ラベル Shuoer の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Shuoer の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年6月5日土曜日

Shuoer Singer(歌者)はめっちゃポップ!


 



今回はAmazonで気になったイヤホンを聴いてみました。それがShuoer Singer(歌者)になります。Singer(歌者)とはなんともどストレートなネーミングではありますが、聴いてみて納得しました。


Shuoer Singer 静電気ドライバー&8mmダイナミックドライバーが搭載されたHiFiイヤホン 2.5mmバランス端子と汎用0.78mm2pinコネクタ 高純度単結晶銅ケーブルが搭載され ミニカナル型 リケーブル可能 ノイズキャンセリング 脱着式 インナーイヤホン


製品名:Shuoer Singer 静電気ドライバー&8mmダイナミックドライバーが搭載されたHiFiイヤホン

モデル:Singer

ブランド:Shuoer

ドライバー:静電気ドライバー*1&8mmダイナミックドライバー*1

ケーブル:リケーブル可能2pin高純度単結晶銅ケーブ

コネクタ:2.5mmバランス端子(2.5mm-3.5mm変換コネクタも入れる)

周波数反応範囲:20-30000hz

感度:103dB/m

歪み:<0.8%

インピーダンス:32Ω

ケーブル長さ:1.2m

筐体:304ステンレス鋼


静電気ドライバーと8mmダイナミックドライバーのハイブリッド構成も注目ですが、それ以外にもフィルター交換で低域マシマシにできたり、イヤピも3種類特徴があります。さらにこの価格で付属ケーブルが2.5mmバランスプラグ仕様になっており、3.5mm3極の変換ケーブルも付属する豪華なパッケージになっております。

ノーマルフィルターとローパスフィルターの変化は結構あり、ずっしりとした低域を味わいたい方は迷わずローパスフィルター装着をお勧めします。私もこちらが気に入りました。

高域は静電気ドライバーの効果か曲によってはシャリつくぐらいのキツめな音ではあります。そのため、ロックやKPOPなどは不向きな気がします。中域はボーカルをしっかりと聴かせてくれるウォームさを持ち、低域はベースやドラムなどの響きが気持ちよく、この小さいハウジングから想像する以上の音の広がりを感じさせてくれてくれます。

私のお気に入りである杉山清貴さんのアルバム「Rainbow Planet」をこんなにも気持ちよく聴かせてくれるイヤホンとしてのコスパも最高ですし、2.5mmバランス出力のSHANLING UA2との相性も抜群でした。




今後エージングでどんな音を聴かせてくれるのか非常に楽しみなイヤホンになりました。


SHANLING ヘッドホンアンプ UA2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]



Beat Audio Emerald MKII Digital Adapter Cable USB Type-C to USB Type-C