ラベル KZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル KZ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月16日金曜日

最高傑作?KZ ZAS

 



久しぶりにKZの新作ZASを購入して聴いてみましたが、これが大当たりだったので感想をお話ししていきたいと思います。


      Pre-Order KZ ZAS 7BA 1DD 16 Units Hybrid In-ear Earphones    


特徴:-

>片側あたりの強力な8ドライバーハイブリッド構成。

> 10mmデュアルマグネティックダイナミックドライバー。

> 7つの新世代の高性能バランスドアーマチュアドライバー。

>新しく設計された音響空洞。

>プロの電子周波数クロスオーバー。

>軽量の人間工学に基づいたイヤピースとの快適なフィット感。

>金属フレームで絶妙なルックス。

>高純度200芯銀メッキケーブル。

>標準の0.75mm2ピンコネクタ。

>標準の3.5mm終端プラグ。

>インピーダンス:24オーム。

>周波数応答範囲:10Hz〜40kHz。

>感度:109dB。

>インラインマイク(インラインマイクなしでも利用可能)。

>重量:11 +/- 1グラム。

KZ Acousticsは、強力なデュアルマグネティックダイナミックドライバーと7つの新世代バランスドアーマチュアドライバーで構成される、片側に強力な8ドライバー構成を備えた最新の16ドライバーハイブリッドインイヤーモニターセットをリリースしました。このペアは、クリーンで歪みのないサウンド出力を実現する電子周波数クロスオーバーを備えた新開発の音響キャビティを備えています。プロのエンジニアがKZZASを調整して、さまざまなジャンルを高解像度の明瞭さで補完する自然で生き生きとしたサウンド出力を実現しました。

16ドライバーハイブリッド構成:-

KZは、なんと16ドライバーのハイブリッドセットアップでZASを設計しました。このペアは、両側に8つの微調整されたドライバーを備えています。これには、強力なデュアルマグネティックダイナミックドライバーと7つの新世代バランスドアーマチュアドライバーが、新開発の音響キャビティと電子周波数クロスオーバーとともに配置され、卓越したサウンド出力を実現します。

強力なデュアルマグネティックダイナミックドライバー:-

KZ ZASは、強力なデュアルマグネティック10mmダイナミックドライバーユニットを搭載しており、驚異的な低周波性能を発揮します。KZZASで印象的なミッドベースとディープサブベースのランブルを体験してください。

新世代のバランスドアーマチュアドライバー:-

KZ ZASは、卓越した解像度と明瞭さを実現する新世代の高性能バランスドアーマチュアドライバーを備えています。彼らは、豊かで滑らかな中域周波数のために特別に開発された3つの50024sコンポジットBAドライバーを特徴としています。高周波は、カスタム調整された30019高周波BAドライバーによって生成され、滑らかで非常に詳細です。

クリーンで歪みのない出力のために新しく開発された音響キャビティとプロフェッショナルクロスオーバー:-

KZは、各周波数帯域の均一な分布を支援する新開発の音響空洞構造を特徴としています。ダイヤフラムの動きの振幅を合理的に制御し、出力信号の過渡特性を正確に提示するように設計されています。ペアは、クリーンで歪みのないサウンド出力を提供するために、プロの電子クロスオーバー調整を受けています。

プレミアムなルックスと快適なフィット感:-

KZ ZASイヤピースは、プレミアムな絶妙な外観と人間工学に基づいたデザインで豪華なトリートメントを受けます。このペアは、真新しい明るい色と光沢のある金属フレームを備えた樹脂製の耳の空洞の組み合わせを備えたダイヤモンドのように輝きます。その人間工学に基づいたデザインは、ほとんどのユーザーに快適でしっかりとした装着体験を保証するために、1万を超える外耳道サンプルを徹底的に研究した後に開発されました。


 



ツイートにも書きましたが、箱出しから全体的に透き通る音が素晴らしく、好印象でした。

付属ケーブル、イヤーピースも悪くはありませんでしたが、もっと本格的に聴くために、

 

LINSOUL Euphrosyne Litz6タイプ5N-OCC銀メッキケーブル 3.5mm/2.5mm/4.4mmプラグとMMCX/0.78mm2pin差し込み設計を採用 5N-OCCと銀メッキOCCケーブルで編み込み TINHIFI/SHUREなどイヤホンに適応ハイエンドイヤホンアップグレードケーブル (ホワイト-オレンジ, 4.4mm-0.78mm2pin)

