ラベル aune の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル aune の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年9月26日日曜日

AUNE BU2 と iFi audio hip-dac を聴き比べてみた

 




最近バッテリー内臓型の外付けDACも多くの製品が発売されており、私の中で一番気に入っているiFi audio hip-dacと聴き比べてその製品の実力を判断するのが恒例となってきており、今回も先日購入しましたAUNE BU2とやってみたいと思います。

いつものように以前の感想を振り返っておきます。


透き通る高域! AUNE BU2

箱だしはやけにキンキンするなと感じましたが、しばらく聴いていると落ち着いてきたのかだいぶ収まりました。FAudio Dark Skyを2.5mmバランス端子に直挿しですが、ESSのDACらしい解像度の高いスッキリ系のサウンドです。時間と共に力強さと低域の存在感も増してきました。これはしばらくバーンインして改めてお伝えしたいと思います。


 

Hidizs DH80S と iFi audio hip-dac を聴き比べてみた

二つを聴き比べてまず気になるのが、DH80Sの中音域が薄く感じることです。高域の透明感や低域の量感は申し分なく、特に低域はバスブーストOFFのhip-dacよりも迫力を感じます。しかし、先程の中音域が薄く感じるため、hip-dacに比べて音の成分が全体が薄く感じてしまい、物足りない印象となってしまいます。特にボーカルが若干ですが遠く聴こえるので余計その印象になると思います。

これはあくまでも二つを交互に聴いた時に感じるぐらいの僅かなものではありますが、それでも二つのうちどちらかを選べと言われれば迷いなくhip-dacを選択します。


今回はiPhone12ProにUSB接続してAppleMusicのロスレスをストリーミングして聴きました。イヤホンはFAudio Dark Skyです。

BU2は解像度の高い、スッキリした高域に加えて、中低域の力強さと音の広がりが加わり音質的には申し分ないと思います。ノイズも少なく、ボリュームノブは少し回しにくいものの、正確でギャングエラーもありません。3万円を少し超える価格($299.99)ではありますが、ストリーミング主体であれば5万円以下の動きの遅いDAPを購入するよりもスマホ+BU2の方がよっぽど快適です。

対してhip-dacはノイズも多いもののやはりその音の素晴らしに改めて感心してしまいました。今は値上げしてしまいましたが、2万円以下で売っていたことに驚きます。聴き比べて感じるのがBU2はややスッキリしすぎる印象があります。デジタルっぽいと言いますか、音自体はいいものの杓子定規に感じてしまいます。hip-dacはいい意味でアナログっぽさというか、空気感とかノイズも含めたサウンドとして心に響くような気がします。もちろんこれは好みの問題と言えると思いますが、今回も僅差でhip-dacを長く聴いてしまいました。

やっぱりhip-dacの音はいいですね。


iFi-Audio ポータブルヘッドホンアンプ ペトロールブルー hip-dac [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]


AUNE BU2 Portable Bluetooth Balanced DAC with Headphone AMP


HIFIGO5 
こちらを決済時に記入すると$5が割引されますので是非ご利用ください。

2021年9月24日金曜日

透き通る高域! AUNE BU2

 




約2年ぶりにAUNEのポータブルDACアンプを購入してみました。以前はBU1というモデルでしたが、今回購入したのはBU2となります。


AUNE BU2 Portable Bluetooth Balanced DAC with Headphone AMP

特徴:-

>マスターテープレベルのデコード。

>高解像度32ビット/ 768kHzPCMおよびネイティブDSD512デコードのサポート。

>デュアル高性能ES9318DACチップ。

> 4つの独立したヘッドフォンアンプ。

>クロック同期テクノロジーによる自然なプレゼンテーション。

>多機能ボリュームノブ。
> R2Rラダーネットワークによる正確な音量調整。

>リファレンスグレードの自然音チューニング。

>デュアルヘッドフォン出力ポート、3.5mmシングルエンドおよび2.5mmバランス。

> USBType-C入力インターフェース。

> Bluetooth入力のサポート。

Aune Audioは、最新のポータブルDAC +ヘッドフォンアンプであるまったく新しいAuneBU2を発売しました。デュアルES9318DACチップと4つの独立したアンプで高品質のオーディオパフォーマンスを実現します。デュアルヘッドフォン出力ポートがあり、1つは3.5mmシングルエンド、もう1つは2.5mmバランス出力です。BU2は、正確なボリューム調整のためにR2Rラダーアレイ配置を採用しています。今日、HiFiミュージックハブをAuneBU2の形でお持ち帰りください!!


