ラベル BQEYZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル BQEYZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年5月28日金曜日

2万以下のおすすめ低音イヤホン5選(予算別)


 



今回は今後スマホ+USBDAC使用が増えると思われますが、物足りない・低音が足りないという方のために「このイヤホンで聴けば迫力たっぷり」というイヤホンを予算別に選んでみました。

まずは〜1,000円の部門です。


シンプルにドンシャリ KZ EDX

KZといえばハイブリッド、多ドラとマルチドライバーばかり話題に上がりますが10mmのダイナミックドライバー1発となんともシンプルかつ潔い構成です。

箱出しで聴いた印象はとにかく「元気がいい」です。気持ちいいほどのドンシャリ具合で少しキツ目の高域を誤魔化すために久しぶりにfinal Etypeを装着しました。低域も重低音がガッツリ効いてます。音の厚みがそこそこあるので包まれ感や没入感は高めに感じます。もう少し落ち着いてくれると聴きやすいのですが、これだけ派手な音だとDAPでは音がハッキリしすぎて疲れてしまいます。

逆にスマホとかのモサっとした音質なら逆にシャキッと聴かせてくれていいのかもしれません。


 

KZ EDXイヤホン1ダイナミックHIFI低音インナーイヤーで耳モニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングヘッドセット新しい到着!(白、マイクなし)


こちら驚きの930円です。高音域もシャリつきますが、低域もしっかり出るので安く済ませたい方におすすめできます。またリケーブル出来るのでバランスで聴くこともできます。


次は〜5,000円部門です。


KZ DQ6 買いましょう

高域は透き通るけどキツさはなく、中域は伸びやかに、低域は深くドッシリした安定感を音に加えてくれます。DDらしさが詰まったとても気持ちの良いイヤホンだと思います。ボーカルも近く、とても聴きやすいのにモッサリした感じが全くありません。「出来る限り安価に提供するために最低限のケーブル付けとくけど、こだわる人は好きなケーブル使って見てね」と言われている気がしました。これはリケーブルで真価を発揮するタイプですね。
またしても中華イヤホンにはやられてしまいました。これも買って損はないイヤホンです。


 

KZ DQ6 3DDインイヤーヘッドフォンHiFiスポーツ有線ヘッドフォンヘッドフォンノイズキャンセリングステレオヘッドフォン2ピン銀メッキケーブル(シルバー、マイクなし)


こちらは現在2,800円で購入できますが、はっきり言ってお買い得イヤホンです。こちらは3DDと珍しいドライバー構成ですが、シャキッとした音質と低域の迫力が楽しさは価格を超えています。


次は〜10,000円部門です。

KZ ZAX 低音の魅力

約100時間のエージングが終わったので聴いてみると、確かに低域も高域も良く出るようになっています。印象としては低域の迫力がかなりあります。低域は常に感じるけどもけして不快ではありません。低音を強調するあまり、モワッとした不快感を伴う某ドラマー氏のチューニングしたイヤホンとはまるで異なります。もちろんこちらはまがりなりにも8ドライバーであり、低域のDD以外の7機のBAがその他の音を繊細かつダイナミックに奏でてくれるので、トータルとして素晴らしい音になっていると思います。特にジャズなどの生音系はしっかりとした迫力とともに響きに艶を感じます。低音は確かに魅力的に聴こえるけどもそれだけで終わっていないところがこのZAXの魅力ではないでしょうか?


 

KZ ZAXメタルヘッドセット7BA+1DDハイブリッド16ドライバーHiFiベースイヤホンイヤモニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングイヤホン(マイクなし、ブラック)



こちらは現在6,550円で購入できます。中華イヤホンにハマるきっかけとなったイヤホンで刺さらない透明感のある高域とズシリと響く低域のバランスが最高です。KZで一番好きなイヤホンです。


次は〜15,000円の部門から


BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!

