ラベル SONY の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル SONY の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年7月9日金曜日

NOBLE Falcon2 と SONY WF -1000XM4 を聴き比べてみた

 




今回はTWSにおいてハイレゾ相当の伝送を行うことができるFalcon2(aptX Adaptive)と1000XM4(LDAC)でどちらが音質がいいのか聴き比べてみました。


Apple Musicのロスレスを完全ワイヤレスで楽しむ

音に広がりと奥行きを感じます。音にメリハリがあり、無線で聴いていることを忘れてしまうぐらい音楽への没入感が高まります。ケーブルの煩わしさがなくここまでの音質で聴ければ外では十分と言えると思います。実際まだまだハイレゾと言われる96kHz〜192kHzの曲の配信はまだまだ少ないのでスペック的にも十分です。



 


音質も大満足!SONY WF -1000XM4

Xperia5との接続は同じメーカーだけに快適そのもですが、音は断然DX300です。上のようにイヤーピースをFaudio FA Instrumentに変更したこともありますが、明らかに音の輪郭がシャキッとしてキレもあり、全くの別物です。

これであれば有線イヤホンでなくても不満はほとんどありません。逆に線のない快適さが上回ります。それでいて音質もかなり本格的で何よりもノイキャンのおかげか音楽への没入感もかなりあるので不満が少ないのかもしれません。装着感も前モデルよりかなり改善されていて快適です。



 

今回はaptX AdaptiveとLDACで比べたかったので両イヤホンともXperia5に接続しています。

実際に聴き比べるとFalcon2の圧勝です。音場の広さと透明感のある高域。まさに空気感まで伝わってくる様です。低域はそこまで出ていませんがその分全体的にクリアさが際立っています。

それに対して1000XM4はクリアネスが不足しています。どちらかと言えばこもっている様にさえ感じます。低域はかなり出ているので余計にそう感じてしまいます。せっかくのハイレゾらしいレンジの広さがあまり感じられません。

確かにDX300と接続すれば多少改善して聴こえるのですが、Falcon2のaptX Adaptiveを聴いたあとでは焼け石に水といった感じです。ちなみに、Falcon2をDX300に接続するとaptX接続となるため、先程までの音の広がりや、透明感は薄れます。Falcon2はaptX Adaptive接続で本来の能力を発揮するようにチューニングされているかも知れません。それぐらい違いがハッキリとわかります。

1000XM4はノイキャン性能も高く総合的な評価は高いTWSであるのは間違いありませんが、LDAC接続をそこまで音質に活かしきれているとは言えないと思います。この辺が今後の課題なのではないでしょうか?


ノーブルオーディオ 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン(ブラック)Noble Audio FALCON2 NOB-FALCON2-B

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM

ソニー Xperia5 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 855 /ストレージ128GB / ブラック / J9260JP B

2021年6月25日金曜日

音質も大満足!SONY WF -1000XM4

 



本日発売されたSONY WF -1000XM4ですが、一部品薄が報道されているものの無事発売日に届きました。早速聴いてみた感想をお話ししたいと思います。





事前の情報通りのエコを意識した簡素なパッケージです。開封は動画でご覧ください。




1000XM4の蓋を開けるとXperia5に上記のポップアップが出てすぐにペアリングできます。Gmailアドレスに関連づけられるようです。

SONY Headphone Connectアプリで設定をします。360RAを使用するために耳の写真を撮ることになるのでこれはスマホで設定するしかありません。このデータはクラウド上に保存できるので一度登録しておけば他の端末でもデータを利用できて便利です。これはWH -1000XM4でも同様です。

 




 街中で試しましたが、流石のノイキャン性能です。余計な音がほとんど入らないので音楽に集中できます。音楽の音量もあまり大きくしなくても十分楽しめます。

しかし、部屋で音楽に集中して聴いてみるとやはり物足りない気がしました。キレも足りずパッとしません。LDAC接続ということで期待しすぎたのかなと思いましたが、そういうわけでもなさそうです。





Xperia5との接続は同じメーカーだけに快適そのもですが、音は断然DX300です。上のようにイヤーピースをFaudio FA Instrumentに変更したこともありますが、明らかに音の輪郭がシャキッとしてキレもあり、全くの別物です。

