ラベル 音律美 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 音律美 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年4月8日水曜日

YinLuMei(音律美) A2のGooglePlay入りファームを入れる方法




人柱報告①YinLuMei(音律美)A2 AndroidDAP

YinLuMei(音律美)A2とFiiO M15を比べてみた
今までご紹介してきたA2ですが、おそらく現状流通しているものはAndroid6バージョンのみと思います。アプリ自体はAPKファイルをSDにコピーしておいてインストール(APKPureを最初にインストールすれば)、することはできたのですがGooglePlayがないとインストール出来ない、インストール出来ても動作しないアプリはありました。
そして音律美の公式サイトにGooglePlay入りファームとフラッシュツールはあったのですがそこでダウンロードして解凍してもBaiduのURLがあるだけであり、BaiduのIDとパスワードがなければファイルをダウンロード出来ずに困っていました。
ただ海外の掲示板ではBaiduの会員である為ファイルをダウンロードしてファームアップに成功している方がいました。その方がファイルを掲示板にアップしてくれることをみんなが待っていましたが、昨晩アップしてくれました。



Post #68 of 70
Nayparm
Joined
Oct 13, 2017
Location
UK
Posts
1,535
Likes
1,441




今回A2のSoCはMediaTekを使っているのでフラッシュツールを使用してROM焼きをする必要があります。
A2FlashToolsにあるUSBドライバをまずPCにインストールします。
次にFlashToolを起動してA2 ROM Google 20191022を指定してA2を接続してDownloadボタンを押す。
これが大まかな流れです。

上記写真を参考にしてください。
MediaTek製SoC向けのFlash Toolを使ってみた(仮想Windows 7環境で)

Redmi note4(china版)にグローバルROMを焼いてみた。マルウェア怖い - ウィモバの日々
USBドライバのインストールは上記を参考にしてください。


ROM焼きに無事成功すると再起動後GooglePlayが導入されています。サインインして好きなアプリをインストール出来ます。これでAndroidDAPとしてだいぶ使いやすくなります。 

2020年4月5日日曜日

YinLuMei(音律美) M400とVictor SU-AX01を比べてみた


最強DACチップAK4499搭載のM400と音質に定評のあるSU-AX01を比べてみました。

YinLuMei(音律美) M400がきました

超ド級ポタアンJVC SU-AX01で聴くVictorの本気
両機種の紹介は上記を参照してください。
M400については前回はご紹介のみになってしまったのでその後使ってみての使い勝手もご紹介していきたいと思います。




最初のツイートの通りUAPPアプリでN6ⅡとUSB接続したM400を認識してアップサンプリングできたのですが、聴いているうちにブツブツ微かに聴こえるのが気になりました。そこでビットパーフェクト再生に変更したらブツブツと言う音は出なくなりました。(SU-AX01の場合はビットパーフェクトしか音が出ない)
SA700との接続は楽でいいのですがやはりブツブツと聴こえてくる。これは手持ち音源を再生するとなり、AmazonMusicなどのストリーミング再生の場合はなりませんでした。



iPhoneとの接続は手持ちのハイレゾ音源の再生、ストーリミング再生 ともに大きな問題なく再生できるのですが、本体に保存したハイレゾ音源の再生が一瞬途切れることがあります。AndroidDAPとの接続は上記の問題が出たため、iPhoneでの視聴を主にしております。


これはSU-AX01での例ですがM400でも全く同じにできます。 単純に音の送り手として考えたときに優秀なのはiOSだったりしますね。USB-DACをPCに繋ぐ場合もMACの方が簡単ですし。



これは別の機種に対してのコメントなんですが、これが今回も見事に当てはまり、SU-AX01に対してM400の音は解像度、クリアさ、躍動感などの点で劣っており、AK4499を生かし切れていないと言うか、そもそもの音があまり良く無い。比べる相手がJVCが本気で作ったポタアンなので仕方ない部分もあると思うが、 同社のDAPであるA2の音の素晴らしさに比べても追いついていない気がしました。なんとなくFiiO M15に対するコメントと同じで「決して悪くは無いんだけど取り立てて良くもない」と微妙な評価となっています。
あくまでも比べたらですけど。

