ラベル iFiAudio の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル iFiAudio の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年6月18日金曜日

Hidizs DH80S と iFi audio hip-dac を聴き比べてみた

 



先日のHidizs DH80Sご紹介時にお話ししたiFi audio hip-dacとの聴き比べをやっていきたいと思います。ともにバッテリー内蔵型でスマホのバッテリーを消費しないことがスティック型USBDACアンプに対する優位点でもあります。

それぞれの以前の感想を振り返っておきます。


AppleMusicで是非聴きたいUSBDACアンプ Hidizs DH80S

こちらも箱出しの音となりますが、解像度も高く透明感のある高域と深い低域も再生できる能力を持った素晴らしいアンプだと思います。ゲインの3段階及び音量調整でほぼ不満のない再生能力があります。スマホと組み合わせて使用するのに十分以上でありながら1.5万以下で購入できるとは思えない音質で驚きます。


単体で聴く限り不満は少ない気がします。

 

FiiO Q3 と Ifi audio hip-dac を聴き比べてみた

無音時のノイズは多め。解像度が高く、高域から中低域まで伸びやかな音が印象的。バスブーストはONにすると自然な低域増幅ができるので常時ONでも良いぐらい。POWER MATCHはよほど鳴らしにくいヘッドホン以外はONにする必要を感じない。


Q3もTHX AAAアンプを採用して音質アップに努めているとは思いますが、やはりより本格的な音質を追求しているのはhip-dacの様な気がします。


ということでQ3と比較してもhip-dacを気に入りました。聴き比べるとどう違うのでしょうか。

今回はiPhone12 ProにUSB-lightning ケーブルで接続してFAudio Major+NOBUNAGA ギルガメシュの4.4バランスで聴いてみました。






二つを聴き比べてまず気になるのが、DH80Sの中音域が薄く感じることです。高域の透明感や低域の量感は申し分なく、特に低域はバスブーストOFFのhip-dacよりも迫力を感じます。しかし、先程の中音域が薄く感じるため、hip-dacに比べて音の成分が全体が薄く感じてしまい、物足りない印象となってしまいます。特にボーカルが若干ですが遠く聴こえるので余計その印象になると思います。

これはあくまでも二つを交互に聴いた時に感じるぐらいの僅かなものではありますが、それでも二つのうちどちらかを選べと言われれば迷いなくhip-dacを選択します。

しかし、hip-dacにはホワイトノイズの多さとギャングエラーの問題があります。感度が高いイヤホンではかなり気になる場合もあると思います。ボリュームはギャングエラーはあるものの、微妙な音の調整はアナログがやはりし易くて個人的には好きです。DH80Sのボリュームボタンは一回押した時の音量が大きめで微妙な音量の調整が少し難しく感じます。

もちろん好き嫌いはあると思いますが今回もhip-dacの方が個人的には好みでした。


iFi-Audio ポータブルヘッドホンアンプ ペトロールブルー hip-dac [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]

IFIオーディオOTGケーブルfor USB C

Apple Lightning - USBカメラアダプタ

2021年4月22日木曜日

iFi-audio NEO iDSD と micro iDSD Diablo を聴き比べてみた

 




そろそろ、iFi-audio micro iDSD Diabloの音の感想をまとめてみたいと思います。特にNEO iDSDとの違いを確認しながらお話ししていきたいと思います。


iFi-audio micro iDSD Diablo 赤い悪魔がやってきた


Diabloについて一番に思うこと。それはボリュームです。前回の動画でも言及していますが、ギャングエラーが酷いです。無音から少し上げると左右の音量が揃わず、そこからさらに上げると一気に音量が上がります。10時ぐらいの位置で既にイヤホンでは十分な音量です。そう意味では鳴らしにくいヘッドホン専用のアンプなのかもしれません。

肝心の音質ですがその10時の位置でパワーを感じます。高域ももちろん綺麗なのですが、中音域がボリューミーです。その分ボーカルは聴きやすいです。低域もそれなりに出ていますが、もこもうるさいという感じはありません。とにかく音に迫力があり、凄まじい音圧を感じます。
音自体は全体的にクリアなので籠る感じはありません。


iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!