SUMMERを聴くとまず感じるのが低域の力感です。それに加えて音の厚みも増しているので音全体がSpring2よりもグレードアップしています。高域と低域のメリハリもより明確になり、さらに力強い音になったことがわかります。付属ケーブルも銀メッキに変更されて太くなったので効果が伝わりやすくなっていることも大きいです。(しかもプラグ3.5、2.5、4.4mm選択できます)

それでいて価格はSpring2よりも安くなっているので、もう買わない理由はなくなったと言えるのではないでしょうか?


 

BQEYZ Summer HiFiGoオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量


こちらはただいま5%クーポン適用で13,299円で購入できます。前作Spring2よりも低域が強化されており非常にバランス良くなったと思います。できれば出力あるアンプと楽しみたいところ。


最後に〜20,000円以下の部門です。

低音好きにオススメ!BGVP NS9

まさに低音の迫力凄すぎます。インパクトがかなりあります。
音の厚みも相当なものがありますが、低音だけで終わらないのがこのイヤホンの最大の特徴です。高域用フィルターとの組み合わせになりますが高域の解像度が高く低域に埋もれることなくはっきりと主張しています。そのおかげでウォームになり過ぎず聴きやすさを保っています。
それでも主役は低音です。これもモコモコする訳でもなくキレがあるので、バスドラもビシッと決まり気持ちよさが倍増します。
付属の銀メッキケーブルのおかげもあると思いますがスカッとしつつ音に埋もれる没入感も楽しめるとても奥の深いイヤホンだと思います。


 

BGVP NS9 7BA+2DD ハイブリッド テクノロジー HIFIインイヤー イヤホン Knowles MMCX モニター リケーブルイヤホン (3.5mm, グレー)


こちらは18,500円で販売されています。このイヤホンの良さを伝えたくてこの企画を考え付いたくらい低音の迫力がすごいです。スマホ+USBDACの組み合わせに超オススメです。

2021年5月26日水曜日

第2回ウチにあった1万〜2万の中華イヤホンに順位付けてみた!

 





ウチにあった1万〜2万の中華イヤホンに順位付けてみた!

前回の一部(TRI Starsea、BQEYZ Spring 2、KZ ASX)に加え新しく追加した4機種を加えた合計合計7機種の順位をつけていきたいと思います。
今回加えた4機種については、いつものように紹介した日付順に記事と商品リンクを貼っておきます。



AIDERLOT M5 かなり本格的


AIDERLOT M5高音質 イヤホン 有線 ハイエンドイヤホン IEMs インイヤーモニター,5つのバランスドアーマチュアイヤホン,2単結晶銅銀メッキmmcxリケーブル 着脱可能,3組のサウンドフィルター,高遮音性 密閉型,高解像度,ミュージシャン、歌手、ドラマーなどに適しています。(黒)


BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!


【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量


中域厚め AUDIOSENSE DT100


AUDIOSENSE DT100 バランスドアーマチュア型イヤホン


低音好きにオススメ!BGVP NS9


BGVP NS9 7BA+2DD ハイブリッド テクノロジー HIFIインイヤー イヤホン Knowles MMCX モニター リケーブルイヤホン (3.5mm, グレー)


順位の方は動画でご確認ください。

2021年4月30日金曜日

DUNU EST112 と BQEYZ SUMMER を聴き比べてみた


 



DUNU EST112 と BQEYZ Spring2 を聴き比べてみて改めてEST112の実力の高さがわかりました。BQEYZ SUMMER と Spring2 を聴き比べてみてSUMMERはSpring2よりもグレードアップを果たしたと感じました。ではSUMMERはEST112にどこまで迫ることができたのか?気になったのでこの2つを聴き比べていきたいと思います。

