ラベル HIFIMAN の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル HIFIMAN の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月4日日曜日

理想のヘッドホンがここに! HIFIMAN Jade Ⅱ


 



今までいくつものヘッドホンを試してはやはり気に入らず、最近はイヤホンのみでヘッドホンは要らないと思っていました。そんな中でもHIFIMANは唯一気に入り、5〜6本所有していましたが、最終的に聴かなくなるので結局売却してしまいました。

今回のHIFIMAN Jade Ⅱは私のヘッドホンへの苦手意識を見事に無くしてくれました。


HIFIMAN Home




まず気に入ったのがヘッドホン自体の軽さです。今までのHIFIMANのヘッドホンは450g前後するので音はいいものの、頭が重く感じて疲れてしまいがちでした。それがこのヘッドホンは365gとかなり軽く作られており、装着感自体が軽く感じほとんど気になりません。

これって私にとってはかなり大きい変化でした。


 



ヘッドホンは軽くていいのですが専用のアンプでドライブするのでシステムとしてはかなり大掛かりになります。




手始めにDX300のline-outで聴き始めましたが、これがかなり良い。この時点で射抜かれました。音の透明感が半端ない。開放型ではあるものの、しっかりと音に包まれる感覚があり、イヤホンでは味わえないスケール感特に耳だけではなく頭全体に音が浸透するかのような感覚。

これを聴いてしまうともうこの音のない生活に戻れないかも知れません。それぐらいの衝撃を受けています。

さらに今はバーンインしていたCayin R01を諦め、A02を装着してアンプに繋いでいます。すると解像度も迫力とともに音の質が上がりました。この組み合わせがあればシステムを組む必要性を感じません。

全てがクリアーで破綻のないクリーンな音。これならいつまででも聴いていられる。そんな感じです。

もうしばらく使用しておそらく購入することになると思います。

以前は24万ぐらいで販売されていたのが値下げによって18万前後で購入できるようになったのも大きいですね。

HIFIMAN Jade II 静電式ヘッドフォン プロフェッショナル軽量オープンバックデザインヘッドセット アンプ付き

2021年7月3日土曜日

Cayin R01 と HIFIMAN HM1000(RED) のR2R聴き比べ

 



旭化成の工場火災の影響などから主要なDACチップが供給されず、計画変更を余儀なくされているオーディオメーカー各社ですが、そんな中で注目されているのがR-2R ラダー型と呼ばれるクラシックとも言えるDACの採用です。

そんなR2R採用で話題のCayin R01とHM1000(RED)の聴き比べです。Cayin R01は100時間以上のバーンインが終わったので箱出しとどう違うかも気になります。

いつものように以前の感想を振り返っておきます。


HIFIMAN HM1000(RED)5月28日発売!

最初はBQEYZ SummerやKinera NORNなどで聴きましたが、かなりウォームな音でもっさりした印象がありました。明らかにRockは合わないと思いました。あまり好きな音ではなかったかもとも思いました。

しかし、FAudio MajorやAcoustune HS1695TIなどの1DDのイヤホンで聴くとガラッと変わりスッキリした音でありながらまろやかさを持ち合わせたとても気持ち良い響きが大変気に入りました。確かにRockよりはアコースティック向きだとは思いますがしっとりした音はクセになりそうです。解像度も申し分なくストリーミング中心に音楽を楽しむのであればDAPは要らないのではないかとさえ思いました。ノンビリとリラックスして音楽を楽しむ、そんな時にぴったりのDACアンプだと思います。


続いてCayin R01の以前の感想です。

 

やっぱり凄かった!Cayin R01

まだ5時間ほどしか聴いていませんがとても素晴らしいです。今までのCayinにはなかった力強さがありますね。高域の鋭さはE02でも感じられましたが、そこに中低域の芯の強いハリのある音がR01サウンドの真骨頂ではないでしょうか。低域は十分な量感がありつつクールさを保っているのでスッキリとしています。

この音を聴いていてiBasso DX220Maxのクールで力強い音を思い出しました。必ずしも同じではありませんが(あえて言えばこちらの方がややウォームで硬質ではない)、匹敵するぐらいのポテンシャルがあるような気がしました。 


Cayin R01はバーンイン100時間でさらに力強くなっている印象です。高域の鋭さは変わりませんが、より低域の迫力と厚みが増した気がします。更なるバーンインでどうなるか期待です。

