ラベル SHANLING の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル SHANLING の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月20日火曜日

Shanling UA2 と Questyle M12を聴き比べてみた






 

今日は音質が高いと感じていたQuestyle M12とさらに音質が高いと感じていたShanling UA2を聴き比べてみたいと思います。

以前の感想を振り返っておきます。


Shanling UA2 と Lotoo PAW-S1 を聴き比べてみた

今回はUA2が2.5バランス、S1が4.4バランスとケーブル変更による音質差をなくすため、3.5アンバランスで聴き比べをしました。

早速聴き比べてみるとUA2の明瞭さが抜きん出ています。解像度が高くメリハリがあります。UA2を聴いた後のS1は少しくぐもってるように感じてしまいます。音の広がりも僅かにUA2の方が広く感じます。そしてここが一番驚いたのですがUA2の低域の厚みです。ここはS1が有利かと思っていましたが、ほぼ同等かそれ以上の力強さを感じました。

総合的にUA2は透明感ある中高域と力強い低域のバランスも良く、何よりもスピード感とキレがあるのでよりスッキリと聴くことができる素晴らしい音だと思いました。


 

スマホをDAPに変えてしまう?Questyle M12

実際の音ですが、かなりパワフルに感じます。このM12が初めてのQuestyleなのでこれが「カレントモードアンプテクノロジー」 の恩恵なのかわかりませんが、このコンパクトな筐体から出ている音とは信じ難いくらいのパワーがあります。それでいてノイズも全く感じないレベルのクリアでクリーンな音が楽しめます。

解像度も高く、音の輪郭もシャープで音像がビシッとした音が特徴。低域のパワフルさもあり、音全体に高級感があるのでまさにスマホが高級DAPに変わったかのように感じます。これだけ質の高い音をこの小さいスティック型USBDACアンプで出してしまう技術力にただただ驚きました。


今回もUA2には2.5mmバランス出力も備えますが備えますが、M12が3.5mmアンバランス出力のみなのでそちらで統一しました。出力はiPhone12 Proから行い、FAudio Majorで視聴を行いました。

これはUA2の圧勝です。音の解像度の高さと立体感が完全にワンランク上です。M12で聴くよりもさらに音の包まれ感が高まり、より細かい音まで聴こえてきます。ここまで差がハッキリわかると思っていませんでしたが、おかげでUA2のヤバさがよくわかりました。

もちろんM12は以前感じたようにクリアさとパワフルさが同時に味わえる素晴らしい音なのは間違いありませんが、UA2が良すぎたようです。チップの差もあるとは思いますが、最近のShanlingの音作りがESSのDACに合い過ぎているように思ってしまいます。Shanling M6が旭化成からver21でESSに変えてガラッと変わったことと同じではないかと個人的に思っています。

とは言え、アプリ上でゲイン切り替えやフィルターの変更ができる「Eddict Player」アプリがiOSに未対応であるため、iPhoneで使用する際には不便であること。M12はゲイン自動調整で繋ぐヘッドホン・イヤホンによって切り替えてくれるのは便利です。さらにMQAに対応しているのでTidalユーザーにはM12を選択する理由にもなります。

UA2はバランス接続にも対応しているので音質重視派はやはりこちらになると思いますが、、、


SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]


日本では品不足の場合が多いようなのでこちらもご利用ください。

HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。


SHANLING UA2 ES9038Q2M Portable USB DAC Headphone AMP



Questyle M12 Mobile HiFi Headphone Amplifier + DAC

2021年7月2日金曜日

FWアプデで本来の力を発揮する!Shanling UP5

 



前回のShanling UP5の報告については正直音がひどすぎたので、まだお伝えするべきか迷いましたが、現状は報告すべきと思いました。


Shanling UP5 開封と使用した感想


そして待っていたアップデートが来ました。




まずは本国のサイト経由でしたが、英語サイトもアップされました。


 


ShanlingUP5ファームウェアV1.5.6ノート 

 

1. 電源オフ時にUP5を充電するときの充電表示を追加しました。

2.  USB入力を使用しながら、パフォーマンスの向上。

3.  USBへのBluetoothから切り替え時の体積変化を引き起こして問題を修正しました。

4. 出力がミュートされる問題を修正しました。

5. バッテリー残量が少なすぎる場合の充電の問題を修正しました。

6. バッテリー低下の警告を調整しました。

7.  XMOSアップデート(OTAでは利用できません)

8. その他の修正。


更新方法:

