ラベル CCZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル CCZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年8月15日日曜日

高域が華やかな CCZ Melody

 



Melody      Emerald


低価格帯CCZイヤホンの最後としてMelodyを聴いていきます。同じ構成のEmeraldとどのように色分けされているのか気になります。





パッケージの中身は同じで写真だけ違うようです。

こちらのMelodyについては価格が購入時の価格が安すぎて驚きました。

 



私が購入したのは1,599円と激安でしたので、Emeraldと1,000円以上の価格差があり、ランクが低いのではと思っていました。今現在は2,790円で販売されており、Emeraldとほとんど価格差がありません。それにしてもすごい価格差ですね。

 

CCZ Melody メロディー モニターイヤホン 有線イヤホン カナル型 1DD+1BA 2pinリケーブル 無酸素銅ケーブル 3.5mm UV光硬化PCキャビティ 精密加工 フィット感 (黒, マイク無し)


  • ♪【UV光硬化PC筐体&軽量ボディデザイン】密度が高い透明な材料を採用して、内部の構造がよく見えます。表面はフィット感のあるUVニスで覆われ、空洞は硬くて耐衝撃性があり、肌に優しく快適に接触し、全体的な光の感触はエレガントで、美しさと技術を示しています。高い精度と仕上がりの美し さで安定した音質と所有する喜びを感じられます。イヤホンの内外に軽量化の部品を採用し、イヤホンヘッド本体1本の重さはわずか2.3gと軽量で、両耳の負担を軽減します。
  • ♪【精密な内部音響構造】CCZ Melodyインイヤーは、ヘッドホンの従来の電子周波数分割に物理周波数分割技術を追加します。 各ユニットの配置と角度は科学的に計算されているため、さまざまなユニットの特性を活用して厳密に一致させます。ダイナミックドライバーシステムは、均質で歪みのない再生により音響的ストレス要因を低減します。
  • ♪【10mmデュアル磁気回路ダイナミックドライバー】 磁束を2倍にすると、同じ仕様の通常の可動コイルユニットよりも高い電気音響変換率が得られます。 低インピーダンス、高感度、エネルギー効率と過渡応答が優れており、深くて厚い低域が得られます。サウンドは透き通っで自然で、低域は弾力性があり、ボーカルは暖かく厚みがあり、ディテールが多く、高音域は透き通っで鋭くない。同時に、広大なサウンドステージと優れた3周波数分離を備えており、ベース、ボーカル、ポップ、フォーク、ACG、雑食性などのスタイルを聴く人に適しています。ケーブル部分についても音質に配慮し 4N グレード (99.99%)無酸素銅導体ツイストケーブルを採用しました。2Pin 仕様でケーブル断線時の交換が行えます。
  • ♪【高いレベルの履き心地】CCZブランドのイヤホンシリーズとして、「CCZ Melody」は、外耳道のデータ多量をサンプリングし、人間工学に基づいたマルチドライバーイヤホンのデザインを採用します。さらに、イヤホンのキャビティのテールコーナーにTPEソフトラバーイヤーフックを追加します。使った素材は環境に優しく、肌にやさしく、アレルギーがないため、より快適で、軽く、より安定して着用できます。優れた質感だけでなく、外耳道により快適にフィットします。


視聴はEmeraldと同じ状態で行いました。付属ケーブルを使用してCayin N6ii-Ti R-2Rで聴いてみました。

特徴として広域の華やかさが挙げられます。刺さる手前ではあるものの透明感のある高域は刺激的に感じます。そのためEmeraldよりも全体的に派手目のサウンドと言えそうです。

女性ボーカルの美しさはこちらかも知れません。Coffee Beanの突き抜ける高域まではなく、中低域の厚みがEmerald同様たっぷりとあるので音全体の印象はかなり変わります。

メリハリの効いたパキッとした音なので分かりやすさはあるものの、長く聴くには疲れてしまう部分もあります。とは言え曲によってハッとさせられる音が出てくるのもMelodyならではかも知れません。

MelodyとEmeraldでかなり好みが分かれそうです。実際に聴き比べてみるしかありませんね。


バランスが良くパワフルな CCZ Emerald



CCZ Emerald ヒスイ インイヤーイヤホン イヤホン 有線 ハイブリッドタイプカナル型 重低音 DD+BA アルミ合金フェイスプレート 2pin 銀メッキリケーブル 3.5mm 中華イヤホン (緑, マイク無し)

