ラベル DEVIALET の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル DEVIALET の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年8月12日木曜日

DEVIALET GEMINI 値段の割には、、、

 




今回はイヤホン・ヘッドホンのサブスクであるONZOにて見つけた、まだ知らないメーカーのTWSであるDEVIALET GEMINIをレンタルしました。


Devialet 完全ワイヤレスANCイヤホン Gemini


お値段4万越えのの高級TWSになります。(41,800円!)

Devialet Gemini

DEVIALETアクティブノイズキャンセリング™

Devialet(デビアレ)のノイズキャンセリングテクノロジーは、「Low」、「High」、「Plane」の3段階で思いのままに調節が可能。聴く、聞かない、変幻自在。ハイブリッドデュアルマイクロフォン構造に、独自のInternal Delay Compensationテクノロジーを駆使したデジタルフィルターを融合。ノイズキャンセリング性能を大きく向上させました。従来の技術では困難とされていた、より高い周波数のノイズキャンセル効果を広げています。


確かにANCはよく効いており、音楽に没頭できます。


INTERNAL DELAY COMPENSATION (IDC®️)

特許を取得した独自のアルゴリズムにより、ノイズキャンセル効果に影響する音声信号処理の遅延を完全に補正することが可能になりました。こうしてノイズキャンセル性能が飛躍的に高まり、従来では難しいとされていた高い周波数帯域まで効果を発揮します。


今回iPhone12Proとrealme GT(Androidスマホ)の二つで使用してみましたが、realme GTでのaptX接続の方が出力も高く良好でした。



専用アプリをインストールすることでノイキャンのモード選択などが出来ます。




さらにイコライザーやプリセットを利用して好みの音に近づけることが可能です。各モードで確実に音の変化が楽しめ、特にベースにした時の低域の迫力に驚くほどです。少し音割れするぐらいなので私はLow -midが気に入りました。
しかし、音全体としては不満があります。やはり高域がくすんでいると言うか、こもって聴こえてしまいます。ANCの影響もあると思いますが、もう少しチューニングを頑張って欲しいです。それに対して中低域は充実していてとても量感があり骨太です。これで抜けるような高域があればかなり素晴らしいイヤホンになったような気がします。
特に4万円を超える高級機だけにハイレゾ級のBTコーデックに対応していないのも残念ですし、せめて音質だけでも突き抜けて欲しかったと思います。
ケースや本体自体も大きく重いのもマイナス点だと思います。
この価格なら確実にSONY WF -1000XM4を買った方が幸せになれます。