ラベル Questyle の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Questyle の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月20日火曜日

Shanling UA2 と Questyle M12を聴き比べてみた






 

今日は音質が高いと感じていたQuestyle M12とさらに音質が高いと感じていたShanling UA2を聴き比べてみたいと思います。

以前の感想を振り返っておきます。


Shanling UA2 と Lotoo PAW-S1 を聴き比べてみた

今回はUA2が2.5バランス、S1が4.4バランスとケーブル変更による音質差をなくすため、3.5アンバランスで聴き比べをしました。

早速聴き比べてみるとUA2の明瞭さが抜きん出ています。解像度が高くメリハリがあります。UA2を聴いた後のS1は少しくぐもってるように感じてしまいます。音の広がりも僅かにUA2の方が広く感じます。そしてここが一番驚いたのですがUA2の低域の厚みです。ここはS1が有利かと思っていましたが、ほぼ同等かそれ以上の力強さを感じました。

総合的にUA2は透明感ある中高域と力強い低域のバランスも良く、何よりもスピード感とキレがあるのでよりスッキリと聴くことができる素晴らしい音だと思いました。


 

スマホをDAPに変えてしまう?Questyle M12

実際の音ですが、かなりパワフルに感じます。このM12が初めてのQuestyleなのでこれが「カレントモードアンプテクノロジー」 の恩恵なのかわかりませんが、このコンパクトな筐体から出ている音とは信じ難いくらいのパワーがあります。それでいてノイズも全く感じないレベルのクリアでクリーンな音が楽しめます。

解像度も高く、音の輪郭もシャープで音像がビシッとした音が特徴。低域のパワフルさもあり、音全体に高級感があるのでまさにスマホが高級DAPに変わったかのように感じます。これだけ質の高い音をこの小さいスティック型USBDACアンプで出してしまう技術力にただただ驚きました。


今回もUA2には2.5mmバランス出力も備えますが備えますが、M12が3.5mmアンバランス出力のみなのでそちらで統一しました。出力はiPhone12 Proから行い、FAudio Majorで視聴を行いました。

これはUA2の圧勝です。音の解像度の高さと立体感が完全にワンランク上です。M12で聴くよりもさらに音の包まれ感が高まり、より細かい音まで聴こえてきます。ここまで差がハッキリわかると思っていませんでしたが、おかげでUA2のヤバさがよくわかりました。

もちろんM12は以前感じたようにクリアさとパワフルさが同時に味わえる素晴らしい音なのは間違いありませんが、UA2が良すぎたようです。チップの差もあるとは思いますが、最近のShanlingの音作りがESSのDACに合い過ぎているように思ってしまいます。Shanling M6が旭化成からver21でESSに変えてガラッと変わったことと同じではないかと個人的に思っています。

とは言え、アプリ上でゲイン切り替えやフィルターの変更ができる「Eddict Player」アプリがiOSに未対応であるため、iPhoneで使用する際には不便であること。M12はゲイン自動調整で繋ぐヘッドホン・イヤホンによって切り替えてくれるのは便利です。さらにMQAに対応しているのでTidalユーザーにはM12を選択する理由にもなります。

UA2はバランス接続にも対応しているので音質重視派はやはりこちらになると思いますが、、、


SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]


日本では品不足の場合が多いようなのでこちらもご利用ください。

HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。


SHANLING UA2 ES9038Q2M Portable USB DAC Headphone AMP



Questyle M12 Mobile HiFi Headphone Amplifier + DAC

2021年7月14日水曜日

スマホをDAPに変えてしまう?Questyle M12


 



前から気になっていたのでポイント投入で思い切って買ってみたのが、こちらのQuestyle M12になります。USBDACヘッドホンアンプですが、これがかなり良いのでご紹介します。


M12

素材:CNC機械加工アルミニウム
カラー:ブラック/シルバー
サイズ:51 [L] X 16.5 [W] X 8.1 [D](mm)

必要なオペレーティングシステム:
Androidフォンとパッド:Android 5.0以降
PC:Win10 1803
以降Apple携帯電話:iOS(Lightning to Type-C用のOTGケーブルを購入する必要があります。)
Appleコンピューター:Mac OS

M12のDAC機能:
PCM:32kHz – 384kHz(16/24 / 32Bit)
DSD:DSD64(1Bit 2.8MHz)、DSD128(1Bit 5.6MHz)、DSD256(1Bit 11.2MHz)

