ラベル HUM の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル HUM の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年4月30日木曜日

バランス好きにオススメ高音質ポタアンHUM MA-1B


香港に拠点を置くHUMの4.4mmバランス入出力を備えた高音質ポタアンMA-1Bを入手しましたのでご紹介します。

MA1 - HUM
  Audio   In/Out: 4.4mm TRRRS
     Gain Settings: Low Mid High
     Battery Capacity: 3800mAh@3.8V
     Battery Life: ~ 8 hours
     Charging Time: ~ 2 hours
     Size: 68.5*105*12mm
公式ショップは残念ながら日本への発送をしていないようです。しかし普通にeイヤホンにて購入できます。現在入荷未定になっていますが。


ちゃんとケーブルも4.4mm to 4.4mmや4.4mm to 2.5mmも用意されていてすぐにバランス接続で楽しめます。アナログバランス入力・バランス出力のポタアンを初めて購入しましたが今までの不満が解消されました。ほとんどのポタアンはデジタル入力のものをのぞき、アンバランス入力・アンバランス出力が基本の為DAPでバランス出力を楽しんでいるのにポタアン=アンバランス出力になってしまうことがあまり使わない理由でした。
JVC SU-AX01のようにアンバランス入力・バランス出力のポタアンもありますが、デジタル入力の方が音が良い場合が多いです。
せっかくならバランス入力・バランス出力で聴きたいと思っていましたが、選択肢自体が少なめです。今回Cayinの新マザーボードE02が4.4mmバランスLine Outを選択できるようになったので是非試したいと思い購入しました。



以前のアナログポタアンではパワフルさは足されるもののアンバランス出力による弊害が少なからずあり、それまで聴いていたバランス出力と比較して分離感が曖昧になり、解像度が甘くなったように感じたり、こもったように感じる場合もありました。しかしこのMA-1Bでは全くそう言ったことがなく、むしろスッキリ感と解像度も少し上がったように感じられ、 さらに音にパワーと低域のキレが加わるので非常に聴いていて楽しいです。
さらにアナログ接続の良いところはUSBデジタル接続の呪縛から解放されることです。
USBデジタル出力も確かに良いのですがDAPによっては再生アプリとの相性などによって再生できなかったり、再起動を余儀なくされることがありますが、それがありません。
これでアナログポタアンを敬遠する理由がなくなり、むしろこちらを今後積極的に使って高音質再生をしていきたいと思います。