ラベル NICEHCK の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル NICEHCK の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月18日木曜日

NiceHck EBX21 耳にスピーカーがくっついた感じ

 




今回もHiFiGoより提供いただきましたNiceHck EBX21をご紹介します。これ聴いてみたかったんですよね。とてもありがたい申し出でした。





実は1週間以上前に到着していたものの記事化できなかったんですね。なぜなら音が良くなかったから。最初に聴いた時はまさに「何だこれ!」と言った感じで音の悪さに驚きました。

しかし「Flagship Flat In-Ear Earphones」と宣伝されているものなので「こんなはずはない」と思いひたすらエージングの日々でした。

そして最近になって本領発揮となりました。


NiceHck EBX21 Flagship Flat In-Ear Earphones

特徴:-

>真のフラッグシップサウンド。

> MMCX取り外し可能インターフェース。

>自己設計の外観。

>豪華なパッケージとアクセサリー。

>快適な着用体験。

>大型14.2mmダイナミックドライバーユニット。

>日本のLCP(液晶ポリマー)ダイヤフラム。

> 5軸CNC機械加工イヤーシェル。

>銀メッキ銅ティンセルケーブル。

NiceHCK EBX21は、このブランドの最新のフラッグシップイヤフォンです。日本LCP(液晶ポリマー)ダイヤフラムを備えた14.2mmの大型ダイナミックドライバーユニット、高精度5軸CNC機械加工イヤーシェル、プロ仕様の音響構造など、素晴らしいサウンド出力を備えています。


14.2mmとかなり大型のダイナミックドライバーなので本来の実力になるまで時間がかかったのかもしれません。トータル200時間以上鳴らしています。


 





 


このように注文時に3.5、2.5、4.4mmのプラグを環境に合わせて選択できるので無駄がなくていいですね。今回は付属ケーブルでの感想になります。ツイートの写真ではLとRが逆についていました。申し訳ありません。


まず装着感ですがあまり良くありません。私の耳にはあまりフィットせず、少し動いただけでずれてしまいます。耳に乗せている感じなので動きながらは厳しいかもしれません。


エージング後のEBX21は素晴らしいです。音に大型ドライバーならではの余裕を感じます。全ての帯域のバランスが良く、身構えることなくリラックスして音を浴びるような感じです。タイトル通り耳にスピーカーをくっつけているような感覚です。インイヤー型なので抜けが良く籠った感じがありません。その代わり音漏れは大きいですし、低域もすごく出るわけではありませんがスカスカな感じはなく不足してる印象はありません。

以上のようにそれほど癖が強いイヤホンではありませんので、MMCXに対応してリケーブルを楽しめるのもポイントが高いと思います。


NiceHck EBX21


高音の質 4    中音の質 4    低音の質 4



細やかさ 4    迫力 4        音場 4


総合 4

2020年11月26日木曜日

final A4000に合うケーブルはどっちだ?(16芯銀メッキor銀メッキ+銅)

 



値段が手頃でありながらも品質の高いNICEHCKの16芯ケーブルの素材違い2本を購入しましたので、どちらがfinal A4000に合うのか聴き比べてみました。





そうなんです。いまAliexpressではかなり安く売ってますので検索してみると良いですよ。


https://www.aliexpress.com/item/4000130916090.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.4fe84c4durL4xR


https://www.aliexpress.com/item/4000319405417.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.4fe84c4durL4xR


でもかなり時間がかかるので待てない方は日本のAmazonで翌日配達もあるのでそちらも検討してみてください。

 


  •  - 【16株線芯、金属製コネクタ、導体は高純度銀メッキ銅】導体は高純度銀メッキ銅線;Litz絶縁処理;C16-1ケーブル材質は柔らかく快適です;純手作りケーブル
  • - 【高音も透き通るように綺麗】高音、中音、低音をバランスよく;高音の表現が素晴らしいです;高音も透き通るように綺麗;澄み渡る、透き通る高域

  •  高域の力強さが印象的です。透明感がありキラキラ感を求めるならこちらです。しまった低域が気持ちよく、キレを感じます。音の広がりもあり、トランスペラントな音を表現しているのでfinalの意図している音に近いが気がします。

  •  - 【16株線芯、金属製コネクタ、導体は銀メッキ線と高純度銅線のミックス】導体は高純度銀メッキ銅線;Litz絶縁処理;C16-5ケーブル材質は柔らかく快適です;純手作りケーブル
  • - 【全域で解像度がアップ】低域を引き締め,特に高域の伸びは素晴らしい;バランス良くしかも滑らかな音,ディテールや音場感も良い

  •  音の広がりがさらに広く感じるので、より音楽への没入感が高まります。銀メッキ線だけの時とは異なる若干のザラザラ感が高域で感じられるものの伸びやかさはこちらの方が豊か。銅線だけでもないので音が広がりすぎることもなくバランスが取れている。耳が慣れてくるとこちらの方が心地よく感じる。


    結論

    どちらを選んでも高域の気持ちよさが味わえ、A4000にとても良く合っていると感じた。ただその高域の硬質なキリッとした音を好むか、少し滑らかで伸びのある広がりがある音が好みなら後者になる。実際自分としてもそちらが良く合っていると思う。

    A4000の音をリーズナブルにアップグレードしたい方にオススメです。


    *今回は2pin-MMCX変換コネクタを使用してMMCXのケーブルを繋いでいます。2pin仕様のコネクタ形状により直接A4000に繋ぐことをお考えの方はお気をつけください。




     

    激変ヤバホンfinal A4000