2021年8月14日土曜日

バランスが良くパワフルな CCZ Emerald

 


最近CCZのイヤホンがいっぱい出ているのでまとめて聴いていきたいと思います。今回は前回のCoffee Beanに続いてEmeraldです。次回はMelodyを聴いて最後に聴き比べをしていきたいと思います。




 

CCZ Emerald イヤホン有線 1BA+1DDイヤモニ Hi-Fi 翡翠中華イヤホン ノイズキャンセリングハイブリッドイヤホン カナル型 2pinリケーブル対応 装着感向上 ビジネス/WEB会議/テレワーク/仕事/通勤/通学(Green・マイク無し)


この商品について

  • 【高性能有線イヤホン】CCZ Emeraldは1基の高解像度BAと10mm二重磁気DDによるハイブリッドタイプのカナル型イヤホンです。豊かな低音と綺麗なボーカルが際立ち、中低音域が上がります。同程度の価格帯である物と聴き比べると、音の広がり、迫力は全面的に向上してます。
  • 【明るい色、遮音性&フィット感抜群】この有線イヤフォンの筐体は耳の形に合わせって設計されてた、CCZパテントのTPE耳ウィングと溝構造のイヤピースあって、装着感と遮音性の両立実現、嘗てイヤホンの渋い配色を転覆して明るい色に展開、夏にぴったりするイヤフォンです。
  • 【リケーブルで更に性能を発揮】このイヤホンは正確な伝送を可能にする銀メッキケーブルを採用。 付属ケーブルである銀メッキ線は普通のケーブルに比べ、音の細かさと密度を上げてくれます。リケーブルによりイヤホン本体の音の特徴や方向性、音質面のアップグレードを可能にしました。





Coffee BeanのDDにBAがプラスされた感じでしょうか。早速聴いてみます。前回と同じく付属ケーブルを使用してCayin N6ii-Ti R-2Rで聴いてみました。

聴いた第一印象は聴きやすいということでした。高域がキツすぎることなく透明感を保ちすんなりと入ってくる。中低域の厚みが増して、Coffee Beanのソリッドさから若干ウォームさを感じるようになり、より迫力のあるサウンドに変化していると思います。

ボーカルのパワフルさも増していてさらに聴きやすくなっていると思います。

BAがプラスされて値段も高くなっていますが、その効果がハッキリとわかるので値段差の価値が実感できます。

個人的にはCoffee BeanよりもEmeraldの方が好きです。

次はMelodyがどんな音を聴かせてくれるのか楽しみですね。


             



2千円で低域ガッツリのソリッドサウンド!CCZ Coffee Bean

2021年8月11日水曜日

KZ ZAS と CCZ Plume を聴き比べてみた

 


KZ ZAS      CCZ Plume


最近のKZで抜群に音がいいと思っているZASを値段はかなり違いますが、同じ多ドラハイブリッドのCCZ Plumeと聴き比べてみました。

以前の感想から


オールラウンドな明快サウンド!CCZ Plume 羽

Cayin N6ii-Ti / R01で聴いていますが、情報量多く過不足ない印象です。高域は透明感があり、シャープでキレがあります。音の包まれ感、立体感があり、音の粒立ちも良い。中低域の音の密度が濃く、音圧もしっかりあります。低域はかなり厚めで没入感が高まります。

これだけキレイに鳴るイヤホンが2万円ちょっとで買えるなんて素晴らしいですね。付属ケーブルからパッケージに至るまで手抜きなしといった感じです。

ただし、刺激的ではなく当たり外れのない、まさにオールランドに使えるイヤホンだと思います。そういう意味で買って損はないかと思います。


    

HiFiGo CCZ Plume IEMすべての金属キャビティ忠実度が高いイヤホン10mmデュアル磁気回路ムービングコイルカスタマイズムービングアイアンユニット高品質ワイヤーステレオHiFiヘッドホンモニター交換可能なプラグ付き

     

 