それに対してNEO iDSDのボリュームはカチカチと節度感もありデジタル表示もあるので非常に使いやすく感じます。ポータブルと据え置きの違いはありますが、質感が大きく違います。
音は繊維かつシャープでまさにiFi-audioと言った印象です。透明感のある高域と全体的にスッキリした音が聴きやすく感じます。もちろん音量を上げればそれなりのパワーも感じますが、Diabloに比べると大人しく思えるその音はじっくり聴くにはちょうど良くしっかり解像感もある。そんな音です。
外で雑音に紛れてしっかり聴くにはDiabloのパワーが、家で落ち着いて聴くにはNEO iDSDの繊細な音が合っているのかもしれません。そういう意味では使い分けができるのでしょうが、普段ほとんどヘッドホンを使用しない私にはDiabloのパワーは活かしきれない気がします。


以上が私が感じた違いです。
そこでこの私が感じたことがどこまで伝わるかわかりませんが、スピーカーでそれぞれを鳴らして空気録音をしてみました。初の試みなのでご意見をお寄せください。もっといいやり方があるという方は教えていただければと思います。

今回再生した著作権フリーの曲はこちら


Be Free @ フリーBGM DOVA-SYNDROME OFFICIAL YouTube CHANNEL




アイファイ・オーディオ USB-DAC(USBプリアンプ&ヘッドフォンアンプ)iFi-audio NEO iDSD

iFI Audio micro iDSD Diablo MICROIDSDDIABLO

2021年4月17日土曜日

iFi-audio micro iDSD Diablo 赤い悪魔がやってきた

 




最近iFi-audioの製品ばかり購入しておりますが、NEO iDSDに続いてmicro iDSD Diabloを購入してしまいました。本日は軽く触った感想をお話していきたいと思います。


iFi audio micro iDSD Diablo



Diabloはスペイン語で「悪魔」の意味ということで宣伝コピーにもやたら「邪悪」とかの言葉が出てきます。それはさておき、スペックも申し分なくMQAフル対応とTidal使用者には嬉しいDACアンプの一つですね。これがDiabloを購入した理由でもあります。

 



機会を狙っていたDiabloを購入することができました。



 

早速いつもの聴き方ができるか確認しましたが、普段繋ぎっぱなしになっているNEO iDSDと同じスペックなので問題なく出力できました。

 



こちらも気になっていた組み合わせですが、残念ながらUAPPを利用しての「最大までアップサンプリング」は768KHzにはならず、384KHzが「最大」でした。 NEO iDSDの場合は768KHzになるのでUAPPの対応待ちかもしれません。実際違いは聴き分けられないのでどうでもいいことではありますが、気持ち的に「最大」でないことが惜しいと思ってしまいます。

それでも音質としてはかなり気に入りました。

次回はSHANLING M3Xと組み合わせて音の感想をお届けしたいと思います。


初めてのDAPチュートリアル2(SHANLING M3X編)


前回はhip-dacと組み合わせましたが、今回Diabloと組み合わせるとかなり素晴らしい音を聴かせてくれています。お楽しみに。

iFI Audio micro iDSD Diablo MICROIDSDDIABLO

iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!


2021年4月15日木曜日

iFi iPower X と iFi iPurifier3をNEO iDSDで使用した感想


 


https://ifi-audio.com/products/ipowerx/


前回導入したiFi iPower XとiFi iPurifier3のNEO iDSDでの使用感をご紹介します。

まず、iPowerXですが普段はUSB接続で使用しているため、USBから電源供給されていて違いがわかりません。そこで今回はiBasso DX300とCoaxialで接続して付属品のiPowerと交互に聴き比べてみました。


