ラベル 日本ディックス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日本ディックス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年10月23日金曜日

日本ディックス 4.4mm5極-4.4mm5極ショートケーブル(Cayin A02準備)

 


  

  


Cayin A02が輸送中のため、届いたら少しでも良い音で聴きたいと思い日本ディックス 4.4mm5極-4.4mm5極ショートケーブルを購入してみました。






上記のように今回はヘッドホン出力を搭載せず、Line/Preアウト端子のみという特殊なマザーボードになります。これはもちろん今後発売を予定しているフラッグシップポータブルヘッドホンアンプ(ポータブルにしては重くて大きい)C9と接続することを想定しており、マザーボードのスペースに全てを詰め込む限界を打破するとともに、予定していたNuTube搭載マザーボードの開発断念をこれでひっくるめて達成しようという思惑が窺えます。





もちろんAK4497DualDAC搭載ですので据え置きと組み合わせても十分な能力がある事が想像できます。



 



このようにCayin iHA-6と組み合わせても面白そうです。

ですが、C9と組み合わせることを前提に考えるとケーブルが大きく音を左右すると思います。そこで探してみると良さそうなケーブル見つけました。



 




日本ディックス製だけに両端にOFCのPentaconnプラグを採用していて豪華です。さらにケーブルも銀コートの8芯構成と仕様としては十分以上です。プラグ自体が長いせいか取り回しには余裕がありますが注意が必要です。



 




上のツイートで使用しているのはHUM audioのケーブルです。こちらは中低域に厚みがありパワー感が伝わりやすいです。対して日本ディックスのケーブルは低域もしっかりあるものの中高域に伸びが感じられより透明感のある音が楽しめます。解像感もこちらのが上手でより細やかな表現力が印象的です。HUMがドスレートな音なのに対し、日本ディックスのケーブルは華やかかつメリハリのある音と言えるかと思います。

早くCayin A02を聴いてみたいですね。

 


2020年8月30日日曜日

新たな選択肢 日本ディックス MMCX to PENTACONN EAR 変換ケーブル


つい先日Acoustune HS1697TI用に日本ディックスさんのPENTACONN EAR対応リケーブルを購入したばかりですが、同じ日本ディックスさんからMMCX to PENTACONN EAR 変換ケーブルが発売されているのを知り、購入してみました。





正直こちらを先に知っていれば買わなかったかもしれないケーブルの感想はこちらです。




変換ケーブルもeイヤホンで9,900円税込なので変換ケーブルとしては高い方だとは思いますが、手持ちのケーブルを活かせるのであればこちらの方が経済的です。



HS1697TIと同時に購入した組み立てラボさんのペンタコン-2pin変換コネクタは使用しているうちに接触が悪くなり片方が音が途切れたりします。形も角度がつけられている為、使用するケーブルによっては使い勝手が悪いケースもあります。
こちらは耳掛け部分に相当する部分がケーブルになっている為よりフレキシブルであり、イヤホンとの接続部分のストレスは少なそうです。
その代わり、接続するケーブルによっては耳掛け部分にクセがつけられていてケーブルが変な方向に向いたままになってしまうことがあると思います。ここは注意が必要です。


商品情報

・入力部にはMMCX JACK(黄銅)、出力部には新設計PLUG【Pentaconn ear OFC】を採用。
・ケーブルには日系オーディオケーブル専業メーカーとの共同開発で銀コートOFC線の4芯構成を採用
・全長約110mm
*Pentaconnは、日本ディックスの登録商標です。
*SENNHEISER IE 400 PROとIE 500 PROには非対応となります。
*MMCX のイヤホンには非対応となります。



日本ディックスのHPからは探せなかったので某販売ページのスクショを載せておきます。
それによると8/21発売なので発売したばかりだから気づかなかったのでしょうか?
もう少し告知してもいいと思うけどな。欲しい人結構いると思います。ほんとPENTACONN EARは選択肢が少なくて困りますね。
結果私の環境ではALO audio SXC 8 IEM Cableが相性が良くHS1697TIをさらにキレイな高域と広い音場で聴かせてくれました。



2020年8月27日木曜日

選択肢は少ないがマッチングは上々日本ディックス Pentaconnリケ−ブル(Acoustune HS1697TI)






バランスケーブルをAcoustune HS1697TIで使うために購入した組み立てラボさんのペンタコン-2pin変換コネクタが不調で接触不良で音が途切れることが多くなり使用をやめていました。しかし、HS1697TIを使わないのももったいないので売ろうとも思いましたが、売り切れていた日本ディックス Pentaconnリケ−ブルの在庫が復活していたので購入してみました。






今回はyahooショッピングの日本ディックス店で購入したのですが、現在キャンペーン中で上記のツイートの様にPentaconn SLIDERがオマケでついてきました。



オマケのPentaconn SLIDERですが購入すると3,300円(税込み)となかなかのお値段ですね。

実物もしっかりしており、かなりお得な気がしました。
早速取り付けて聴いてみました。





HS1697TIは元々音場が広く明瞭度の高い鳴りっぷりが気に入っているイヤホンでしたが、このケーブルで聴くとさらにそれがいい意味で強調される感じがします。
本当に耳にスピーカーを付けているかのようにその音に包まれるのが心地よいです。
特定の音域を強調することもなくバランスよく鳴る感じですが、ボーカル域がよく通るので歌もの系が気持ちよく聴けると思います。