SpinFit スピンフィット CP100+ IEM向けイヤーピース 医療用シリコンを採用 (Lサイズ2ペア)


に変更して聴きました。DAPはCayin N6ii-Ti R-2Rです。
イヤホンの価格に対して合っていないような構成で聴きましたが、これが驚くほどのマッチングでした。
まず全体が透き通る音なのは先ほども言いましたが、こもることが一切無く高域の解像度と透明感が素晴らしすぎます。中域はボーカルを埋もれさせない力強さがあり、低域はでしゃばり過ぎないけど存在感がしっかりあります。
音の密度が濃く包まれ感も高い。多ドラらしく色んなところから音が鳴っているように感じます。空気感がとてもリアルに伝わるのでライブものも楽しい。
音がシャッキリ・クッキリしているので明瞭で明快。
箱出しの感想なので今後のエージング次第ではありますが、今まで聴いたKZの中では最高傑作ではないかと思います。
ZAXと聴き比べてみたい逸品。

KZ ZASイヤホン 有線 デュアルドライバ ハイエンドイヤホン ハイレゾ対応カナル型イヤホン (黒、マイクなしイヤフォン)

2021年5月28日金曜日

2万以下のおすすめ低音イヤホン5選(予算別)


 



今回は今後スマホ+USBDAC使用が増えると思われますが、物足りない・低音が足りないという方のために「このイヤホンで聴けば迫力たっぷり」というイヤホンを予算別に選んでみました。

まずは〜1,000円の部門です。


シンプルにドンシャリ KZ EDX

KZといえばハイブリッド、多ドラとマルチドライバーばかり話題に上がりますが10mmのダイナミックドライバー1発となんともシンプルかつ潔い構成です。

箱出しで聴いた印象はとにかく「元気がいい」です。気持ちいいほどのドンシャリ具合で少しキツ目の高域を誤魔化すために久しぶりにfinal Etypeを装着しました。低域も重低音がガッツリ効いてます。音の厚みがそこそこあるので包まれ感や没入感は高めに感じます。もう少し落ち着いてくれると聴きやすいのですが、これだけ派手な音だとDAPでは音がハッキリしすぎて疲れてしまいます。

逆にスマホとかのモサっとした音質なら逆にシャキッと聴かせてくれていいのかもしれません。


 

KZ EDXイヤホン1ダイナミックHIFI低音インナーイヤーで耳モニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングヘッドセット新しい到着!(白、マイクなし)


こちら驚きの930円です。高音域もシャリつきますが、低域もしっかり出るので安く済ませたい方におすすめできます。またリケーブル出来るのでバランスで聴くこともできます。


次は〜5,000円部門です。


KZ DQ6 買いましょう

高域は透き通るけどキツさはなく、中域は伸びやかに、低域は深くドッシリした安定感を音に加えてくれます。DDらしさが詰まったとても気持ちの良いイヤホンだと思います。ボーカルも近く、とても聴きやすいのにモッサリした感じが全くありません。「出来る限り安価に提供するために最低限のケーブル付けとくけど、こだわる人は好きなケーブル使って見てね」と言われている気がしました。これはリケーブルで真価を発揮するタイプですね。
またしても中華イヤホンにはやられてしまいました。これも買って損はないイヤホンです。


 

KZ DQ6 3DDインイヤーヘッドフォンHiFiスポーツ有線ヘッドフォンヘッドフォンノイズキャンセリングステレオヘッドフォン2ピン銀メッキケーブル(シルバー、マイクなし)


こちらは現在2,800円で購入できますが、はっきり言ってお買い得イヤホンです。こちらは3DDと珍しいドライバー構成ですが、シャキッとした音質と低域の迫力が楽しさは価格を超えています。


次は〜10,000円部門です。

KZ ZAX 低音の魅力

約100時間のエージングが終わったので聴いてみると、確かに低域も高域も良く出るようになっています。印象としては低域の迫力がかなりあります。低域は常に感じるけどもけして不快ではありません。低音を強調するあまり、モワッとした不快感を伴う某ドラマー氏のチューニングしたイヤホンとはまるで異なります。もちろんこちらはまがりなりにも8ドライバーであり、低域のDD以外の7機のBAがその他の音を繊細かつダイナミックに奏でてくれるので、トータルとして素晴らしい音になっていると思います。特にジャズなどの生音系はしっかりとした迫力とともに響きに艶を感じます。低音は確かに魅力的に聴こえるけどもそれだけで終わっていないところがこのZAXの魅力ではないでしょうか?


