ラベル ポタアン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ポタアン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年10月19日月曜日

FiiO Q3 と Ifi audio hip-dac を聴き比べてみた




コンパクトで価格も手頃でありながらバランス接続にも対応するポタアン2機種を聴き比べてみました。

FiiO Q3の記事はこちら 

この価格でTHX付いちゃう神PHA FiiO Q3

 Ifi audio hip-dacの記事はこちら

その音お値段以上!iFI-Audio hip-dac

今現在の最安値は価格.comではQ3が18,480円、hip-dacは18,000円と完全にライバル関係にあります。
機能としては両機とも概ね使用には十分なスペックを持ちますが、Q3は出力に3.5、2.5、4.4を備えたいわゆる全部入りなのに対し、hip-dacは2.5mmがないものの3.5mmにはs-balanceという分離に優れた擬似バランス接続に対応しています。
スマホやDAPとの接続はUSBのみとなりますが、Q3がUSB-Cを採用して汎用性が高いのに加え、標準でそれぞれのアダプターが付属するので良心的です。対してhip-dacはUSB-Aメスを採用している為、iPhoneとは純正カメラアダプタ一つで接続できますが、それ以外の機種はIfiのオプションOTGケーブルを使う必要があり、注意が必要です。





AKDAPの良い点の一つに接続性の高さが挙げられます。通常のAndroidDAPと外部DACを繋ぐ場合機種によっては反応しない、接続にクセがあることがよくありますが、AKDAPはほとんど繋ぐだけで出音することが多いので簡単です。

使用イヤホン Acoustune HS1695TI + ARC73

Q3

高域がキツ目であり低域もかなり強調されている。したがってよほどの低音好きでなければ、バスブーストスイッチはONにする必要を感じないし、ONにすると不自然な低域を聴くことになる。ノイズはほとんど聴こえず文字通り無音。

hip-dac 

無音時のノイズは多め。解像度が高く、高域から中低域まで伸びやかな音が印象的。バスブーストはONにすると自然な低域増幅ができるので常時ONでも良いぐらい。POWER MATCHはよほど鳴らしにくいヘッドホン以外はONにする必要を感じない。

3.5mm4極プラグがあればS-balanceで聴くことをお勧めしたい。こちらの方が4.4mmバランス接続よりも気持ちよく聴くことができると思います。


結論

Q3単体で聴いている時は十分な音質を確保していると感じていましたが、比較して聴いてみると、聴いていて明らかに楽しいのはhip-dacでした。特にS-balanceで聴いた時が一番良かったです。Q3もTHX AAAアンプを採用して音質アップに努めているとは思いますが、やはりより本格的な音質を追求しているのはhip-dacの様な気がします。

比較してみると見えてくることが多いとあらためて思いました。よっぽどのFiiOファンでなければhip-dacをオススメしたいと思います。




2020年10月17日土曜日

この価格でTHX付いちゃう神PHA FiiO Q3


 

発売のニュースが出た時はそれほどトキめかなかったのですが、発売10日前に思い直して予約したので発売日になんとか間に合いました。

Q3

主な特長

  • 超低歪&超低ノイズを実現する、THX AAAアンプ回路搭載
  • AKM製最新世代32-bit 2ch Premium DACチップ「AK4462」を搭載
  • XMOS製USBインターフェース「XUF208」搭載で、768kHz/32bit PCMならびにDSD512(22MHz DSD)に対応
  • あらゆる用途に対応可能。2.5mm/4.4mmバランスヘッドホン出力端子とライン入力も可能な3.5mmヘッドホン出力端子を搭載
  • 優れた性能を実現する高性能パーツを惜しみなく投入
  • 音量の左右不均等を解決し、微細な音量調節を可能とするADCボリュームコントロール機能搭載
  • 高音質を追求する対電波干渉シールド機構
  • より自然でパワフルな低域を加えるBASSブースト機能
  • ゲイン切り替え/帯域外フィルター切り替えが可能なマルチファンクションボタン搭載
  • 1800mAhの大容量バッテリー搭載
  • 充電切り替えスイッチ付きUSB Type Cコネクター採用で、より簡単に充電可能に
  • Apple社MFi認証のほか、複数の認証を取得

やはり注目はTHX AAAアンプの搭載です。今までFiiOのDAPを使った中でも一番好きな音だったのはM11 Pro SSです。ただFiiO製DAPは色々と個人的に惜しいと思う点がいくつかあり、長期保有には至っておりません。

