ラベル JBL の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル JBL の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年12月17日金曜日

凄まじいサラウンド感!JBL BAR 5.0 MultiBeam

 





今回は以前から欲しかったのに在庫が無かったために買えなかったJBL BAR 5.0 MultiBeamの在庫が復活していたので購入しました。

Bar 5.0 MultiBeam

JBL MultiBeam™とバーチャルDolby Atmos®のハイブリッドサラウンドサウンド体験

JBL独自のMultiBeam™ テクノロジーは、「音のビーム」を使って左右の拡がりやサラウンドサウンド成分を部屋の壁に放射し、反射させることで実際に音が左右・後方から聴こえる「リアルサラウンド」を実現。部屋のいたるところに音を放射することで広大なサウンドステージを創りあげます。また バーチャルDolby Atmos® が、高さ方向の空間再現を先進のバーチャル技術で行います。MultiBeam™とバーチャルDolby Atmos® とのハイブリッド方式により 、まるで音の球に包まれたような立体的で没入感あふれる興奮の 3D サウンド体験をリアルに提供します。


仕様一覧

総合出力(最大@THD 1%)250W
サウンドバー出力(最大@THD 1%)5x50W
スピーカー構成80mm x 48mm レーストラック スピーカードライバー x 5 + 75mm径 パッシブラジエーター x 4
電源100~240V AC、~50/60Hz

オーディオ仕様

再生周波数特性50Hz - 20KHz
MP3コーデックMPEG 1 レイヤー 2/3、MPEG 2 レイヤー 3
対応フォーマットDolby Atmos, Dolby TrueHD, Dolby Digital Plus, Dolby Digital, マルチチャンネルPCM(2ch~7.1ch)、MPEG2 AAC

思ったよりもコンパクトなサイズなのですが名前の通りしっかりとスピーカーが5つ入っています。バータイプには珍しくHDMI OUTだけでなくHDMI INがあるのも嬉しいですね。 開封動画でも言いましたが、壁掛け用の金具一式とHDMIケーブルが付属しているのもポイント高いです。BOSEなどはオプションで五千円以上しますからね。



TOSHIBA REGZA 75M550Kの下に設置しました。75インチにはかなり小さく見えますが、音は見かけによらずパワフルです。




まずは音場測定から。上記マニュアルをネットからダウンロードしないと何もわかりません。HDMIボタン長押しで音場測定モードになります。カウントダウンの後勝手に測定及び補正をしてくれます。

この状態でテレビやYoutube、NETFLIXを見ましたが、人の声もハッキリ聞きやすいです。通常はバーチャルDOLBY ATMOSはOFFがいいです。

しかし、映画を見るなら断然バーチャルDOLBY ATMOSはONをオススメします。マルチビームを壁に当てた反射音のおかげか、かなりのサラウンド感を味わえます。もちろんスピーカーが後ろにあるわけではありませんので背後から音が聞こえるとは言いませんが、前方からだけでもかなりの臨場感はあります。

ただ問題は音楽です。コンサートはライブなどの動画はそれなりの雰囲気を楽しめるので良いのですが、普通に音楽を楽しむには音の明瞭度やキレなどが圧倒的に不足しているので聴いていて気持ち良くありませんでした。

低域もLEVEL1〜5まで変更できますが、5はモコモコするだけで不快だったので強調し過ぎない3で十分だと思います。

ということで動画視聴用としては十分すぎるクオリティで4万円はかなりコスパが良いサウンドバーだと思います。(ただし音楽は別で聴くべし)

特にサラウンド感はかなりある方なのでこれから年末年始の映画・ネトフリ鑑賞のお供にオススメのサウンドバーでは無いでしょうか。


2020年10月1日木曜日

バランスケーブルでまるで別物TOPWING WHITE-BARREL4.4TRS





先日購入して大いに気に入ったJBL 104-BT-Y3ですが、バランス接続できるケーブルを購入していたものが本日届きました。接続してみてビックリしたお話です。

デスクトップはこれでいいじゃない!JBL 104-BT-Y3

先日は上記記事のようにTEAC UD-505とJBL 104-BT-Y3をRCAケーブルで接続して聴いていました。これでもデスクトップオーディオとして十分な音質であると感心していました。しかしまだやるべき事はたくさんあるようです。そのうちの大きな一つがバランス接続です。
昨日とは違うOTAI AUDIOさんの動画で詳しく紹介されています。