 

KZ ZAXメタルヘッドセット7BA+1DDハイブリッド16ドライバーHiFiベースイヤホンイヤモニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングイヤホン(マイクなし、ブラック)



こちらは現在6,550円で購入できます。中華イヤホンにハマるきっかけとなったイヤホンで刺さらない透明感のある高域とズシリと響く低域のバランスが最高です。KZで一番好きなイヤホンです。


次は〜15,000円の部門から


BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!

SUMMERを聴くとまず感じるのが低域の力感です。それに加えて音の厚みも増しているので音全体がSpring2よりもグレードアップしています。高域と低域のメリハリもより明確になり、さらに力強い音になったことがわかります。付属ケーブルも銀メッキに変更されて太くなったので効果が伝わりやすくなっていることも大きいです。(しかもプラグ3.5、2.5、4.4mm選択できます)

それでいて価格はSpring2よりも安くなっているので、もう買わない理由はなくなったと言えるのではないでしょうか?


 

BQEYZ Summer HiFiGoオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量


こちらはただいま5%クーポン適用で13,299円で購入できます。前作Spring2よりも低域が強化されており非常にバランス良くなったと思います。できれば出力あるアンプと楽しみたいところ。


最後に〜20,000円以下の部門です。

低音好きにオススメ!BGVP NS9

まさに低音の迫力凄すぎます。インパクトがかなりあります。
音の厚みも相当なものがありますが、低音だけで終わらないのがこのイヤホンの最大の特徴です。高域用フィルターとの組み合わせになりますが高域の解像度が高く低域に埋もれることなくはっきりと主張しています。そのおかげでウォームになり過ぎず聴きやすさを保っています。
それでも主役は低音です。これもモコモコする訳でもなくキレがあるので、バスドラもビシッと決まり気持ちよさが倍増します。
付属の銀メッキケーブルのおかげもあると思いますがスカッとしつつ音に埋もれる没入感も楽しめるとても奥の深いイヤホンだと思います。


 

BGVP NS9 7BA+2DD ハイブリッド テクノロジー HIFIインイヤー イヤホン Knowles MMCX モニター リケーブルイヤホン (3.5mm, グレー)


こちらは18,500円で販売されています。このイヤホンの良さを伝えたくてこの企画を考え付いたくらい低音の迫力がすごいです。スマホ+USBDACの組み合わせに超オススメです。

2021年5月26日水曜日

第2回ウチにあった1万〜2万の中華イヤホンに順位付けてみた!

 





ウチにあった1万〜2万の中華イヤホンに順位付けてみた!

前回の一部(TRI Starsea、BQEYZ Spring 2、KZ ASX)に加え新しく追加した4機種を加えた合計合計7機種の順位をつけていきたいと思います。
今回加えた4機種については、いつものように紹介した日付順に記事と商品リンクを貼っておきます。



AIDERLOT M5 かなり本格的


AIDERLOT M5高音質 イヤホン 有線 ハイエンドイヤホン IEMs インイヤーモニター,5つのバランスドアーマチュアイヤホン,2単結晶銅銀メッキmmcxリケーブル 着脱可能,3組のサウンドフィルター,高遮音性 密閉型,高解像度,ミュージシャン、歌手、ドラマーなどに適しています。(黒)


BQEYZ SUMMER 爆売れ確定!