2020年4月3日金曜日

YinLuMei(音律美) M400がきました



AK4499搭載のDACアンプであるYinLuMei(音律美) M400が到着しましたので開封〜出音までを動画にしました。

M400 AK4499
M400はM300のアップグレード版です。本質的には新しいデザインシリーズです。外観シェルから回路アーキテクチャまで、AKMの新しいDACチップAK4499を使用し、電源に重点を置いています。8個のPanasonic 330UF Eタイプタンタルコンデンサーを搭載しています。4 OPA1612はIVコンバーターとして使用されます。火力は完全にオンです。各4499は4チャネルを出力します。各チャネルはIVコンバーターを備えています。最後に、それらを結合して非常に高レベルの音質を達成できます。ボリュームコントロールは、テキサスインスツルメンツのPGA2311UAを使用します。 4チャンネル同期調整、圧縮ダイナミクスなし、部分音なし、長寿命、セカンダリスクリーンディスプレイボリューム、ゲイン、DACフィルターなどの組み合わせ。バランス出力は、4.4出力ポートを使用し、接地機能を維持します。
公式サイトの製品紹介をGoogle翻訳したものを載せています。
以前ご紹介した同社のDAP「A2」の記事はこちら
人柱報告①YinLuMei(音律美)A2 AndroidDAP
今回購入した中国の通販サイトLinSoulの担当者によるとYinLuMeiは武漢にあるとのことでなかなか商品が入荷しませんでした。
昨年末あたりからチラホラと情報としては上がっていたもののあまり話題にならなかったのは武漢閉鎖のため商品があまり行き渡らなかったせいもあるかも知れません。


動画でも試していますが、まずはAstell&Kern SA700と繋いで聴いてみました。この組み合わせは何もしなくてもSA700が自動認識してくれるのですぐ音を楽しめます。
しかし、なんかおかしい。ところどころ、ぶつっぶつっとノイズが入ります。これは本体に入れた音楽を再生した場合。次にAmazonMusicHDを聴いてみます。これはノイズも無く楽しめましたがUltraHDの端末性能を見てみると24/96kHzになっていて音質も同様。アプリがうまくDACを認識していないのでしょうか?この辺りは今後の検証が必要です。
音質などもこれから同社のDAPであるA2と比較しながらお伝えしたいと思います。 


2020年3月11日水曜日

YinLuMei(音律美)A2とFiiO M15を比べてみた


先日購入した音律美A2とFiiO M15の比較です。

人柱報告①YinLuMei(音律美)A2 AndroidDAP

M15_picture,飞傲,FiiO,MusicPlayer,Amp,Amplifier,DAC,HiFi,Lossless,Earphones,IEMs
FiiO M15は言わずと知れたFiiO社のフラッグシップDAPです。コロナの影響で日本での正式販売は少し先になりそうですが発売されれば間違いなくヒットすると思われます。