改めて過去の聴き比べを振り返っておきます。ドライバー構成なども比較していますのでご覧ください。



DUNU EST112 と BQEYZ Spring2 を聴き比べてみた

この2つを交互に聴いてみると特に感じるのがEST112の音の厚み、音の密度の濃さです。Spring2でも十分な音だと思いますが、やはりグレードアップした意味があることがわかります。Spring2単体で聴いているとより強調された透明感ある高域と迫力ある低域が価格以上の音を感じさせてくれる非常に素晴らしいイヤホンだとわかります。しかしEST112のあの音を聴いてしまうと物足りなく感じてしまうのです。もちろん価格差があるので仕方ありませんが、Spring2のグレードアップ候補としてEST112は十分ありだと思います。それぐらい一つ上の音を聴かせてくれるのではないでしょうか。しかもなるべく高出力環境で聴いて欲しいイヤホンだと思います。


 

BQEYZ SUMMER と Spring2 を聴き比べてみた

前回は低域の力強さが非常に印象的でした。今回聴き比べて気になったのが、Spring2の高域の不自然さです。確かに透明感のある高域はその特徴の一つなのですが、音全体としては高域と低域が分離しているように感じてしまい一体感が感じられませんでした。そこでSUMMERを聴いてみると高域と低域にまとまりが感じられ、音としての一体感が格段に上がっていることに気付きます。Spring2はピエゾを強調するあまり音のバランスが悪かったのです。そこでSUMMERではピエゾらしさは残しつつ音としてのバランスを重視して5層にする決断に至ったことがわかります。

さらにDDおよびBAを見直すことによりこのSUMMERの音をグレードアップすることに成功したのだと思います。高域の抜ける気持ちよさ、深い低域の迫力ある気持ちよさ、それを繋げてまとまりのある音にする中域がこの素晴らしい音を作り上げていると思います。



さて気になる聴き比べを行っていきたいと思います。

音の広がり、厚みはEST112の方が明らかにありますが、それでも以前Spring2で感じたほどの差はSUMMERでは感じません。Spring2が8割ほどだったとするとSUMMERは9割ほどに改善されたように感じます。

特に低域の迫力が増したことにより、音全体が底上げされておりSUMMER自体の音はEST112に対しても大きく見劣りするものでは無くなっています。

高域も伸びやかで透明感を感じるものでEST112の大人しめの高域チューニングよりも個人的には好ましく思います。

結論として音質としてはEST112が優れているのは確かですが、SUMMERも比較に値するイヤホンの一つではないかと思います。値段差を考慮するとSUMMERのコスパが半端ないということも言えます。これほどの値段差がありながらここまで迫れていること自体が驚きです。

好みだけで言えば少し派手目に感じられるSUMMERの方が好きかもしれません。というか好きです。このイヤホン恐ろしいですね。



 

【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量


DUNU EST112 Triple Hybrid In-Ear Monitors EST 112

2021年4月28日水曜日

BQEYZ SUMMER と Spring2 を聴き比べてみた

 



前回箱出しからいい音だなと感心してしまったBQEYZ SUMMERですが、エージング50時間を超えましたので前作Spring2と実際にどう違うのか聴き比べてみました。

改めてそれぞれの特徴を確認したいと思います。

SUMMER


Spring2


基本的な作りは踏襲されており、ピエゾ+13mmDD+BAを同軸上に置くことを特徴としています。DDとBAがブラッシュアップされているのは当然なのですが、注目は注目は9層から5層の減らされたピエゾ部分です。Spring1からSpring2へと進化した過程では7層→9層に増やしたのにそれよりも少ない5層になったのは何故なのか?それは聴き比べて意味がわかりました。



BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!