これであれば有線イヤホンでなくても不満はほとんどありません。逆に線のない快適さが上回ります。それでいて音質もかなり本格的で何よりもノイキャンのおかげか音楽への没入感もかなりあるので不満が少ないのかもしれません。装着感も前モデルよりかなり改善されていて快適です。

設定した時に360RAのデモを聴いて音の包まれ感が感じられ、これは音質重視というより、サラウンド重視のセッティングのイヤホンなのではないかと疑っていましたが、しっかり送り出しの環境を整えれば音質も大満足なイヤホンであることがわかりました。

高精度ノイキャンとLDACへの対応で本来の音質が大幅に強化されたこれからの基準になるTWSの誕生を歓迎したいと思います。


ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM

Faudio FA Instrument イヤーチップ Lサイズ 3ペア FA-2415

2021年6月19日土曜日

Apple Musicのロスレスを完全ワイヤレスで楽しむ

 


Apple Musicのロスレス配信はiPhone+AirPodsなどのワイヤレスの組み合わせでは対応していないことは既にAppleが認めています。


Apple Music のロスレスオーディオについて

  • AirPods、AirPods Pro、AirPods Max、Beats ワイヤレスヘッドフォンは、優れたオーディオ品質を保証するため、Apple AAC Bluetooth コーデックを使っています。ところが、Bluetooth 接続はロスレスではありません。


ではAndroidスマホではどうでしょうか。AndroidのApple Musicアプリでも現在ベータ版にてロスレス配信に対応していることがわかっています。

 

AndroidDAPでApple Musicのハイレゾロスレスを一足先に体験


こちらではDAP(デジタルオーディオプレーヤー)にインストールして有線でロスレス・ハイレゾロスレス配信を確認しています。
無線で楽しむにはハイレゾ相当の無線コーデックに対応していることが前提になります。
現状一般的なのはLDAC(24bit/96kHz)ですが、ヘッドホンは対応機種が多くありますが、TWS(完全ワイヤレスイヤホン)では6月25日に発売予定のSONY WF -1000XM4しか現在のところありません。


祝WF-1000XM4発売!TWS初LDACの気になるところ


しかし、ハイレゾに限りなく近いAppleのいうロスレス(24bit/48kHz)までならaptX Adaptiveというコーデックは最近TWSで採用例が多いです。


価格.com - aptX AdaptiveのBluetoothイヤホン 人気売れ筋ランキング


このようにTWSの採用例は多いものの、再生するDAPやスマホでの採用はまだまだ少ないです。


【調査】aptX Adaptive 対応のスマートフォンを調べてみた


こちらにあるようにSONY、SHARP、ASUSなどの一部のメーカー及び製品になります。Androidスマホの主要SoCであるSnapDragonを製造するQualcomm社の規格なのでもっと広がっても良さそうですが、結構限られますね。


   最強すぎるAV性能! 「Xperia 1 III」が欲しくなるポイントを実機で解説 (3)    

LDACとaptX Adaptiveで96kHz/24bit対応に

Bluetoothオーディオは、96kHz/24bitのハイレゾ再生に相当する高品位なサウンドを実現するソニー独自のコーデック「LDAC」に対応したほか、クアルコムのSnapdragon 888チップに搭載されているaptX Adaptiveを採用。Xperia 1 IIIの発売時点では最大48kHz/24bitまでの対応ですが、SoC側がaptX Adaptiveによる最大96kHz/24bitのハイレゾ再生に対応することから、将来的にはXperia 10 IIIも含めてソフトウェアアップデートで対応することも検討しているそうです。



実際に聴いてみます。




音に広がりと奥行きを感じます。音にメリハリがあり、無線で聴いていることを忘れてしまうぐらい音楽への没入感が高まります。ケーブルの煩わしさがなくここまでの音質で聴ければ外では十分と言えると思います。実際まだまだハイレゾと言われる96kHz〜192kHzの曲の配信はまだまだ少ないのでスペック的にも十分です。

SONY WF -1000XM4は約3万円とTWSとしても高価な方なので1万円以下で購入できるMPOW M7 ANCなどがあれば手軽にワイヤレスでロスレスを楽しむことができるのではないでしょうか。問題はスマホ側かもしれませんが。


 

