ラベル Oriolus の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Oriolus の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年1月5日水曜日

Ifi GO blu と Oriolus1795 を聴き比べてみた

 



今回は2年前の発売ながら最近購入して気に入っているOriolus1795と最近発売されて人気のあるIfi GO bluを聴き比べてみました。

まずはそれぞれの以前の感想を振り返っておきます。


Ifi GO blu と Shanling UP5 を聴き比べてみた

Go bluはエッジが立ってはいるものの、低域の迫力が物足りない印象です。しかし、低域増強のXBASSをオンにすればガラリと変わって迫力をプラスしてくれます。しかもコレ自体がとても自然で低域だけ目立つようなものでないのが嬉しいです。

これによってワイヤレスでありながら、強烈なエッジと迫力が味わえるパワフルサウンドになります。コレがまさにドンピシャですね。


 

USBDACアンプとしても超優秀!Oriolus1795

受信したデータをアップサンプリングしてPCM1795に送りアナログ変換するしているだけあって音に優しさを感じます。
温かみのあるその音はソフトであり、どこか懐かしさも感じます。
決してキレやシャープさを感じさせる音ではないもののゆったり聴くにはとても心地よい、クオリティの高さを感じます。

BTレシーバーとして使用するにも十分な高音質ぶりが印象的ですがUSB接続するとまたガラッと変わって面白いです。

心地よさはそのままによりクッキリしたサウンドになります。ドギツさはなく音の粒だちがよくなりエネルギッシュでイキイキとしたサウンドはとても素晴らしいです。


まずBTレシーバーとして使用した時にはやはりGo bluのクッキリとシャープなサウンドに対し、Oriolus1795はややボヤッとした印象を与えます。ただし、それは聴き比べてみて感じるほどの感覚的なもので単体で聴くには気にならないと思います。むしろその温かみのあるサウンドは心地良くも感じますので、好みの差ということができると思います。

USBDACアンプとして有線接続するとOriolus1795のサウンドもシャープさとキレを感じるようになりB T接続時とはまた違うハッキリとしたサウンドが楽しめます。

Go bluもさらにキレが良くなるので少しサウンドとしてはキツめに感じてしまいます。そういう意味ではBT接続時の音の方が聴きやすさはあると思いますが物足りないという方に有線接続をお勧めします。

Go bluはOriolus1795よりも出力の面で余裕があり、鳴らしにくいイヤホン・ヘッドホンでも鳴らせるパワフルさがあります。そのためかホワイトノイズも多めなので感度の高いイヤホンをお使いの方は気になるかもしれません。

絶対的な音質ではGo bluが有利かと思いますが、Oriolus1795はバランスがよく聴きやすいサウンドで音質としても平均点以上なので私はメインで使いたいくらい好きなのですが、TINHIFI P2Plusなどの鳴らしにくいイヤホンを使う時はGo bluを積極的に使いたくなります。

この辺りは使用環境に合わせて選択するしかないのかなと思います。




2021年12月28日火曜日

USBDACアンプとしても超優秀!Oriolus1795

 


左:Ifi Go blu 中:Oriolus1795 右:Ifi xDSD Gryphon



最近はBTレシーバー収集家のようになっていますが、発売から2年経ってもその価値が色褪せない名機と言っても差し支えないOriolus1795のご紹介です。こちら存在は知っていましたがその時はBTレシーバー自体にそこまで興味がなかったのでスルーしていましたが、最近動画コメントで教えていただいて改めて調べてみるとなかなか気合が入っているようなので確保しました。今回は箱なし、付属品なしの本体のみ中古でしたが、傷一つない綺麗な個体でした。


Oriolus1795

特徴
 

・音質にこだわりDACなどを独立して搭載
Bluetoothチップセットのパーツを使わずサンプリングコンバーター(SRC)やDACをあえて外付け。専用のSRCでBluetooth信号を192kHz/24bitにアップサンプリングした上で、DAC「PCM1795」へ送られ、アナログに変換している。
※ハイレゾ相当の伝送が可能なLDAC対応