これはあくまでもDUNU EST112と聴き比べると物足りないと感じたのですが、今回のSUMMERを聴くとまず感じるのが低域の力感です。それに加えて音の厚みも増しているので音全体がSpring2よりもグレードアップしています。高域と低域のメリハリもより明確になり、さらに力強い音になったことがわかります。付属ケーブルも銀メッキに変更されて太くなったので効果が伝わりやすくなっていることも大きいです。(しかもプラグ3.5、2.5、4.4mm選択できます)


前回は低域の力強さが非常に印象的でした。今回聴き比べて気になったのが、Spring2の高域の不自然さです。確かに透明感のある高域はその特徴の一つなのですが、音全体としては高域と低域が分離しているように感じてしまい一体感が感じられませんでした。そこでSUMMERを聴いてみると高域と低域にまとまりが感じられ、音としての一体感が格段に上がっていることに気付きます。Spring2はピエゾを強調するあまり音のバランスが悪かったのです。そこでSUMMERではピエゾらしさは残しつつ音としてのバランスを重視して5層にする決断に至ったことがわかります。

さらにDDおよびBAを見直すことによりこのSUMMERの音をグレードアップすることに成功したのだと思います。高域の抜ける気持ちよさ、深い低域の迫力ある気持ちよさ、それを繋げてまとまりのある音にする中域がこの素晴らしい音を作り上げていると思います。




詳しくはわかりませんが10%OFFクーポンが現れたり消えたりしますのでタイミング見逃さないようにクーポンがあったら即ポチしましょう!


【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量

BQEYZイヤホンSpring 2 IEM インイヤーモニター9層圧電セラミックDD同軸オールインワンBA 0.78 mm単結晶銅CNCアルミケース [並行輸入品]

2021年4月25日日曜日

BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!

 



期待していたイヤホンがまた届きましたのでご紹介します。昨日BQEYZ Spring2の比較をしたばかりですが、最新作「SUMMER」の登場です。





今回もHiFiGoから購入ですが発送されて5日で届きました。そしてHiFiGoは日本のAmazonでもストアを開設しており、そこから買う方がさらにお得です。

 

【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分 離 と取り外し可能ケーブル超軽量



ただいま10%OFFクーポン適用で¥12,793で買える上さらに284ポイント付きです。HiFiGo公式サイトで¥13,921で販売中なのに、、、


BQEYZ Summer 3 Hybrid Drivers Balanced In-Ear Monitor IEM

それ以外の商品も興味ある方は公式サイトへどうぞ!





Spring2との見た目は上記の通りですが、製品の特徴は以下の通りです。

特徴:-

>強力なtribridドライバー構成。

>大型の13mmPU + LCPダイアフラムダイナミックドライバー。

>第2世代のカスタム調整されたBAユニット。

> 5層圧電セラミックユニット。

>超軽量の半透明のイヤーシェル。

>インピーダンス:32オーム。

>感度:107dB。

>周波数応答範囲:7Hz〜40kHz。

>標準の0.78mm2ピンコネクタ。

BQEYZ Summerは、超軽量のレジンイヤーキャビティ、13mmの強力なDDユニット、第2世代のBAユニット、および5層圧電ユニットを備えた最新のトリプルハイブリッドドライバーペアのインイヤーモニターです。このペアは、さまざまなジャンルの音楽をうまく補完する魅力的で詳細なサウンド出力を備えています。





Spring2から続くTribrid(ピエゾ+BA+DD)にさらに改良を加え市場投入してきました。

箱出しで聴いた感想ですが、これは素晴らしい出来だとすぐわかりました。前日に聴き比べでSpring2の物足りないと指摘したところが見事に改善されています。

 

DUNU EST112 と BQEYZ Spring2 を聴き比べてみた

この2つを交互に聴いてみると特に感じるのがEST112の音の厚み、音の密度の濃さです。Spring2でも十分な音だと思いますが、やはりグレードアップした意味があることがわかります。Spring2単体で聴いているとより強調された透明感ある高域と迫力ある低域が価格以上の音を感じさせてくれる非常に素晴らしいイヤホンだとわかります。しかしEST112のあの音を聴いてしまうと物足りなく感じてしまうのです。もちろん価格差があるので仕方ありませんが、Spring2のグレードアップ候補としてEST112は十分ありだと思います。それぐらい一つ上の音を聴かせてくれるのではないでしょうか。しかもなるべく高出力環境で聴いて欲しいイヤホンだと思います。


