ラベル intime の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル intime の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年4月6日火曜日

intime 翔DD と 碧(SORA)Ti3 Edition2を聴き比べてみた

 




intimeの中でも販売価格が近い翔DDと碧(SORA)Ti3 Edition2を聴き比べてみました。


intime 翔DDと煌を聴き比べてみた


こちらで翔DDと煌(KIRA)を聴き比べた時に感じたのが翔DDの進化の度合いです。具体的に感じた部分を引用します。

やはり聴き比べて感じるのはクリアさ、シャープさのレベルが数段上がっている点です。煌も普通のイヤホンに比べてかなりクリアで細かい音まで聴き取れるという感覚でしたが、翔DDはさらにレベルが上がっていて音のつぶれが格段に少ないと感じました。それでいて刺さらないで抜けるようなスッキリ感が失われていません。もちろん煌はボーカルの再生を重視して、中音域が厚めにチューニングされているのでそのスッキリ感が少し後退しているようにも感じます。

翔DDはHDSSも採用されているため


HDSS(R)技術が最適化されていない場合、音の流れが整然となりすぎてしまうため、いわゆる「抜けの良い音」まで失われてしまう場合があります。
「翔 DD」では第3世代VSTの高感度特性を上手く活用した結果、HDSS(R)技術による聴き疲れの少ない音にintimeならではの抜けの良い音が加わった、絶妙なバランスの音質を実現いたしました。


 しっかりとした低域を確保しつつ、高域の抜けを感じることができるので、音のまとまりが良く、全体として気持ちの良い「音」になっていると思います。

先ほども言ったように煌は敢えてボーカルを重視したチューニングなので仕方ないのですが、より自然な翔DDが結果的にはよく聴こえてしまいます。

あくまでも好みではありますが翔DDの素晴らしさをまた一つ感じる結果となりました。


煌(KIRA)とは使われている技術の世代の差が素直に現れた印象を持ちました。では技術世代もほぼ同じの碧(SORA)Ti3 Edition2とはどのあたりに違いが出るのでしょうか?


intime 碧(SORA)Ti3 Edition2 は正常進化版だ!

高域のキツさがなくなり、艶やかになりました。世代が進化したことにより、クリアで詳細な音の再現ができます。これは解像度を上げるために高域をキツくしなくても多彩な音の表現力が増したお陰なのではないでしょうか。人によってはマイルドになったと感じるかもしれませんが。

低域の迫力、音の厚みは増しているのにスッキリ感が失われていない。元々の特徴でもある低域ですが、強調するあまりモコモコしてしまい、スピード感やキレを失ってしまいがちですか、深くソリッドな低域のおかげで全体としてスッキリしつつ、音に迫力を与えています。

高域が抑えられた代わりに中域の伸びが良くなったため、ボーカルが近く聴こえ抜け感も向上しています。


これが初代碧(SORA)Ti3との変化を交えた感想になります。そこでも触れているように初代からするとマイルドになったかと感じると思われる高域のチューニングは印象的です。





二つを聴き比べて感じるのはやはり高域のチューニングにおける差別化でしょうか。技術世代はほぼ同じではあるものの高域にキツさではなく鋭さが光る翔DD、マイルドに聴きやすくした碧(SORA)Ti3 Edition2の違いと、それに伴い全体的にタイトでスピード感あふれる翔DDに対し低域の量感が出て、全体的に音の厚みが増した碧(SORA)Ti3 Edition2。

このようにハッキリとキャラクターが分かれています。初代が好きだった方には翔DDでリケーブルも含めたステップアップを、聴きやすくなった碧(SORA)Ti3 Edition2で更なるファンの獲得を狙った意欲作と言えるのではないでしょうか。

私はやはり翔DDがあらためて解像度の高さ、厚すぎない音の厚みなどがより好みに近いことがわかりました。


2021年4月4日日曜日

intime 碧(SORA)Ti3 Edition2 は正常進化版だ!