 

・4.4mmバランス端子を採用
3.5mmステレオミニのほか、4.4mmバランス接続端子を仕様。


2年前の発売ではありますが、ここまでこだわっていたのに驚きですね。マニアの中では愛好者が多くいまだに販売されていることがその裏付けですね。

早速SONY Xperia10Ⅲ liteとペアリングするとLDACで接続されました。



 

ワイヤレス再生品質で「音質優先」を選択。これは室内で作業中の時などはいいですが、少し動いたりすると電波が乱れるので普段は「自動」がいいですね。




受信したデータをアップサンプリングしてPCM1795に送りアナログ変換するしているだけあって音に優しさを感じます。
温かみのあるその音はソフトであり、どこか懐かしさも感じます。
決してキレやシャープさを感じさせる音ではないもののゆったり聴くにはとても心地よい、クオリティの高さを感じます。




BTレシーバーとして使用するにも十分な高音質ぶりが印象的ですがUSB接続するとまたガラッと変わって面白いです。

心地よさはそのままによりクッキリしたサウンドになります。ドギツさはなく音の粒だちがよくなりエネルギッシュでイキイキとしたサウンドはとても素晴らしいです。

私はむしろこちらでの使用が増えていきそう気がします。やはりバーブラウンはいいですね。



2020年10月29日木曜日

Cayin A02との相性もバッチリ!Oriolus BA300S

 


Cayin A02と合わせるヘッドホンアンプを探していて以前気になっていたものの購入していなかったOriolus BA300Sの程度のいい中古を見つけたので購入しました。


ポータブルアンプ BA300S JP version
周波数特性10Hz 〜 50kHz  +/-0.5dB
THD+N0.02%
S/N比-111dB
最大出力350mW + 350mW (32Ω)
入力インピーダンス47k ohm
出力インピーダンス0.3k ohm
ヘッドホンインピーダンス8 - 300 ohm推奨
ゲイン+3dB
電源内蔵リチウムポリマー充電池
充電時間3時間
連続再生時間7時間
※使用条件(環境など)によって短くなる場合があります。
カラーブラック
寸法・質量W57 × H16.5 × D120mm , 165g
付属品 4.4mm to 4.4mm バランス接続ケーブル,
USB充電ケーブル,粘着シート


こちらは既に旧モデルとなりAliExpressで新モデルが販売されています。 

Oriolus新BA300S 4.4ミリメートルバランス管ヘッドホンアンプ胆汁真空管アンプ

注約新BA300S:

1.change充電ポートにタイプc、ている適応 2.change電源スイッチにフロント、 3.theシェルに調整されたbdとbaためのより適切でバインディング 4.increaseバッテリー容量、増加バッテリ寿命> 1時間 5.to増加しきい値2300mV、限界は3。 を変更ゲイン0dB、


端子や、スイッチ類のレイアウトも変更されており、一目で新旧が見分けられます。 

話がそれましたが、日本で販売されていたモデルにはケーブルが付属しており、

 

4.日本版限定の付属ケーブル
PW AUDIO のOEM によって、BA300S 用に特別に製造した
4.4mm Balance to 4.4mm Balance(通常モデルのみ) のminimini ケーブルが付属します。


BA300S JP version G2には2.5mm+3.5mmGND to 4.4mm ofc cable for oriolusが付属
BA300S JP version G4には4.4mm+3.5mmGND to 4.4mm ofc cable for oriolusが付属


私が購入したのはversion G4です。


 



このケーブルがかなり良いことにあとで気付きます。


 



最初は昨日発売されたfinal A4000をエージングを兼ねて聴いてみたのですがこれが見事にあいませんでした。高域がキンキンするだけで全く良くない。これは失敗かと思いましたが、イヤホンをintime 翔に変えてみたら、ツイートのようにまるで違う世界でした。A4000のコンセプトには全くハマらなかっただけのようです。その後Acoustune HS1695TiやSONY MDR-Z7M2などを聴きましたが同様に素晴らしかったです。


