ラベル clariar の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル clariar の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年12月10日金曜日

コレはアリ!clariar i640

 




以前から気になっていたclariar i640をONZOからレンタルしてみました。コレは欲しくなるイヤホンでした。


i640(clariar)|ミックスウェーブ[Mixwave] 6ドライバーユニバーサルフィットIEMバランスド・アーマチュア型イヤホン

“いつもの音楽に再発見を”明瞭でリアルなサウンドを求めたファーストモデル
i640 は低域の応答性を高め、鋭い立ち上がりと素早い収束を実現することで得られる芯のある心地よいキックのリズムとベースライン、音かぶりのない明瞭なボーカルと見通しのいい中高域を実現した日本製の6BAインイヤーモニターです。現代の楽曲の音作りにも対応できるようなタイトで応答性の高い音をコンセプトに開発されました。とても深い周波数帯まで収録された芯のある音を忠実に再生するため開発されたそのサウンドは各帯域バランスが緻密に計算され、曖昧さのないすっきりと整理されたサウンドに仕上がっています。ドラムのアタック、滑らかなベースライン、鍵盤を叩く一瞬の音の立ち上がり、震える弦の響き、ボーカルの息遣い。ニアフィールドモニター+サブウーファーをイメージさせるサウンドは今まで隠れていた細かなディテールを再生し、いつもの音楽に新しい発見をもたらしてくれるでしょう。

製品仕様

イヤホン筐体 アノダイズドアルミニウム合金

ドライバー バランスド・アーマチュア型

ドライバー構成 6ドライバー

Low × 2, Low/Mid x 1, Mid × 1, High x 2

採用技術 composite housing structure

high density porous filter(h.d.p.f)

rear cavity pressure optimizer(r.c.p.o)

周波数特性 5Hz - 25kHz

入力感度 97dB/mW

インピーダンス 14.2Ω@1kHz

イヤホン端子 ベリリウム銅 MMCX端子

入力端子 3.5mmミニ端子



 今回はHiby RS6にLINSOUL Euphrosyneを組み合わせてバランスで堪能しました。

ハウジングが大ぶりで耳からはみ出てましたが、フォームタイプのイヤピと合わせるとぐらつく事もなく安定してくれました。

個人的にBA多ドラは苦手な場合が多いのですが、コレは以前レンタルして気に入った7BAのCampfire Audio ARA同様ウォームさを感じさせず、シャープでクールでありながら音の厚みを感じさせてくれる好みに近い音でした。

中高域は透明感がありスッキリとした印象を与えてくれます。低域はレスポンが良くボワつく事がないので十分な厚みがありながら爽やかさを保っています。

「低域の応答性を高め、鋭い立ち上がりと素早い収束を実現することで得られる芯のある心地よいキックのリズムとベースライン、音かぶりのない明瞭なボーカルと見通しのいい中高域を実現」とか「曖昧さのないすっきりと整理されたサウンド」という言葉がしっくりき過ぎます。

とにかくこの見晴らしの良いサウンドがRS6とも相性がバッチリでずっと聴いていたくなります。ファーストモデルにしてここまで完成度が高いとなると次にどんなモデルが出るのか楽しみなメーカーがまた一つ増えましたね。




説得力のある音Campfire Audio ARA