 





4月11日に発売予定のintime 碧(SORA)Ti3 Edition2 ですが、その1週間前にもかかわらず、イヤホン・ヘッドホンのサブスクONZOにてレンタルが開始されたのでその感想をお届けします。





箱は落ち着いた雰囲気なものの「EDITION Ⅱ」の文字がさりげなく新モデルであることを主張しています。


O 2aid 公式ECサイト

製品仕様

形式

ハイレゾ対応カナル型イヤホン

ドライバー

ハイブリッド型
<ウーハー>チタンコート10mmΦダイナミックスピーカー
<ツイータ>第3世代VST2
<音響補正デバイス>第3世代HDSS

音圧レベル

100dB/mW

再生周波数帯域

10Hz~55kHz

インピーダンス

22Ω

筐体素材

チタン合金

ケーブル

日本ディックス社製ハイブリッドケーブル

プラグ

・3.5mmアンバランス日本ディックス社製 L型Type
・2.5mmバランス 日本ディックス社製 L型Type
・4.4mmバランス 日本ディックス社製 L型Type Pentaconnプラグ

イヤピース

Acoustune社製 AET07(S、M-、M、L)

付属品

本革ケース、イヤホンポーチ

 

ここで前モデルである碧(SORA)Ti3の感想を振り返っておきます。


評判通りの音に納得intime 碧(SORA)Ti3 Balanced




まずはじめに中高域の透明感溢れる音が印象的でした。スピード・キレ共に好印象で、それらに負けない低域がバランス良くブレンドされた音。
ただし曲によっては少し高域がキツく感じることと、装着感があまりよくないと思いました。


この時の印象を振り返って思い出すのは高域のキツさです。低域の素晴らしさはこの時から感じられましたが、高域が突出していました。さらにケーブルの扱いにくさ。ケーブルの表面が後ラバーで覆われていて取り回しが悪く、埃がつきやすいので私的にはマイナスな印象でした。

 



ここからはEdition2を聴いた感想になります。

まずケーブルの被覆仕様が変更され、取り回しが良くなりました。ほこりも気になりません。これはかなり嬉しい変更です。

高域のキツさがなくなり、艶やかになりました。世代が進化したことにより、クリアで詳細な音の再現ができます。これは解像度を上げるために高域をキツくしなくても多彩な音の表現力が増したお陰なのではないでしょうか。人によってはマイルドになったと感じるかもしれませんが。

低域の迫力、音の厚みは増しているのにスッキリ感が失われていない。元々の特徴でもある低域ですが、強調するあまりモコモコしてしまい、スピード感やキレを失ってしまいがちですか、深くソリッドな低域のおかげで全体としてスッキリしつつ、音に迫力を与えています。

高域が抑えられた代わりに中域の伸びが良くなったため、ボーカルが近く聴こえ抜け感も向上しています。

結果として翔DDと値段が被っていますが、リケーブルの有無や低域の沈み込みの差などで選択は変わってきそうです。改めて聴き比べも実施予定です。



2021年3月27日土曜日

intime 翔DDと煌を聴き比べてみた

 








ご無沙汰していたイヤホンを久しぶりに聴いてみると改めていいなと思うことありますよね。今回久しぶりに聴いた「煌」がかなり良かったので最新作である翔DDと聴き比べてみることにしました。


ボーカルだけじゃないintime 煌

intimeらしいキリッとした高域もしっかりありつつ、ステンレスボディによるスピード感とキレがあるんだけど、やたら厚い。ボーカル域周辺がやたら厚みを増してありめっちゃ存在感。なのでやたら詩が入ってくるんですよね。それでいてボヤッとせずに締まったディティールが全体を包んでいるのはさすがのチューニングだなと思いました。


これが煌を聴いた時の感想になります。

この時からかなり気に入っていたのがわかりますが、その後は翔がメインになっていたためあまり聴いていませんでした。


身の丈にあったintime 翔 DD

今回翔DDを聴いてやっぱりintimeってこれだよねと、妙に一人納得してしまいました。翔DDはしっかりした低域も味わえるものの、抜けるような高域のスッキリ感もしっかりと感じられ、全体として重くないというかより軽やかな印象を与えてくれます。

特に付属ケーブルから、Acoustune ARC73でバランスで聴くようになって翔で感じた立体感ある音も感じられ、よりシャープで、よりクッキリとまさに詳細な音のシャワーといった感じで細かい音まで聴き分けられます。


これが翔DDを聴いた感想です。どちらもintimeらしいシャープでキレのある高域が特徴的な素晴らしいイヤホンではあります。筐体は煌がステンレス+樹脂、翔DDがジュラルミン+樹脂という違いのほか、intimeの特徴のVST2が第3世代VSTへと世代が上がっています。

やはり聴き比べて感じるのはクリアさ、シャープさのレベルが数段上がっている点です。煌も普通のイヤホンに比べてかなりクリアで細かい音まで聴き取れるという感覚でしたが、翔DDはさらにレベルが上がっていて音のつぶれが格段に少ないと感じました。それでいて刺さらないで抜けるようなスッキリ感が失われていません。もちろん煌はボーカルの再生を重視して、中音域が厚めにチューニングされているのでそのスッキリ感が少し後退しているようにも感じます。