今回もFAudio Majorで聴き比べをしています。Cayin R01を装着したN6ⅡにHM1000をUSB接続して交互に聴き比べました。




両方とも高域の透明感と響きが美しく気持ちの良い音であることは共通しています。ややR01が高域が強めではありますが。

それにもましてR01のシャープさ、音のクッキリ感が際立っています。それに比べると僅かにHM1000はフォーカスに甘さが感じられます。ただ、これは曲によってはR01は刺々しくも感じられ、HM1000はちょうど良く感じることもあります。

さらにHM1000の音はフワッと広がる空気感があり、立体感もより強く感じます。そのため、長時間聴くにはHM1000の方が向いています。R01はエッジが立ちすぎていて少し疲れます。ただこのカチッとした音も嫌いではないです。

あえて言えばこのような違いがありますが、基本的に両方とも素晴らしい音なので私のお気に入りラインナップ入りは確実です。

  



しかしながらR01は限定ではないものの次回生産まで時間がかかるとなっており、R01を装着したN6ⅱ-ti R2Rエディションは世界限定生産600台のみ。HM1000に至ってはチップ不足により6月で生産を終了しているという状況なのでもし在庫があった場合にはとりあえず確保することをオススメしたい。

   


カイン N6ii DAP/T01(DSDネイティブ/ハイレゾ音源対応)【国内正規品】

Cayin T01オーディオマザーボード・デュアルPCM1792A DAC搭載【国内正規品】

2021年6月6日日曜日

HIFIMAN HM1000(RED)について

 



前回ご紹介した際に不具合があったと思われたため、販売店へ検証依頼したHIFIMAN HM1000(RED)が新品で戻って来ました。私なりに確認できたことがるので報告したいと思います。


HIFIMAN HM1000(RED)5月28日発売!

さらにAndoridスマホでUSB接続とLDAC接続を確認しました。私の個体だけと思いますがゲイン切り替えとハードウエアボリュームが機能していないので送り出し側で音量調節しなければならず面倒であるのと同時に高出力を確認できていません。

BT接続は確かに簡単に接続出来て便利ではありますが、USB接続の方が当たり前ですが音質は上です。外出時はBTで十分だとは思いますが、、、


前回気になったのはこの2点です。ゲイン切り替え、ハードウエアボリュームが機能しない点とBT接続時の音です。

 



こちらは購入したフジヤエービックさんで確認していただきまして、やはりボリュームが機能しないことが確認できたため返金しますか?と言われたのですが音が気に入っていたので交換でお願いしました。そのすぐ後に生産終了のお知らせが、、、

 

HIFIMAN Home

まさかこんなに早く終了するとはと思いましたが、もともと希少なチップを使用しての生産なので仕方ありませんが、手に入る時に買うしかないと改めて思いました。




先週は入荷予定が全くの未定でいつとは約束できないとのことでしたが、1週間もしないうちに交換品が届き、嬉しいと同時に驚きもしました。

早速BT接続でXperia5と繋いでみましたが、やはりボリュームもゲイン切り替えもできません。MacとUSB接続してもやはりできません。所有するすべての機材と接続して検証しましたが、やはりダメでした。しかし初めてアンプを接続してLineOutに切り替えるとなんとボリュームもゲイン切り替えもできることがわかりました。

ゲイン切り替えは割とはっきりと切り替えたことがわかります。今まではもしかしたらなんとなく変わっているのかもと思っていましたが、やはり変わっていなかったことがわかりました。

ボリュームはかなり出力が変わります。最大ではとてもイヤホンで聴けるレベルではありませんでした。こちらも今までは全く変化していなかったことが確認できました。

さらにこの時に変更した音量はそのままPhoneOutにも適用されているようなのでなるべく最大音量に近くしておけばPhoneOut時も繋いだ機器での変更時に今までよりも最大値を高く維持できることになります。

解決ではありませんが壊れている訳ではないことが確認できただけでも良かったです。

次にBT接続時の音質についてですが、


 



この後に販売店に返送してしまったので確認できないでいました。今回、BT接続の音とUSB接続の音をじっくり聴き比べてみたしたが、やはり結論としては圧倒的にUSB接続の音がいいと思いました。BT接続の音は確かに及ばないけども、普通に聴くのには十分な恩師でsることを確認しました。手間をかけずにライトにリスニングするには十分すぎる音です。しかし、じっくり聴く場合はやはりUSB接続を選択したいと思います。

 


少しでも興味がある方は在庫があるうちに購入することを強くお勧めします。使い勝手にクセはあると思いますが音はかなり良いので後悔はしないはずです。

2021年5月29日土曜日

HIFIMAN HM1000(RED)5月28日発売!