onso 01 3.5(2極)-RCA 同軸デジタルオーディオケーブル 0.75m coxc_01_32r_075


DX300はUSBとは別にCoaxial出力端子が用意されているので切り替えなしに再生できて便利です。

聴き比べて一番わかりやすいのはノイズの量です。iPowerはよく聴いてみるとハッキリとノイズが確認できます。iPowerXに変えるとノイズがうっすらと聴こえるかな程度に抑えられます。これは結構衝撃的な差です。これが無くなるだけで音楽に集中できますし、スッキリと聴こえます。クリアで音も伸びやかに感じます。
この差を体感してしまうとiPowerXに変更した方がより音楽を楽しめると思いました。旧モデルとは言えiPowerも悪くないはずですが、しっかりと進化の差を感じることができました。
日本での正式発売が待ち遠しいですね。

iFi-Audio DC電源アダプター(5V) iPower 5V


今回テストのためにCoaxial接続をしましたが、これも良いですね。USBより滑らかになったような気がします。

次にiPurifier3の感想です。
こちらはDX300とエイム電子のオーディオUSBケーブルでNEO iDSDと繋ぐ際にiPurifier3を挟みます。

AIMELE AIM SHIELDIOシリーズ オーディオUSBケーブル 0.5m UA3-R005

iFi-Audio iPurifier 3 (USB-Bタイプ)


まずは普通に聴いてみます。先程のCoaxial接続よりもキリッとしたシャープな音に感じます。




iPurifier3を挟むと音の明るさがワントーン上がったような印象を受けました。クリアさが増して、高域がより綺麗に感じます。
DAPとの接続ではノイズもほとんど感じられません。
この結果、劇的ではないけれどある一定の効果が認められるような気がします。
ただ縦置きにした時にiPurifier3の重さでしなってしまうのは気になります。


iFi iPower X と iFi iPurifier3 導入しました!


iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!

2021年4月13日火曜日

iFi iPower X と iFi iPurifier3 導入しました!

 



最近のお気に入りでありiFi-audio NEO iDSDをもっと良い音で聴きたいと思い純正オプション?であるiFi iPower X と iFi iPurifier3 導入しました!





Amazon.comから個人輸入。iFi iPurifier3は日本でも売ってますが、iFi iPower Xはまだ未発売のためまとめて購入しました。若干安いかな。




送料、関税含めても29,601円でした。ちなみにiPower Xが$99.99、iPurifier3が$129です。


iFi-Audio iPurifier 3 (USB-Bタイプ)


日本で21,196円なのでiPower Xが1万円を超えると思われるでトータル個人輸入の方が安いかも知れません。


iPower Xについて

このアイテムについて

  • 新規および改善–サイレント電源を必要とするiFi製品およびその他のデバイスに使用できるiFi超低ノイズDCアダプターの完全に新しいメンバー
  • 電源をアップグレードする–ノイズの多いACアダプタやプラグによって発生する不要な電気ノイズを取り除き、ターンテーブル、メディアストリーマー、フォノステージ、ルーター、DAC、オーディオインターフェイス、LEDスタジオ照明などのデバイスに安定した信頼性の高い電流を供給します。
  • インスタントクラリティ-アクティブノイズキャンセレーション2を使用して、クリアなオ​​ーディオとより明確なデジタルビデオをお楽しみください。アクティブノイズキャンセレーション2は、一般的な家電製品によって導入され、エンターテインメント体験を妨害または濁らせるスプリアス周波数を除去します。


iPurifier3について

このアイテムについて

  • CLEANER SOUND-REclock Regenerate- USB信号を再クロック/再生成/リピートし、USBジッター、フレーム、パケットノイズを排除し、USB信号の整合性を復元します
  • 安定性の向上-リバランスはUSB信号のバランスとインピーダンスの不一致を修正します
  • ノイズの低減-アクティブノイズキャンセレーション(ANC)ミリタリーグレードの回路で、動作帯域が広くなり、USBポートのオーディオ帯域のノイズがさらに低減されます
  • アップグレードされたテクノロジー-追加の電力フィルタリングと平滑化のためのOS-CONおよびタンタルコンデンサ、精度と安定性を向上させるための高精度MELF抵抗、およびEMI干渉を低減するための金メッキ銅合金シールド
  • 任意の形式で使用-USBAudio Class 2.0は、mp3からDXDまでのすべての形式をサポートします


*Amazon.comのページをGoogle翻訳したものです。

プラシーボもあると思うのである程度使用してから感想をお伝えしたいと思います。

 


iFi-audio NEO iDSDの満足度は非常に高い!

