ラベル ホームオーディオ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ホームオーディオ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年9月29日火曜日

TEAC AP-505の駆動力はデスクトップには勿体なかった



今回はONZOよりレンタルしましたAP-505を手持ちのUD-505をと組み合わせてDALI OPTICON1を鳴らしてみた感想です。

AP-505 | 特長 | TEAC - オーディオ製品情報サイト
機能一覧
専用チューニングを施したHypex社製Ncoreパワーモジュール採用
実用最大出力130W+130W(4Ω)、BTL接続で250W(8Ω)の高出力
ステレオモード、バイアンプモード、BTLモード切替式
全段においてフルバランス設計を採用
音質にこだわった回路設計と厳選されたオーディオ専用設計パーツ
大容量トロイダルコア電源トランス、およびショットキーバリアダイオード採用の電源部
パワーアンプ保護回路(サージ、電圧、サーマル)
設置が容易な3点支持ピンポイントフット採用(特許第4075477号、特許第3778108号)
音楽の脈動を伝える大型2連指針式レベルメーター(4段階ディマー付、感度2段階切替式)
静寂性を追求したファンレス設計
制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
XLRバランス、およびRCAアンバランス・アナログ入力(各1系統)
スクリュー式大型スピーカー端子(1組)

前回レンタルしていたAX-505はヘッドホン端子を備えていたり汎用性が高かったのですが、こちらは純粋なパワーアンプに徹しており、UD-505と同じ特許取得の3点支持インシュレーターが備わり、より本気度が高い仕様になっていることも特徴です。

シリーズの相性はさすが!TEAC AX-505

またAP-505を2台使用することによりバイアンプにも対応するなどのマニア度も高くなっております。





今回シルバーで揃えることができてメーカー合わせ及び色合わせで100店満点のかっこよさでした。






基本的にAX-505に近いのですが、AP-505の方がよりピュアに感じます。音量を上げて行った時の音圧、迫力をより感じます。解像度も高く、一つ一つの音の粒を感じるような気さえします。それに加えて立体感を感じるほどの力感がとても素晴らしいアンプだなと思いました。
ただこれほどの音を体験するとデスクトップでは勿体ないと感じるようになりました。もう少し距離をとってこの素晴らしい音を全身で感じたいと思いました。
ただ現状ではそういうスペースも聴く時間もない私にとっては贅沢すぎる組み合わせであることがわかりました。
今後はもう少しコンパクトかつリーズナブルな組み合わせを構築していきたいと思います。お楽しみに!
ちなみに今回の組み合わせを全て購入すると35万を超えてしまいます。普段イヤホン中心の私にはやはり勿体ないです。




2020年9月26日土曜日

思った以上にパワフルなCayin iHA-6


Cayin、真空管/ソリッドステート回路を切り替え可能なUSB-DAC「iDAC-6 MK2」 - PHILE WEB
iHA-6は、フルディスクリート・フルバランス設計の回路を搭載したアナログヘッドホンアンプ。東芝製オーディオグレードFETを採用する差動入力回路はノイズを最小限に抑え、パワーアンプ部はプッシュプル型の設計を採用しダイナミックなパフォーマンスを実現。また左右チャンネルそれぞれに独立した電力供給を行い干渉を抑えるとともに、アンプおよびヘッドホンを全面的に保護する網羅的な保護回路も搭載したという。

フルディスクリート・フルバランス設計のアナログヘッドホンアンプ

iDAC-6 MK2と共通するサンドブラスト仕上げのアルミニウム筐体には、6.3mmシングルエンド出力2系統、XLR 3pinバランス出力1系統、XLR 4pinバランス出力1系統を搭載。6.3mm出力はさらに高インピーダンス用/低インピーダンス用に別れている。また電流とゲインはそれぞれハイ/ローで切り替え可能で、イヤホンから平面駆動型ヘッドホンまで自在に対応できるとしている。

再生周波数帯域は10Hz~80kHz。定格出力はシングルエンド出力が1100mW+1100mW(32Ω、ハイカレント)/2200mW+2200mW(32Ω、ローカレント)、バランス出力が5000mW+5000mW(32Ω、ハイカレント)/7000mW+7000mW(32Ω/ローカレント)。S/Nはシングルエンドで105dB、バランスで110dB。