Xmosの更新はOTAの更新では実行できないため、この更新では、Windowsコンピューターを使用して手動で更新することをお勧めします。

ハウツーガイドはダウンロードに含まれています。


Googleドライブからダウンロード


このアップデートでかなり改善されました。音が出ない問題も解消しましたし、音量がおかしい問題、何より音質そのものがおかしいとも思っていましたが見事に素晴らしく変化しました。


 



これもちゃんとしたテンポで再生出来ないことがありましたが、ちゃんと再生できるようになりました。ただ、相性の問題か接続できない時など一部まだあるような気がします。

バッテリーも充電に問題を抱えていましたが、きっちり充電できるようになり今後満充電からの保ちもテスト出来たらと思います。


 



最後にM3XのBTレシーバーモード(LDAC)と聴き比べてみましたが、全く遜色ありません。音の広がりや低域の出方なども無線で出力していることを忘れるほど、気持ちよく出ます。

BT接続の品質自体はUP5の方がバージョンも最新で上と思いますので、BT優先で利用するならUP5をオススメします。正直以前聴いたUP4はそこまで印象が良くなかったのですが、UP5は明らかにSONY WF-1000XM4などよりも高音質にワイヤレスで聴けるので、スマホ+UP5の組み合わせは鉄板ですね。特にApple Musicのロスレスを聴くのに一番手軽かつ高音質で聴ける組み合わせがこれかも知れません。




Shanling Controllerアプリを使うと視覚的に設定が確認できて便利です。上記のアップデートもこのアプリ上で行うことができます。

Shanling UP5の購入は下記サイトからどうぞ!

Shanling UP5 Portable Bluetooth USB MQA DAC/AMP


HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。

2021年6月24日木曜日

Shanling UP5 開封と使用した感想

 





まだ日本発売の予定もわかりませんが、届きましたので早速開封して使用してみました。

メインはUSBDACとして使用を考えていますが、安定ファーム待ちかもしれません。なかなか安定して使えない状況です。動画でご確認ください。


 



Shanling UP5 Portable Bluetooth USB MQA DAC/AMP

特徴:- 

>高度なQualcommQCC5120Bluetoothチップ。 

>プレミアムES9219CデュアルDACチップセット。 

> XMOSUSBシグナルレシーバー。 

> MQAサポート。 

> 3つのヘッドフォン出力ポート:2.5mm + 3.5mm + 4.4mm。 

> OLEDディスプレイ。 

>カーモード。 

技術的パラメータ:- 

> DACチップ:2x ESS SabreES9219C。 

>出力ポート:3.5mmシングルエンド、2.5mm&4.4mmバランス。 

> Bluetoothチップ:QualcommQCC5120。 

> Bluetoothバージョン:5.0。 

>サポートされているBluetoothコーデック:LDAC、LHDC、aptX HD、aptX LL、aptX、AAC、SBC。 

>出力電力:最大90mW(32Ω、シングルDAC、3.5mm)、最大112mW(32Ω、デュアルDAC、3.5mm)、最大240mW(32Ω、デュアルDAC、2.5mm / 4.4mm)。 

>バッテリーサイズ:680mAh。 

>バッテリー寿命:最大15時間(シングルエンド、シングルDAC)、最大11時間(バランス)。 

>寸法:68mm x 39mm x14.5mm。 

>重量:50グラム。

Shanlingは最新のBluetoothおよびUSBポータブルDAC / AMPを発表しました。待望のUP5がここにあります。これは、高度なQualcomm QCC5120Bluetoothチップと2つのES9219CESS SabreDACチップで構成されるHiFiデュアルDACチップセットを搭載した大成功を収めたポータブルDAC / AMPシリーズの主力製品です。


 

ポタアンチョイ足しで激変Shanling UP4

2021年6月4日金曜日

Shanling UA2 と Lotoo PAW-S1 を聴き比べてみた


 


今回はコスパも音もいいShanling UA2と個人的に音が良いと気に入っているLotoo PAW-S1を聴き比べてみたいと思います。

まずは以前の感想から


Shanling UA2 コスパも音もいい

音はめちゃくちゃいいです。最初解像度も高く高域がシャリつく感じがありましたが、落ち着いてきました。その上低域の大迫力が、、、かなりゴリゴリきます。

パワー感もかなりあるので2〜3万程度のDAPに肉薄しています。これ音だけならLotoo PAW-S1やLUXURY&PRECISION W2と同等レベルではないかと思います。この音が小さいスティックタイプのUSBDACから出てるのは驚きですね。


そうなんですよね。この時点で同等レベルではと思っていたので実際に聴き比べてみたくなってしまいました。

 

