ラベル ULTRASONE の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ULTRASONE の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年3月14日土曜日

超高級ヘッドホンULTRASONE Edition15 Veritasを借りてみた


ヘッドホンの良さを知りたくて一番高いの借りたのに、、、
今回もイヤホン・ヘッドホンのサブスクONZOで借りてみました。

Edition 15 Veritas | ULTRASONE

製品概要

ULTRASONE開放型ヘッドホンの最上位モデル「Edition 15」は、2017年12月の発売以来、継続した世界的評価を得てきましたが、それがきっかけとなり、同様のサウンドクオリティを実現する密閉型モデルを求める声も、数多く聞くことができました。 これらニーズの元、「Edition 15」をベースにし、密閉型ヘッドホンとして生まれ変わったのが『Edition 15 Veritas』です。

サウンドの根幹となる「GTCドライバー」も継続して搭載。ゴールドとチタンのハイブリッド仕様40mm径ダイアフラムが可能にする優れたドライバーのポテンシャルを、密閉型でも最大限引き出すべく、サウンドデザインを全て見直した上で設計を進めました。イヤカップにアメリカンチェリーウッド、イヤパッド/ヘッドバンドにはシープスキンレザーとプレミアムな素材を使用し、外観だけでなく装着感もハイグレードな、ハイエンド仕様のヘッドホンです。
元々開放型として発売されていた物を密閉型にしたのがVeritasなんですね。全然逆のことをやるのでベースを下に開発するの帰って大変だったのではと要らぬ心配をしてしまいます。




そもそもヘッドホンは好みではないと言う結論に達してます。今回借りたEdition15 Veritasもそこそこの音量で鳴らしてみても籠っているように感じましたし、音量をさらにあげるとビビリ音が出てくるのでその良さが理解し切れなかったです。これは決してヘッドホン派をディスってるわけでもなんでもなく、単に良さがわからない、好みでないことからくる感想だと思いますので気にしないで飛ばしてください。