ラベル DAC の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル DAC の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年4月22日木曜日

iFi-audio NEO iDSD と micro iDSD Diablo を聴き比べてみた

 




そろそろ、iFi-audio micro iDSD Diabloの音の感想をまとめてみたいと思います。特にNEO iDSDとの違いを確認しながらお話ししていきたいと思います。


iFi-audio micro iDSD Diablo 赤い悪魔がやってきた


Diabloについて一番に思うこと。それはボリュームです。前回の動画でも言及していますが、ギャングエラーが酷いです。無音から少し上げると左右の音量が揃わず、そこからさらに上げると一気に音量が上がります。10時ぐらいの位置で既にイヤホンでは十分な音量です。そう意味では鳴らしにくいヘッドホン専用のアンプなのかもしれません。

肝心の音質ですがその10時の位置でパワーを感じます。高域ももちろん綺麗なのですが、中音域がボリューミーです。その分ボーカルは聴きやすいです。低域もそれなりに出ていますが、もこもうるさいという感じはありません。とにかく音に迫力があり、凄まじい音圧を感じます。
音自体は全体的にクリアなので籠る感じはありません。


iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!


それに対してNEO iDSDのボリュームはカチカチと節度感もありデジタル表示もあるので非常に使いやすく感じます。ポータブルと据え置きの違いはありますが、質感が大きく違います。
音は繊維かつシャープでまさにiFi-audioと言った印象です。透明感のある高域と全体的にスッキリした音が聴きやすく感じます。もちろん音量を上げればそれなりのパワーも感じますが、Diabloに比べると大人しく思えるその音はじっくり聴くにはちょうど良くしっかり解像感もある。そんな音です。
外で雑音に紛れてしっかり聴くにはDiabloのパワーが、家で落ち着いて聴くにはNEO iDSDの繊細な音が合っているのかもしれません。そういう意味では使い分けができるのでしょうが、普段ほとんどヘッドホンを使用しない私にはDiabloのパワーは活かしきれない気がします。


以上が私が感じた違いです。
そこでこの私が感じたことがどこまで伝わるかわかりませんが、スピーカーでそれぞれを鳴らして空気録音をしてみました。初の試みなのでご意見をお寄せください。もっといいやり方があるという方は教えていただければと思います。

今回再生した著作権フリーの曲はこちら


Be Free @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL




アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ)iFi-audio NEO iDSD

iFI Audio micro iDSD Diablo MICROIDSDDIABLO

2021年4月17日土曜日

iFi-audio micro iDSD Diablo 赤い悪魔がやってきた

 




最近iFi-audioの製品ばかり購入しておりますが、NEO iDSDに続いてmicro iDSD Diabloを購入してしまいました。本日は軽く触った感想をお話していきたいと思います。


iFi audio micro iDSD Diablo



Diabloはスペイン語で「悪魔」の意味ということで宣伝コピーにもやたら「邪悪」とかの言葉が出てきます。それはさておき、スペックも申し分なくMQAフル対応とTidal使用者には嬉しいDACアンプの一つですね。これがDiabloを購入した理由でもあります。

 



機会を狙っていたDiabloを購入することができました。



 

早速いつもの聴き方ができるか確認しましたが、普段繋ぎっぱなしになっているNEO iDSDと同じスペックなので問題なく出力できました。

 



こちらも気になっていた組み合わせですが、残念ながらUAPPを利用しての「最大までアップサンプリング」は768KHzにはならず、384KHzが「最大」でした。 NEO iDSDの場合は768KHzになるのでUAPPの対応待ちかもしれません。実際違いは聴き分けられないのでどうでもいいことではありますが、気持ち的に「最大」でないことが惜しいと思ってしまいます。

それでも音質としてはかなり気に入りました。

次回はSHANLING M3Xと組み合わせて音の感想をお届けしたいと思います。


初めてのDAPチュートリアル2(SHANLING M3X編)


前回はhip-dacと組み合わせましたが、今回Diabloと組み合わせるとかなり素晴らしい音を聴かせてくれています。お楽しみに。

iFI Audio micro iDSD Diablo MICROIDSDDIABLO

iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!