【オーディオ評論家土方久明氏と聴く】超お買得DAC,iFi audio ZEN DACのシステムを使ってバキバキにカスタムしてみた。

上の動画はiFi audioの代理店であるTOPWINGの方が主にZEN DACをパワーアップするアイテムを紹介してどんどんカスタムして聴き比べるという内容です。
ZEN DACの特徴として入出力端子に4.4mm5極のペンタコンを搭載しています。そしてその出力端子とJBL 104-BT-Y3をバランス接続するケーブルをTOPWING自らが販売してくれています。なかなか市販ではなく自作できる方にお願いするしかないと思います。
貴重です。
前置きが長くなりましたが、ドンっ!





これだけで税別1.8万するのでスピーカーと大差なくなってしまいますね。
しかし接続してビックリです。







今回はZEN DACもないので直接iBasso DX220Maxに繋いで音を出してみました。
バランス接続になってパッと目を覚ましたかのようです。十分と思っていた音がこの音を聴いてしまうと眠たい音だったということがわかります。
バランス接続になって一番の違いはドライブ能力の向上で明瞭度が増して一つ一つの音がハッキリ聴こえます。また中低域にパンチが出てより迫力ある鳴り方をしてくれます。
ボーカルもより近く聴こえるのですぐ側で歌っているかのように感じられます。
というようにこのケーブルで聴くと、今までとはまるで違って聴こえます。
これは聴いてすぐに体感できるほどなので、これを聴いてしまうともう戻れなくなってしまいます。
低価格であるということを考えるとこれほどの実力を備えているスピーカーだとはとても思えません。これは是非ともバランス接続で聴くことをおすすめします。とにかくハッキリ・クッキリとした歯切れの良い音にビックリすると思います。
特にDAPの音をほぼそのままスピーカーで聴くような感じなのでシステム自体シンプルで無駄がないのもオススメポイントです。
スピーカーとケーブル合わせて4万ちょっとでこの音なら十分満足できるのではないでしょうか?




2020年9月30日水曜日

デスクトップはこれでいいじゃない!JBL 104-BT-Y3


昨日の記事でDALI OPTICON1はデスクトップには勿体無いと書いたのですが、でどうすんの?ってことで新たなデスクトップ用スピーカーをお迎えしました。






こちらコンパクト且つリーズナブルでありながら評判も高いという有名なJBL 104-BT-Y3であります。このモデルはBluetooth付きのモデルで2.3万前後、無しなら1.6万ぐらいで購入できます。




PC用に売られている格安アンプ内蔵スピーカーより少し高いだけでこの本格的な音質のしかもJBLブランドのスピーカーが手に入るなんて驚きですね。
私自身、以前オタイオーディオさんのYouTubeチャンネルで紹介されていて気になっていました。


iFi audio ZEN DACとJBL 104-BT-Y3の組み合わせがコンパクトでプレミアムだった!

こちらは最近人気のiFi audio ZEN DACとの組み合わせで4.5万で十分なデスクトップオーディオが楽しめると評判です。







今回はTEAC UD-505とRCAケーブルで接続。音源はiBasso DX220MaxをCOAXIALで繋いでいます。その状態で聴いてみた感想としましてデスクトップ環境としては十分な音であると思いました。OPTICON1のような透き通る高域はありませんがリアリティのあるボーカル、正確な再生音がモニターらしく、この距離だからこそ音量を上げなくても満足感の高い音を聴かせてくれます。
このコンパクトボディの割に低域も出るので余計そう感じるのかもしれません。
そしてこのコンパクトボディのおかげでデスク周りがスッキリとして広く使えるようになり、またOPTICON1の圧迫感がなくなってとても気分よく作業ができます。
今現在はこの音で十分満足ですが、


を購入しましたので、DAPから直接バランス接続して聴いてみたいと思います。
さらに、


DROPで購入済のZEN DAC/CAN Signatureが届けばこちら経由でバランス接続も楽しめるようになると思いますので、早く発送して欲しいです。通常版は既に日本でも販売されましたが、既に購入済だったため諦めました。
とにかく楽しみが尽きませんね。