ラベル DALI の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル DALI の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年9月29日火曜日

TEAC AP-505の駆動力はデスクトップには勿体なかった



今回はONZOよりレンタルしましたAP-505を手持ちのUD-505をと組み合わせてDALI OPTICON1を鳴らしてみた感想です。

AP-505 | 特長 | TEAC - オーディオ製品情報サイト
機能一覧
専用チューニングを施したHypex社製Ncoreパワーモジュール採用
実用最大出力130W+130W(4Ω)、BTL接続で250W(8Ω)の高出力
ステレオモード、バイアンプモード、BTLモード切替式
全段においてフルバランス設計を採用
音質にこだわった回路設計と厳選されたオーディオ専用設計パーツ
大容量トロイダルコア電源トランス、およびショットキーバリアダイオード採用の電源部
パワーアンプ保護回路(サージ、電圧、サーマル)
設置が容易な3点支持ピンポイントフット採用(特許第4075477号、特許第3778108号)
音楽の脈動を伝える大型2連指針式レベルメーター(4段階ディマー付、感度2段階切替式)
静寂性を追求したファンレス設計
制振性と高級感を両立するフルメタル筐体、デスクトップに設置できるA4サイズ
XLRバランス、およびRCAアンバランス・アナログ入力(各1系統)
スクリュー式大型スピーカー端子(1組)

前回レンタルしていたAX-505はヘッドホン端子を備えていたり汎用性が高かったのですが、こちらは純粋なパワーアンプに徹しており、UD-505と同じ特許取得の3点支持インシュレーターが備わり、より本気度が高い仕様になっていることも特徴です。

シリーズの相性はさすが!TEAC AX-505

またAP-505を2台使用することによりバイアンプにも対応するなどのマニア度も高くなっております。





今回シルバーで揃えることができてメーカー合わせ及び色合わせで100店満点のかっこよさでした。






基本的にAX-505に近いのですが、AP-505の方がよりピュアに感じます。音量を上げて行った時の音圧、迫力をより感じます。解像度も高く、一つ一つの音の粒を感じるような気さえします。それに加えて立体感を感じるほどの力感がとても素晴らしいアンプだなと思いました。
ただこれほどの音を体験するとデスクトップでは勿体ないと感じるようになりました。もう少し距離をとってこの素晴らしい音を全身で感じたいと思いました。
ただ現状ではそういうスペースも聴く時間もない私にとっては贅沢すぎる組み合わせであることがわかりました。
今後はもう少しコンパクトかつリーズナブルな組み合わせを構築していきたいと思います。お楽しみに!
ちなみに今回の組み合わせを全て購入すると35万を超えてしまいます。普段イヤホン中心の私にはやはり勿体ないです。




2020年6月23日火曜日

艶感のある音が素晴らしいDALI Opticon1


シアターセッティングの寝室でも2chオーディオを楽しみたくなりMarantz NR1710にMacBookとSabaj D5を接続しましたが、肝心の出口であるスピーカーを変更してみました。
いくつか候補はありましたが昔から憧れていたDALI Opticon1にしてみました。

OPTICON|DALIオフィシャルサイト




この空気感がたまりませんね。本日はセッティング・音出しまでですが、しっかりエージングして聴いていきたいと思います。
今回購入した機材