KZ ZAX と ZAS を聴き比べてみた

聴き比べてみると結構違うことに気づきます。ZAXは低域もしっかりしていて、中高域の華やかさがあるとても素晴らしいイヤホンであると思いました。
しかし、ZASに変えるとその華やかさが一層増し、音圧・パワフルさがワンランクアップしたような印象があり、没入感も高まります。そしてそのバランスも秀逸です。ZAXがやや広域のシャリつくまではいかないものの粗さが多少感じてしまうのに対し、ZASは艶やかで伸びやかな高域が素晴らしく感じます。
ZASのより洗練された音を味わってしまうと、少しだけ残念な気持ちになります。


      

KZ ZAS イヤホン 有線 カナル型 ハイレゾインナーイヤー型内蔵 通話可 イヤフォン 遮音性 ステレオイヤフォン 音漏れ防止 リモコン付き(黒、イヤホン 有線 マイク付き)

       


今回はケーブルはLINSOUL Euphrosyneの2pin、4.4mmプラグを使用。イヤピもFaudio FA Instrumentで統一。プレーヤーはCayin N6ii-Ti R-2Rを使用しています。


LINSOUL Euphrosyne Litz6タイプ5N-OCC銀メッキケーブル 3.5mm/2.5mm/4.4mmプラグとMMCX/0.78mm2pin差し込み設計を採用 5N-OCCと銀メッキOCCケーブルで編み込み TINHIFI/SHUREなどイヤホンに適応ハイエンドイヤホンアップグレードケーブル (ホワイト-オレンジ, 4.4mm-0.78mm2pin)



KZ ZAS      CCZ Plume


見比べてみるとPlumeの張り出しが大きく、人によっては装着感が悪くなるかも知れませんが、個人的にはこちらの方が密着度が高く快適でした。

音は僅かにPlumeの音の濃密さや高音域のキレイさがZASに優っているように感じます。ZASは高域がほんの少しキツメに感じます。ただそれ以外の音圧や音の広がり、量感のある低域の出方などはほぼ同等に感じられるZASの優秀さが光ります。Plumeは確かに素晴らしいイヤホンではあるのですが、中華イヤホンとしてはやや高めの約24,000円で販売されているので手が出しにくいとも言えます。それに対して3分の1以下の約7,500円で購入できるZASがほぼ同等の音を出しているコスパの高さこそが素晴らしいと思います。Plumeは付属ケーブルやパッケージも豪華ですが、ZASはKZらしく最低限のものしか付属していません。ただ音を重視してケーブルやイヤーピースは好みのもを揃えてもPlumeの価格以下で揃えられますのでそういう意味でもお得かも知れません。

改めてZASの音の良さを確認したのでもっと売れるべきイヤホンではないかと思いました。


2021年8月10日火曜日

2千円で低域ガッツリのソリッドサウンド!CCZ Coffee Bean

 




最近見かけることが多くなったCCZ Coffee Beanがクーポン利用で2千円を切っていたので購入してみました。(今現在はクーポンなし。なくても十分安い!)


CCZ Coffee Bean 有線イヤホン イヤモニ DC-1超軽量 イアフォン装着感向上 重低音 珈琲豆中華イヤフォン コーヒー豆2pin脱着式 リケーブル可能 ドンシャリ 低音域の支配者(Black)

 

この商品について

  • 【原音忠実高音質有線イヤホン】CCZ Coffee Bean中華イヤホンは10mm二重磁気DD採用で、リケーブル可能なカナル型イヤフォンです。弊社はマニア向けイヤホン集中して、本イヤホンもオディオ初心者向け高音質、重低音イヤフォンです、ダイナミックドライバーのため、各帯域の位相、出力並び信号の到達を最適化に図りシームレスなサウンドを実現します。
  • 【二つパテントの革新、遮音性&フィット感抜群】この有線イヤフォンの筐体は耳の形に合わせって設計されてた、CCZパテントのTPE耳ウィングと溝構造のイヤピースあって、装着感と遮音性の両立実現、周囲の雑音に影響されずに音楽を楽しめます、通勤や通学、スポーツなど公共の場所で使用しても音漏れを心配する必要なく音楽再生楽しむこと出来ます。片側のイヤホンは僅か2.3gの軽量設計で耳への負担軽減、長時間使用しても快適装着できます。





 



       