翔DDはHDSSも採用されているため


HDSS(R)技術が最適化されていない場合、音の流れが整然となりすぎてしまうため、いわゆる「抜けの良い音」まで失われてしまう場合があります。
「翔 DD」では第3世代VSTの高感度特性を上手く活用した結果、HDSS(R)技術による聴き疲れの少ない音にintimeならではの抜けの良い音が加わった、絶妙なバランスの音質を実現いたしました。


 しっかりとした低域を確保しつつ、高域の抜けを感じることができるので、音のまとまりが良く、全体として気持ちの良い「音」になっていると思います。

先ほども言ったように煌は敢えてボーカルを重視したチューニングなので仕方ないのですが、より自然な翔DDが結果的にはよく聴こえてしまいます。

あくまでも好みではありますが翔DDの素晴らしさをまた一つ感じる結果となりました。




intime 煌(KIRA)MMCXリケーブル ハイレゾ対応カナル型イヤホン

2021年3月6日土曜日

身の丈にあったintime 翔 DD

 




以前intimeのフラッグシップイヤホンである翔を聴いた時の感想として、「大人になったフラッグシップintime 翔」という記事を書かせていただきました。今回はその弟分であるDDのご紹介です。こちらもリクエストをいただいていましたが、いつのまにか発売されておりました。


大人になったフラッグシップintime 翔





といった感想に基づいています。

 

ハイレゾイヤホンのintime【アンティーム】 碧 -SORA- - O2aid(オーツェイド)オンラインショップ

ハイコストパフォーマンスな製品を多く手掛けてきた当社として、より優れた製品を、より多くの方々に聴いていただきたい。そんな想いから生まれたのが「翔 DD」です。
「DD」の名前は筐体素材に採用した硬質ジュラルミンを用いたジュラルミンデザイン(Duralumin Design)が由来ですが、「翔」の弟分的モデルであるというコンセプトのもと、中国語で弟のことを指す「弟弟(Didi)」の意味も含まれています。
兄弟機というグレードを設けてはおりますが、「翔」の名を冠する通り、当社のフラッグシップたる技術を結集させたモデルです。より多くの方々がポータブルオーディオを更に深くお楽しみいただくためのステップアップとなるイヤホンとして、満を持してお届けいたします。


それにしてもグッと身近な値段設定になるように課題をクリアして、技術を落とし込んできた努力が素晴らしいです。

 



パッケージもケーブルもそしてハウジングの素材構成も全て見直してこの値段なんだなと。その代わり翔を名乗る以上音質は落とさないという信念も感じられます。

 



そして今回聴いた印象の率直な感想がこちらです。翔はいい意味でベンチマークであり、記念碑的商品なのかなと今は思います。集大成というかコストをかければこのぐらいの音は出せるんだと。その音質は私も素直に素晴らしいと思いましたし、かなり愛用していました。ただ、音の厚みや、ややウォームな味付けのため、今までのintimeの製品に見られた抜けるような高域のスッキリ感が少し薄れていたようにも思います。もちろんフラッグシップとしてやや重みのあるドッシリ感があっても全然かまいませんし、むしろ好きでした。

しかし、今回翔DDを聴いてやっぱりintimeってこれだよねと、妙に一人納得してしまいました。翔DDはしっかりした低域も味わえるものの、抜けるような高域のスッキリ感もしっかりと感じられ、全体として重くないというかより軽やかな印象を与えてくれます。

特に付属ケーブルから、Acoustune ARC73でバランスで聴くようになって翔で感じた立体感ある音も感じられ、よりシャープで、よりクッキリとまさに詳細な音のシャワーといった感じで細かい音まで聴き分けられます。

翔DDは気負うことなく気軽に音楽を楽しむこともでき、さらにより良い環境で鳴らせばそれに応えてくれるポテンシャルをしっかりと備えたイヤホンだと思いました。


intime 翔 DD



高音の質 5    中音の質 4    低音の質 5



細やかさ 5    迫力 4        音場 5


総合 4.6



2020年12月20日日曜日

日中韓イヤホン大戦争(1.5万以下)

 




最近購入した中華イヤホンのどれもが素晴らしく甲乙つけ難いことに大変驚いております。そこでさらに日韓2つのイヤホンと中華イヤホン3つを比べていきたいと思います。

今回のエントリーは下記5つのイヤホンです。あくまでも私が所有している中でこれはと思うものをあげました。


全体に染み渡るキレの良さintime 轟(GO)