2021年2月14日日曜日

Khadas Tone 2 Pro デスクトップオーディオ編

 



前回はスマホと組み合わせたKhadas Tone 2 Proですが、今回はPC(Mac)と組み合わせます。前回も少しお話ししましたが、その続きになります。


Khadas Tone 2 Pro 超コンパクトDACヘッドホンアンプ


前回はそのコンパクトさを活かして外で使う想定でしたがデスクトップでも場所を取らず、オーディオを楽しむことができます。




PC(Mac)とUSB-Cケーブルで接続するだけで、Tone 2 Pro本体のヘッドホンジャックに直接イヤホン・ヘッドホンを挿して聴くことができます。
ですが、せっかくなのでヘッドホンアンプとバランス接続してより高音質で聴きましょう。

Khadas Bal-RCA to XLR-3 Adapter & Cable

上記ケーブルはRCA端子を共用してXLRに変換する専用ケーブルです。
これに以前紹介しましたGUSTARD H16を合わせてみました。

GUSTARD H16 OLED Balanced Headphone Amplifier Pre Amplifier

GUSTARD H16はコンパクトでありながらバランス入出力を備えた本格的なヘッドホンアンプです。値段も手頃ですので1つ持っておくと重宝するのではないでしょうか?




今回もRoonで最大限アップサンプリングしたものを上の組み合わせで聴きましたが、とても6万円ちょっとで揃えられるとは思えないしっかりした音が聴けます。特にTone 2 Pro単体では不足していた低域が足され、さらにパワーと迫力も十分なものとなります。ES9038Q2Mを使用しているだけあって中高域のシャープさ解像度の高さもかなり高いと思います。
何よりも場所取らずにこの音質で聴けるのは非常に魅力的です。




さらにバランス入力ができるパワードモニタースピーカーJBL 104-BT-Y3を接続すれば、かなりレベルの高い音が楽しめます。これだけでも十分すぎるのですが、真空管の音を味わいたくてCayin C9も足してしまいました。音がまろやかになりつつ、音場も広がりました。これは癖になってしまいそうです。



JBL PROFESSIONAL 104-Y3 パワードモニタースピーカー

JBL プロフェッショナル 104-BT-Y3 パワード 2Way フルレンジ・スタジオモニター スピーカー 3年保証モデル アンプ内蔵 30W+30W高出力 Bluetooth5.0対応 (ブラック)

TOPWING 変換ケーブル White-Barrel-4.4TRS

2021年2月11日木曜日

Khadas Tone 2 Pro 超コンパクトDACヘッドホンアンプ

 



HiFiGoのサイトを眺めていて気になっていたのですが初回出荷分は逃してしまい、2次出荷分の発送までだいぶ待たされましたがやっと到着しました。


     Khadas Tone 2 Pro MQA Balanced Portable DAC HPA   

Highlights:

  • DAC + Headphone Amplifier - Tone2 Pro combines the ESS ES9038Q2M with x4 OPA1612 operational amplifiers that deliver superior audio quality.

  • High Performance - Up to 32bit 384KHz sample rate, bit-perfect DSD512, and -118dB THD+N (line-out).

  • Hardware MQA Decoding - XMOS XU216 processor for full MQA decoding, enabling next-gen "original master quality" web streaming and audio playback.

  • Balanced RCA - Next-generation "balanced RCA line-out" with 3-pin output, sets a new interface standard for the Hi-Fi industry.

  • Linear Power Supply - Tone2 Pro has a second USB-C (I2S) port that supports 5V linear power supplies for ultra-clean signal-to-noise ratios. 


詳しいスペックは上記サイトでご確認いただくとして特筆すべきはそのコンパクトなサイズではないでしょうか?


 



Twitterで教えていただきましたがこんなに小さいんですね。まだ開ける前だったのでこんなに小さいとは思いませんでした。よく調べずに買ってました。さらに


 

 



このコンパクトさで3.5mm、4.4mmのヘッドホン出力に加え、コアキシャルのデジタル入力端子、2つのUSB-C(うち1つはI2Sに対応)、アナログのRCA出力も付いていて様々な状況で使えるのですが、このRCAが通常のシングルエンド出力だけではなくてバランス出力にも対応しているのです。そのための専用変換ケーブルも購入しました。

まずはオーソドックスにスマホに繋いでみました。





スマホ単体で聴くより音がいいのはもちろんですが、 USB給電なのでバッテリーの充電を気にしなくていいのは手軽さの上では嬉しいですね。(その代わりスマホのバッテリーを気にしなければなりませんが)ちなみにSONY A105とも繋いでみましたが両方ともコンパクトでいいもののバッテリーの消耗がかなり早いです。満充電から2時間ぐらいで聴けなくなりそうな勢いでした。それでもこのコンパクトさは魅力なんですけどね。





そしてこの写真もそうなんですがTone 2 ProはMQAに対応しているので試したのですが、TIDALアプリでもUAPPアプリでもリングLEDはMQAに変化してくれませんでした。

しかしMacBookAirと接続した際はちゃんとMQAを認識してくれました。

さらにスペックシートには32bit/384KHzまでの対応となっていましたがMacとの接続では32bit/768KHzまで認識してくれています。Roonでもアップサンプリング上限は同じでした。





こんなに小型なのにスペックも特盛な感じが素敵です。

次回はifi audio hip-dacと比べて音や使い勝手の紹介、専用ケーブルでのバランス出力について紹介できればと思います。

 

2021年1月30日土曜日

BURSON AUDIO CONDUCTOR 3X Reference はかなりまともなDACヘッドホンアンプだった!