【国内正規品1年保証】MPOW M7 ANC ワイヤレス イヤホン Bluetooth ノイズキャンセリング ノイキャン ANC 外音取り込み



こちらも注目の規格です。


96kHz/24bitで低遅延「Snapdragon Sound」。Amazon Musicと協業



Noble audio FALCON 2【NOB-FALCON2】(ブラック) Bluetooth ワイヤレス イヤホン 防水 IPX7 マイク付き ハンズフリー通話 テレワーク リモートワーク 在宅ワーク 完全ワイヤレスイヤホン フルワイヤレス 高音質 無線 コードレス 低遅延 サバゲー PC ASMR かっこいい

ソニー Xperia5 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 855 /ストレージ128GB / ブラック / J9260JP B

2021年6月10日木曜日

ハイレゾ聴き比べ!AppleMusicの音質は?

 



    

 

      

日本でもロスレスおよびハイレゾロスレス配信が始まったAppleMusicですが、果たして既存のハイレゾストリーミングサービスと比較して音質はどうなのか聴き比べしたいと思います。


「Apple Music」VS「Amazon Music HD」、音がいいのはどっち? ハイレゾストリーミング比較試聴してみた (1/2) - Phile-web


こちらの記事ではApple Music、Amazon Music HD、mora qualitasの3つのストリーミングサービスをPCで再生し、スピーカーにて評価をしたようです。

まずはAmazon Music HD(排他モードオン)とApple Musicで比較したが、これまた毛色がかなり違う。Amazon Music HDは単純な情報量が多く、音場が圧倒的に広い。しかしその反面、情報量の多さゆえにところどころで音が飽和したり、ボーカルなどの輪郭がややぼやけるような印象も受けた。

Apple Musicはそれぞれの音の解像感や定位感が高く、全体的にシャープな印象。ただ、裏を返せば小綺麗にまとめ上げているため、広がりに物足りなさを感じる場面もあった。

簡単にまとめるなら、Amazon Music HDは音場重視、Apple Musicはモニターライクな解像感重視のサウンドといったイメージ。どちらの方が“良い音”に感じるかは個々人の好みによるところが多いだろう。実際、編集部内でもAmazon派とApple派がハッキリと分かれていた。

次はmora qualitas(排他モードオン)とApple Musicで聴き比べてみたが、率直に申し上げて、音質はmora qualitasの圧勝だった。つい少し前までAppleの方が音がいい、いやAmazonの方が上だと言い合っていた編集部員たちが全員黙りこくり、「これが本当の良い音だよな」と悟りを開いたような顔つきになっていた。

ハイレゾらしいたっぷりした情報量がありながら、決して膨らんだり飽和することもなく、解像感、定位感もしっかり確保。moraと比べるとAmazonは情報過多だし、Appleは小さくまとまりすぎている。


となっています。

私はiPhone12ProをChord Hugo2とUSB接続してイヤホンにて聴き比べしました。




総評としては上記記事と変わらずmora qualitasの圧勝で音圧、メリハリ、キレが音に感じられます。そもそもmora qualitasだけ飛び抜けて出力が高いです。これはBTイヤホンやヘッドホンで聴くときにも有利で聴きやすく感じます。




Apple Musicは高音質であるもののややこじんまりとした印象で、音場よりも詳細な音を聴きたい方に向いている印象です。もちろん今までのロッシーに比べて明らかに音の量感やかたまり感が感じられるドッシリした音が感じられます。やはりちゃんとした環境で聴きたい音源です。



 

Amazon Music HDは音場は一番広く感じ、音の包まれ感は高いものの、ボワつきというかフォーカスが定まらない印象を受けます。ただしっかりとした高音質感はあります。イヤホンで聴くよりもスピーカーで聴いた方が印象が良い気がします。


まとめ

上記記事でも触れていますが、mora qualitasは音質は圧倒的であるものの、他のサービスに比べて曲数が少ない、料金が倍以上、使い勝手も微妙と褒められるところがありません。

自分の好きなアーティストが配信されていない場合全くの対象外ということになります。

AppleMusicはどちらかといえばイヤホン・ヘッドホン向きと感じましたのでポタオデ派に向いているのではと個人的に思います。ただ現状はAndoidアプリでロスレス配信が始まっていないのと、Spotify-HiFiのサービスが始まっていないので現状はAmazon MusicHDの1択ということになりそうな気がします。