【HiFiGo】 BQEYZ Summerオーディオマニアのためのイヤホーン 大きなPU+LCPダイヤフラムDDでのハイファイ耳中モニタ3ハイブリッドドライバー釣り合いIEMノイズ分離 と取り外し可能ケーブル超軽量


中域厚め AUDIOSENSE DT100


AUDIOSENSE DT100 バランスドアーマチュア型イヤホン


低音好きにオススメ!BGVP NS9


BGVP NS9 7BA+2DD ハイブリッド テクノロジー HIFIインイヤー イヤホン Knowles MMCX モニター リケーブルイヤホン (3.5mm, グレー)


順位の方は動画でご確認ください。

2021年5月6日木曜日

TRIPOWIN TC-01 と KZ EDX を聴き比べてみた


 


最近聴いた中でも比較的価格が安く、音質が良いと思った2つの1DDイヤホンを聴き比べてみたいと思います。

今回は両方ともバランスで聴いてみました。使用ケーブルは下記のケーブルの4.4mm版です。


NICEHCK LitzPS 4n純銀 イヤホンケーブル 0.78 2Pin 2.5mm 金属製プラグ 着脱式 柔らかい アップグレードケーブル 4極 1.2m DIYイヤホンのアクセサリ 音質改善 高級交換用ケーブル ハイエンドケーブルTRN IM1 V80 V60 V20 V10、TFZ EXCLUSIVE、EN700PRO、ZS3E BA10 AS10 ZSA ZS10 ES4 ZSR ZS6 ZST ZS5 ES3 AZLA、QOA Mojito、BQEYZ KB1 KC2等に対応



以前の感想を振り返っておきます。

シンプルにドンシャリ KZ EDX

箱出しで聴いた印象はとにかく「元気がいい」です。気持ちいいほどのドンシャリ具合で少しキツ目の高域を誤魔化すために久しぶりにfinal Etypeを装着しました。低域も重低音がガッツリ効いてます。音の厚みがそこそこあるので包まれ感や没入感は高めに感じます。もう少し落ち着いてくれると聴きやすいのですが、これだけ派手な音だとDAPでは音がハッキリしすぎて疲れてしまいます。


 

あの心鏡よりオススメ! TRIPOWIN TC-01

付属ケーブルを諦め、BQEYZ SUMMER付属の銀メッキのバランスケーブルに変更してみるとこれが大幅に印象が変わりました。ドンシャリに変わりはありませんがより音の一音一音がハッキリクッキリしだしたのです。ケーブルでこうも変わるかという感じですが、低域も圧が強くなりイキイキ鳴っています。

高域はまだ粗削りでシャリつき気味ではありますが、十分な解像度と透明感があります。そこにスッキリ目の中域と、ドッシリと量感のある低域が組み合わさっているので私の好みにかなり近いです。


ちなみに価格はKZ EDXがAmazonで930円、TRIPOWIN TC-01が5,180円です。EDXは1,000円以下とはとても思えないパワフルな音を聴かせてくれます。バランスで聴くとさらに音に厚みを感じます。低域の圧はかなりありドンシャリ具合にも拍車がかかります。高域のシャリつきも健在ではありますがfinal Etypeイヤピのおかげで気持ちよく聴けます。

TC-01に替えると明らかに質が上がります。高域の透明感や伸びやかさが加わり、さらに艶も感じさせてくれます。低域もEDXのただ厚いだけの低域ではなく、スピード感とキレがありEDXのヤボったさを感じません。そのおかげで全体的にスッキリと聴けます。超高域から極低域までレンジが広く、EDXより音がいいのは当たり前ではありますが、かなりレベルが高いイヤホンではないかと思います。特に高域好きの方におすすめしたいイヤホンです。


TRIPOWIN TC-01 1DDインナーイヤーイヤホン 10mm(Si+PU)ダイナミックドライバーが搭載されて リケーブル可能 3.5mmプラグと0.78mm2pinコネクタを搭載 高音質 重低音 人間工学に基づいて設計 専用なチューニングテクノロジーを採用 駆動やすいHIFI中華製イヤホン (紫色)

KZ EDXイヤホン1ダイナミックHIFI低音インナーイヤーで耳モニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングヘッドセット新しい到着!(白、マイクなし)

2021年5月1日土曜日

シンプルにドンシャリ KZ EDX

 




今回は動画コメントで聴いて欲しいとリクエストをいただいたKZ EDXをご紹介します。購入価格1,480円の1DDイヤホンです。




 

KZ EDX 1DDインナーイヤーイヤホン 10mmダイナミックドライバーが搭載されて リケーブル可能 3.5mmプラグと0.75mm2pinコネクタを搭載 重低音 人間工学に基づいて設計 専用なチューニングテクノロジーを採用 駆動やすい 中華製イヤホン (マイクなし, 白色)


