ラベル Moondrop の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Moondrop の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年5月22日土曜日

完成度高め!Moondrop Sparks TWS

 



ブランド初の完全ワイヤレスホンとしてMoondrop Sparks TWSが発売されたので紹介していこうと思います。


Moondrop Sparks TWS True Wireless Stereo Bluetooth 5.2 aptX

特徴:-

> BluetoothV5.2接続。

> AptX高品質Bluetooth伝送。

> VDSF(仮想拡散音場)チューニング。

>タッチ操作。

>シングル/バイノーラル通話。

>磁気充電ケース。

> 3周波数調整。

>高性能磁気回路。

> TWS +デュアルトランスミッション。

>周波数応答:20Hz〜20kHz。

>ダイヤフラム:ベリリウムでコーティングされたドーム+ PUサスペンションリング。

>コイル:0.035mm-CCAW大黒コイル。

>磁気回路:改良された高磁束密度磁気回路+ N52ネオジム磁石。

>音響フィルター:特許取得済みの目詰まり防止フィルター。

>電池容量(イヤピース):50mAh。

>バッテリー容量(充電ケース):700mAh。

>電池寿命(イヤピース):1回の充電で8時間、充電ケースで48時間。

> Bluetooth範囲:最大10メートル。

Moondropは、TrulyWirelessステレオイヤホンの最初のペアであるMoondropSparksをリリースしました。最新のBluetoothV5.2機能に加えて、TWS +デュアルチャネル伝送、VDSFサウンドチューニングなどのさまざまな機能をサポートします。


現在HiFiGoで$89.99(約9,800円)で販売されていますが、$100以下の場合$7の送料がプラスされます。それでも10,500円ほどで購入できます。

日本での販売は未定。




カラーは3色あり、イヤホン本体・充電ケースともにうっすらと透けるスケルトン筐体になっています。軸が長めで、少し耳奥へ押し込むタイプになりますが、装着感は悪くなく、しっかり固定されるため落とす心配は少なくて済みそうです。




BTチップはQualcomm QCC3040を採用しており、aptX AdaptiveとACCに対応しており、TWS+にも対応しているようです。iPhoneとSHANLING M3Xで使用しましたが、接続性も良好と思います。





Moondropの自己開発アプリケーションサポート:-

Moondropは、Sparks TWS(国際版)用のまったく新しいアプリケーションであるMoondropLinkを開発しました。オンラインOTAファームウェアアップデート、音質拡張(異なるサウンドプロファイルの切り替え)、およびOTAアップデートによる機能拡張に使用できます。


上記のMoondrop Linkというアプリは現在iPhoneではAppストアで見つけることができない様です。Google Playではインストールできたものの、まだほとんど機能していない様です。これは今後のアップデートに期待といったところでしょうか。

肝心の音ですが、6mmのダイナミックドライバーとは思えない豊かな低域とメリハリのあるサウンドが印象的です。今回サブスク解禁されたB'zをAppleMusicで聴きましたが、十分以上の音質と感じました。ドンシャリではありますが、有線並みに解像度も感じられ、音の包まれ感があり、迫力があります。一万円以下のTWSの中ではかなり高音質な部類に入るのではないでしょうか。まだエージングも始めたばかりですし、これでアプリがアップデートされて今はできない音質拡張、プロファイルの切り替えなどができる様になるとさらに音も良くなりそうな予感さえします。

 

 

2021年5月8日土曜日

Moondrop Blessing2:Dusk とKinera Imperial NORN を聴き比べてみた

 




今日は中華イヤホンとしては高めの3〜5万円クラスのハイブリッドイヤホンを聴き比べしていきたいと思います。Blessing2とNORNは共に1DD+4BAという構成で、そのうち2BAをKnowles製としているところも同じです。

