ラベル GUSTARD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル GUSTARD の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月8日火曜日

低価格なのに完全バランスヘッドホンアンプGUSTARD H16

 





今回は前回のS.M.S.L SH-9に続いてCayin A02に合わせるヘッドホンアンプとしてGUSTARD H16を購入しました。SH-9はTHXを採用しバランス入出力端子を備えた低価格ヘッドホンアンプとして購入しましたが、内部構成はバランス対応アンプではなかったようです。


注意喚起!まさかのバランス非対応?S.M.S.L SH-9


確かにSH-9の音質は良かったので内部的にバランスでもアンバランスでも構わないのですが、Cayin A02のバランスLine出力を最大限活かした形で聴きたいということで、新たなフルバランス構成のヘッドホンアンプを探しました。第一の候補に同じS.M.S.LのSP400があり、ちょうどSH-9をフルバランス後世にした感じで価格も倍の約6万円でした。もちろんこちらでも良かったのですが、探しているうちに今回のGUSTARD H16を見つけ調べるうちにフルバランス構成で約4万円と安価でありながら前面のヘッドホン出力に4.4mmがあるのが非常に魅力的でした。正直このGUSTARDについての情報もあまりなく未知数でしたが写真で見る限り質感も良さそうでしたので購入しました。

    GUSTARD H16 OLED Balanced Headphone Amplifier Pre Amplifier    




開封の様子は動画でアップ予定です。


 



実際に手に取ってみると見た目の質感もかなり良く、重量もそれなりにあって好感触です。あとは音が良ければ、完璧です。

 




私はヘッドホンもイヤホンもケーブルはほぼ4.4mmで揃えているので、ヘッドホンアンプと繋ぐときの4pinXLRの変換をつけるのが面倒だったのですが、このアンプのおかげで解消されました。今後はもっと増えてくれると嬉しいですね。

音質は中高域のエネルギッシュさが魅力的でCayin A02の解像度の高さもそのまま伝えてくれますし、キレとパワーが元気の良さを表現してくれます。低域はそこまで主張しないもののしっかりしています。ゲイン切り替えはLOW・MID・HIGHの3段階で、普段はMIDで十分です。HIGHはかなりガツンとくるので注意が必要です。

本体はコンパクトな方だと思いますが中身がぎっしり詰まったいいもの感もあり、入出力端子が豊富に揃えられていて実用性も申し分ありません。 

これは久しぶりにいい買い物をしたような気がします。


購入したのはこちらです。ちなみに本体色は私が購入したシルバーの他にブラックもあります。   



  GUSTARD H16 OLED Balanced Headphone Amplifier Pre Amplifier