BU1はシングルエンド出力のみでしたが、今回は2.5mmバランス出力にも対応しています。BTレシーバーとしても使えるようです。


 



発送されてから1週間以上かかったのでちょっと遅かったですね。開封は動画をご覧ください。

動画で撮るのを忘れましたがiPhone用にUSB-CからLightningに変換するアダプタも付属しています。

そのおかげでiPhoneでの再生も問題ありません。



 

AMHDも端末の性能が24bit/192kHzになり、きちんと再生できます。

Galaxy Z Fold2でももちろん問題ありません。




次にUAPPを試してみました。



こちらも最大までアップサンプリングで再生すると768kHzになります。しかし、音量が固定になってしまうのが辛いです。設定で変更できるのかなど今後確認したいと思います。



M1MacBookAirに接続すると最大が32bit/768kHzとなります。このままAMHDを再生すると




こうなります。
一応BTレシーバーモードを試してみましたが、上記2つのスマホではAAC・AptXに接続できましたが、LDACには接続できませんでした。それ以外のコーデックはGalaxy系では試すことができませんでした。

箱だしはやけにキンキンするなと感じましたが、しばらく聴いていると落ち着いてきたのかだいぶ収まりました。FAudio Dark Skyを2.5mmバランス端子に直挿しですが、ESSのDACらしい解像度の高いスッキリ系のサウンドです。時間と共に力強さと低域の存在感も増してきました。これはしばらくバーンインして改めてお伝えしたいと思います。
USBドングルタイプとは明らかにワンランク以上高い質感が味わえることは間違いないと思います。


AUNE AuneAudioBU1 ポータブルアンプ AUNE [DAC機能対応]


aune BU1とFiio Q5sを比べてみた〜外観編〜

2021年6月17日木曜日

音に忠実なモニターイヤホン AUNE Jasper


 


日本でもBU-1などのヘッドホンアンプで有名なAUNEが3年かけて開発したイヤホンをご紹介します。


AUNE Jasper 10mm Ultra Linear Driver In-Ear Earphones IEMs

特徴:-

>高忠実度のリアルな音質。

MGD(マルチグラデーションダイヤフラム)を備えた> 10mmダイナミックドライバーユニット。

>超線形磁気システム。

>正確なサウンドディテールとワイドサウンドステージのための独自に設計されたキャビティ。

>インピーダンス:32Ω。

>感度:102dB / mW。

>周波数応答範囲:5Hz〜40kHz。

>取り外し可能なケーブル。

Aune Jasperは、マルチグラデーションダイアフラム(MGD)コイルを備えたカスタム開発の10mmダイナミックドライバーユニットを備えた高忠実度のインイヤーモニターです。このペアは、豊かな明瞭さと究極のディテールを備えた卓越した高解像度出力を生成します。


よく作られた耳の空洞:-

Aune Audioには、長年の経験を持つプロのチームがいます。彼らは、Aune Jasperの音響空洞を設計して、ユーザーに可能な限り最高のオーディオ体験を提供しています。内部チャンバーは、内部の音声信号が迅速に移動することを可能にし、ユーザーに非常に詳細な音声出力を提供します。ジャスパーの幅広いサウンドステージと鮮明なイメージング機能を気に入るはずです。

完璧に調整:-

長年の専門的な経験を持つ音響エンジニアは、Aune Jasperを調整して、豊かな明瞭さとディテールを備えた究極のサウンド出力を生成しました。ローエンドは速くてパンチがあり、豊かなディテールのボーカルとスムーズな楽器の明瞭さを補完します。出力は疲れにくくスムーズで、長い音楽セッションに素晴らしいリスニング体験を提供します。


10mmのDDによるリニアでサウンドステージの広い音が特徴となります。


 



開封は動画で確認していただくとして、黒光するメタルなハウジングが見た目の特徴ですね。箱出しはキンキンする音でモニターっぽくない音でしたので少しエージングしてから評価することにしました。

概ね70時間を超えたところですが、だいぶ落ち着いてきてモニター寄りになりました。

高域も十分な透明感があり、解像度も申し分ありませんが、この部分で特に秀でた印象はありません。音の広がりも十分に感じられ分離感も問題ありません。低域も適度に深みを感じる調整で、全体として長時間聴いていても疲れにくい音だと思います。音としてはその正確性と鮮明さは感じるものの、面白みは少ない気が個人的にしています。