Lotoo PAW-S1 と LUXURY&PRECISION W2 を聴き比べてみた

聴き比べをすると真っ先に気がつくのがS1のローの強さです。低域が厚く力強い落ち着いた締まった音という印象です。対してW2は解像感がありパキッとしたシャープさに特徴があります。もちろん低域も十分な厚みがありますがS1と比べるとやや軽い印象となります。
パッと聴いた時はやや派手目に感じる音のW2がスマホと合わせるにもちょうど良いのではないかと感じていましたが、こうやって聴き比べてみるとS1のより深みのある音がスマホで聴いているという感覚を完全に忘れさせ、ひたすら気持ちよく音楽に没入できる体験を提供してくれると感じました。


PAW-S1はシャープさもありながら低域の厚みと迫力がとてもドングルタイプのUSBDACとは思えない音を出してくれるので気に入っています。(金額は既にエントリーDAP並ですが)

今回はUA2が2.5バランス、S1が4.4バランスとケーブル変更による音質差をなくすため、3.5アンバランスで聴き比べをしました。

早速聴き比べてみるとUA2の明瞭さが抜きん出ています。解像度が高くメリハリがあります。UA2を聴いた後のS1は少しくぐもってるように感じてしまいます。音の広がりも僅かにUA2の方が広く感じます。そしてここが一番驚いたのですがUA2の低域の厚みです。ここはS1が有利かと思っていましたが、ほぼ同等かそれ以上の力強さを感じました。

総合的にUA2は透明感ある中高域と力強い低域のバランスも良く、何よりもスピード感とキレがあるのでよりスッキリと聴くことができる素晴らしい音だと思いました。

UA2はS1に対して液晶表示がない、ハードウエアボリュームがない、バランス出力が2.5mmであることなど、その価格差に見合うほど使い勝手は劣ると思います。しかし、音だけを見ればUA2はほぼ同等か少し上回るほどの実力があると個人的には感じました。

以上をふまえるとUA2は現状価格と音質のコストパフォーマンスに最も優れたUSBDACの一つではないかと思います。


SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]



Beat Audio Emerald MKII Digital Adapter Cable USB Type-C to USB Type-C

LOTOO DSD128/PCM384対応スティック型USB-DACアンプ PAWS1

2021年6月1日火曜日

これってPro要る?SHANLING M6(Ver.21)




 


旭化成の火災などの影響によりDACチップの変更を余儀なくされているDAP製品が多い中、SHANLINGもVer.21として入れ替えを行なっています。それが今回のSHANLING M6(Ver.21)になります。M6Pro(Ver.21)も発売予定。

M6




SHANLING M6(Ver.21)

大きな違いはDACチップを旭化成のAK4495SEQ×2からESS社のES9038Q2M x2へと変更されたことですが、もちろんその特性に合わせてアンプも変更されており出力値もさることながら音の傾向も大幅に変わった印象です。



以前M6発売時(2019年12月6日)にも購入して何回かに分けてブログを書いております。当時はYoutubeを始めたばかりで開封〜設定編を投稿しております。




今回も一応GooglePlayインストールまで撮っておりますのでよろしければ参考に。


SHANLING M6純正レザーケースのご紹介と音について

今回久しぶりにM6を触りましたが外観は変わっていないので新製品としての感動はありません。いつものように淡々とAPKPureからGooglePlayStoreを検索してインストールする。そこから好きなアプリをインストールするそれだけで準備完了です。ストリーミング派の私は、手持ちが少ないのでSDカードを挿すか、ストリーミングアプリで作成済みのプレイリストを再生するだけです。

今回音を聴いて驚きました。進化の度合いがヤバくないか?ということ。SHANLINGのラインナップとしてはM3XがエントリーDAPとして非常に良く出来ているだけにM6の立場がないのではないかと心配していました。
実際聴いて感じたのは、既に入門機の域を超えているということです。ES9038Q2Mは採用したDAPも数多く、その中には私のお気に入りであるCayin E02もあります。そのイメージとして解像度が高く繊細。高域が透明感がありとてもシャープでスピード感のある音。ロックやメタルに合うという印象です。
今回のM6(Ver.21)は高域はそれほどキラキラした感じはないものの、中低域にフォーカスが当てられている印象で、アコースティックもイケる、かなり大人な味付けに感じます。ややウォーム寄りとも言えるのかも知れませんが、モヤっとした感じはなくスッキリとしており、かなり好みの音に仕上がっております。
これならProは要るのかと思ってしまいますが、しっかりM6Pro(Ver.21)も発売が予定されているので、どんな味付けがされているのか逆に楽しみになってしまいました。
多くの方はM6(Ver.21)で十分満足できると思います。

SHANLING デジタルオーディオプレーヤー M6 ver.21 M6(21) [32GB]

