ラベル Victor の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Victor の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2022年1月15日土曜日

Victor HA-FW1000T と Noble Audio FoKus PRO を聴き比べてみた

 


  左:Victor HA-FW1000T  右:Noble Audio FoKus PRO


先日購入して気に入ってしまったVictor HA-FW1000Tと本来の価格は同価格帯の製品であったはずのNoble Audio FoKus PRO(本国販売価格$349)と早速聴き比べてみました。

以前の感想から


やっぱりこれ凄いわ!Victor HA-FW1000T


開発者の方の説明がドンピシャに納得できました。11ミリというTWSとしてはかなり大きめのドライバーが使用されているおかげでかなり深い低域を感じられます。そのおかげで音に厚みと広がりが与えられ無線で聴いているのを忘れてしまうほどのリッチなサウンドを味わうことができます。


 

Noble Audio FoKus PRO と AVIOT TE-BD21j-ltdpnk 聴き比べてみた

FoKus PROも前作のFALCON PROのキツすぎる高域を見直し、低域を強めに押し出しているところは同じだと思います。ピヤホン5に比べると中低域が厚めで、ウォームさを感じます。これに関しては更なるエージングでもっとシャープに寄っていくような気もしますが、それでも低音が主張しすぎる気がします。

現状ではピヤホン5の音質がバランスが取れていてより聴きやすいと思います。FoKus PROは更に様子を見る必要がありますが確かにポテンシャルはあると思い始めています。


これに関してはこの時よりもさらにエージングが進んだのかもしれませんが、印象がかなり変わっています。それも合わせてお話ししたいと思います。

今回もSONY Xpeia10Ⅲliteを使用してaptX Adaptive接続で聴いてみました。 

まずFoKus Proの印象ですが以前よりも全体的にスッキリとしつつ元からある低域の力強さとのバランスが良くなって気持ちよさが増した感じがしました。

以前感じたウォームさは無く中高域の鋭さが増してエッジの聴いたシャープなサウンドになってきたと思います。解像度も高くボーカルも近く感じられるので生々しさが際立っています。もともと音の厚みや広がりがあったところにスッキリさがプラスされてさらに聴きやすくなったと思います。

やっと本来の音質で聴けるようになったのだと思いますが、この音であれば納得できる方も多いのではないでしょうか。

しかし、FW1000Tの音がさらに素晴らしいと思います。FoKus Proよりもさらにアタック感や音そのものの迫力が強く感じられ、まさに音が跳ねるような躍動感が感じられます。

ウッド振動板らしいキツすぎない丸みのあるサウンドではありますが、音の余韻やディティールを十分に感じられます。低域も深い響きを伝えて来ますが柔らかく馴染んで音に一体感を与えてくれます。

二つのうちでやはり長く聴いてしまうのはFW1000Tの方でした。それだけこのイヤホンで聴く音は有線・無線に関係なく長く聴ける素晴らしさがあると思いました。

今回は思ったよりもFoKus Proの評価が私の中で爆上がりしましたが、それを超えて良いと思えたFW1000Tの実力は本物ではないかと思います。





2022年1月14日金曜日

やっぱりこれ凄いわ!Victor HA-FW1000T

 



またまた高額TWSの登場です。これヨドバシの店頭で試聴した時はあまり印象良くなかったんですけどやっぱり当てになりませんね。





その時の感想がこちらですが確かに低域の迫力は凄いのですが、落ち着いて聴いてみるととても素晴らしいイヤホンだってことがわかりました。

 

ビクター渾身の"ウッド振動板"完全ワイヤレス開発陣を直撃!「HA-FW1000T」開発秘話 (1/3) - Phile-web

■音質チューニングの方向性は?

編集部 そのような苦労を乗り越えて登場する「HA-FW1000T」ですが、音質チューニングの方向性はどのような狙いでしょうか。

美和 前提として、まずは有線モデルである「HA-FW1500」と「HA-FW10000」の音質の違いから説明させてください。「HA-FW1500」は空間表現というよりは、ボーカルや楽器の音像にフォーカスして生々しい臨場感を味わえる “音像型” でした。

それに対して「HA-FW10000」は、より空間を意識した音作りのモデルです。その空間で鳴っている音や余韻、空間の広さをしっかりと再現することに注力したものでした。そして、今回の「HA-FW1000T」は、どちらかというと「HA-FW10000」に近い音作りをしています。

編集部 ウッドイヤホンといえば、昔からのファンにはクラシックやジャズとの相性が良いというイメージもあるかと思います。今回のモデルではいかがでしょうか?

美和 もちろんそれらとの相性も良いですが、どんなジャンルでも楽しめる音作りをしていますので、ロックやポップス、EDMなどいろんな音楽を楽しんでいただきたいですね。クラシックやジャズだけじゃないですよ、と申し上げたいです(笑)。

例えば、最近の打ち込み系の楽曲は低域がかなりローエンドまで入っている傾向にあり、これをちゃんと再生するには、イヤホン側にも広い帯域再生能力が求められます。「HA-FW1000T」はドライバーサイズも大きいですし、音作り的にも、こうした低音帯域の音の動きをしっかり聴き取れるようになっています。

編集部 なるほど。それでは、音楽を聴く際にウッド振動板らしさを感じやすいポイントはありますか?