3万を超えるイヤホンでもう少し何か特徴があっていいのではないかと思う一方、高品質でありながら、とんがったところが少ないイヤホンもあっていいと思います。

私の好みには合いませんが、品質は高いと思います。


HiFiGo AUNE Jasper 10mm ウルトラリニア ドライブ インイヤー ヘッドフォン ケーブル プロフェッショナル HiFi IEM 付き ミュージシャン、シンガー、ドラマー向けの Hi-Res ヘッドフォン


日本正規品はブラックのみですが、シルバーの取り扱いがあるのが嬉しいですね。

2019年11月23日土曜日

aune BU1とFiio Q5sを比べてみた〜同一DAP/ケーブル編〜(追記済)

昨日の記事から下記のご指摘をいただきましたので追加比較を行いましたので報告させていただきます。





私自身もFiio純正ケーブルより金メッキ処理されたBU1付属ケーブルの方が良いと思い繋ごうとしていたのですが、R5とBU1が認識せず昨日の組み合わせでの比較となりました。
そこで同一ケーブルにて評価するためにFiio純正ケーブルで繋いでみるとあっさり認識しました。やっぱりデジタルでも相性はありますね。やってみるものです。こちらの場合もBU1を接続して電源を入れるとFiiO MUSICアプリが反応して例のポップアップが立ち上がるのでキャンセルを選択すればそれ以外のアプリでもデジタル出力をしてくれる様になります。逆にケーブルを外すとUSBポート開放と表示されデジタル出力が停止されます。





ちなみに上でも書いていますがM11 Proはどちらのポタアン・ケーブルでも繋がります。あらためて聴いてはみましたが、M11 ProとQ5s+AM3DではTHX AAA-78アンプが被ってしまいます。音としてM11 Pro単体が軽いのに対し組み合わせた場合は音に厚みがました様な感じはしますが傾向は似ているため、わざわざ組み合わせなくてもいいのではと思いました。


Hiby R5+aune BU1の感想
昨日比較のために聴いたHiby R5+Q5s+AM3Dも十分いい音が出ていました。R5単体で聴くと中域あたりで物足りない気がしていましたがそれが解消され、さらに音の広がり・低域もプラスされる印象でした。ただし高域が少し刺さり気味でした。
それに対してBU1と組み合わせるとさらにスッキリ・くっきりして切り替えた瞬間に全然違います。高域も刺さる事なく気持ちよくボリュームを上げていけます。これでも十分なのですができればバランス接続で聴いてみたいです。
音に関する感想は以上です。
上記感想はあくまでも比べたらなのでQ5s+AM3Dも私は好きです。先ほどあげたバランス接続にも対応していますし、BTレシーバー機能もあるので用途によってはこちらもありです。是非DAP+ポタアンも試していただければと思います。


余談ですが、、、





Q5sの場合ポートが下部に集まっているのでFiio純正ケーブルだとバランスが犠牲に。






BU1付属ケーブルだとアンバランスが犠牲に。この点BU1は上部にイヤホンジャックがあるのでこういうことにはなりません。もしくは早くUSB-Cに変えてくれれば反対方向に挿すことも可能になるので回避できます。


追記





BU1付属ケーブルでもR5との接続に成功しました。今回はBU1に電源を入れたままBU1側のコネクタを抜き差ししてみたら認識してFiiO MUSICのポップアップがきたのでキャンセルで無事デジタル出力が出来ました。Fiio純正ケーブルよりBU1付属ケーブルの方が金メッキ処理されていて別途購入する際も税込7,980円のお高いだけあり、ノイズの少ないクリアな音質が楽しめます。






さらにこの高いケーブルをQ5sに使用すると上記の様に3.5mmアンバランスと干渉してしまうので4.4mmバランスケーブルに付け替えるとこちらの印象もガラリと変わります。THX AAA-78の澄み渡る音の広がり、分離が良くなり低域の潰れも無くなります。こちらならずっと聴いていられます。BU1も是非バランスで聴いてみたいとあらためて思ってしまいました。