  • 【10mm複合磁気ダイナミックドライバー】 弊社は最近たくさんオーディオマニアから意見を受け取り、重低音の魅力を感じさせたいという要求があります。周知による、ダイナミックドライバーは低音域の音により良い解析度を持ちます。弊社は、純ダイナミックイヤホンを開発することを決めました。この背景で、KZ EDXが開発されました。KZ EDXは10mmの複合ダイナミックドライバーを搭載して、低音と重低音の音に素晴らしい解析度を持ちます。オーディオマニアはこのイヤホンを使って、重低音の音の魅力を感じできます。
  • 【プロフェッショナルチューニングテクノロジー】 KZ EDXは高品質なダイナミックドライバーを搭載しましたが、この一点であまり不足だと思います。弊社のエンジニアは、このイヤホンに心を尽くしてチューニングしました。ようやく、理想的な効果をもらいました。ACG音楽に非常に対応できます。それと、電子音楽及び重金属音楽に素晴らしい解析度を持ちます。オーディオマニアはこのKZ EDXを使って、ACG音楽を楽しむことができます。
  • 【駆動やすい、低いインピーダンス】 KZ EDXは23ohmsの低いインピーダンスをもって、オーディオマニアがスマートフォンでこのイヤホンを駆動できます。それと、KZ EDXも差し込みもやすい、オーディオマニアが差し込みにくいの悩みがありません。112dBがボーカル部分の音と低音域の音がうまく再生できます。オーディオマニアが何のアンプを使わなくても、KZ EDXイヤホンを楽しむことができます。


KZといえばハイブリッド、多ドラとマルチドライバーばかり話題に上がりますが10mmのダイナミックドライバー1発となんともシンプルかつ潔い構成です。

箱出しで聴いた印象はとにかく「元気がいい」です。気持ちいいほどのドンシャリ具合で少しキツ目の高域を誤魔化すために久しぶりにfinal Etypeを装着しました。低域も重低音がガッツリ効いてます。音の厚みがそこそこあるので包まれ感や没入感は高めに感じます。もう少し落ち着いてくれると聴きやすいのですが、これだけ派手な音だとDAPでは音がハッキリしすぎて疲れてしまいます。

逆にスマホとかのモサっとした音質なら逆にシャキッと聴かせてくれていいのかもしれません。

これは要観察案件です。

引き続きエージングしながら変化があれば、またお伝えしたいと思います。


KZ EDXイヤホン1ダイナミックHIFI低音インナーイヤーで耳モニターヘッドフォンスポーツノイズキャンセリングヘッドセット新しい到着!(白、マイクなし)


なんと衝撃の930円ですか?1,480円でも十分安いと思ったのですが、、、




2021年4月2日金曜日

TRN BA15とKZ ASXの差

 




BA多ドラの中でも特にドライバー数が多いと思われる2つのイヤホンを聴き比べてみました。

特にKZ ASXはエージング200時間でガラッと変わりましたので、まずはそちらの印象をお話ししたいと思います。


KZ ASX 感想やり直し

まず高域がかなり出ており、伸びもあるが、シャリつくわけではありません。中域、特にボーカルも聴きやすいと思います。低域はそれほど目立つわけではありませんが、常に存在感はあります。やはり片側10ドライバーあるだけに細かい描写はしっかりしていると感じます。音が色々なところで鳴っているように聴こえます。ただ音のつながりはやや雑な気はします。もう少し鳴らし込めば変わるかもしれません。


こちらが以前の感想ですが、200時間を超えて感じるのは低域の存在感です。かなり迫力があり、曲によっては強すぎるかなと思うほどです。高域はさらに伸びやかになったものの、低域が強く感じるようになったため以前よりは大人しく感じます。

中域もさらに伸びやかになり、低域含めボーカルがより近く聴こえるようになりました。 全体として以前よりもエネルギッシュかつパワフルに再生できるようになりました。しかし、これが全て良い方向につながっているとはいえず、音としてはややバランスが悪く感じます。



TRN BA15 高いクオリティを感じる

あくまでも箱出しの感想となりますが、粗さなどは感じられず、非常にスッキリとまとまった音という印象です。エージングで変わるかもしれませんが、高域は伸びやかでありながら刺さる事はありません。中音もしっかり出ていて女性ボーカルも埋もれる事なく綺麗に聴こえます。低域はスピード感があり、ボワつかない気持ちいい低音を出してくれています。多ドラだけあって全ての帯域でパワフルに鳴るので音に迫力があります。音場もかなり広い方で空間表現力がとても高いと思います。


