ラベル Fender の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Fender の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月25日日曜日

低音好きの為の Fender THIRTEEN 6

 




ONZOでもfender製品のレンタルが始まったようなのでフラッグシップモデルのTHIRTEEN 6を借りてみました。以前eイヤホンの中古コーナーの商品を試聴したことがありましたが、それ以来となります。


THIRTEEN 6|Fender|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店

最上位モデルとなる「THIRTEEN 6」は、3Dプリント・デジタル・ハイブリッド・テクノロジーによる、3層構造デザインのハウジング内に、大口径13.6mm径のHDダイナミックドライバーと、HDBAドライバーを6基(超高域×2、高域×2、中域×2)搭載するという、ラインアップ上最も革新的な技術を導入しています。
リファレンスクラスのインイヤーモニターとして、再生能力に優れエネルギーに満ち溢れたサウンドを提供します。
 

 

カラーFlat Black
ドライバーユニット13.6mm ダイナミック型 x1 + BA型 x6 (中域x2、高域x2、超高域x2)
周波数特性8 – 24,000Hz
インピーダンス34Ω±10% @ 1KHz
感度112db @ 1mW
ケーブル Talon 2-Pinコネクター搭載 、ケーブル長:1.2m 
付属品クリーニングツール, 6.3mm/3極 変換プラグ, ハードケース,フォームイヤーチップ(3サイズ), TPEイヤーチップ (4サイズ),ピック(AUDIO DESIGN LAB) x1,AUIDO DESIGN LABステッカー x1

 



久しぶりに聴いたのですが、やはり低域のガッツリさが印象的でした。高域はそこまで主張せずといった感じです。十分クリアではあるものの、私の好みからは外れていました。直前までFAudio Dark Skyを聴いていたせいもあると思いますがワイドに音が広がる感じも薄く、中域から低域にかけて厚いという印象が最も強く、もったりした音に感じてしまいました。最初に付属ケーブルでアンバランスで聴いていたことも影響しているのではと思い、EFFECT AUDIO Ares IIにリケーブルしてバランス接続に変えてみましたが、多少晴れやかになったものの、全体としてどんよりした薄曇りといった音の印象は大きくは変わりませんでした。

実際、以前試聴した際もいい印象はなく、中古個体の状態もあまり良くなかったのが原因ではと考えていましたが、単純に好みの音ではなかったようです。

スッキリさを好む私には合いませんでしたが、低音好きには好まれるイヤホンだとは思います。


THIRTEEN 6 Flat Black 6814000006

Fender TEN 3 Pewter 6812000043

2020年6月3日水曜日

中低域厚めで迫力のある音Fender NINE2


ツイートのお買い得情報をたまたま見て即購入してしまいました。かなりお買い得でした。それがコチラ。


Fender Music NINE 2 Competition Orange FMI-NINE2-CO

在庫僅少になっているので欲しい方はお早めに!

NINE 2|Fender|株式会社aiuto PCパーツ・周辺機器 総合代理店
NINE 1やNINEと同様のコンパクト&スリムなハウジングに、プレミアムな9.25mm径 ダイナミック型ドライバー1基と、HDBAドライバーを高域用に2基搭載。エネルギーバランスに優れたそのサウンドは、リスニング用として音楽を楽しく聴かせながら、モニター用としての解像度も持ち合わせています。

Fenderイヤホン「Pro IEM」徹底レビュー! 全7機種をFenderゆかりの名曲で聴く - 価格.comマガジン
そしてそのサウンド。BAを2基にしたことで単基ごとの負担が減ってハイエンドも伸びていると思うのですが、それより明確にわかるのはミドルレンジの充実です。ボーカルやベースの厚みがぐっと増しています。するとさらに相対的に、高域のアクセント、それによる硬質さは目立ちにくくなり、全体にややウォームな感触。

音に関する感想はまさに上の通りで中低域がガッツリしているため高域がやや目立ちにくい傾向にありますが高域用BA2基なのでしっかりあります。
聴く曲にも左右されますが、高域が刺さりにくいので低域がガンガン響くクラブミュージックも良いと思いますし、私がよく聴くK-POPなども高域を強調した曲が多いのですが、かえってこれぐらいの方が聴きやすくもあります。
簡単に言うとドンシャリのシャリが弱めな感じです。弱めなんだけどない訳ではないのでそれなりには楽しめるかと思います。
何にしても1万を切る価格ならお買い得だと思います。
Fenderは要注目のブランドの一つですね。

2020年1月14日火曜日

TEN2買替えアップグレードキャンペーンでNINE1を買取してもらった件




訂正とお詫び (2020.1.17)
この度eイヤホン様より「回答に誤りがあり
PayPayモール店は対象外である」との連絡を受けましたので
ここに訂正とお詫びをいたします。