美和 まずディテールの再現性をチェックしてもらうのがいいかもしれません。イヤホン開発でディテール再現を追求しようとすると、尖った音になりがちなんです。「細かい音は出てるけど聴いていてちょっと疲れるな」といったイメージですね。一方、今回のモデルでは、ディテールをしっかり再現しつつも、長時間でも聴き疲れしない、もっと聴いていたい音に仕上がっています。これはウッド振動板も寄与している部分です。


この開発者の方の説明がドンピシャに納得できました。11ミリというTWSとしてはかなり大きめのドライバーが使用されているおかげでかなり深い低域を感じられます。そのおかげで音に厚みと広がりが与えられ無線で聴いているのを忘れてしまうほどのリッチなサウンドを味わうことができます。

しかし、これはあくまでもaptX Adaptive接続で聴いた時の感想であり、試しに聴いたiPhoneでは印象が異なります。aptX Adaptive以外のコーデックで接続した場合は「K2テクノロジー」によってハイレゾ相当に補完してくれますがレンジを広く感じさせるためか高域が強調されていたり低域のリッチさはあまり感じられませんでした。音の数が少なく痩せた印象は埋めきれないようです。

それに比べるとaptX Adaptive接続であればしっかりとFW10000らしいと言われる「空間を意識した音作り」が感じられるのです。

さらにこの製品はSnapdrgon Sound認定製品ではないものの公式に96KHz/24bitのaptX Adaptiveに対応しているのも素晴らしいですね。

Xiaomi Mi MIX FOLDで開発者オプションで96Khzに変更すると接続が切れて接続し直すので対応自体はしているようです。



SONY Xperia10Ⅲliteでは96KHzの項目自体は選択できますが対応してないので48KHzのままです。

Victorが本気で音にこだわって作っただけあって現状での最新技術を採用して少しでも陳腐化を遅らせようという姿勢が感じられます。




この点はNOBLE FoKus Proとは大きな違いだと思います。ただこれは日本代理店の責任も大きいかもしれません。NOBLEも音にこだわったとは言え本国では$349(約39,800円)で販売してるので実質35,000円〜40,000円で販売されているFW1000Tほぼ同じ価格帯の製品と言えますが、日本での販売価格は50,000円〜55,000円となっているせいで製品に対する期待値が1〜2ランク上となってしまうのです。それでいて日本仕様に強化したというアンテナもむしろ一般的な製品にも体感上劣っていると感じます。

音質については聴き比べをする予定ですが、売り方がどうなんだろうなと思わざるを得ません。



2020年7月1日水曜日

高解像度とキレがすごいVICTOR HA-WM90-B



ONZOでやっとレンタルできました。なかなか空いてなかったのですが、今回タイミングが良かったみたいです。

HA-WM90-B | Victor
主な仕様
ヘッドホン 型式 ダイナミック型
出力音圧レベル 100dB/1mW
再生周波数帯域 10Hz~40,000Hz
インピーダンス 56Ω
最大許容入力 1500mW(IEC)
入力プラグ Φ3.5㎜24金メッキステレオミニプラグ
質量 340g(コード含まず)
ヘッドホンケーブル ケーブル 1.2m(両出し)OFC
プラグ Φ3.5㎜24金メッキステレオミニプラグ(3極)x1


今までいくつかVictorのヘッドホンを購入しましたが、解像度やコモリなどの点で満足いくものがありませんでした。

表面の光沢感ある仕上げのため高級感あるWOODになっています。綺麗ではありますが指紋が目立ちそうですね。
聴いてまず思ったのがその解像度の高さです。かなり細かいところまでクリアに聴こえます。そしてコモリも一切感じられません。
アタックもスピード感があり、K-POPなどの高域がかなり高めで低域もズバズバくる曲でも気持ちよく鳴ってくれます。
今まで聴いた密閉型の中では一番クリアかつ、メリハリある鳴り方でしっかり低域が出ているので非常に気に入りました。これはいい。さすがVictorです。
ただ価格が高いですね。レンタルでなければ聴くことができないのが残念です。




2020年2月19日水曜日

超高級イヤホンVictor HA-FW10000を購入してみた



かねてより購入したいと考えていた原音再生イヤホンを手に入れましたのでその感想を。
以前試聴した時の感想がこちら




その時に同時に試聴していたのがFAudio MAJORです。




もうこの時はMAJOR買おうと思っていましたので、次の感想に行きます。





MAJORを買う為の理由づけをこの時点でしていますね。初めて聴いた衝撃度はFW10000の方でしたが2本買おうという選択肢はこの時点ではなかったので上の結論になっています。
 でも今回我慢できずに購入に踏み切ってしまいました。





実際に自分の環境にFW10000を加えてみると、その絶対的な音の確かさに驚きました。MAJORはだいぶ色がついてしまってMAJORの音になってしまうところがありますがFW10000は再生する機種を選ばないし、その特性も伝えてくれるので比較するには頼もしい存在と言えます。そこが少し面白みに欠けるところかも知れませんが、「楽しく聴きたい」と「正しく聴きたい」は必ずしもイコールではないと思うのでそういう意味で使い分けができると思っています。 そして解像度がとても高いので同じ曲でも聴けてなかった音が聴けるので新たな発見があって面白いです。MMCXタイプは特に合わないこともあるのですが、装着感がとても合っているのが非常にありがたいです。FW10000のハウジングとコネクタ部が分かれているデザインのおかげで私の耳にはすっぽりとハマってずれることなくケーブルの収まりも完璧です。もう少し聴き込んだらMAJORとの違いについても詳しく書いてみたいと思います。



Victor JVC HA-FW1500 WOODシリーズ 密閉型イヤホン リケーブル ハイレゾ音源対応
JVCケンウッド (2019-11-14)
売り上げランキング: 114,755