専用アプリShurePlus PLAYの画面です。このアプリから接続コーデックの確認やノイキャン、外音取り込みのレベルを設定できるだけでなく、このアプリから取り込んである音楽ファイルの再生が行えます。





またイコライザで音質を変化させることもできます。ただし、これはこのアプリ上で再生している音楽にのみ適用されるようで、AMHDなどのストリーミングアプリでは適用されていませんでした。プリセットがかなりあからさまに変わるので使う必要性は感じなかったのですが、、、自分で好みに合わせて使うのはありだと思います。





付属のUSBケーブルでMac BookAirと接続すると32bit/384KHzのUSB-DACとして認識されます。充電もされます。

AMHDでもちゃんと認識されています。この機能を使って聴く音がまたしっかりしていて、AMHDとmora qualitasのファイルクオリティの差までハッキリわかるほどクオリティは高いと思います。USB接続で聴く音の方がBTよりもメリハリがあり、音がいいと感じました。

とここまで簡単に機能を紹介しましたが、音自体は非常に満足しましたので、しばらくレンタルして街中での接続性能などを確かめて行きたいと思います。 



SHURE シュア AONIC 50 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン SBH2350-BK-J ブラック : 密閉型/外音取り込み/Bluetooth 5.0 / Type-C ケーブル/マイク付き 【国内正規品/メーカー保証2年】

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 : LDAC/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2020年モデル ブラック WH-1000XM4 B