いつものようにそれぞれの詳しいスペックは過去記事を参照していただくとして感想のみ振り返っておきます。


Kinera Imperial NORN 見た目と音の美しさの競演

聴き始めた時は高域がキツい、低域がガンガンくると言った印象でチグハグな感じだと思いました。しかし、50時間以上鳴らした後改めて聴いてみると、ちょうど良くブレンドされたかのように全体がまろやかになったような気がします。

全体としてクリアであるのに加え、高域が伸びやかになったことで刺さるような印象が無くなったこと、低域も直接的ではなく、柔らかく響くことで全体をまろやかにしている気がします。かと言って刺激がない訳ではなく低音の迫力はしっかり残っています。

音の広がりというより、空間そのものを再現するかのような一体感を作り出す立体的で重層的な音が、耳から離したくなくなるようなイヤホンであると思います。それぞれがしっかりと仕事をしながらも一つの音として成り立っているところが素晴らしいです。


 

Moondrop x Crinacle Blessing2:Dusk 一番好きかも!

早速箱出しの感想をお話しします。中低域メインなのにこのスッキリした聴きやすさは初めてかもしれません。中低域厚めのチューニングの場合、もったりした感じがあまり好きではなく苦手な場合が多いのですがこれは全くそんな印象がありません。エネルギッシュでありながらキレがあり、スッキリ聴かせてくれる素晴らしい音だと思います。
K-POPなどを聴いても高域のキツさがなく、ボーカルがスッと入ってくる気持ち良さがあります。適度に音の厚みもあり広がりもあるのに重くならない。しっかり低域が主張しているのにもかかわらず。
クールかウォームかで言えば間違いなくウォームなのですが、適度な音の抜け感があり、クール系が好きな私でも受け入れてしまう懐の深さを感じます。


以上がそれぞれの私の感想になります。そして今回NORNは200時間以上、Blessing2は50時間ほどエージングした後の聴き比べとなります。

ちなみにAmazonではBlessing2は3.4万円(Duskは海外でのみ購入可能約3.6万円)、NORNは4.9万円です。

聴き比べる前は直近で聴いたBlessing2:Duskの音が気に入っていましたのでひょっとしたら価格差を乗り越えてNORNよりいいのではと考えていました。

実際聴き比べてみるとやはり価格差なりの「価値はある」と思いました。

一つは解像度です。細かい音が潰れることなくハッキリ聴こえるのはNORNでした。Blessing2はわずかですが音が混ざり合い、明瞭度が劣ります。特徴である中域の厚みが少し邪魔をしているように感じます。肝心のボーカルも埋もれてしまいがちで、少し遠く感じます。音の厚み、広がりは十分なのですが、低域に音が集まりすぎて音が渋滞しているように感じてしまいます。

それに比べてNORNはやや高域がキツめではありますが、中域、低域それぞれが持ち味を発揮してバランス良く鳴っているように感じます。透明感のある高域とボーカルも近く感じられ、低域もメリハリあるため、全体が重すぎずスッキリ聴かせてくれるところがお気に入りです。シャキッとしていて見通しのよいサウンドだと思います。

Blessing2はまだエージング中ということもあり、ポテンシャルは高いので今後さらに良くなる可能性はありますが、現時点ではNORNの音がより素晴らしいと感じました。

NORNは見た目も綺麗ですが見た目だけでないところがまたいいですね。


キネラ インペリアル Norn 赤 小

水月雨(MOONDROP) Blessing2 ハイブリット 5ドライバー カナル型 イヤホン 1年保証

2021年5月5日水曜日

Moondrop x Crinacle Blessing2:Dusk 一番好きかも!

