ラベル UCOTECH の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル UCOTECH の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年12月20日日曜日

日中韓イヤホン大戦争(1.5万以下)

 




最近購入した中華イヤホンのどれもが素晴らしく甲乙つけ難いことに大変驚いております。そこでさらに日韓2つのイヤホンと中華イヤホン3つを比べていきたいと思います。

今回のエントリーは下記5つのイヤホンです。あくまでも私が所有している中でこれはと思うものをあげました。


全体に染み渡るキレの良さintime 轟(GO)


間違いなく買いの1本! HZSOUND Heart Mirror


やっぱり中華イヤホンのコスパ最高!TINHIFI T3


販売には難があるが音は素晴らしいUCOTECH RE-1


ウルトラワイドな音場に酔いしれるTIN HIFI T4


この5つを某イヤホン専門店的な評価で順位をつけていきたいと思います。

intime 轟(GO)

高音の質 5    中音の質 4   低音の質 5

細やかさ 4      迫力 5     音場 4 

総合 4.5         


HZSOUND Heart Mirror

高音の質 5    中音の質 4    低音の質 4

細やかさ 5    迫力 5      音場 5

総合 4.6


TINHIFI T3

高音の質 4    中音の質 5    低音の質 4

細やかさ 5    迫力 4      音場 4

総合 4.3


UCOTECH RE-1

高音の質 4    中音の質 4    低音の質 5

細やかさ 3    迫力 4      音場 4

総合 4


TIN HIFI T4

高音の質 4    中音の質 5    低音の質 4

細やかさ 4    迫力 4      音場 5

総合 4.3


今回あくまでも私の好みで評価してみました。細かいそれぞれのニュアンスについては動画で紹介予定です。そちらも合わせてご覧ください。



2020年12月14日月曜日

販売には難があるが音は素晴らしいUCOTECH RE-1

 




発売開始から約2週間経って届いたUCOTECH RE-1ですが、約30時間のエージングが終わったので感想を述べたいと思います。


    カナル型リファレンスイヤフォン RE-1 |   


 



UCOTECH、"新たなリファレンス"を目指したダイナミック型イヤホン「RE-1」 - PHILE WEB

同社のオンラインストア「zionoteDirectY」では、発売日までの期間限定/先着100個の数量限定で、10,980円(税込)にて先行予約購入を受け付ける。


このキャンペーンに釣られて予約したのですが、発売日の12月1日には届きませんでした。

 




その後代理店からアナウンスがあり、数は確保してあるので空輸待ちとのアナウンスがありました。

 




だいぶ時間がかかりましたね。コロナの影響もあるのかもしれませんが、、、


 



どことなくAcoustuneを彷彿とさせるこのハウジングを含めて質感は高いと思います。耳への収まりも良く、装着感は問題ありませんでした。

 



この時よりさらに10時間以上エージングした後の音としましては、高域はキンキンすることはないけれども金属っぽいなり方はする。しかし嫌な感じはせず、全体をスッキリさせるのに役立っている印象。フラットを目指すとはいっているものの、中低域、特に低域の迫力が凄まじい。音場の広さ、音の厚みもかなりのもので気持ちの良い音を奏でてくれる。

総合的に管楽器の艶やかさと伸びやかで太い響きを兼ね備えているとても素晴らしいイヤホンであると思います。特にDX220MaxのMangoモードで聴くクラシックなんて相当ヤバイです。この低音の深みにハマりそうです。

流通が安定さえすれば間違いなく買いのイヤホンではないでしょうか。