ラベル Symbio の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Symbio の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月27日土曜日

フォームタイプイヤーチップの新定番?Symbio F



以前からSymbioのイヤーチップはフォームとシリコンのいいとこ取りという感じで気に入っていたのですが新しくフォームタイプが出たので試した所かなり良かったのでご紹介します。

Symbio F-HeyListen
妥協のない素材の選択により、高音域の減衰がほとんどなく、
低音を改善するための優れた装着感を提供します。
ステム径4.5mm~5.0mmのインイヤーモニターに対応しています。

今までフォームタイプではCRYSTAL TIPSが気に入っていたのですがやはり耳栓と変わらない付け心地(耳に無理やり押し込んでる感じ)とフォームタイプの中ではクリアな高域なのですが、やはり物足りないと感じ始めて最近はほとんど使用していませんでした。

音が変わる!CRYSTAL TIPSのご紹介


でこちらが実際にSymbio Fを聴いた感想です。先ほどCRYSTAL TIPSで感じたような不快感が一切こちらでは感じられません。自然すぎて着けているという感覚がほとんどありません。
それでいてフォームタイプに求められているであろう要素として耳中で密着して低域を直接伝えてくる事は当然として、失われがちな高域成分もしっかり伝えてくれます。加えて音場が広がるというか少し残響感が加えられる気がします。
音が立体的に感じられる一方で、この響き方が嫌いな方もいるかもしれません。


という事でCRYSTAL TIPSと復元時間の実験をしてみました。上のツイートのようにCRYSTAL TIPSはすぐ元の形に戻ってしまいます。しかし、Symbio Fはじんわり時間をかけて戻っていくのです。もちろん最終的にはしっかり元の形に戻るのですが、その柔らかさ、反発力が絶妙なのだと思います。
戻る力がそれほど強くないので耳の形のまま耳の中で定着してくれているのです。まさにカスタムイヤーチップを着けているかのごとくそのまま耳型になっています。
これが窮屈な感じがせず、心地よい着け心地を実現している秘訣かと思います。
この心地よい着け心地と肝心の音質の良さが両立しているところが素晴らしいですね。
私の中でのフォームタイプイヤーチップの新定番に決定です。





こちらは早速Symbio FとXELASTECの比較をされています。私も注文済なのですが、まだ届いていません。届いたら比較してみたいですね。