 

今回もONZOさんでレンタルです。あまり内容見ないで借りましたが、実は紛らわしい型番で細かく4つに分かれている中で1番高い製品です。


Conductor 3X Reference|BURSON AUDIO |株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

純A級アンプ、XLRバランスでの高出力&超低歪み設計

Conductor 3X Reference (コンダクター・スリーエックス・リファレンス)は、プリアンプ機能を搭載したUSB-DAC内蔵の据置型ヘッドホンアンプです。純A級動作の増幅回路でXLRを使用した完全なるバランス駆動により、1チャンネルあたり7.5W(シングルエンド時3.75W)もの高出力かつ驚異的なS/N比とダイナミックレンジを実現しています。最大電流電源(MCPS)は5セット使用し、ディスプレイやDAC等全て個別に電源供給することで低ノイズかつ低インピーダンスで瞬時に豊富な電源を供給します。また、XLRバランスを使用することにより超低インピーダンスを実現し、あらゆるパワーアンプに最適なプリアンプとしても使用ができます。駆動力が必要とされている平面駆動型やインピーダンスの高いヘッドホンまで、一切のスポイルなく高音質に高感度にドライブします。
 



 

独自のオペアンプ「V6 Vivid」搭載

「V6 Vivid」はConductor V2+に搭載された独自のオペアンプ「V5 SS」をあらゆる面で改良した後継機です。驚異的なダイナミックレンジ、立体的なサウンドステージから微細なディティールまでを再現する比類なき性能を発揮します。


 


スペックだけ見た時は15万超えでPROではないES9038Q2Mという事であまり音に期待できないかと思っていましたが逆でした。DACヘッドホンアンプの場合、DACチップにお金をかけてヘッドホンアンプはオマケ的で、別途ヘッドホンアンプをシリーズで用意するケースもあります。こちらはそこまでDACチップそのものにはお金をかけず、アンプに力が入っているようです。結果単体で聴く音がめっちゃイイという事です。

 

10万円台のまともなUSB DACヘッドホンアンプが欲しい方へ。Burson Audio Conductor 3X Reference、検討してみて下さい!|ヘッドホン イヤホン ハイレゾ・オーディオ|フジヤエービックのブログ


フジヤエービックさんもこんなタイトルで記事書いちゃうくらい自信ありという事です。





見た目がまずめちゃくちゃカッコイイですね。デザイン性もありながら放熱性も考慮されているのがわかります。実際本体はまあまあ熱くなります。


 



Cayin E02もCONDUCTOR 3X Referenceと同じくES9038Q2MをDualで搭載しているので聞き比べるのもいいかと思いましたが、よりDACチップが上位の場合どんな音が聴けるかの方が興味があったのでA02と比べてみました。内臓DACの音はもちろんバランスが取れており、悪い音では決してありません。ただ、このヘッドホンアンプの能力をもっと生かせるのはA02からの出力のような気がしました。漲るパワーと深みのある音が艶感と音圧を感じさせてくれます。そして何よりも音の濃密さ、凝縮感が耳を幸せにしてくれるのでずっと聴いていたくなります。A02はヘッドホン出力を持たないので必ずアンプが必要となりますがその相棒としても抜群の相性だと思いますし、単体でももちろん運用できるのでこれ1台あればデスクトップは完成です。これは欲しい!

今日は短時間の感想ですが、もう少し長時間聴いた感想および付属するオペアンプを交換してその違いを次回お届けしたいと思います。



2020年12月27日日曜日

お勧めコンパクト据置DAC SONCOZ LA-QXD1




  今回ご紹介する商品はHiFiGo より提供された商品となります。

そもそもSONCOZというブランドを知らなかったのですが、

    

SONCOZ LA-QXD1 DAC Balanced XLR Outputs ES9038Q2M 32-bit/768kHz DSD512 XMOS USB/Optical/Coaxial     

SONCOZがHIFIGOで発売

HIFIGOは、本日現在、HiFiGOがSONCOZブランドの独占的な国際小売業者であることを発表できることを非常に嬉しく思い ます。Soncozは、デスクトップオーディオ機器のプレミアムメーカーです。中国を拠点としています。