 



以前KineraI mperial NORNをご紹介した時だと思いますが、複数人の方からMoondrop Blessing2をおすすめされました。そこで今回は通常盤ではなくBlessing2:Duskを選択しました。


Behind the Scenes: Moondrop x crinacle Blessing2:Dusk - In-Ear Fidelity

基本スペック
ドライバー:10mmファイバー振動板DD+中域用Softears D-MID-A(2BA)+高域用Knowles SWFK(2BA)
周波数帯域:20Hz~20kHz
インピーダンス:22Ω
感度:117dB
リケーブル規格:0.78mm 2Pin


通常盤のBlessing2に有名レビュアーであるCrinacle氏がチューニングしたコラボバージョンとのことです。





4月13日購入で5月5日到着なので約3週間かかりました。途中問い合わせしましたが、入荷数が少ないとの事でタイミングによっては待たされるようです。

 

ムーンドロップ×クリナクル Blessing2:Dusk 1DD+4BA インイヤーモニターイヤホン


元々のBlessing2の出来が良かったので、さらにCrinacle氏の理想に近づけたのがDuskとなるようです。Dusk=夕暮れとのことで音が気になります。
なお通常版は聴いた事がありませんので比較はできません。

早速箱出しの感想をお話しします。中低域メインなのにこのスッキリした聴きやすさは初めてかもしれません。中低域厚めのチューニングの場合、もったりした感じがあまり好きではなく苦手な場合が多いのですがこれは全くそんな印象がありません。エネルギッシュでありながらキレがあり、スッキリ聴かせてくれる素晴らしい音だと思います。
K-POPなどを聴いても高域のキツさがなく、ボーカルがスッと入ってくる気持ち良さがあります。適度に音の厚みもあり広がりもあるのに重くならない。しっかり低域が主張しているのにもかかわらず。
クールかウォームかで言えば間違いなくウォームなのですが、適度な音の抜け感があり、クール系が好きな私でも受け入れてしまう懐の深さを感じます。
これはNORNとの聴き比べが楽しみですね。



水月雨(MOONDROP) Blessing2 ハイブリット 5ドライバー カナル型 イヤホン 1年保証

2021年4月14日水曜日

Moondrop Aria 2 とHZSOUND Heart Mirror を聴き比べてみた

 




つい先日ご紹介したMoondrop Aria 2ですがこれはお気に入りイヤホンとして使えそうだと思い、人気の高いHZSOUND Heart Mirrorと聴き比べてみました。

まずは記憶を呼び戻すべくHeart Mirrorの以前の感想を振り返ります。


間違いなく買いの1本! HZSOUND Heart Mirror

箱出しからかなり衝撃的でした。とにかく音場の広さが半端ないですね。特にあるフォロワーさんから「イヤピを変えることとエージングをすればさらに低域が出る」との情報をいただきました。イヤピースは今のところスパイラルドット++で落ち着いています。5時間ほどエージングして聴くとBlackSpriteCableは純銅ケーブルのためか音が広がりすぎてシャリつく感じが気になりましたのでNICEHCK 16 Cores Silver Plated Cableに変えています。こちらの方が音に締まりがありつつ、低域も出ていい感じです。それにしてもこの広大なサウンドステージはなかなかすごいものがあります。



次に先日のAria 2の感想です。


Moondrop Aria 2 爽快重低音サウンド!

音を聴いて感じたのはキレのあるシャープな中高域と深い低域の気持ちの良いマッチングです。解像度も高く、シャリつかない高域、スッキリとした中域、常に存在感を伝えるがモコモコ感とは無縁の低域がこの価格帯とは思えない上質な音を聴かせてくれます。かなり重低音を伝えてくるのにスッキリ聴けるのが素晴らしくこれは非常に気に入りました。


今回はケーブルをBlackSpriteCable(バランス)、イヤーピースを本日発売のSpinFit CP100+で統一して聴いてみました。


SpinFit スピンフィット CP100+ IEM向けイヤーピース 医療用シリコンを採用 (XLサイズ2ペア)


Heart Mirrorの突き抜ける高音はやはり気持ち良いですね。サウンド全体が澄み渡っているように感じます。相変わらず値段以上の音だと言うことがわかりました。Aria 2に変えると、やや高域が物足りない気がします。しかし代わりに深く響く低域の存在が音に迫力を加えます。さらに聴いていくうちに高域の物足りなさも気にならなくなります。