間違いなく買いの1本! HZSOUND Heart Mirror


やっぱり中華イヤホンのコスパ最高!TINHIFI T3


販売には難があるが音は素晴らしいUCOTECH RE-1


ウルトラワイドな音場に酔いしれるTIN HIFI T4


この5つを某イヤホン専門店的な評価で順位をつけていきたいと思います。

intime 轟(GO)

高音の質 5    中音の質 4   低音の質 5

細やかさ 4      迫力 5     音場 4 

総合 4.5         


HZSOUND Heart Mirror

高音の質 5    中音の質 4    低音の質 4

細やかさ 5    迫力 5      音場 5

総合 4.6


TINHIFI T3

高音の質 4    中音の質 5    低音の質 4

細やかさ 5    迫力 4      音場 4

総合 4.3


UCOTECH RE-1

高音の質 4    中音の質 4    低音の質 5

細やかさ 3    迫力 4      音場 4

総合 4


TIN HIFI T4

高音の質 4    中音の質 5    低音の質 4

細やかさ 4    迫力 4      音場 5

総合 4.3


今回あくまでも私の好みで評価してみました。細かいそれぞれのニュアンスについては動画で紹介予定です。そちらも合わせてご覧ください。



2020年10月6日火曜日

全体に染み渡るキレの良さintime 轟(GO)



昨日のintime 煌(KIRA)に続き轟(GO)が到着しましたので本日はこちらのご紹介になります。

ボーカルだけじゃないintime 煌

チューニングの違いがどれほどのものか楽しみです。

新製品のご案内 - 本格派ハイレゾイヤホンのintime(アンティーム)|スマホ対応の格安ハイレゾイヤホンならO2aid(オーツェイド)オンラインショップ


  • 「轟」はintimeが挑戦した刺激的な音作りを具現化したモデルです。重低音を出せるイヤホンは多くありますが、やや音像がぼやけて見える傾向にありました。弊社では新開発のチタンウーハーとVST2のマッチングを徹底的に行い「重低音なのに切れがある」そんな音に仕上げました。
    「轟」の名にふさわしく刺激的な音ではあるもののintimeならではの音の美しさは忘れていません。ステンレス筐体の持つ速度感溢れる重低音と、決して低音に埋もれることの無いボーカルや、他の楽器達とのバランスは特筆出来るレベルです。通勤時に聞くと、意外にこの重低音も普通に聞こえて来るから不思議です・・・。
    【仕様】
    ■形式:ハイレゾ対応カナル型イヤホン
    ■ドライバー:ハイブリッド型 Φ10mmダイナミックスピーカ+VST2
    ■音圧レベル:100dB/mW
    ■再生周波数帯域:10Hz~40kHz
    ■インピーダンス:22Ω
    ■ケーブル:MMCXリケーブル+Φ3.5mmステレオプラグ(無酸素銅)
    ■イヤピース:スピンフィット(S,M,L)
    ■付属品:取り扱い説明書、イヤホンポーチ

  • こちらは煌(KIRA)とは違うコンセプト「重低音なのに切れがある」にチューニングを施しMMCXによるリケーブルに対応しながらも、1.3万前後のお手頃価格が特徴となっております。




    早速聴いてみた感想




    まさにコンセプト通りのチューニングだなと思います。かなり低域に重心が置かれていて、常に低域を感じます。だからと言って音にキレがないわけではなく、逆に全体にキレがあることで低音のボワつきを気にせずに聴くことができます。
    煌(KIRA)とは明らかに違い、ボーカルが前面に出ることはありませんが埋もれることもありません。キレのある低音を探している方はこのイヤホンになります。
    しかし、個人的には常に低域を感じるのはやはり重く、好みではなりません。やや疲れるかなと思いました。
    煌(KIRA)のボーカル域に特化した方が特徴として好みに近いので個人的にはどちらを選ぶかと言われれば煌(KIRA)になります。
    この2つはかなり特徴を持たせたチューニングを予めしているので好き嫌いが分かれると思いますし、好きであれば他にない特徴もつイヤホンとしてメインになる可能性もあるのではと思います。
    こちらもMMCXによるリケーブルができるので、多少はケーブルで好みに近づけることもできると思いますし、耳掛けもしやすくなるのでリケーブルもオススメです。

    昨日も告知しましたが明日NHKにてintimeが放送されますので是非観たいと思います。