ラベル 634ears の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 634ears の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月15日月曜日

634ears 8iTE-S(Stainless Steel + Wood)

 



以前にもご紹介しました634earsさんから新しいイヤホンが届きました。前回はお試しという意味もありもっとも廉価なシリーズからSARNをチョイスしました。SARNも金属と木材を組み合わせた筐体であり、その木材部分(SARNは黒檀)の響きが気に入り、今回の上位モデル購入に至りました。


8iTE-S(Stainless Steel + Wood) | 634ears ロクサンヨンイヤーズ

《音の特徴》

・小型ドライバらしい細やかな音
・ステンレス筐体によるシャープな音色
・木材の響きを活かした膨らみのある中低域
・ピークの少ない聴きやすい音
・スッーと伸びる高域
・OPENタイプは軽やかで明るい音色
・CLOSEタイプはしっかりとした低音と適度な音の厚み

《仕様》

基本的にMMCXでのケーブル着脱で制作いたします。
木材選択可能。
※このモデルはケーブルが付属します。


634earsさんには金属と木材を組み合わせられるイヤホンはいくつかありますが、今回私がチョイスしたのは8iTE-Sという8iTEシリーズの中で金属部分がステンレス(他にチタン、真鍮がある)、木材は選択可能というものです。

そこでサイト上から注文手続きを済ませると作成者のムサシさんからオーダー確認が来るので木材部分の選択、ロゴの位置などを決めてオーダー完了です。この打ち合わせの完了が11月19日でしたので2月15日納品で約3ヶ月ですね。途中部品調達の遅れなどのメールがありました。



634earsさんのインスタでも紹介されておりました。





インスタの写真はかなり渋めですが私の写真はライトを当てたので明るめです。



 



仕上がりも素晴らしいですが、音も大変気に入りました。





この8iTEの特徴の一つでもあるCリングによる音質変更があります。効果としてはツイートの通りなんですが、閉じた時の高音質っぷりが異常です。穴を閉じると高域がかなりキツめにはなるもののステンレスによる響きがあるので適度なシャープさとレスポンスの良さを発揮してくれます。さらに低域もより出てくるのですがその絶妙なボワつきがたまりません。筐体の大部分が木材となっており、これが私が8iTE-Sを選択した大きな理由となります。8iTEにはオール金属もありますし、金属の組み合わせを変えることで好みに近づけることもできます。しかし、金属のシャープなスピード感も好きなのですが、高域を多用するような曲ではほとんど金属の響きだけでは判別不可能な音が私は以前から気になっていました。そこでSARNの木材の柔らかい響き(真鍮のように柔らかい響きではあるが残響を伴わない)が好きでした。SARNの黒檀のように強く、硬く響きの程よいもので提案していただいたうちの一つがシャム柿でした。

今回音を聴いてまさに希望した通りの音で大変びっくりしています。この木の柔らかい響きのおかげで低音も増しましたが、それ以上に高域の反響音が少し薄れ聴きやすくなっていると感じられることは1番のメリットだと思います。このキレの良さと適度にタイトな低域の組み合わせはまさに自分にとっては理想的です。

非常にお気に入りのイヤホンになりました。評点をつければ総合で4.5を間違いなく超えると思いますが、半オーダー品でこの同じ組み合わせを他の方が聴く可能性は少ないと思いますので今回はやめておきます。

 

力強い低音が魅力的!634ears SARN

2020年11月15日日曜日

力強い低音が魅力的!634ears SARN

 





先週のヘッドホン祭で気になった634earsというイヤホンメーカー?(個人のイヤホン製作者?)。公式サイトでの注文も受け付けていて、かなり低価格からラインナップしているようだったのでまずはお試しということで、低価格ラインのSARNをオーダーしました。


SARN | 634ears ロクサンヨンイヤーズ

【音について】

ROAKではある程度バランスを取った音にしたつもりですが、今回はより「ダイナミック型らしい迫力ある音」を再現しています。
音のメリハリ、インパクト、キレ、低音の力強さ、シャープで明瞭な音色、迫力、などをわかりやすく再現しております。

ピークを抑えて繊細さをだしたROAKに比べ、こちらはアタックが強くピークのやや強めです。音は響きよりもシャープでキレやスピード感やアタックを重視しています。音のメリハリがつよく躍動感などはROAKより明らかにこちらのほうが強いです。わかりやすく言うとある程度万能だったROAKよりロックなどに合うという感じでしょうか。
ドライバはROAKより一回り大きい約9mmのものを採用しています。634earsの「11-634」と同じドライバを採用しておりますが、チューニングが違い音が鋭くシャープになっています。

本当はRTキャンペーンで見た黒いのを見て欲しくなったのですが、音質的にも自分の好みに近そうということでオーダー。


 



参考にオーダーから到着までの経緯を載せておきます。(あくまでも1例であり、パーツの手配状況などによって変わるようです。)

11月7日 23:43 ご注文内容の確認【634ears】メール

11月9日 13:34 お申込みの確認【634ears】メール

11月10日 18:38 PayPalより支払い請求メール

11月11日 22:40 お支払いの確認と受注の確定【634ears】メール

11月13日 23:08 発送のご連絡【634ears】メール

11月14日 到着。今回は部品が揃っており、予定よりも早く完成したとの記述がありましたのでとてもスムーズに行った場合のスケジュールかと思われます。





今回は本体のみということでとてもシンプルですが、MMCXのケーブルはたくさんあるので無駄なケーブルが増えなくて良かったです。付属品はケースにイヤーピースのみです。

《価格》

価格 11500円(税込)※MMCXタイプでケーブル付属なし
ケーブル着脱なしモデル 12800円、 MMCXタイプケーブル付属あり 14500円

ちなみに送料も込みのようで、とても良心的ですね。

 

 



早速鳴らしてみたところ高域がかなり強烈な印象でした。この時点でかなりキレやスピード感あるシャープな音は理解できましたがちょっときついかなと思っていました。しかし、5時間ぐらい鳴らしたところ高域のキツさも薄れ、それにも増して低域の力強さが感じられるようになりました。もともとウッド部分の材料である黒檀は銘木と知られ弦楽器にも広く使用されていることからもわかるように、適度に響きがあるがボワンボワンとしない締まりある音が気持ちいい。ジャズ、ロック、EDMと非常に相性が良い。これ自体がベース(楽器の)なんじゃないかと思うくらいの気持ちいい低音がクセになります。

非常に気に入ったので少しづつ増やしていきたいなと思えるイヤホンでした。