 




今回は伝統的なR2R DAC「PCM1702」をデュアル構成で搭載したHIFIMAN HM1000(RED)をご紹介します。

R2Rと言えば先日Cayinから新マザーボードとしてR2Rを採用したR01が発表されて話題になりました。私も初めてR2R DACを聴きたくて購入しました。


アナログとディジタル



 

HIFIMAN HM1000(RED)はポータブルUSB DACアンプでありBlueToothレシーバーでもあります。


HIFIMAN Home




対応するコーデックも豊富で、出力も3.5mm、4.4mm(バランス)のヘッドホン出力とLineOutを備えています。





開封の様子は動画で確認できますが豪華な箱に本体のみのシンプルな梱包でした。


 



さらにAndoridスマホでUSB接続とLDAC接続を確認しました。私の個体だけと思いますがゲイン切り替えとハードウエアボリュームが機能していないので送り出し側で音量調節しなければならず面倒であるのと同時に高出力を確認できていません。

BT接続は確かに簡単に接続出来て便利ではありますが、USB接続の方が当たり前ですが音質は上です。外出時はBTで十分だとは思いますが、、、


 



音質についてお話しする前に使用するイヤホンでかなり印象が変わることをお伝えしておきます。

最初はBQEYZ SummerやKinera NORNなどで聴きましたが、かなりウォームな音でもっさりした印象がありました。明らかにRockは合わないと思いました。あまり好きな音ではなかったかもとも思いました。

しかし、FAudio MajorやAcoustune HS1695TIなどの1DDのイヤホンで聴くとガラッと変わりスッキリした音でありながらまろやかさを持ち合わせたとても気持ち良い響きが大変気に入りました。確かにRockよりはアコースティック向きだとは思いますがしっとりした音はクセになりそうです。解像度も申し分なくストリーミング中心に音楽を楽しむのであればDAPは要らないのではないかとさえ思いました。ノンビリとリラックスして音楽を楽しむ、そんな時にぴったりのDACアンプだと思います。

 

2021年5月9日日曜日

HIFIMAN HE-R10 有線も無線も高音質だとは思いますが、、、

 




ヘッドホン・イヤホンもサブスクを行っているONZOでHIFIMANの取り扱いが始まりましたのでさっそく最新作をレンタルしてみました。





 

HIFIMAN、トポロジー振動板採用ヘッドホン「HE-R10 Dynamic Version」。ワイヤレス接続でaptX HD/LDAC対応 - PHILE WEB

HIFIMAN JAPANは、トポロジー振動板採用のヘッドホン「HE-R10 Dynamic Version」を4月15日から発売する。価格は138,800円(税込)。


ということでダイナミックドライバーを使った密閉型ヘッドホンです。HIFIMANといえば平面駆動型ドライバーの開放型というイメージですが、、、





形がとにかく特殊ですね。音の反響等を考慮した結果なのでしょうが、外でするのは恥ずかしいかも。付属品も豊富で3.5mmステレオミニ/XLR バランス/6.35mm標準の3種類の着脱式ケーブルが付属する他、DEVAで好評だったBlueMiniも付属して有線から無線に対応。Bluetooth接続時の対応コーデックは、SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC。さらにはUSBケーブルでPC /Macと繋げば外部DAC付きアンプとしても使えます。

今まではヘッドホン側と2股の3.5mmで接続していましたがBlueMiniと同じ3.5mmバランスジャックをL側に備えます。今後はこれが主流になるのでしょうか。


     HIFIMAN Home      


肝心の音ですが密閉型らしく圧があり、低域の迫力も感じられます。高域も刺さることなくキレイではあります。やはり密閉型特有の籠りを若干ですが感じます。なので開放型のHIFIMANが好きだったことを思い出してしまいました。スカッと抜けるようなという感じがスポイルされるとヘッドホンは苦手です。

それから重さです。せっかく無線化してケーブルから解放されても重さは気になります。確かに無線でもかなり高音質ではあると思いますが、無線も部屋から出たとたんかなり途切れがちになりますし、有線に比べるとやはり物足りないと思います。

これなら軽くてノイキャンのあるSONY WH -1000XM4の方が無線性能も高くよっぽど使えるのではないかと思いました。

しかし上記が気にならない方には有線も無線も高音質で楽しめる良いヘッドホンとなるのではないでしょうか。



本日発売!格安なのにBT接続で音が抜群に良いヘッドホンHIFIMAN DEVA

2020年9月25日金曜日

記事の削除とお詫び (HIFIMAN DEVAをバランス接続で聴いてみた)






