ラベル OperaFactory の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル OperaFactory の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年10月15日金曜日

OperaFactory OS1 Pro と Whizzer Kylin HE01 を聴き比べてみた

 





昨日のOperaFactoryがWhizzerのサブブランドということで急遽Kylin HE01の中古を購入しましたので、実際にOS1 Proと聴き比べてみました。


THE重低音イヤホン!OperaFactory OS1 Pro(KBEAR)

以前聴いて気に入ったWhizzer Kylin HE01の中高域の雰囲気が似ていると思いました。そこにキレのある重低音が加わった感じです。

ボーカルもハッキリ聴こえますが、低域のパワーが勝っている為音としての厚みや迫力が印象に残ります。解像度も申し分なく、Whizzer Kylin HE01の雰囲気が3分の1以下の価格で体感できる良イヤホンだと思いました。


との感想ですが本当にそうなのか、検証してみます。

 

Whizzer Kylin HE01 再評価

前回の評価では中低域は価格を超えたクオリティを味わえるものの高域の主張が強すぎるというものでした。

それがさらに50時間以上のエージングを行った結果、見事に解消されました。そのおかげで総合的な音の満足度がかなり高くなりました。圧を伴った迫力ある中低域の素晴らしさを壊すことなく高域が寄り添ってきたように感じます。そのため表現力が豊かになり、この価格帯のイヤホンとは思えない鳴りっぷりだと思います。特にドラムの力強さは印象的です。


Kylin HE01の評価は高かったものの、レンタル品だったため返却してからは聴いていなかったので少し不安でしたが、改めて聴いてみると1万円以下のイヤホンとは思えないクオリティは健在でした。

早速聴き比べしてみます。今回はKylin HE01の付属ケーブルで交互に付け替えて聴いてみました。音源はCayin N6ii-Tiでストリーミングが中心です。

Kylin HE01は相変わらず高域の伸びやかさが素晴らしく、中高域の力強さと程よい低域がバランスしています。何を聴いてもキレがあって気持ちの良いサウンドです。

OS1 Proはやはり高域の詰まったような抜けきらない感じが気になります。低域が明らかにブーミーで全体に霧を掛けているため見晴らしが悪く感じます。Kylin HE01の抜けの良さと比べてしまうとさらにそう感じます。

Kylin HE01のサウンドの質の高さとバランスの良さは1万円以下のイヤホンでもトップクラスに近いと思うので3分の1以下の価格で比べるのはかわいそうですが、OS1 Proは低域に特化し過ぎている気もします。

それでも低域好きには気に入られるとは思います。そこまでという方はパスした方が無難です。


KBEAR OS1Proイヤホン有線 マイク付きイヤホン イヤモニ グラフェンダイナミック ノイズキャンセリングハイブリッドイヤホン カナル型 2pinリケーブル対応 装着感向上 ビジネス/WEB会議/テレワーク/仕事/通勤/通学 (Red&Blue)


WHIZZER イヤホン カナル型 Kylin WZ-HE01 [φ3.5mm ミニプラグ]

2021年10月14日木曜日

THE重低音イヤホン!OperaFactory OS1 Pro(KBEAR)

 





今回はEasy earphones(@hulang9078)さんからご提供いただきました、OperaFactory OS1 Pro(KBEAR)を聴いた感想になります。


KBEAR OS1Proイヤホン有線 マイク付きイヤホン イヤモニ グラフェンダイナミック ノイズキャンセリングハイブリッドイヤホン カナル型 2pinリケーブル対応 装着感向上 ビジネス/WEB会議/テレワーク/仕事/通勤/通学 (Red&Blue)


  • グラフェンダイナミック搭載有線イヤホン:OS1 Proは、10mmのグラファイトダイナミックコイルダイヤフラムを使用しており、解像度を大幅に向上させます。サウンドはより柔らかくクリーンです。OS1 PROは新しいグラファイトユニットを採用しています。Whizzer社の大胆な試みであり、成功も達成しました。 ヨーロッパで大人気です。 ロックやポップミュージックに非常に適しており、これまでになかったような臨場感のあるサウンドです。
  • 高音質有線イヤホン: 快適な低反発素材が周囲のサウンドを最大30dBまで遮断します。 サウンドアイソレーション技術が、ステージ、スタジオ、外出先でのリスニング体験を妨げることを防ぎます。
  • 人間工学に基づく快適性: イヤーフック付きユニークなデザインのイヤホンは、快適で揺れにくいフィット感を提供し、ワークアウト中にイヤホンが落ちないようにします。 完全にインイヤーで人間工学を応用したデザインで、長時間着用しても耳を傷つけず、周囲の周囲を聞くことができます。
  • ステージ上でのゲームやその他の機会に最適: この種類のイヤホンは見た目がクールで、精巧な仕上がりになっています。 長時間の着用でも圧力を感じません。 ゲームプレイに最適です。 また、運動、レジャー、読書、特にダイナミックなステージでのパフォーマンスに最適です。


てっきりKBEARのイヤホンかと思ったら違うみたいですね。


 



Opera FactoryはWhizzer社のサブブランドということで、説明文にWhizzer社が出てくることに納得しました。そして音の印象も、以前聴いて気に入ったWhizzer Kylin HE01の中高域の雰囲気が似ていると思いました。そこにキレのある重低音が加わった感じです。




付属ケーブルの2ピンコネクタ部分が丸型になっており、Whizzerに似てるなとも思っていましたが。

今回はNOBUNAGA ギルガメシュにリケーブルしてCayin N6ii-Tiで聴いてみました。

付属ケーブルではやや抑えられているように感じた高域の伸びが解放され、よりナチュラルに聴こえるようになりました。

ボーカルもハッキリ聴こえますが、低域のパワーが勝っている為音としての厚みや迫力が印象に残ります。解像度も申し分なく、Whizzer Kylin HE01の雰囲気が3分の1以下の価格で体感できる良イヤホンだと思いました。





現在2,780円で販売中ですが、10%OFFクーポン利用で2,500円ほどで購入できます。リケーブルでかなり化けるイヤホンだと思いますし、何かと話題のCCA NRAなどとも十分勝負できると思います。


WHIZZER イヤホン カナル型 Kylin WZ-HE01 [φ3.5mm ミニプラグ]