2019年11月22日金曜日

aune BU1とFiio Q5sを比べてみた〜使い勝手編〜


今日は前回に引き続き上記2機種の使い勝手を比べていきたいと思います。2機種を比べるにあたって手持ちの中から様々な組み合わせを試しましたが使い勝手及び音を含めて上記組み合わせがベストだと思いましたのでそれを念頭に進めていきます。
①Hiby R5+Fiio Q5s+AM3D
②FiiO M11 Pro+aune BU1
①②ともCampfireAudio IO+ALO Smoky Litz Cable 3.5mmを使用
デジタルケーブルにて接続
Fiio MUSICアプリにてMP3及びハイレゾ音源(FLAC・MQA)
AmazonMusicHDにてHD及びUltraHDを再生
JPOP、ロック、メタルなどの同一曲を交互に聴き比べ

調べていると気になるツイートを見かけたのでご紹介








との事なので今回はデジタル接続のみで評価しています。



私の環境でもFiio純正のlightning-Micro Bケーブルでは認識してくれませんでした。デジタル接続はかなり曲者でケーブルを挿しただけで認識するものもあれば、きっかけを与えないと認識しないなど接続する機器によっていろいろやってみないとわかりませんでした。きっかけを与えるのには一つはFiiO MUSICアプリがあります。Hiby R5にもインストールしています。Q5sと接続して入力選択でUSBモードにするとFiiO MUSICアプリが反応します。




これが出てくるのでキャンセルするとAmazonMusicや他のアプリでもデジタル出力してくれます。ここでOK(このUSBデバイスにデフォルトで使用する)をやってしまうとFiiO MUSICアプリでしかデジタル出力してくれなくなります。 M11 Proとの接続もうまくいきませんでしたが初期化したら再生できる様になりました。M11 ProとBU1の接続はケーブルを繋いでBU1の電源を入れると上のポップアップが出てくるのでこれもキャンセルする事で再生できる様になります。



この組み合わせはケーブル挿すだけで簡単に認識してくれて音もいいのでオススメですが、本命は



この組み合わせ私の手持ちの中では究極です。どこまでも音がキレイで音量上げていっても刺さりにくいし細かい音も潰れずに聴き取れます。
これと比較するにはAM3Eでは役不足と思い、外観編から使い勝手編についてはAM3Dに入れ替えさせていただきました。
こちらも甲乙付け難いくらい、いい音を出してくれます。より迫力のある音が聴けるのがこちらの組み合わせなのですがその分少し低域が潰れがちに聴こえてしまうのがもったいないです。私的には僅差ですが、M11 ProとBU1の組み合わせが一番いいと思いました。あとこの組み合わせが電池持ちもダントツでいいです。
ただR5とQ5sの組み合わせもかなりいいので是非お勧めします。
すっかりポタアンにハマってしまい単独使用できない耳になってしまいました。沼にどんどん飲み込まれているのがこちらのブログです。

2019年11月21日木曜日

aune BU1とFiio Q5sを比べてみた〜外観編〜



Fiio Q5sを購入してからポタアンの良さを知ってしまい、最近Twitterで見かけるaune BU1が気になり調べてみると値段も手頃だったので購入してみました。



上面はBU1見せ基板が特徴的ですね。あの窓は電源を入れると光るのがかっこいいですね。




ちなみにQ5sも光ります。




こちらは接続状況を表すのでそれによって色が変わります。




上部はQ5sはLINE OUT/LINE IN端子、低域の増強ON/OFF、ゲインのH/L切替。BU1は3.5mmイヤホンジャック、ボリュームダイヤル、LINE IN端子。




下部はQ5sは左から3.5mm、MicroUSB、2.5mm/4.4mmイヤホンジャックと全てあります。(AM3Eの場合)。BU1は充電用とデジタル入力のMicroUSBがそれぞれ付きます。




右側面部はQ5sはボリュームダイアル兼電源スイッチ、入力切替ボタン。BU1は何も無し。




左側面部はQ5sは戻り、再生・停止兼ペアリングボタン、早送りとなっています。BU1はゲイン切替、電源ON・OFF、バッテリー残量確認ボタン。




背面はスマホ等と重ねること念頭に置いているためか両機とも革張りです。Q5sは滑り止め効果を狙ったのか少しブツブツした表面。BU1はなめし革の触り心地が気持ちいいです。

BU1はBluetoothが無いのでよりシンプルになっていて、逆に高級感があります。

一応開封動画を撮りましたので興味のある方はご覧ください。