もちろんFiiO Q5sにはAM3DというTHX AAAアンプ搭載の名機がありますが今では入手が非常に困難となっております。

アンプモジュール「AM3D」発売のご案内

しかしついに2万円のQ1 mkⅡ後継機に搭載してくるとは驚きでした。やはりこれは購入してじっくり聴いてみたいと思いました。





なんとか発売日に到着しましたので早速聴いてみました。開封の様子は動画でご紹介します。


 



最初に聴いた感想はやはり高域がキツイということ、低域の押し出しが強いことです。(BASSブースト無しで)あくまでも初聴きなのでエージングします。

使い勝手としては引用にあるようにMFI認証を取得してるUSB-C to Lightningケーブルをはじめとする豊富な付属品ですぐ使い始められるところは非常に評価が高いです。

これだけ豊富な付属品を添付するのはいわゆるライト層に向けたスマホ用PHA(ポータブルヘッドホンアンプ)の覇権を本気で取りに来ているのが窺えます。


 



しかし、エージングをある程度した後のQ3は決してライト層だけのPHA出ないことがわかります。約2万円でこの音を出すのかと驚きます。スマホからの送り出しでは見えてこない本当の実力が上流を変えると見えてきます。

これほどの音場の広さ、音の厚み、特に中低域の厚みよってクラスを超えた音の質感が味わえます。もちろんパワーもありドライブできるイヤホン・ヘッドホンも幅広く対応できる使い勝手の良さを考えるとお買い得としか言いようがないと思います。

このクラスのベストセラー間違い無しではないでしょうか。



 

2020年4月5日日曜日

YinLuMei(音律美) M400とVictor SU-AX01を比べてみた


最強DACチップAK4499搭載のM400と音質に定評のあるSU-AX01を比べてみました。

YinLuMei(音律美) M400がきました

超ド級ポタアンJVC SU-AX01で聴くVictorの本気
両機種の紹介は上記を参照してください。
M400については前回はご紹介のみになってしまったのでその後使ってみての使い勝手もご紹介していきたいと思います。




最初のツイートの通りUAPPアプリでN6ⅡとUSB接続したM400を認識してアップサンプリングできたのですが、聴いているうちにブツブツ微かに聴こえるのが気になりました。そこでビットパーフェクト再生に変更したらブツブツと言う音は出なくなりました。(SU-AX01の場合はビットパーフェクトしか音が出ない)
SA700との接続は楽でいいのですがやはりブツブツと聴こえてくる。これは手持ち音源を再生するとなり、AmazonMusicなどのストリーミング再生の場合はなりませんでした。



iPhoneとの接続は手持ちのハイレゾ音源の再生、ストーリミング再生 ともに大きな問題なく再生できるのですが、本体に保存したハイレゾ音源の再生が一瞬途切れることがあります。AndroidDAPとの接続は上記の問題が出たため、iPhoneでの視聴を主にしております。


これはSU-AX01での例ですがM400でも全く同じにできます。 単純に音の送り手として考えたときに優秀なのはiOSだったりしますね。USB-DACをPCに繋ぐ場合もMACの方が簡単ですし。



これは別の機種に対してのコメントなんですが、これが今回も見事に当てはまり、SU-AX01に対してM400の音は解像度、クリアさ、躍動感などの点で劣っており、AK4499を生かし切れていないと言うか、そもそもの音があまり良く無い。比べる相手がJVCが本気で作ったポタアンなので仕方ない部分もあると思うが、 同社のDAPであるA2の音の素晴らしさに比べても追いついていない気がしました。なんとなくFiiO M15に対するコメントと同じで「決して悪くは無いんだけど取り立てて良くもない」と微妙な評価となっています。
あくまでも比べたらですけど。