Heart Mirrorは高域に、Aria 2は低域にそれぞれ特徴を持っているので聴き比べると気になる部分は出てきてしまいますが、あくまでもイヤホンを交換した直後に感じるものであり、それぞれの持つ強みの方が強く印象に残る形となります。もちろん好み、聴く曲によって使い分けるのも全然ありだと思います。しかし、Aria 2の方が総合的に聴きやすく、オールラウンドに楽しめるイヤホンに仕上がっているように感じます。

2つのうちにどれか選べと言われれば、Aria 2をおすすめしたいと思います。そうは言ってもHeart Mirrorのあの高域は魅力的ですがなんですけどね。



Moondrop Aria 2 2021 LCP Diaphragm Dynamic Driver In Ear Monitors IEMs



HZSOUND Heart Mirror イヤホン 高音質 カーボンナノチューブ(CNT)ダイナミックドライバー インイヤーモニター カナル型 イヤホン 鏡面処理 (銀-Mirror)

2021年4月12日月曜日

Moondrop Aria 2 爽快重低音サウンド!

 




私自身初のMoondropとなるAria 2が届きましたのでご紹介したいと思います。色々凄いです。





4月5日に購入して4月11日到着なので1週間かかってないです。なかなか速い。

 

Moondrop Aria 2 2021 LCP Diaphragm Dynamic Driver In Ear Monitors IEMs

特徴:-

>まったく新しい美学とデザイン。

>美しいマット仕上げのキャビティ。

LCPダイヤフラムを備えた> 10mmダイナミックドライバーユニット。

> N52強力なネオジム磁石。

>真ちゅう製の内部ドライバーキャビティ。

> CCAWボイスコイル。

>高周波位相導波管システム。

> CNC機械加工されたキャビティ。

>インピーダンス:32オーム。

>感度:122dB / Vrms。

>周波数応答:5Hz-36kHz。

>有効周波数範囲:20Hz〜20kHz。

Moondropは、その単一のDD Ariaを、まったく新しいデザインと美学で復活させました。シンプルな弾丸スタイルのイヤピースの代わりに、マット仕上げのCNC機械加工の金属製イヤピースが追加されました。それらは美しくプレミアムに見えるだけでなく、人間工学に基づいた美学との快適なフィット感も提供します。


上記HiFiGoのサイトで8,774円と1万円を大きく下回っています。それなのに、、、


 



伝統?ぽいアニメキャラクターが描かれたようなパッケージも大きくなかなか豪華なつくりであり、イヤーピースも3サイズが2組ずつ、ケーブルも音質的に問題ないものが付属しています。ハウジングも金属製で少し重みを感じるしっかりした作りとなります。

 

Moondrop AriaダイナミックHIFI耳にイヤホン


こちらが初代Ariaです。現在販売はされていないようです。形を大きく変えてきましたね。スタイルの変更で耳への装着感は確実にアップしたようです。真鍮クロム・メッキのキャビティを受け継いでいるようです。





音を聴いて感じたのはキレのあるシャープな中高域と深い低域の気持ちの良いマッチングです。解像度も高く、シャリつかない高域、スッキリとした中域、常に存在感を伝えるがモコモコ感とは無縁の低域がこの価格帯とは思えない上質な音を聴かせてくれます。かなり重低音を伝えてくるのにスッキリ聴けるのが素晴らしくこれは非常に気に入りました。

何度も言いますが「安かろう悪かろう」は今の時代通用せず、 「安くても質の良い」ものがどんどん市場に出てくるので驚かされます。

特にMoondropは以前から低価格で評判の良い1DD(KXXXなど)があったので知ってはいたのですが、試聴しただけで購入までは至りませんでした。しかし、このAria2を聴いて改めてMoodropの実力の高さを知ることができました。

これは買いのイヤホンです。



Moondrop Aria 2


高音の質 4    中音の質 4    低音の質 5



細やかさ 4    迫力 5        音場 4


総合 4.3