上記のようにTwitterにて既に記事の削除とお詫びをさせていただきましたが、この件については周知徹底する必要があると思い記事を書かせていただきます。

何がいけなかったのか
2020年7月24日 「HIFIMAN DEVAをバランス接続で聴いてみた」の記事においてバランス接続するケーブルとして


上記ツイートも削除済み
onso SONY MDR-1A用4.4mm 5極プラグ-3.5mm 4極プラグケーブルを使用してHIFIMAN DEVAにてバランス接続を利用することができるというものでした。
この記事に対して


ブログコメント欄にご指摘をいただきました。(現在ブログ記事が削除済みのためコメントも見れなくなっております。)
上記コメントのように音は聴けるものの、ピンアサインが違うためこのケーブルで聴いていたために最悪の場合アンプ側を損傷してしまう可能性があるということです。
これではブログをご覧いただいている方々に有害な情報を提供していることになり、これは私の本意ではありません。
ということでこれ以上この情報が広がらないよう即記事を削除させていただきました。
また、既にご利用されている方がいらっしゃれば即刻ご使用をおやめ頂きたくこの記事を書くことにいたしました。
この度は私の知識不足、勉強不足により皆様にマイナスな情報をお届けしてしまったことを深く反省し、お詫びさせていただきます。
今後はこのような事がないよう万全を期して活動していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

2020年7月23日木曜日

本日発売!格安なのにBT接続で音が抜群に良いヘッドホンHIFIMAN DEVA






いきなり3万切りの特価だったので予約しておりました。HIFIMAN DEVAが発売日の本日に予定通り届きましたのでご紹介します。
*開封動画で撮っておりますがBTユニットのストッパーが壊れており、後日交換予定です。

【その名は「神」】"HIFIMAN DEVA"=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?
これがDEVAの大きな特徴、DEVA付属品の“Bluemini”です。
【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?
ヘッドホン入力ジャック部に合わせて差し込む、外付けタイプBluetoothレシーバーユニット。かつてULTRASONEのPerformanceシリーズが同様のオプションを展開していましたが、このBlueminiは恐るべき進化を遂げたユニットとなっています。
【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?
Bluetoothは、ハイレゾ級伝送を実現するaptX HD / LDACまでカバー。平面振動板の高音質を損ねない、現在最高級のワイヤレス伝送を実現しました。
【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?
Blueminiは、単なるワイヤレスアダプタではありません。むしろBluetoothレシーバー内蔵のポータブルDACヘッドホンアンプと言ったほうが間違いありません、USBケーブルによるワイヤードデジタル入力で24bit/192kHzの信号をデジタルダイレクト入力できます。しかもヘッドフォンアンプ部はポータブルタイプとは思えない高出力・高解像度で、能率の低い平面振動板をしっかり鳴らず実力を持っています。※真空管はイメージ(HIFIMANにはShangri-la Jr.など真空管アンプ構成の製品が存在します)で、BlueMiniには使用されていません。
【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?【その名は「神」】”HIFIMAN DEVA”=(平面振動板+アナログバランス+USBデジタル+高音質ワイヤレス) でこの価格!?
そしてもちろんBlueminiを外して、電子回路のない完全なアナログヘッドホンとして使用できます。本体入力端子は3.5mm4極のバランス対応となっているので、今後対応のバランスケーブルが出てくると思います、その際はアナログバランス接続でも楽しめます。
ヘッドホン部の主な公称仕様は、次の通りです。
周波数特性 20Hz-20KHz  インピーダンス 18Ω 感度 93.5dB  重量 360g
Bluemini 公称仕様 重量 25g
バッテリー持続時間 約 7~8 時間 コーデック LDAC,aptx-HD,aptx,AAC,SBC

今回日本ではあくまでもBTユニットであるBlueminiがセットで販売されていますが、海外ではDEVA本体が約$220、Blueminiが約$80で別々に販売されているそうなので、日本での販売価格は33,000円税込はむしろ安いかもしれません。