同社の製品は、手頃な価格で優れた性能を発揮することで、オーディオファンから高い評価と賞賛を得ています。現在、ブランドは2つの製品をリリースしました。

  1. SONCOZ LA-QXD1は、199ドル弱の価格で入手できる数少ない完全にバランスの取れたDACの1つです。素晴らしい演技。 
  2. SONCOZ SGD1、プレミアムハイエンドフルバランスDAC。2つのES9038Q2MDACチップを利用し、Bluetooth入力、IRリモコン、および前面デジタルパネルを備えています。

私たちは現在、独占小売業者であり、将来的には協力して、貴重なオーディオコミュニティのために、ブランドから新しくユニークで革新的な製品を提供する予定です。Soncozの現在の製品範囲は、こちらのストア確認でき ます

SONCOZについて:-

SONCOZは深センを拠点とするブランドです。ハイエンドHiFiデスクトップオーディオ機器の製造で知られています。SONCOZの専門家は、ユーザーに心温まる心地よい音楽のサウンド出力を提供するように促されています。

現在、ソンコズは高い評価を得ている2つの製品をリリースしました。SONCOZLA-QXD1およびSONCOZSGD1。どちらのハイエンドDACも高品質で、完全にバランスが取れており、最高のパフォーマンスを提供します。高く評価されている製品は、有名なオーディオレビューアからすでに優れた推奨を受けています。


上記はGoogle翻訳となります。


と言うことでHiFiGOがSONCOZブランドの独占的な国際小売業者であるため今回ご紹介できるようです。

そのうち今回紹介するSONCOZ LA-QXD1は、199ドル弱の価格で入手できる数少ない完全にバランスの取れたDACの1つです。確かにこの価格帯でバランス出力を備えたDACは珍しいですね。


SONCOZ LA-QXD1 DAC Balanced XLR Outputs ES9038Q2M 32-bit/768kHz DSD512 XMOS USB/Optical/Coaxial

スペックは上記サイトに書いてありますが2万円ちょっとで購入できる据置DACとして十分な内容です。




開封は動画でアップ予定ですのでそちらをご覧ください。届いた箱自体が非常に小さく、とても据置DACが入っているようには見えませんでしたが、 中からこんなにコンパクトな本体が出てきました。

前面はボタンも少ないミニマルデザインですが、背面側には入出力端子がビッシリと詰まっています。



入力端子も豊富ですが、このコンパクトな筐体にアナログバランス出力がついているのが嬉しいです。最近購入した価格が近いiFi audio ZEN DAC Signatureはバランス出力は4.4mmしかありません。一般的な機器と接続するにはXLR端子は嬉しい存在です。

今回はこの端子を活かすべく手持ちのGUSTARD H16のXLR入力端子と接続して音を聴いてみます。





そうなんです。この価格でES9038Q2Mチップが使われているんです。私の好きなCayin E02マザーボードと同じです。

実際に聴いた音はかなりレベルが高いと感じました。ちゃんとESSの音が出ています。さらにH16の持つパワーと低域の迫力で6.3万のレベルをはるかに超えています。

最近購入したばかりのiFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMPの組み合わせも素晴らしいと思ったのですが、こちらの繊細さとパワー感が勝っていると思いました。

デスクトップで邪魔にならないこのコンパクトさでこれだけの音を出してくれたのには素直に驚きました。正直期待していませんでしたが、この音を聴いた今は送ってくれてありがとうと言う気持ちです。

安くてコンパクトで音もいいと欠点が見当たりません。DACをお探しの方は検討してはいかがでしょうか?


GUSTARD H16 OLED Balanced Headphone Amplifier Pre Amplifier

2020年12月15日火曜日

THE本格派 iFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMP

 


50時間以上エージングをしたiFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMPの感想を述べていきたいと思います。ひとまず個別の評価はゆっくりやるとしましてセットで聴いた感想になります。


高コスパDACamp ifi-Audio ZEN DAC

以前ZEN DACを購入しました。その時はDAC付きヘッドホンアンプとして2万円を切るこの価格のコストパフォーマンス及び音の良さに驚かされた記憶があります。
それが今回はDACとヘッドホンアンプが別々になりそれぞれが本気で作り込まれた商品をセットで聴くことでその良さがよりわかると思います。

iFi audio ZEN CAN Signature 6XX Amp - Drop Exclusive | Price & Reviews | Drop

SPECS

ZEN CAN Signature 6XX (Base Price)