2020年4月3日金曜日

YinLuMei(音律美) M400がきました



AK4499搭載のDACアンプであるYinLuMei(音律美) M400が到着しましたので開封〜出音までを動画にしました。

M400 AK4499
M400はM300のアップグレード版です。本質的には新しいデザインシリーズです。外観シェルから回路アーキテクチャまで、AKMの新しいDACチップAK4499を使用し、電源に重点を置いています。8個のPanasonic 330UF Eタイプタンタルコンデンサーを搭載しています。4 OPA1612はIVコンバーターとして使用されます。火力は完全にオンです。各4499は4チャネルを出力します。各チャネルはIVコンバーターを備えています。最後に、それらを結合して非常に高レベルの音質を達成できます。ボリュームコントロールは、テキサスインスツルメンツのPGA2311UAを使用します。 4チャンネル同期調整、圧縮ダイナミクスなし、部分音なし、長寿命、セカンダリスクリーンディスプレイボリューム、ゲイン、DACフィルターなどの組み合わせ。バランス出力は、4.4出力ポートを使用し、接地機能を維持します。
公式サイトの製品紹介をGoogle翻訳したものを載せています。
以前ご紹介した同社のDAP「A2」の記事はこちら
人柱報告①YinLuMei(音律美)A2 AndroidDAP
今回購入した中国の通販サイトLinSoulの担当者によるとYinLuMeiは武漢にあるとのことでなかなか商品が入荷しませんでした。
昨年末あたりからチラホラと情報としては上がっていたもののあまり話題にならなかったのは武漢閉鎖のため商品があまり行き渡らなかったせいもあるかも知れません。


動画でも試していますが、まずはAstell&Kern SA700と繋いで聴いてみました。この組み合わせは何もしなくてもSA700が自動認識してくれるのですぐ音を楽しめます。
しかし、なんかおかしい。ところどころ、ぶつっぶつっとノイズが入ります。これは本体に入れた音楽を再生した場合。次にAmazonMusicHDを聴いてみます。これはノイズも無く楽しめましたがUltraHDの端末性能を見てみると24/96kHzになっていて音質も同様。アプリがうまくDACを認識していないのでしょうか?この辺りは今後の検証が必要です。
音質などもこれから同社のDAPであるA2と比較しながらお伝えしたいと思います。 


2020年3月12日木曜日

突然発表されたBTレシーバーAstell&Kern AK XB10を買ってみた


3,980円と低価格ながらaptxHD、2.5mmバランス接続対応のBTレシーバーのご紹介です。


上のアユートの営業さんの発言に注目!実は2016年に発売されていた商品なんですね。
「あの頃は早かった」まだ時代的にハイレゾ対応はそこまで市民権を得ていなかったからでしょうか。以前はソフトバンクとAstell&Kernの共同開発品として販売していた物をやっと時代が追いついたと言うことで独自販売に踏み切ったのではないかと思います。もしくはソフトバンクとの契約が切れて販売できるようになったのか。

ソフトバンク×Astell&Kern共同開発。aptX HD対応ワイヤレスポタアン「XHA-9000」レビュー - Phile-web
ワイヤレスで、特に「aptX HD」で聴いたサウンドクオリティは、オーディオファンも認める音質である事は間違いない。ワイヤレスで高音質、そして自分の手持ちのイヤホン・ヘッドホンを活用できる貴重なワイヤレス・ポタアンとして、今後の注目製品となることだろう。
 当時の記事も残っていました。販売当時を知らないのですが当時としてもスペック盛り盛りな感じはあったのではないかと思います。



当時から仕様は変わっていないはずなのでDACだけ新しく表記したらダメですね。DACはいいとして不安なのはBTチップですね。さすがに古いだろうと。接続性特に駅や人が集まる周辺で途切れないかどうかそれにかかっているとは思います。商品特性として。それは別の機会にフィールドテストしたいと思います。






音は Phile-webのレビューにあるようにaptxHDと2.5mmバランス接続で聴く限りいいと思います。これがどれだけ途切れずに快適に聴けるかそこだけが問題です。次回この点を確認したいと思います。

追記


思っていたよりもずっと快適でしかも高音質で聴けるのでオススメできるBTレシーバーだと思います。しかも安い。


とのことなので欲しい方は早めにチェックした方がいいですね。



2020年2月28日金曜日

ポタアンチョイ足しで激変Shanling UP4



最近発売されたBTレシーバーのShanling UP4がレンタル開始されたので早速使ってみました。



SHANLING UP4

評判良さそうなのでちょっと使ってみたい。そんな時ありますよね。で使えちゃうのがONZOさんの良いところ。まだメーカー少ないですが嬉しいサービスです。




遊ぶ前に機能説明でわかりやすいツイートがあったのでご紹介。





実際の使い方は動画でどうぞ!





UP4は2.5mmのバランスも使えてそのままでも十分なパワーと音質があります。しかしM15と比べた場合、少し高域が強くて私には聴きづらく感じました。そこでポタアンチョイ足しをしてみました。








最終的には音と持ち運びのバランスはALO audio The National+ がちょうど良く、私好みの音になりました。UP4は素性がよく出来ているので、ちょっとポタアンと組み合わせるだけでDAP代わりとして十分使えることがわかりました。持ち物を少なくしたいけど音を妥協したく無い方には持って来いの装備になるのではないでしょうか?価格も手頃なので1台持っておくと良いかも知れません。