これはAndroidアプリでの配信が始まったらAndroidDAPでまた聴き比べしてみたいと思います。



SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]



LOTOO DSD128/PCM384対応スティック型USB-DACアンプ PAWS1

LUXURY & PRECISION (LP) W2 ポータブルUSB DAC ヘッドホンアンプ

Chord Electronics ヘッドホンアンプ・DAC Hugo 2 [ブラック]

2021年6月9日水曜日

祝WF-1000XM4発売!TWS初LDACの気になるところ

 




本日大方の予想通りSONYからWF-1000XM4が発表され、6/25より発売となります。

注目点はいくつかあるものの私の1番の注目はやはりTWS初のLDACを採用したハイレゾ相当の音楽リスニングが可能となることです。

今までTWSではAACやaptXというコーデックが採用されていました。前モデルである1000XM3もAACを採用していました。

そこで今回ハイレゾ相当の音質が伝送できると言われるLDACに初めて対応したのです。


ソニーノイキャンイヤホンWF-1000XM4仕様を前モデルと比較 ── 大幅な小型化 - Engadget 日本版



 前モデル1000XM3の時もLDAC搭載は検討されたものの総合的な判断で見送ったと開発者インタビューでSONYのエンジニアが答えています。


発売後も進化する完全ワイヤレス「WF-1000XM3」が愛される理由

大橋 おっしゃられた通り、コーデックの中にはチップセットに依存するものもありますので、そういったコーデック面での機能拡張は難しいところがあります。また、LDACを要望する声も認識しており、商品化するにあたり総合的な判断で今回は見送っていますが、今後も使い勝手とのバランスを取りながら検討を続けていきます。


それがついに1000XM4で搭載されたのです。ただこのLDACがTWSに搭載されたのは今回が初めてではないのです。中国HIBY社のTWSであるWH3に実は中国国内で実装されており、日本発売時に対応予定でしたが発売直前に未定となってしまったのです。

 

HiBy R3 Pro ファームウエアVer.1.4リリース : mp3tidalwave UR

LDAC対応のTWSなんだけど、SonyがTWS用のLDAC規格を用意してなかったんでBeta版では従来のLDAC仕様で動かしてたけど製品版FWでLDACがオミット
Sony協力してTWS用のLDAC規格が準備できたんでまもなく再対応だそうな


との記述がありましたが、いまだに実装されておりません。しかし、HIBY社には独自コーデックであるUATがあり、こちらはスペック上はLDACよりも上になっております。しかし、このUATもTWS用に新たにUAT-TWSというコーデックを新たに策定し実装されております。

ここで私が気になるのが今回1000XM4に採用されたLDACが既存のものなのかどうかです。上記サイトの通りであればTWS用のLDACであった場合、既存のスマホやDAPではコーデックの追加なしには使用できなくなります。

ただ今のところはそんな話も出てきていませんし、LDAC対応と堂々と宣伝しているので通常のLDACコーデックに対応しているものと信じたいです。おそらくその辺りの技術的な障壁を解決できたからこそ今回の採用に至ったのだと。

AppleMusicもロスレス・ハイレゾロスレスの配信が始まったもののAndroidのAppleMusicアプリには非対応なのでまだ楽しむことはできませんが、AmazonMusic HDがAppleMusicに対抗してHD料金無料になったのでAndroidスマホやDAPで1000XM4を楽しみたいと思います。

 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル プラチナシルバー WF-1000XM4 SM

今あえてHiby R6 Proの訳〜続き(UAT×WH3)

2021年6月7日月曜日

AppleMusicのロスレス配信がついに開始か?