 



こちらも最初は以前にご紹介した日本ディックス製のPentaconnショートケーブルを使用していましたが、付属のPW AUDIO製ケーブルに変えたところ、こちらも効果が十分体感できました。





今後検証が必要ですが普段私が使用しているLess-BX2というボリューム付きアンプとはLineアウトで接続していますが、その時の音はモニターライクと言いますか、以前にも書いた通り純度の高い、そのままの音を聴かせてくれていました。

しかし、BA300Sとの接続ではPreアウトであり、BA300Sの音も確かにありますが、こちらは艶のある立体感を伴った透き通った素晴らしい音を聴かせてくれます。このように接続方法及びヘッドホンアンプとの相性で自分好みの音を探す楽しみが広がったと私は考えています。





Cayin公式アカウントにも「Line/Preで異なる音質実現」と書いてあるので私の思い違いでないと思いたいです。


2020年2月15日土曜日

多段のススメ①〜NT-1・Mojo・Picollo DAC〜編



このところポタアンばかり買っていますがこれを重ねて聴くとどうなるか?アンプが織りなすハーモニー。多段です。

NuTubeを搭載したポタアンOriolus NT-1を購入してみた


今大変お買い得なCHORD Mojoを購入してみた。


Cypher Labs Picollo DACを購入してみた。

過去記事も参考にして頂ければと思います。




まさに増幅ですよね。いろんな音が聴けて楽しいです。 アナログ2段にしたところ、Picollo DACで少し気になった高域の刺さりが気にならなくなり、NT-1のNutubeらしい中低域の盛りつけも全部味わえます。そしてもちろん音全体にパワーが出るので聴きやすくもなります。




これはこれでいい音なんですがこれやると元はなんでもよくなってしまうので、デジタル出力さえできればiPad Proでもええやん(もちろんiPhoneでええやん)となります。Micro to Lightningケーブル持ってないのでiPad ProになりますがMojoで出した音にアナログ2段を加えるとさらに楽しい。特にYouTubeやNetflixなど動画をみるのにもオススメで臨場感が桁違いなので動画に没頭できます。





明日以降さらにアナログアンプが到着するのでそちらのご紹介と組み合わせについて研究を重ねて行きたいなと思います。




2020年2月9日日曜日

NuTubeを搭載したポタアンOriolus NT-1を購入してみた



現在在庫処分が行われているOriolus NT-1を購入して手持ちのDAPと組み合わせてみましたのでご紹介します。
偶然メルカリで発見して面白そうなので購入。調べてみると絶賛在庫処分中ということでよっぽど安くない限りは新品を購入した方がいいかも知れません。





ポータブルアンプ NT-1




やっと到着したので手持ちのDAPと繋いで音を聴いていきます。FiiO M15、Cayin N6Ⅱ/E01、FiiO M11 PRO SSの順で聴いていきます。





これはM15購入当時から思っていたことなのですがM15はFiiOが物量投入して開発したフラッグシップ機であるため中途半端にポタアンと組み合わせてもバランスが悪くなるだけと思っていました。なのでこの組み合わせもスッキリとした=M15の良さが損なわれたとも言える訳で必ずしも向上したと言えるか微妙と思います。わざわざ組み合わせるまでも無いかなと。





コチラは設定にもLineOutが無かったので実験的にそのまま接続しております。音自体はプラスした効果がはっきりと体感できます。通常のまま聴くよりも好ましいと感じました。マザーボード別にも機会があれば試してみたいところです。





これは今までで一番合う組み合わせでした。何よりもNuTubeの温かみも感じられるので機械的にならずに音を楽しめます。今回ミニミニケーブルにはFiiO L16を使用しましたが、アナログ接続の場合にはケーブルによる変化は大きいものがあると思いますのでさらにステップアップしてBrise Audio MASAMUNEを購入しましたので届き次第また比較してみたいと思います。


Oriolus NT-1