出力電力:
内蔵のスマート検出回路は
、ヘッドフォンのさまざまなインピーダンスに合うように出力電力を自動的に自己調整します
RL =16Ω、Po = 46.11mW;
RL =32Ω、Po = 26.71mW;
RL =300Ω、Po = 12.26mW;
検出されたインピーダンスが70Ω未満の場合、M12は低ゲイン出力に自己調整します。
70Ωを超えると、M12は高ゲイン出力に自己調整します。
600Ωを超えると、M12は自動的に2Vrmsライン出力に切り替わります。

周波数応答:±0.1dB(20Hz-20kHz)
THD + N:0.0003%
DAC:ESSフラッグシップUSBDACチップES9281AC


今回のこの小さなスティック型USBDACアンプにも同社独自の“Current Mode Amplification”を採用しています。


ABOUT|Questyle (クエスタイル) Japan公式サイト

Questyle社の創業者であるJason WangはHiFiヘッドホンに魅了され、なかでもSENNHEISER社HD800に夢中になりました。

「理想的なアンプ」それは多くのハイエンド製品に採用されている「純A級アンプ」が望ましい、とQuestyleは考えます。しかし、純A級アンプは消費電力が大きく発熱量も大きいため、デスクトップやポータブルという小さなスペースでの搭載は不可能とされてきました。

そのため、特にポータブル製品では、ICチップを使用した簡易的なアンプが使用され、アンプ部に注力した製品はありませんでした。

Jason Wangは、これらの問題を解決する「カレントモードアンプテクノロジー」を開発しました。これは、従来の電圧による増幅ではなく、電流(カレント)による独自の増幅システムです。

この技術は、圧倒的な低歪で増幅できる理想的なアンプ設計です。さらに消費電力が少なく、発熱量も少ないため、ポータブル機への搭載を実現することができました。

国際特許として認められ(特許番号: PCT/CN2014/075775)、Questyleの全てのアンプ搭載製品に使用されています。これまでハイエンドシステムでしか味わえなかった、広がりのある純A級サウンドが、手軽にポータブルでもお楽しみいただけます。

その他にもインピーダンス自動調整やES9281AC採用による優れたパフォーマンスやMQAに対応するなど見どころがたくさんあります。


 



もちろんこれも問題あありませんでした。



次にXperia5と繋いでUAPPでMQA再生しましたがしっかり紫色にLEDが変わっています。しかし、最大までアップサンプリングをするとおかしなことが、、、



こちらはMacBookAir(M1)に接続した時ですが、705.6kHz/32bitが選択できました。さらにRoonで最大までアップサンプリングすると



やはり705.6kHz/32bitで再生されました。メーカー公表は384kHz/32bitなんですけどね。

一通りテストしてみましたが、接続のクセはほとんどなさそうなの安心して使えます。

実際の音ですが、かなりパワフルに感じます。このM12が初めてのQuestyleなのでこれが「カレントモードアンプテクノロジー」 の恩恵なのかわかりませんが、このコンパクトな筐体から出ている音とは信じ難いくらいのパワーがあります。それでいてノイズも全く感じないレベルのクリアでクリーンな音が楽しめます。

解像度も高く、音の輪郭もシャープで音像がビシッとした音が特徴。低域のパワフルさもあり、音全体に高級感があるのでまさにスマホが高級DAPに変わったかのように感じます。これだけ質の高い音をこの小さいスティック型USBDACアンプで出してしまう技術力にただただ驚きました。

先程の公式サイトの冒頭の言葉に妙に納得してしまいました。


M12 - モバイルHi-Fiの旅を始めよう

5G時代のモバイルロスレス音楽を迎えるために、Questyleは2021年に、DAC付きモバイルHi-Fiヘッドフォンアンプ「M12」を発売しました。

M12は、Questyleのコア技術を統合し、モバイルHi-Fi機能の遺伝子を継承しています。M12は、すべての携帯電話ユーザーが、携帯電話に組み込まれたオーディオ回路の技術、コスト、サイズの限界を打破し、いつでもどこでも気軽にストリーミングによるロスレス音楽を楽しむことを可能にします。

さあ、M12があなたをモバイルHi-Fiの旅にお連れしましょう。


まさにこれからのハイレゾストリーミング時代を見据えたQuestyleの一つの回答のような気がしました。

 

Questyle M12 Mobile HiFi Headphone Amplifier + DAC


上記HiFiGoのサイトで$139.99(15,446円送料込)で販売中です。

HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。

残念ながらQuestyleは現在日本では代理店が無い状態なので日本正式販売はないかも知れません。


代理店業務終了のお知らせ