Technical Specifications:-

  • Dual Flagship Dac setup AK4499EQ
  • Lightining Fast SoC Exynos 7872 Processor
  • 3 Gb Ram
  • 64 GB in-Built storage expandable with up to 2Tb memory card
  • 5.15" HD display(720P) with 18:9 support with Corning Gorilla Glass
  • 2.4/5GHz dual band Wi-fi Support
  • 7490mAh Battery with 15 hours of Music Playback
  • 2.5mm balanced, 3.5 standard and 4.4 balanced port
  • Qualcomm Flagship Bluetooth Chip CSR8675 with two way LDAC Bluetooth
  • Two Class Leading Femtosecond Crystal Oscillators from NDK,Japan
  • XMOS XUF208 Control Chip which supports direct decoding 768kHz/32bit, Native DSD512 support
  • Fully Decode (8x) the Original MQA Files
  • Professional ADC Volume Adjustment Mode
  • CNC Machined Aluminium-Magnesium Alloy Chassis
  • Five Physical Buttons with Customizable Functions
  • Solid North American Black Walnut Wooden Enclosure
  • Independent "HOLD" Switch, PCB Coated with Graphite and Thermally Conductive Silicon Grease
  • All to DSD 2nd Gen
  • One-click Standby Mode
  • 21W Dual Quick Charging
  • Android / Pure Music / USB DAC
  • FiiO Link, DLNA, AirPlay, WiFi Song Transfer support
  • FiiO Original Music APP
私も購入したHiFiGoで購入できます。この一台あればしばらくDAP買う必要なしと言えるほど完成度が高いです。さらに最近GooglePlayに公式に対応してますます魅力がアップしました。
FiiO M11/M11PRO/M15 GooglePlayStore導入方法

それに対し、A2は使い勝手こそ見劣りするものの音質だけで言えばM15を超えているかもしれません。


今現在FiiO M15の他にAsrtell&Kern SP2000、Cayin N6Ⅱ、Hiby R6とDAPがある中でもロックやメタルなどを聴くなら一番気に入っています。
ただ動画でも言及していますがAndroid Ver.6.0であったりGooglePlayが無かったりと操作性と言う面ではまだまだです。今後の予定で8.1にバージョンアップされたあたりから一般にも扱いやすくなるかもしれません。今は音にうるさいマニアック向けですが音wpきけばファンになること間違いなしです。1日も早いアップデートを期待しています。



2020年3月6日金曜日

人柱報告①YinLuMei(音律美)A2 AndroidDAP


YinLuMei(音律美)から発売されているAndroidDAPのA2を購入してみました。まずは開封からどうぞ。




音律美A2 双AK4497安卓播放器
AK4497Dual
Android6.0(→8.1予定)
5インチIPS液晶
DAC部に0.42インチOLED
等々スペックをあげると魅力的なA2なのです。
Head-FiではFiiO M15より音が良いという投稿があったり期待せずにはいられません。




開封は動画で確認していただくとして一言で言うとゴージャスです。箱もそうですが変換ケーブルやら、デジタルケーブルなどが入っていてさらに店のサービスかわかりませんが専用ケースも付いてきました。至れり尽くせりです。





ここが購入してみないとわからないところなのですが、今回購入したバージョンにはGooglePlayStoreは入っていませんでした。公式サイトを見るとストア入りの国際版ファームも配布されているみたいですが。百度のアカウントがないとダウンロードできないみたい(Head-Fiにもそれらしき投稿がある)その方は以前のアカウントが使えたそうですが、現在香港の問題などのため国外からのアカウント作成が制限されているらしい。 さらに使われているSoCがMediaTek製のため専用のフラッシュツールでファーム書き換えをする必要があるらしいなど非常にハードル高めです。Head-Fiで成功している方が説明付きでアップしてくれるみたいなので少し待ちですね。
そしてこのDACと別々に電源入れる必要があると言う珍しい仕様。一つのDAPのようだが、Androidを載せた操作部とDAC部が内部で接続されているだけと言う謎仕様みたいです。ですから通常のAndroidDAPのようなオーディオ設定項目など一切なし。この辺が今後アップデートで作り込みされると面白いと思う。





ストアはないけどAndroidではあるのでAPKファイルを用意すればアプリは入れられる。APKPure自体をインストールすればある程度入れ放題。ただ動くかどうかは別。開発者サービスが必要なアプリなどはもちろん動きません。とりあえずAmazonMusicは動いてくれたけど、先ほどのようにDACが分かれているためかAmazonの判定次第で再生ファイルが変わってしまう。音はいいんですけどね。使い方にクセが有ります。とりあえず今日はここまで。今後も続報をお届けする予定です。
A2の前モデル?A1の購入者もいるみたいですね。

音律美 yin lu mei A1 - 今日という日の備忘録