入力端子はXLR1系統/RCA1系統を搭載。消費電力は60W。外形寸法は240W×60H×252Dmm、質量は約3.8kg。




この機能ものすごく助かってます。ONZOのシステムをよく知らない方も多いかと思いますが、今まではとにかく今現在借りれるものを頻繁にチェックしつつ、自分お借りたいものが返却されているか確認する必要がありました。タイミングが悪いと返却されたことを知らずにまた他の方にレンタルされていて一生出会えない可能性すらありました。
それがこの「返却通知メール機能」が開始されて以降気になる商品を設定しているとレンタル可能になるとメールが届くのでそれをすぐレンタルするというとてもスムーズな流れになりヤキモキする事がなくなりました。ただしレンタル期間の制限が設けられていないのでずっと返却されない商品もありますが。





という事で届きましたが、開封して持ってみてコンパクトな見た目に反してその重さに驚きました。 これだけで期待してしまいますね。






早速設置しました。TEAC UD-505とは3pin-XLRでバランス接続しました。
出力は4pin-XLR to 4.4mm(メス)に変換しています。
ソースはiMacがUSB接続、DX220MaxがCOAXIAL接続です。
最初にiMacからUSB接続してRoonを再生しましたが、解像度は高いものの少し硬い尖った印象でした。
DX220MaxでCOAXIALにすると少し丸い柔らかい音になりより聴きやすくなりました。
今回の感想は後者がメインです。
音が少し跳ねるような印象があるものの高域の繊細な透明感のある音と中低域の力強い厚みのある音が立体感を感じさせてくれます。
ヘッドホンも先日購入したAIVAやMONOLITHの平面駆動型を再生しましたが、駆動力も全く問題なくかなり余裕があります。(もともと能率の悪いタイプではありませんが)
相性としてもかなり良い方で特にAIVAは気持ちよく聴く事ができました。(MONOLITHは重くてあまり長時間聴く気にならない。)
パワーの出方などが違うものの同じCayinのN6Ⅱ用マザーボードのE02に近いサウンドのような気がしました。
せっかくバランス入力があるヘッドホンアンプなのでDAPから直接音を出してみたいので
こんなケーブルを購入してみました。



到着まで少しかかりそうなのですが届いたら試してまたご報告したいと思います。
これでまた色々遊べそうで楽しみです。
機会があればiDAC-6 MK2も試してみたいです。値段的にはUD-505と被るんですよね。どっちがいいのか試してみたくなります。ただ、UD-505はヘッドホンアンプも兼ねているので1台で済ませたい人にはこちらになりますけど。iDAC-6 MK2は真空管も味わえると1台で二つの音も魅力的ですね。



2020年8月26日水曜日

シリーズの相性はさすが!TEAC AX-505






統一感ありませんが下が手持ちのUD-505シルバー、上がONZOからレンタルしたAX-505ブラックになります。色はさておき、505シリーズで揃えた時のカッコ良さは格別ですね。正面左側の同じ位置にあるトグルスイッチを跳ね上げて電源ON、下に押し下げて電源OFFを続けて行えるので操作の統一感もあります。


AX-505 | 特長 | TEAC - オーディオ製品情報サイト
XLRバランス入力端子搭載
UD-505や NT-505との接続にも最適なXLRバランス入力端子を装備。バランス接続を行うことでケーブル伝送中の外来ノイズを打ち消すことが可能となり、外部ノイズに左右されることなく高品質な信号転送が可能です。

リニアリティの高い音楽再生を実現するCCLC方式ヘッドホンアンプ部
3.5mm 4極プラグに対応したヘッドホン出力を装備。左右チャンネルのグランドセパレート接続にも対応し、お手持ちのヘッドホンやIEMで左右信号の分離の優れたヘッドホンリスニングをお楽しみ頂けます。また、アンプ部にCCLC(Coupling Capacitor Less Circuit)方式を採用しており、コンデンサーによる出力段のカップリングを行わないことで、カラレーションを抑え、元の音楽情報をそのままの形でヘッドホンに伝送する、リアルな音楽再生を実現しました。