SHANLING M6 M6 21(2021)用のソフトTPU保護シェルスキンケースカバー(クリアブラック)

ミヤビックス Shanling M3X 用 日本製 指紋が目立たない 反射防止液晶・背面フィルム OverLay Plus OLSHANLINGM3X/S/12

2021年5月30日日曜日

Shanling UA2 コスパも音もいい

 



最近ドングル型のUSBDACのラインナップがますます充実しています。その中でも手頃な価格とハイスペックな Shanling UA2をご紹介します。


SHANLING UA2

製品仕様


本体サイズ:54 x 18 x 9mm

重量:約 12.6g

 

高品質DACを核としたハードウェア設計

UA2に搭載されているDACチップ「ES9038Q2M」は、対応する形式の豊富さからハイグレードな音響機器に採用されることが多く、このチップを採用することでUA2はミニマムな外観ながら、最大で121dBのS/N比や高解像度・低歪みな音を実現しています。

768kHz/32bit|DSD512 対応


 

Shanling (シャンリン) UA2 ポータブル Type-C/Lightning USB-DAC アンプ 2.5mm・3.5mm対応 iPhone/Android対応 [ハイレゾ対応/ES9038Q2M/64段階ボリューム調整/3.5mm/2.5mm/AndroidApp/ストリーミング]【国内正規品】


Amazonにて12,760円で販売中ですが、数量限定ながらLightningケーブルがついてくるキャンペーンも実施されております。




私もケーブル付きで購入しました。

 



A105は単独では3.5mmアンバランス出力しか持っていないのでバランスで聴きたい場合はUSBDACが必要です。UAPPで「最大までアップサンプリング 」をONにするとちゃんと768kHzになります。




MacBookAirと接続するとしっかり認識されます。



Roonでも最大までアップサンプリングで768kHz/32bitで再生できました。特に接続で面倒なこともなく最も簡単に出音します。

音はめちゃくちゃいいです。最初解像度も高く高域がシャリつく感じがありましたが、落ち着いてきました。その上低域の大迫力が、、、かなりゴリゴリきます。

パワー感もかなりあるので2〜3万程度のDAPに肉薄しています。これ音だけならLotoo PAW-S1やLUXURY&PRECISION W2と同等レベルではないかと思います。この音が小さいスティックタイプのUSBDACから出てるのは驚きですね。

価格も手頃なので1台持っておいて損はしないUSBDACですね。

しかし、音が良かっただけに惜しいところもたくさんあります。

Shanlingが提供する「Eddict Player」アプリをインストールすれば細かなボリュームやゲイン切り替えができますが、そもそもAndroidだけな上にあくまでも音楽プレイヤーアプリなのでストリーミング主体で聴く場合にあまり意味がありません。この機能だけ独立させたアプリがあったらいいのかもしれません。

そもそも本体で音量調節できるようにして欲しい。もちろん価格を抑えるためだとは思いますがPAW-S1やW2のように液晶表示も欲しい。バランス出力が2.5mmなのも時代的に厳しいです。ほとんど4.4で統一されつつある時期なのに。

この辺が改善されて2.5万以下ぐらいでこの音ならばもっと人気が出るような気がします。

もったいない。



iFi-Audio USBユニバーサルインターフェース iSilencer+CC

Beat Audio Emerald MKII Digital Adapter Cable Lighting to USB Type-C

Beat Audio Emerald MKII Digital Adapter Cable USB Type-C to USB Type-C

2021年4月27日火曜日

UAPPがMQA16xに正式対応したみたいだけど、、、

 



ついにUAPPでもMQA16xに正式に対応したらしく、もともとハードが対応しているHIBY R8やSHANLING M3Xなどでも再生確認が取れました。とここまでは良かったのですが、アレっ何かおかしいぞと思ったので確認してみました。

今までは


初めてのDAPチュートリアル2(SHANLING M3X編)

最大までアップサンプリングをオンにします。

この状態でTidalアカウントを連携させて曲を再生するとDACの許容する最大までアップサンプリングしてくれるはずなんですが、現状ではM3Xは192KHz/32bitまでしかなりません。


ということで全てのサンプリング周波数をアップサンプリングしてくれていたのですが、今回から出来なくなってしまいました。今までのように「最大までアップサンプリング」を指定しても固まってしまいます。