こちらはエージング50時間ぐらいにはなりますが、透明感があり気持ちの良い高域と迫力は増したけど相変わらずシャープでスピード感のある低域が非常にバランス良く聴こえます。尖ったところがなく、細かい音も潰れずにしっかり再生してくれていることがよくわかります。

と言っても刺激がない訳ではなくしっかりと超高域も再生されるのでクリアでクッキリと聴こえます。それでも粗さを感じないのでスッキリとまとまっているように思います。

この辺りがASXとの大きな差ではないでしょうか。ASXは確かに音に迫力は感じるものの、音量を上げていくとうるさく感じてしまいます。BA15は音量を上げていっても音が破綻しないので、気付いたら結構な音量で聴いていたことがよくあります。

ASXはロットによる個体差が大きく品質管理やチューニングについても疑問に思うところがありますが、BA15はしっかりとクオリティを感じさせてくれる素晴らしいイヤホンだと思います。しかもこれで2.5万ほどで購入できるのはコスパ高すぎです。特に私はASXを不良を確認するために2個購入していますのでそれで2万超えてますので、安かろう悪かろうの見本みたいになってしまいました。

ASXよりも断然BA15をおすすめします。付属品の質の高さも含めるとかなりお買い得ですね。

 


【HiFiGo】TRN BA15 15BA航空宇宙グレードマグネシウム合金住宅16コアを持つ旗艦耳中モニタIEMはOCC銅ケーブル受動態ノイズキャンセルを銀めっきした

KZ ASXヘッドフォン20 BAユニットHIFIサブウーファースインイヤーモニターバランスアーマチュアヘッドフォンノイズ低減耳栓スポーツヘッドフォン(マイクなし、シルバーホワイト)

2021年3月28日日曜日

第2回ウチにあった1万円以下の中華イヤホンに順位付けてみた!

 



前回から1万円以下の中華イヤホンが7つも増えてしまったので2回目の開催が決定しました。

今まで紹介した日付順に記事と販売サイトのリンクを載せておきます。



TRN TA1 これも買いです!



LUCKLZ TRN TA1 1BA+1DDハイブリッドユニットインイヤーヘッドフォン、バランスアーマチュアおよびダイナミックドライブユニットヘッドフォン、HIFIベーススポーツDJヘッドフォン、銀メッキの有線イヤフォンヘッドフォン、金属製イヤホン (TA1 for Japan)



SoundsGood SE01 期待してなかったけどゴメン



【国内正規品】 SoundsGood 1BA+1DD搭載 ハイブリッド カナル型 イヤホン ピンク SE01 PI



低音が心地よい KBEAR KS1


KBEAR KS1 イヤホン 有線 重低音 イヤフォンクリア 通勤 ゲーミング 通話ステレオ Android/PC多機種対応 1DD カナル型 中華イヤホン 2pin リケーブル可能 ドンシャリで低音域の支配者 (ブラック)


KZ ZSN Pro 200時間エージング後の感想



KZ ZSN Pro 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル 可能 ジュラルミンフェイスプレート搭載 3.5mm プラグ (ZSN Pro銀‐灰・マイクなし)



DUNU DM480 エントリーながら実力派





KZ ZSTX 格安だけどこれで十分



KZ ZSTX イヤホン 高音質 KZ イヤホン 1BA+1DD ハイブリッドイヤホン 重低音 イヤモニ カナル型 中華イヤホン 銀メッキ リケーブル (緑no microphone)



KZ AS06 これがあの名機の元?



KZ AS06 イヤホン 高音質 重低音 イヤホン 高精度のバランスド・アーマチュア3碁を搭載 イヤモニ型 ハイブリッドイヤホン 原音忠実 カナル型 高遮音性 密閉型 中華イヤホン 【純正品 合計バランスドアーマチュア6基搭載・付属品リケーブル】 (ブラック・マイクなし)


順位の方は後ほど動画で発表します。しばらくお待ちください。
ちなみに第1回の記事はこちらです。

ウチにあった1万円以下の中華イヤホンに順位付けてみた!