昨日の動画・ブログに続きまして実際にNINE1を買取してもらったのでその結果と、その浮いたお金で購入した武蔵野レーベルさんのポタオデバッグの開封の儀を行っております。

お得なキャンペーンの内容は前回のブログ「キャンペーン利用でお得なFender TEN2購入してみた。」をご覧下さい。

それでは実際にいくらでTEN2が買えたことになるのか計算していきましょう!






eイヤホンPayPayモール店にて購入
購入金額   50,480円(税込)
        -8,056円(PayPayポイント)
        -504円(Tポイント)
       41,720円(実質購入価格)







NINE1買取金額  -2,970円
キャンペーン -10,000円

差引購入金額   28,750円

なんと!新品のFender TEN2が28,750円で実質購入できたことになります。非常にお得ですね!NINE・NINE1を安く購入できていた方には魅力的な提案だと思います。







【新製品】musashino LABEL ポータブルオーディオバッグ ネイビー【CP-EPLC1D/NV】-e☆イヤホン


2020年1月13日月曜日

キャンペーン利用でお得なFender TEN2購入してみた。




Fender TEN2の開封動画です。ただいまキャンペーン中でお得に買うことができます。その内容についても触れています。






実はこれ購入後にキャンペーンしているのを知ってゾッとしました。 やっちまったなと。







キャンペーンのことなど知らずにその日TEN2、TEN3、TEN5と聴き比べしていて価格関係なく気に入っていたのがTEN2だったのでサラッと購入報告しています。
翌日Twitterみてたらキャンペーンの事を知って。







私の嘆きのツイートにeイヤホンのスタッフが反応してくれました。 という事で購入後でもキャンペーンが適用される事を確認。そしてこれからが裏技ではないんですが、







上記のキャンペーン告知にはeイヤホンWEB本店及び各店舗としか書いてないのですが、eイヤホンPayPayモール店も対象なことも確認できました。という事で、PayPayモールのポイント還元及びキャンペーン適用で実質3万円台前半で新品のTEN2が購入できることになります。これはお買い得としか言えないチャンスと思いますのでお買い換えをご検討中のかたは期間内の購入をお勧めします。
実際に手持ちのNINE1を下取りに出していくらお得になるか検証する記事を明日書きたいと思います。


訂正とお詫び (2020.1.17)
この度eイヤホン様より「回答に誤りがあり
PayPayモール店は対象外である」との連絡を受けましたので
ここに訂正とお詫びをいたします。




2019年12月11日水曜日

SHANLING M6に合うイヤホンはどれだ!





今回のエントリーは左からFiiO×eイヤホン FA5e、Fender NINE-1、CampfireAudio IO、Cayin YB04の4機種です。NINE-1のみ現在期間限定特価で1万円以下となっておりますが、元値2万円以上ということで揃えてみました。一応White Snake2.5mm2pin、MMCXの2本で機種ごとに差し替えて試しました。こういう時に全ての端子が使えるのもM6の魅力ですね。






以前SE100と組み合わせた時の感想ですが、M6と組み合わせると見事に良さが消されてしまいました。特徴のボーカルも気持ちよく鳴らず解像感も不足気味。ここまで合わせるDAPで変わるかという感じです。











NINE-1自体は上記のツイートのように非常に気に入っております。比べなければ。やっぱり2万円代の音と言ったら語弊があるかも知れませんがやはり値段なりの差があるなと。








IOは私の好きなイヤホンで実際良く使います。ただSE100と組み合わせると両方の解像度が高すぎてキンキンしてしまってマイナスです。しかし、M6と合わせた場合はその良さが存分に出ます。IO特有の高域のキラキラ感も音の広がりと共に活きてきますし、ボーカルの存在感も良く出ます。2BAでここまで表現できるのかといつも思います。









結局値段通りかと言われそうですが、そうではなくそもそも私がYB04を購入したのは11月のヘッドホン祭りで自分の持ち込んだN6Ⅱで試聴させてもらった時にその自然な音の広がりと一音一音がキレイに再生されているような感覚に感動したから。この時のN6ⅡはもちろんA01マザーボードです。なので今回M6と合わせて聴いてみて感じるのがそのN6Ⅱで聴いた時にかなり近いということです。この二つが旭化成のDACを使用している事も関係あると思います。N6ⅡがAK4497EQ、M6がAK 4495SEQと型番は違いますが音の傾向は似ていると思います。今のところがCayin YB04がM6で一番キレイに再生できると思います。皆さんの参考になったか分かりませんが、皆さんもイイ組み合わせを見つける楽しみを味わっていただけたらと思います。