 
写真のようにDirect 1536kHzと16xどころではなくなってしまって結果再生できません。

これはMQAを再生するための基準でないと再生自体が難しいことを表します。






最大までアップサンプリング:OFF

ビットパーフェクトモード:ON

これでやっと再生ができます。





これはTidalでMASTERクオリティファイルを再生した場合です。これ以外のHiFiクオリティファイルはそのファイルの周波数のまま再生されます。





ということで現状はMQAファイル以外はアップサンプリングされなくなってしまったので、ストリーミング以外の手持ちファイルでどうしてもアップサンプリングさせたい方はUAPP以外のアプリを使うか、アプデ前のAPKを探して使うしかの2択になるのかもしれません。


Shanling (シャンリン) M3X Android搭載 Lossless オーディオプレーヤー Dual DAC搭載 [ハイレゾ対応/Android7.1/Snapdragon430/ES9219 Dual/3.5mm/4.4mm/ストリーミング]【国内正規品】 (ブラック)

BestforYou SHANLING M3Xケース、SHANLING M3X用のソフトTPU保護シェルスキンケースカバー (クリアブラック)

ミヤビックス Shanling M3X 用 日本製 指紋が目立たない 反射防止液晶・背面フィルム OverLay Plus OLSHANLINGM3X/S/12

2021年4月10日土曜日

SHANLING M3X ソフトTPUケース

 



ついに国内発売が開始されたSHANLING M3X用のソフトTPUケースのご紹介です。純正ケースと比較しました。


BestforYou SHANLING M3Xケース、SHANLING M3X用のソフトTPU保護シェルスキンケースカバー (クリアブラック)


この商品について

  • SHANLING M3X用TPUシェルスキンケースカバーカラー
  • 材料:環境に優しいTPU、異臭がなく、長く使ったら黄色にならない。
  • ケースを外さなくても簡単にボタンにアクセスできます。ボタンを360度全方向に押してデバイスを保護します。


純正ケースと比較すると

純正ケースはやたらと本体が露出している部分が多く傷がつきやすいがTPUケースはボリュームダイヤル、イヤホンジャック(3.5 4.4)、USB部分の4箇所の必要最低限になっており、保護性能は高い。

純正ケースは放熱性を高めるために背面がフィンになっているためデザイン性も高くカッコイイが、そもそもM3Xの本体が熱をほとんど持たないため必要なし。

純正ケースは上部ジャック側がまるまる開いており、剛性を補うため上部液晶側は太めにつくらえている。そのため上からスワイプがしにくく、非常に使いづらい。TPUケースは液晶画面丸々開いているデザインのため何の支障もなくスワイプできる。





スワイプの問題はM3Xに限ったことではなく、スマホと同じくほぼ前面が液晶画面になってきたDAPではケース作りの考え方を変える必要があると思います。オーディオ機器として純正ケースは見た目も重要な要素であったかも知れないが、現在のDAPには使い勝手を優先するべきだと思います。



Shanling (シャンリン) M3X Android搭載 Lossless オーディオプレーヤー Dual DAC搭載 [ハイレゾ対応/Android7.1/Snapdragon430/ES9219 Dual/3.5mm/4.4mm/ストリーミング]【国内正規品】 (ブラック)

ミヤビックス Shanling M3X 用 日本製 指紋が目立たない 反射防止液晶・背面フィルム OverLay Plus OLSHANLINGM3X/S/12


iBasso DX300 のケースは今のところこれ一択!

2021年4月8日木曜日

SHANLING M3X 発売記念まとめ

 


いよいよ明日、4月9日(金)にSHANLING M3Xが発売を記念してM3X関連の記事をまとめておきたいと思います。購入済の方は予習としてお読みください。

検討中の方は読んでいただいて2次入荷に申し込むか悩んでください。


SHANLING M3X 開封



SHANLING M3Xを2日間使ってわかったこと



SHANLING M3XとFiiO M15を聴き比べてみた



SHANLING M3Xは買いか?



ここまでは購入済及び購入検討中の方向けです。

ここからは購入済の方向けに使い方及びご提案をしています。



初めてのDAPチュートリアル(SHANLING M3X編)



初めてのDAPチュートリアル2(SHANLING M3X編)




Shanling (シャンリン) M3X Android搭載 Lossless オーディオプレーヤー Dual DAC搭載 [ハイレゾ対応/Android7.1/Snapdragon430/ES9219 Dual/3.5mm/4.4mm/ストリーミング]【国内正規品】 (ブラック)

Shanling (シャンリン) M3X 専用レザーケース[ステンレスガード/耐衝撃/耐腐食]【国内正規品】… (ブラック)

ミヤビックス Shanling M3X 用 日本製 指紋が目立たない 反射防止液晶・背面フィルム OverLay Plus OLSHANLINGM3X/S/12

BestforYou SHANLING M3Xケース、SHANLING M3X用のソフトTPU保護シェルスキンケースカバー (クリアブラック)