 


約3週間前の5月17日深夜に突然サラッと発表されたAppleMusicのロスレス配信ですが、6月からという情報のみで具体的にいつから始まるのかわからず、5月31日ごろからザワザワしていたように思います。私自身はおそらくWWDC前後に動きがあると考えていたので気にしていませんでした。

そして本日(日本時間6/8 AM2:00)より開催されるWWDC直前に下記の情報がありました。





これは


Appleは、Apple Musicの公式ページにおいて、現地時間6月7日正午にスペシャルイベントを行うと発表しました。空間オーディオの紹介が行われる見込みです。
 
【追記】Apple Musicの公式ページから該当ページが削除されていることが確認されました。何らかの理由により、不意に公開状態となっていた可能性があります。


 となっており、主に空間オーディオの紹介の為のスペシャルイベント開催のお知らせではあるのですが、ここで正式な開始日が知らされるものと思われます。

さらに以前の発表で





とあるように「設定」>「ミュージック」>「オーディオの質」の先にロスレスなどの項目が選択できるようになるはずですが現在はありません。





これはiOSおよびMusicアプリのアップデート後に選択できるようになるはずであり、いきなり配信だけが行われる訳ではないことが分かります。

ということで本日中にアップデートおよび配信開始日の告知がされるのではないかと思います。





さらに翌日とはなりますが、ほぼ同じタイミングでSONY渾身の新TWSであるWF-1000XM4が発表されるものと思われます。Apple純正のAirPods等はロスレス以上の配信に対応していないことが判明していますが、こちらはLDACに対応しハイレゾ相当で聴くことができるTWSになる予定です。

ということで今後しばらくはAndroidスマホ等とWF-1000XM4でApple Musicのハイレゾを楽しむことになりそうです。



2021年4月21日水曜日

Xiaomi POCO F3でUSBDACを使うとどうなる?

 














以前SONY Xperia1ⅡをDAPとして使うという企画をやりましたが、今回は同じ事をPOCO F3でやるとどうなるかを試していきたいと思います。


DAPとして使うXperia 1 II

Xperia1Ⅱはまさに音楽専用DAPと機能的には遜色ありません。同じSONY製のDAPであるA105とほぼ同じ機能が搭載されていると言えばわかりやすいと思います。もちろんアンプや出力が違うので同じ音が出るわけではありませんが、機能としてはかなり近いです。
という事で単体では音楽を聴くには物足りないのでUSBDACであるLotoo PAW-S1を使用して検証しました。
今回同じ事をPOCO F3でやったらどうなるのか見ていきたいと思います。

まずはAMHDの再生です。
























アプリ上では
音質:   24bit/96KHz
端末の性能:24bit/192KHz
現在:   24bit/96KHz

しかし、PAW-S1の表示は48K/24bとなっており、実際の出力はSRCの上限になっています。
Xperia1Ⅱでは多くのDAPと同じ挙動となります。

こちらはAMHDで再生したところ192k/24bの表示が出ました。これは再生した曲の通りかと思いきや、他のサンプリング周波数でもこの表示でした。つまり最近のストリーミング対応DAPと同じくAMHDアプリに対しては端末の最高性能を維持するための対策がされているようです。DAPと同じようにステータスバーに再生しているサンプリング周波数の表示があれば分かりやすいのですが、今回表示機能のあるUSB-DACを使うことで確認できました。


 とういうように出力も192k/24bと表示されます。


次にmora qualitasです。
















こちらもファイルは96KHz/24bitですが、PAW-S1の表示は48K/24bなのでSRC回避がされていないことがわかります。

Xperia1Ⅱで再生するとファイルと同じ表示となることからビットパーフェクト再生できているということになると思います。


次はUAPPです。
















こちらはUSBDACの最大までアップサンプリングでTidalをストリーミング再生した結果です。こちらはアプリがSRCを回避して384K/32bで出力してくれています。
















こちらはTidalのMASTERクオリティのファイルを認識し、MQAx4で再生できています。このようにUAPPを使用すれば問題ありませんが、それ以外では制限は受けると思われます。


これは一般的なスマホの当然の挙動と思われます。あくまでもXperia1Ⅱが特殊な存在なのであって仕方ないことだと思われます。このように普通のAndroidスマホをUSBDACの送り出しに使用する場合はこういった点を留意した上で使用することをおすすめします。


Xiaomi POCO F3 最早Galaxyを選択する理由がない



ソニー Xperia1II / 5G対応 / SIMフリースマホ /【日本正規代理店品】/ 防水/防塵/Snapdragon 865 /ストレージ256GB / フラストブラック/XQ-AT42 B3JPCX1

Xiaomi Redmi Note 10 Pro 6+128GB オニキスグレー SIMフリースマホ本体 【日本正規代理店品】