これはあくまでもDUNU EST112と聴き比べると物足りないと感じたのですが、今回のSUMMERを聴くとまず感じるのが低域の力感です。それに加えて音の厚みも増しているので音全体がSpring2よりもグレードアップしています。高域と低域のメリハリもより明確になり、さらに力強い音になったことがわかります。付属ケーブルも銀メッキに変更されて太くなったので効果が伝わりやすくなっていることも大きいです。(しかもプラグ3.5、2.5、4.4mm選択できます)

それでいて価格はSpring2よりも安くなっているので、もう買わない理由はなくなったと言えるのではないでしょうか?

なくなる前に購入することを強くお勧めします。


【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量

BQEYZイヤホンSpring 2 IEM インイヤーモニター9層圧電セラミックDD同軸オールインワンBA 0.78 mm単結晶銅CNCアルミケース

2021年4月24日土曜日

DUNU EST112 と BQEYZ Spring2 を聴き比べてみた

 



最近購入したイヤホンの中でもかなり完成度は高いと思っているDUNU EST112と価格帯は異なるものの似たようなドライバー構成のBQEYZ Spring2を聴き比べてみました。


DUNU EST112   

ドライバモジュール
ダイナミックドライバー:両面ベリリウムコーティングを施した第3世代13.5mmドライバー(×1)
バランスドアーマチュアドライバー:カスタムKnowles社製BAツイーター (×1)
静電型ドライバー:Sonion社製Dual ESTスーパーツイーター(×2)




BQEYZ Spring2

ドライバモジュール
13mmダイナミックドライバー

バランスドアーマチュアドライバー

ナノ圧電式セラミックスドライバー



EST112は静電ドライバーを二つ搭載(しかもSonion社製)、BAもKnowles製、DDもSpring2の13mmに対して13.5mm(しかも両面ベリリウムコーティング)と全てをアップグレードしたような内容になっており、価格も3倍高くなっています。

このように違う2つを聴き比べるとどうなるのか?





まずは以前の感想から

 

Shanling M8とBQEYZ SpringⅡの相性が抜群すぎる!

Shanling M8 のターボモードで聴くBQEYZ SpringⅡの良さはなんと言っても中高域の気持ちいい伸びの良さ、パワフルさが全体に行き渡ることです。それによって音に深みが増し、迫力が変わります。さらに13mmと大きめのDDが深い低域を出すことで、高域から低域までの落差が大きくなり、立体感ある音像になる。まさにパワーが作り出すこの音は、この組み合わせだから出来るのではないかと思います。


 

DUNU EST112 これは素晴らしい!

まさにコレ。ESTらしさを強調することなく、しかし解像度も高く、高域の表現が豊かで潰れない。刺さらない気持ち良い高音。中域はかなりしっかりしており、ボーカルが埋もれない。ゾクゾクする響きがたまらない。低域はスピード感と量感があり、全体を昇華させてくれる重要な役割を見事にこなしている。芯のある高級感ある音。


この2つを交互に聴いてみると特に感じるのがEST112の音の厚み、音の密度の濃さです。Spring2でも十分な音だと思いますが、やはりグレードアップした意味があることがわかります。Spring2単体で聴いているとより強調された透明感ある高域と迫力ある低域が価格以上の音を感じさせてくれる非常に素晴らしいイヤホンだとわかります。しかしEST112のあの音を聴いてしまうと物足りなく感じてしまうのです。もちろん価格差があるので仕方ありませんが、Spring2のグレードアップ候補としてEST112は十分ありだと思います。それぐらい一つ上の音を聴かせてくれるのではないでしょうか。しかもなるべく高出力環境で聴いて欲しいイヤホンだと思います。


 

BQEYZイヤホンSpring 2 IEM インイヤーモニター9層圧電セラミックDD同軸オールインワンBA 0.78 mm単結晶銅CNCアルミケース [並行輸入品]