上記の様にUD-505とはXLRバランス接続をしています。そのお陰か素晴らしい音が聴けます。




せっかくなので今回はスピーカーをDALI OPTICON1を組み合わせてみましたがスピーカーとの距離が近いこともあり、ボリュームをかなり控えめに聴いても上記の様な感想を持ちました。これであれば大音量で無くてもしっかりと細かいところまで聴くことが出来て尚且つパーソナルな音楽空間が構築できるのでしばらくこの組み合わせで聴きたいです。
それに加えてヘッドホン出力がグランド分離接続に対応しており、3.5mm 4極プラグを使用することで擬似バランス接続を楽しむことまで出来ます。
私はDITA OSLOケーブルを使用しておりプラグ交換が簡単にできるのですが、今まで使い道がなく所有していた3.5mm 4極プラグに交換して聴いてみました。
UD-505で聴くSE、バランスとも違う解像度重視ではないスケールの大きいサウンドを楽しむことが出来ました。ヘッドホンアンプとしても違った魅力を聴かせてくれる素晴らしいプリメインアンプAX-505はUD-505と合わせて使いたくなるさすがの相性でした。



2020年7月31日金曜日

marantz NR1200 開封〜セッティング編







ずっと欲しかったのですが、納期未定で10月入荷予定とか書いてあるECサイトもありましたが、たまたま在庫が復活したらしいとの情報をTwitterで見かけて検索すると在庫ありが見つかったので即ポチしました。





そして本日商品が到着しましたので早速セッティングしました。その様子は上の動画にあります。




今回上記の組み合わせにしていますが、実はB&W 606を購入してますが到着が明日予定なのでとりあえずのセッティングとしました。





とは言いつつもaudioquestのスピーカーケーブルを購入したり、フロアスタンドに置き直したりとすでに色々やり始めています。B&W 606とDALI OPTICON1どちらがいいのか比較するのが楽しみです。 



2020年6月24日水曜日

Roonをさらにいい音でHQPlayer 3


Roonでアップサンプリングして再生することにハマっておりますが、RoonのDSPよりもさらに高音質でアップサンプリングしてくれるHQPlayerをご紹介します。

HQPlayer 3
<HQPlayer 4 Desktop>
HQPlayer 4 Desktop は、2018年に登場したHQPlayer 4 EmbeddedをベースにGUIを実装したプレイヤーソフトウェアで、HQPlayer 3 Desktopの上位バージョンです。Pro 同様の多彩なフィルター群を搭載し、A/Dコンバーターを通しての最大768KHzのアナログ入力、192KHzデジタル入力が可能で、最大PCM1536KHzへのリアルタイム・アップサンプリングやDSD2048に変換して聞くことのできる機能が追加されました。ライブラリーや入力ソースはブラウジングで選択でき、従来品同様Roonの再生エンジンとして使用可能なネットワークコントロール接続も対応し、音質の向上と利便性の改善が行われています。
現状は最新版HQPlayer 4となっておりますが、あくまでも上位版であり価格も高めなのでRoonの再生エンジンとして使用するのであれば今回ご紹介するHQPlayer 3で十分であると思います。






CD-ROMかと思いましたがわざわざ購入者専用のライセンスキーも焼き込んでくれているので、認証させるために必要でした。
早速RoonでMQPlayerを指定して再生するとかなり音が違うことに驚きました。



最近いつも聴いている曲ですが 、まだまだこんな音が聴けるんですね。さらに驚いたのでもっと低品質ファイルの再生においてです。



こちらはRoonのDSPでアップサンプリングした曲がしないよりはした方がいいかな程度だったものが、HQPlayerでアップサンプリングすると明らかに品質アップが体感できます。音場が広く豊かになり、レンジの幅がまるで違います。まさに生まれ変わったかのように思えるマジックです。
itunesにためたMP3などの低品質ファイルでも積極的に聴きたくなります。Roonを導入したら是非一緒に使うことをお勧めします。