2021年4月5日月曜日

初めてのDAPチュートリアル2(SHANLING M3X編)

 



前回は初心者向けの内容でしたが、今回はもう一歩進めて、「ストリーミングをアップサンプリングして聴く」です。

マーケットアプリ(GooglePlayStore)導入等は前回記事をご覧ください。


初めてのDAPチュートリアル(SHANLING M3X編)



前回で音楽を聴くことは出来ていると思いますが、人間の欲は深く、もっと良い音で聴きたいと考えてしまいます。
そして音源を買わずストリーミング中心の私が激推しするのが、Tidal+UAPPの組み合わせです。




毎月音源にお金を費やすのが大変。だけど少しでも良い音質で多くの曲を楽しみたい方におすすめします。(推しのためのヲタ活を否定はしません。)

Tidalは日本では正式にサービスを開始していないハイレゾストリーミングの1つですが、海外では非常に高音質で有名です。

日本で正式にサービスしていないので入会するのに少し特殊なことが必要なのと、邦楽がラインナップに少し少ないのがネックではあります。しかし、YOASOBIや宇多田ヒカルの新曲も日本とほぼ同時に配信されています。

Tidalについて説明しだすと大変なのでググってください。



 

最近のTidalのPlayListの一部です。

次にUAPP(USB Audio Player Pro)というアプリを使用します。このアプリ以外にも保存してある曲をアップサンプリングして再生してくれるアプリはいくつかあります。しかし、Tidalと連携してストリーミングしながらアップサンプリングしてくれるアプリはありません。NePLAYERというアプリもありますがAppleMusicやSpotifyに対応なのでクオリティはそれなりです。PC/Mac上のRoonでも同じようなことができます。

*UAPPは有料アプリです。





UAPPの設定画面です。ハイレゾーオーディオをタップします。





最大までアップサンプリングをオンにします。

この状態でTidalアカウントを連携させて曲を再生するとDACの許容する最大までアップサンプリングしてくれるはずなんですが、現状ではM3Xは192KHz/32bitまでしかなりません。

もちろんこれでも音質はアップしてますが、少し物足りない。

ということで上記ツイートのようにiFi-audio hip-dacをUSB接続します。

そしてUAPPの設定画面のところのUSBオーディオをタップして最大までアップサンプリングをオンにします。

こうすると全ての楽曲が348KHz/32bitで再生されるようになります。







もちろんM3XをAndroidスマホにする事もできますが音質はやや落ちます。私もXperia1Ⅱで繋ぐよりもM3Xで繋いだ方が音質が上がります。

これでいわゆるMASTERクオリティ(ハイレゾ)ではない配信の曲でもハイレゾ相当で楽しむことが出来ます。

私は最近はこの組み合わせばかりになってしまっています。

おそらくこの組み合わせで8万クラスのDAPといい勝負ができるのではないかと思います。


Shanling (シャンリン) M3X Android搭載 Lossless オーディオプレーヤー Dual DAC搭載 [ハイレゾ対応/Android7.1/Snapdragon430/ES9219 Dual/3.5mm/4.4mm/ストリーミング]【国内正規品】 (ブラック)

Shanling (シャンリン) M3X 専用レザーケース[ステンレスガード/耐衝撃/耐腐食]【国内正規品】… (ブルー)

iFi-Audio ポータブルヘッドホンアンプ hip-dac ペトロールブルー [DAC機能対応 /ハイレゾ対応]