今現在はクーポンはありません。
             

軽くて装着感も良好です。イヤーピースは少し耳に合わない気がしました。付属ケーブルを使用してCayin N6ii-Ti R-2Rで聴いてみました。

箱出しからキレのある高域が好印象でした。さらに低域もガッツリ主張しています。音場はそこそこですが圧がそれなりにあるので没入感は高く感じます。高域の雑味は感じるものの中低域の滑らかさ、伸びやかさが中和してくれている。特に男性ボーカルがキレイに聴こえるので気にならない。(女性ボーカルの場合はやや高域がキツく感じます)

聴く曲によって高域の割合にかなり左右される強ドンシャリなので注意が必要。エージングでもう少しマイルドになれば良いのですが。このままだと少し厳しいかも知れません。

かなり個性の強目のイヤホンです。

ちなみに私が使用したイヤーピースはこちら。


Symbio Eartips ハイブリッドイヤーピース シリコン+形状記憶フォーム S/M/Lサイズ 各1ペア(計3ペア) Type W

いつもより小さめを奥に突っ込むと音のキレがアップ

2021年7月13日火曜日

オールラウンドな明快サウンド!CCZ Plume 羽

 



今回も聴いてみろということで送られてきました。こちらも聴き慣れないメーカーですが、、オススメとのことです。


CCZ Plume 10 units DD + BA Hybird In-Ear Monitors

10mmデュアル磁気ダイナミックドライバー

二重磁束は、同じ仕様の通常のDDユニットの電気音響変換率よりも高くなっています。低インピーダンスと高感度により、エネルギー効率と過渡応答が向上し、低周波数の柔軟性と質感が向上し、雰囲気が強化されます。

 

 

CCZエクスクルーシブ-カスタムバランスアーマチュア

中高域:専用カスタムCCZ-IF-Aコンポジットデュアルバランスアーマチュアユニットは、中周波数密度のバランスが取れており、音声解像度が向上しています。声はクリアで甘く、柔らかく自然です。

高周波:専用カスタム2 CCZ-HIを使用-高周波バランスのとれたアーマチュアと卓越した非常に高い周波数応答により、より高い周波数拡張とより豊かなディテールが得られます。

 

さまざまなジャンルのプロのチューニング

低域の厚さ、中域の密度、高域の詳細の調整を考慮した3つの周波数のスムーズな接続、さまざまな音楽タイプとスタイルの完全な表示。

サウンドシグネチャー

DDハイブリッドユニットにより、全体的に透明感のある自然な音になり、低音域の弾力性、十分な量、まろやかなボーカル、厚みのあるディテール、マイルドな高音域、豊かな音色、優れたセパレーションが特徴です。ベース、ボーカル、ポップ、フォーク、ACG、雑食性などのスタイルを聴く人に適しています。


構成としては1DD+4BAなので左右合わせて10ユニットと表現されていますね。 




開封は動画でご覧ください。付属ケーブルは2.5mm4極のプラグが標準で3.5mm3極及び4.4mm5極の変換プラグも付属します。





アルミニウム合金製ハウジングに金メッキでかなり派手ですが、黒いプレートが嵌め込まれておりカッコイイです。ハウジング自体はやや大ぶりですが装着感は悪くありません。


 



Cayin N6ii-Ti / R01で聴いていますが、情報量多く過不足ない印象です。高域は透明感があり、シャープでキレがあります。音の包まれ感、立体感があり、音の粒立ちも良い。中低域の音の密度が濃く、音圧もしっかりあります。低域はかなり厚めで没入感が高まります。

これだけキレイに鳴るイヤホンが2万円ちょっとで買えるなんて素晴らしいですね。付属ケーブルからパッケージに至るまで手抜きなしといった感じです。

ただし、刺激的ではなく当たり外れのない、まさにオールランドに使えるイヤホンだと思います。そういう意味で買って損はないかと思います。


上記HiFiGoのサイトから購入すると送料込みで下記の値段なのでお得です!


HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。


Amazonは23,999円で販売中です。

HiFiGo CCZ Plume IEMすべての金属キャビティ忠実度が高いイヤホン10mmデュアル磁気回路ムービングコイルカスタマイズムービングアイアンユニット高品質ワイヤーステレオHiFiヘッドホンモニター交換可能なプラグ付き