  • iFi audio
  • Inputs: RCA, 3.5 (single-ended), 4.4mm (balanced)
  • Headphone output: 6.35 mm, 4.4 mm
  • Gain: 0 dB, 6 dB,12 dB,18 dB adjust
  • THD+N (A-Weighting): 0.0066% (balanced), 0.0058% (single-ended)
  • Maximum output power (16 ohms): 3.0 V / 600 mW (balanced), 4.0 V / 1000 mW (single-ended)
  • Maximum output power (300 ohms): 15.1 V / 756 mW (balanced), 7.6 V / 196 mW (single-ended)
  • Maximum output power (600 ohms): 15.2 V / 385 mW (balanced), 7.6 V / 98 mW (single-ended)
  • SNR: -122 dB (balanced)
  • Dynamic range: -122 dB (balanced)
  • Frequency response (-3dB): 10 Hz – 200 kHz
  • Function Button: HD6XX  adaption and/or XSpace; Bypass
  • IMD: 0.0098%
  • Crosstalk: -50 dB
  • Zout (headphone out): 0.25 ohms (single-ended), 0.5 ohms (balanced)
  • Zout (balanced line out): 200 ohms
  • Maximum power consumption: 13 W / 2.6A 
  • Dimensions: 4.6 x 3.9 x 1.2 in (11.7 x 10 x 3 cm)
  • Weight: 1.87 Ibs (0.85 kg)


ZEN DAC Signature (+ $229)

  • iFi audio
  • Input: USB-B 3.0 socket (USB-B 2.0 compatible)
  • Supported formats: 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 / 384 kHz, PCM
  • 2.8 / 3.1 / 5.6 / 6.2 / 11.2 / 12.4 mHz, DSD
  • 353 / 384 kHz, DXD
  • DAC: Bit-perfect DSD and DXD by Burr Brown
  • Power consumption: 5V / 174ma, P = 0.887W (on idle using included iPower)  
  • Audio RCA output (unbalanced): 2.1 V fixed, 1 V – 3.3 V maximum (variable)
  • 4.4 mm Pentaconn output (balanced): 4.2 V fixed, 2 V – 6.2 V maximum (variable)
  • Z output (unbalanced): ≤ 100 ohms
  • Z output (balanced): ≤ 200 ohms 
  • SNR: < -117 dB(A) at 0 dBFS (unbalanced / balanced)
  • DNR: > 117 dB(A) at -60 dBFS (unbalanced / balanced)
  • THD+N: <0.0011% at 0 dBFS (unbalanced / balanced)
  • Dimensions: 4.6 x 3.9 x 1.2 in (11.7 x 10 x 3 cm)
  • Weight: 1.65 lbs (0.75 kg)



 

今まで一つの筐体に詰め込まれていた機能がそれぞれ独立したことでここまで変わるのかという思いです。





 まず聴いた感想は非常に繊細だということ。一音一音がしっかり再現され、あるがまま、そのままの音が再現されているかのように感じます。それでいてPowerMatchを操作することにより必要なだけパワーが注がれていく、そんな感じさえします。かなりボリュームを上げていっても綺麗な音のまま増幅してくれるだけで決して破綻しない。やはり中華製品とは根本の作りが違いますね。パワーがあるだけではない本当の音の美しさがここにはあります。しかもこの価格帯で実現してくれることに感動すらします。

音質は透明感のある高域と非常に存在感のある中域が特長で、それを邪魔しない低域が立体的に混ざり合うことで語りかけるようなボーカルがとても気持ち良い、独特の音場を表現します。

これはそれぞれが本格的に再構成され、セットで聴くことによって得られるIFi audioの世界がここにあります。今後それぞれ別の組み合わせでも聴いてみたいと思いますが、これが一つの完成形ではないかなと思いました。それほど素晴らしい組み合わせだと感じました。



2020年12月13日日曜日

iFi audio ZEN DAC Signature + ZEN CAN Signature 6XX AMPを開封してみた!



 

初めてのDROP購入でしたが、かなり待たされてしまいました。でも無事に届いてくれたのでよしとしましょう!




注文したのが7月19日になります。それから約5ヶ月でやっと届きました。本当はもっと早く届くはずだったのですが。





11月11日の発送予定日を過ぎてもなんの連絡もないのでどうしたのかなと思っていたらメールが来て12月2日に変更になったとのこと。そうなのかと思いましたが、


 



こんな話もあったりして初DROPで色々あるものですね。何はともあれ12月8日出荷隣、12日に無事につきました。開封は動画にしましたのでご確認をお願いします。


 



なかなかいい音してるなと感心しました。また続報をお届けしたいと思います。