無事に発売日に到着しましたが、、、




ビルドクオリティに問題はありそうですがとりあえず使用に問題はないので販売店に連絡だけしておきました。連休明けにメーカーに確認するとのこと。






上の引用にもありますが、DEVAの特徴の一つに本体側入力端子が3.5mm4極のバランス対応となっていることです。付属するケーブルはアンプ側プラグ3.5mm3極のアンバランスですが、対応ケーブルを購入すればバランス対応ができます。
そして今回付属するBlueminiは小型のDACアンプでありこの3.5mm4極端子からバランス出力されているらしいのです。

HIFIMAN DEVA - Reviews
ケーブルは左のカップの1つだけですが、かなり典型的なケーブルを使用しているそうです。このケーブルはカップの場所に4ピンコネクタが付いているので、もしかしたらBalancedのカスタムケーブルを作ることも可能かもしれません。HIFIMANでは、同社のBluetooth DAC/AMPが実際にBalancedモードで動作することを確認しており、DevaのDAC/AMPソースの中では最高の1本と言えるだろう。FiiOのM11やiBassoのDX160のようなハイエンドのDAPから出てくる音とほぼ同じくらい良い音が出るという事実には、ただただ驚かされます。

上記引用は機械翻訳ですが、バランスモードで動作とあります。 実際聴いてみても付属ケーブルよりもBlueminiを通した方がよりハッキリクッキリとした音が再現され、平面磁気ドライバーの利点である透明感のある高域がのびやかに聴こえます。
さらに今までのHIFIMANよりも立体感を感じる音作りになっているため、サウンド自体が安っぽくは感じません。この価格帯でバランス入力にも対応し、専用のBTユニットが付き(またそのユニットの出来が素晴らしい)このサウンドは価格破壊ではないでしょうか?
是非ともお勧めしたいヘッドホンです。



2020年5月29日金曜日

HIFIMAN HE6se






HIFIMAN Home

Specification

周波数特性 : 8Hz-65kHz
インピーダンス : 50Ω
感度 : 83.5dB
重量 : 470g
 スペックを見てだいぶ鳴らしにくいなと言う事と、だいぶ重いなと言うことの2点ですね。
デザインはHE400iのハウジングをプラスチックからアルミに変えて、SUNDARAのヘッドバンドを付けた感じです。装着感は悪くないですがやはり重いです。頭にしっかりと重いものが載っているなあと言う感覚が常にあります。


設立当初のハイエンドモデルを大切にしながら現代の技術で作り直すと言うのは素晴らしいですね。


スペック上もそうですが公式サイトでも鳴らすためには高い出力が必要だと宣言しています。


定価20万超えでやっとバランスケーブルが付属になりました。独特なゴムホースみたいなケーブルですが取り回し自体は悪くありません。プラグが4pinXLRなのでこれでACRO L1000の背面にあるXLR端子が利用できます。明日届く予定の据置DACアンプも前面にXLRがついているのでちょうどいいです。


Cayin N6Ⅱ/E02やShanling M6 Proも出力はある方ですが単体では少し物足りないです。SP1000AMPも150まで上げてなのでもう少し欲しいところではあります。
もう一つE02+HAM MA-1Bの組み合わせだもちょうど良かったです。
Hugo2もあると良さそうです。
基本は据置なんでしょうけど。
音は少し硬質な感じがします。ANANDAはもう少しフワッとした空間を感じられますが、HE6seはもっと頭の近くで音楽がなっているような感じです。BABYMETALを聴いていると大きな音の塊をぶつけられているような気がしました。とは言うもののその音の粒子はきめ細かく高域から低域までしっかりキレイに鳴っているのが分かります。非常に解像度が高いです。今までのHIFIMANのヘッドホンもそれなりの解像度だと思っていましたが、聴き比べると違うんです。これ耳が覚えてしまうので戻れなくなります。
今回特に驚いたのが、低域がこれだけはっきりと感じられたのはHIFIMANのヘッドホンで初めてかもしれません。
開放型であるため音の抜けが良く低音は感じにくいのかなと思っていましたが、ちゃんと出せるんですね。
そう言う意味では真面目と言うか今回もキッチリ値段が上がった分の音の向上を体感できました。本当にこの辺でやめておかないとHIFIMAN貧乏になりそうです。
とはいえHIFIMANの高級機も気になりますがMEZE AUDIOのフラッグシップヘッドホンであるEmpyreanもいつかは聴いてみたいですね。それでもHE6seの倍近いので恐ろしいですけど。


MEZE AUDIOのフラッグシップヘッドホン「Empyrean」に新色2モデルが追加。アップグレードケーブル同梱の「日本限定パッケージ」で発売 - Stereo Sound ONLINE

カッコイイなあ。いつか、、、